ブラックファイブ

あのDr.ブラックジャックの半分以下なので、ファイブとします。命燃え尽きるまで、経験と知識からブログをやろう。

公開された強化委員会

2016-04-30 22:23:02 | Weblog
 五輪柔道代表決定の強化委員会は公開されて行われ、満場一致で、昨日負けた選手が選ばれた。
 公開は委員さんの意見が聞けるはずなんだけれど、異論や一人だけの意見を言ったら、みんなに知られてしまうし、性根が据わってないと言えない。
 負けても選ばれることの問題点位言っても良さそうにと、外野からは思ってしまうけれど、記事だとそんなこともなかったようで、
 やっぱり、水泳のように、はっきりさせないと、代表選考兼全日本選手権で優勝しても、“スカ”。
 ・・・と、連休早々、暇な頭に浮かんでしまった。

 今日は、今までに買い換えた電気製品のコード類等を整理したが、他の器具で使うかもと残して置いたモノが一杯あり、“5S”程には出来なかったが、それでも3分の1は廃棄できた。
 つい、そのうちなんて思っても、直ぐに数年以上になってしまう。

※ かっての造船日本、漸くやっと12万トンの客船が出来た。
コメント

未成年は22時まで

2016-04-29 22:12:05 | Weblog
 昨夕は飲み会があって、帰宅は12時前になってしまった。
 夕の6時半から、11時前まで、ずっと、少々飲んでたわいもない話をして、過ごしてしまった。
 このたわいのなさが、気を緩めてくれる。
 飲んでいた中の一人の子供さんが、塾か部活かその帰りと、メールが来た。
 夕食がまだなので、折角だから、よければ一緒に食べていったらとした。
 しかし、その子着いたら、店の方が来て「未成年の方は、夜10時までなんです。」と言われた。
 そんな条例は全く知らなかったが、抵抗するのはマズイし、結果、親子で帰ることになった。
 自治体によって、微妙に違う様だが、この地区のも勿論知らないし、この辺りは店員さんに従っておくのが無難で、気の毒な思いをさせてしまったし、未成年のお子さんがいる方は、その辺りを学習しておくべきだった。

 いい年になると、つい、ただ流れてしまっている時も一杯ある。

※ 柔道男子100キロ超級代表、負けてもやっぱり代表、○○!
コメント

突然の嗄声

2016-04-27 22:20:40 | Weblog
 朝の新患の数人目の方、呼んで入ってくると、コロンの香りが、ツ~ンとした。
 『んっ・・・』と感じたが、まあまあと診察を終え、次の方を呼ぼうとした。
 そのとき、ノドにむずがゆさを感じ、マイクへ向かう声が何か出しにくく、かすれそうになるのを抑えて呼び込む。
 椅子に案内をしようとするが、声が出しにくく、力むと咳がむせ上がる。
 急性のアレルギー反応と思ったが、兎に角、この方の診察を終えなければと、咳と嗄声で患者さんには悪いと思ったがどうしようもない。
 ヒドメの病状でなくて良かったが、やっと終えて、小休止。
 お茶を飲んで、一息つくと、咽頭違和感は漸く収まってきた。
 この経過から、コロンの方の、そのコロンのニオイの気が、自分にはきっと合ってないのだと結論した。
 次回より、その方は別の医師にお願いしよう。
 どうしようもないときは、マスクをしっかりと付けて診察するしかない。

 今日も、欠員影響で、途中の会議もややテレンコと長引きそうで中座した位、慌ただしい一日だった。
 明日は外来担当でないので、ややましのはずだが、その分、この数日分の座雑務が降り掛かる見込み。

※ 首都“M”知事、今度は別荘行き公用車?
コメント

突然の減員

2016-04-26 22:45:09 | Weblog
 今日、行くと同僚が一人具合が悪くて休むことになった。
 突然の休みは、体調一番だけど、余裕人員がすくないと、動きが取り難い。
 穴埋め必要状態が長く続く様だと、補充がないときつくなる。
 という訳で、午前中に地域の訪問診療に行った。
 勿論、地理は分からないので、運転手さんに乗せていって貰い、患者さんの自宅へ訪れる。
 今日の方は色々と問題が多く、根も深そうで、余り役には立てなかったと感じた。
 でも、御家族は来てくれるだけでも、少しの安堵感でも感じて貰えればとしておこう。
 急な一人欠員は、なんとなく疲れた。

