ブラックファイブ

あのDr.ブラックジャックの半分以下なので、ファイブとします。命燃え尽きるまで、経験と知識からブログをやろう。

大晦日“良いお年を”

2011-12-31 21:09:16 | Weblog
 年末の挨拶言葉、“良いお年を”はガキの頃はこんな言葉はオジンの言葉と、言うのもぎこちなく、言いにくくて言えない。
 でも、いつか忘れてしまったある頃から、何となく口に出るようになったのは年波の学習。
 “鯛の塩焼き”、ものごころついた頃から正月定番だった。勿論、家で焼くことは難しいので焼けたのを食べていた。
 住まいの辺りはそんな習慣は少なそうで、今日行ったのは初めての店だったけど、たった3匹しか店頭になく、買う人も極めて少なそう。
 そう言えば、昨年まではデパ地下、確かにおせちを買う人は大勢いたけど、鯛を買おうという人は自分が買ってる回りには極々少数。
 まあ、その地の習慣の違いかな。でも、擦り込まれた習慣から、食べたくなってしまい買いに行ってしまった。

 今、紅白見てるけど、NHKはいつも以上に“力と金を掛けている。
 昼間見た“B・レスナー”は限界で散り際。

※ “M”党離党議員の新党名が“きずな”って、“パクリ”のニオイ。
コメント

後二日松飾り

2011-12-30 22:38:37 | Weblog
 脳天気二日目、空気は冷たいが風に吹かれなければ日向はまずまずの日差し。
 ちょっと散歩も空気の澄んだ感じで、深呼吸をすると体内まで澄んできそうだけれど、
脳天気の脳細胞は、揉まれないと練られないと、どんどん単純単細胞化になっていく。
 朝食はお餅、昼はウドン、夜はナベ、これらの合間に雑事少々。
 “積ん読”書物を片付けようとしてたら、古めの名簿が出てきた。
 このまま古雑誌類と一緒に出すべきか、個人情報の保護を気にするべきか。
 後者だったら、何処に廃棄すればいいのか?
個人情報保護法とは、特定の個人を識別できる情報で事業者を対象にしたものだから、私人は基本的に関係ないことと、もし、名簿やさんに流れて“DM”やよく分からん“電話”が来ても、その気が無ければ、無視すればいいかなっと今回は古雑誌と一緒に捨てることにした。
 この法律が施行されたのは、2005年で、それ以前はザル。
 今更、住所氏名電話番号程度なら、流れ出てもどうってことはない。
 もっと微妙な情報が載っている場合は考えようという結論。
 そういえば、この頃の各種名簿をみると、名前の後“非掲載”となっているのが多く、名簿として役立ち方も減っており、最近は名簿作成の手紙が来て、“要・不要”の選択では、殆ど“不要”を選択、要らん。それでも名簿売れてる?
 もう、こんな名簿作成は無駄、止めてもいい頃かも。

※ 中国の高速鉄道事故、論評禁止令、さすが彼の国。
コメント

後三日

2011-12-29 22:29:36 | Weblog
 今年も後三日になってしまったが、カレンダーが無ければ、後三日なんて感覚もなく、ただ日が過ぎるだけの繰り返し。
 震災を感じて、かなり過ぎてしまったが、体験しないといくら文書や映像で示しても学習不能はこれに限らない。
 あの疾患は見たことがあると、本で読んだり授業で教わったりでは、その差は埋め難く、これが“年期の差”。
 ふと車の塗装が剥げ掛かっており、そこに補修塗料を吹きかける。
 手にペイントが付いてしまい、洗っても落ちなかったのが、風呂に入った時にシャンプーで頭を洗った、一緒にペイントも落ちてしまった。 
 シャンプーの洗浄力は普通の石鹸よりも強いことを学んだ。
 思い起こせば、彼方昔、映画で描く“入れ墨”は終わった後は石鹸でなく、シャンプーで洗って落とすと言った話を聞いたような気もする。
 石鹸がなくてシャンプーで身体を洗ったら、一回でカサカサになりそう。 

 こんな一日で、脳天気に終わりそうだったが、電話一本。
 先日退院した方、食欲がなく在宅点滴を増やしてもイイかとの相談電話。 
 何でこんなことで電話が来るのかとも思ったが、「いいよ(頭、使ってよ~)。」

※ サッカー天皇杯決勝は、J2勢同士とこれも伯仲の証明。
コメント

火災警報

2011-12-28 18:30:03 | Weblog
 先日の忘年会、始まる直前に“火災警報”が鳴り、“ドキッ!”。
 心理的には、『(まさか)きっと誤報に違いない』と思い混んでいる方が殆どで自分もそう。
 店の人の言葉も幹事の言葉もはっきりしなくて、モヤモヤのまま時間が経過。
 某参加者が「見てきます」という。
 出て行く姿、来たときと同じで自分の持ち物を全部持って出る。
 その時は、たいそうなと感じたが、後にして思い起こせば、それは正しい行動。
 折角の警報を、きっと誤報と思いこみたい気持ちが思いこませている。
 例え誤報かもでも、それに準じて行動しないと、あの津波の学習効果がないことになる。
 誤報だったら、後で笑って「ご苦労さん」で済むだけ。
 日頃から、種々の警報に対するイメージトレーニングがなされてない結果だった、“反省”。
 実際も誤報だったが、何故誤報の警報を発したかは店に任せる。
 
 御用納めも順調に済み、これから、今年最後の忘年会、飲み過ぎませんように。

※ 夜明け前、沖縄・環境影響評価書を運び込む不意打ちは“ド○○!”
コメント

そんなん知るか!