※ △菱自動車、25年前からルール無視、さすが、やったろう(弥太郎)!
コメント

回転寿司

2016-04-25 20:48:41 | Weblog
 今日の昼は、何年振りかで回転寿司へ行った。
 ベルトコンベア(チェーンコンベア)に寿司が一杯乗って回っているイメージだったが、見ると、寿司が乗っているのはホンノ少しだけ。
 後は、ジュースや袋入りの団子(デザート)、わさび位。
 カウンター席に案内され、眼を上げると、レーンの上方に注文用のタッチパネルがあり、ここから希望の品を注文し、それが、やがて乗って運ばれて来る。 近づいてくると、カウンターの自分の席方向だけに音声案内が流れ、教えてくれる。
 数年行かないうちに、かなりの大変貌だった。
 以前の、出来た寿司がドンドン回っているモノだったら、すぐに乾燥して、鮮度が落ちて、美味しくなくなったり、食べたいモノを先の人に取られたりもある。
 タッチパネル注文なら、注文を受けて、機械握りの御飯にネタをちょこんと乗せて回せば良いと、無駄も省ける。
 店に入ったのは、11時半過ぎだったが、12時過ぎには結構な人数になり、入り口には順番待ちの方々もいるくらいになっていた。
 自分で食べたいモノだけを、タッチパネルで即座に注文は、お手軽お気軽なんだろう。
 
 今日は、また、暖かくなって春はドンドン過ぎていく感じ。
 更に、黄砂注意報もでているかな?

※ 2010五輪エンブレムンのA案、スポーツへの連想は?
コメント

ネット通信速度

2016-04-24 21:33:59 | Weblog
 昨日までと変わって、気温が2~3度下がったら、薄ら寒さを感じてしまう。
 インターネットの通信速度が40Mbps → 120Mbps に速くなり、古いルーターだと、上限に足りなさそうなので、昨日、新しいのをネット注文したら、画面上では数日掛かるとあったのに、翌日の今日、早くも届いた。
 CATVだから、最近の“光”に比べたら、特急と急行程度の差はありそうだが、とりあえず、ルーターだけは、Giga対応のに替えた。
 説明書に従って、設定して、まあ、30分余りで終了。
 折角なので、早速ネット回線速度を測ってみたら、まちまちだけど、下りで18~29 → 67~90Mbpsと確かに、計測数字上では。3倍は速くなっていた。
 ただ、実際の体感速度は、画面を見ていてもよく分からない。

 もう少し気になる様なら、この10倍と言われたら、次はもう“光回線”しかなく、そのうち、欲しくなるかも・・・

 朝刊の記事の中、今回の地震から数時間で、ネットワークに被災地情報が形成されていたとあり、これは、“官”よりもうんと速い。

※ 被災地で、今迄の経験からの、その後の学習効果は?
コメント

大名旅行

2016-04-23 22:12:41 | Weblog
 首都“M”知事の海外出張が大名旅行と言われ巻くって、反論は上から目線反論に聞こえてしまうし、何でスイートル-ムとか、他国で会議するなら、向こうが部屋は用意するはず。
 また、諸外国の要人が来日した時、彼等の泊まったのもスイートル-ムだったのか、教えて欲しい。
 この前来た、世界一貧乏な大統領さんは、まさかビジネスホテルではないだろうけれど、絶対にスイートル-ムではないはず。
 それでも、きちんと色々働いてた

 条例規定額を平気で超えても、何か言う側近もいない、これが一番の問題かな。

 その昔、厚生大臣の時も、上からの御言葉だった。
 でも、都民はこの方を選んだ。

※ “A”首相が激甚災害指定、これで消費税はどっちでも可。
コメント

インフル欠席届

2016-04-22 23:18:29 | Weblog
 4月になっても、いまだインフルが生き残っており、チラチラッと来る。
 先日、インフルで受診された方が、学校に提出する“インフルによる欠席届”の書類を持ってこられた。
 欠席届を出す出さないは、様々で、どちらかと言えば、不要の方が多い。
 そして、インフルなら欠席にならないとか、この部分は、どうも理解できない。
 典型的でない病態で欠席される方の中にも、必ずインフルは混じっている。
 医師によっては、インフル迅速検査が陰性だから、インフルとは書けないという方もきっといるだろうし、まあ、こんな文書は、学校以外では、こんなのは見た事もないし、もう止めてもと思うけれど、御上は、きっと考えてなさそう。
 学生さんは立場も弱いし、勿論、それなりに書いた。

 今日の日中は半袖でOKの暖かさだった。

※ 日本の高速道路工事で、橋が落ちるなんてのは、ビックリ!
コメント

上から目線

2016-04-21 21:56:22 | Weblog
 昨日は新人歓迎会で、開始が19時、終わりが22時頃で、2時間で切り上げようと思っていたが出来なかった。

 今日の昼前に、混んだ外来から、ヘルプを依頼されて行くと、それは“ジョーカー”だった。
 名前を呼んで、呼び込むと、入る早々「上着を脱ぎます。」と、上着を脱ぎ、普通は側のカゴに入れるのだけれど、反対側の診察ベッドの上に置いた。 
 ちょっと変わった方かなと思ったが、そのまま問診に入った。
 少し質問をしていくと、突然「何で、上から目線で話すんですか。患者はお客さんではないですか!」と張り上げる。
 この瞬間“ジョーカー”と悟った。 
 ムッとしたけど、それを出してもしょうがないし、どうしようかと瞬時迷ったが、極力変わった患者さんとして、受けることにした。
 「上からではありません。自分は医者で、あなたは患者、それ以外は五分です。」
 その後、問診を続けていくが、微妙に自分の考えを出そうとする。
 これも、遮ってもしようがないので、聞きながら、譲れないところは線を引いた。
 そして、「お薬を出しましょうか?」と聞くと「薬は要らない。」と答える。
 『だったら、来るな!』は内心の言葉で、「分かりました。薬は出しません。お大事に・・・」で締め終了。

 まあ、外来の看護師さんは、この方を御存知で、私に始末を任せたかった様だった。
 “ジョーカー”さんも、誰かが受けないと回っていかない。

※ 耐震化完了体育館が損傷はどうする?
コメント

避難所の場所

2016-04-19 22:18:13 | Weblog
 今日もそこそこの暖かさとまぶしさを感じる一日だった。

 連日、熊本地震のニュースばかりで、救援物質が避難所に届かない、県庁には一杯あるけど、配布できないとある。
 そこで、思ったのは、全てではないが、かなりの避難所には、数に限りはあるけれど、救援物質は届けられている。
 だったら、そこまでは道路がつながっているのだから、例えば安全でインフラの確立している所に、避難している方々を、ピストン輸送したらと考えてしまった。
 家は無理で、家から離れた避難所にいる。
 それなら、もう少し離れた普通の生活の出来る所に避難されても、違うのは家からの距離だけで、もっと心地よく過ごせるし、休めたら、新たな希望も考えも湧いてくると思ったんだけど、離れるのはイヤかもだし、受け入れ先も考えてないかもだし、これは、あの“難民”受け入れ云々に結びつく幾ばくかの考えにもなりうる。
 数的計算だけなら、避難民を周囲の隣県等に分散受け入れしてもらったら、それぞれの受け入れ人数も減るし、被害地の整理もしやすくなるし、これ位割り切ったら、もっとすっきりする。
 『何の為の隣県、ここにも、モロ、役所の縦割りかな?』と思ってしまった。

※ とある○○さん、「政局の動向に影響を加えることは確かだ。大変タイミングのいい地震だ」
コメント