2011-12-27 21:22:55 | Weblog
 「どうする?」って聞かれたら、脳細胞が回らなかったら「そんなん、知るか!」が条件反射的言葉、かなりマズイ反応だとわかってるけど、その前に口が開いてしまう。

 我が政府は、沖縄・名護市辺野古移設の前提環境影響評価書を沖縄県に発送。
 まず第一に、大事なモノなら何でそれなりの方が持参して届けないのか、民間業者に依頼なんて、更にその気がシンジラレナ~イ。
 第二に、7000ページの固くてオモローない文書なんて読む気がせん。
 誰が読んだんか、教えて欲しい。きっと退屈で、長すぎて、字は目に入らん。
ま、移転拒否なら簡単、読まなくてもいいから、答えは読む前から決まっていて、読む時間は無駄。
 お上の文書はもったいつけた前置きが長くて、中身はイメージし難い。
 最初に概略を記してくれたら、それで十分。後は、各論で分かり易い文を期待するだけ。
 偉い方ほど、一般が分かるような言葉で教えてくれている。それ故、“エライ”。
 今夕の会議で配られた“お上”のお達し、まとめれば『よろしゅう御願い』というだけなのに、数ページもくどい。

※ 勤務は後一日だけど、脳細胞は90%冬休みになってしまった。
コメント

この冬一番の寒さ

2011-12-26 22:26:21 | Weblog
 寒い日が続くと、毎日が“この冬、一番の寒い日”と順送りになり、徒歩出勤の路上駐車の車の北側の窓には“霜”がついている。
 吐息は白く、“しまった、マスクをすべきだった。”の反省。
 でも、マスク出勤はやがてマスク内に結露を生じて水蒸気が垂れてくる。
 どっちを取るか、“芯から冷える冷気”か“フィルター越しの普通の空気”かな? 
 今日はドック検診でそんなに混んではなかったけど、一般新患外来は混み始めている。
 今週は後二日で新患外来の担当日がないのはラッキー。
 次週の5日(木)は要注意、近隣は未だ休みが多そう。
 でも、1998年の初頭にメチャ混みだった程のことはないだろう。
 思いだしてもあの時の新患、インフルがそこそこ流行った年で、100人近く来て、タミフルの出る前、もう全くの流れ作業で終わったら夕方だった。
 スタッフに聞くと、当地ではまだインフル患者さんの数は少なく、流行ではない。
 これからの寒さ如何。しかし、夏の沖縄でなんでインフル流行るのか、誰か考えて。
 夕方は溜まってきた宿題を何とか終えて、次に備える。

 今日までの所は冬休向け、患者さんは“OK”
 なんとなくディナーショー、別世界からの帰還の疲れを感じてしまった。
 夕方、帰宅するとクリスマスケーキの残りはもう食べられてしまっていてナイ、いつもの“熱燗”だけで酔いそう。

※ とうとう日本代表野村證券“破綻説”、風評被害か否かちょっと心配、『株は野村に預けてる。』どうする?
コメント

追突事故3件

2011-12-25 20:51:56 | Weblog
 昨日は週末にも拘わらず、出だしの高速道路は空いていた。
 だったら、もっと流れると思ったら、交通情報にも出てないのに、急にトロトロ渋滞で、後ろからパトちゃんサイレン音。高速道を10~20kmの徐行で進んでいくと、追い越し車線に3台の車が連結したように引っ付いて停止状態、側にパトちゃん。
 渋滞の原因はこの追突事故。救急車の姿はなかったので、大ケガはなかったみたい。
 でも、一車線をふさぎ、結果はやはり渋滞。
 暫く行くと、今度は左の路肩に二台が連結、ここでも追突事故。
 高速道の料金所をでると、暫く混むことはよくあるが、その暫くを過ぎても渋滞模様。
 我慢してゆっくりいくと、またまた追突事故があり、ここでもこれがトロトロの原因。
 走ってる車の絶対数は少なかったのに、3件もあった追突事故で3回もトロトロ。
 一工程に3件も遭遇するのは初めてだったが、まあ、いずれも大きな事故ではなさそうだったのが幸いかな。
 今回の追突事故の原因までは知らんけど、前方不注意・スピード出し過ぎ、車間距離不足辺りがいつもの常。
 いずれも、ついつい安易に陥ってしまう事々。
 自分たちの回りでも、安易な事から起こる事故が殆どで、難しい時は集中度も高く、もちろん事故も出るけど、難しいだけに致し方ない部分も大。

 ディナーショー、コニャック(ブランデー)を頼んだら、ロックで出てきてビックリ。
 そのままストレートが一般のハズなのに、何で?
 自分の知らないうちに、ブランデーの普通の飲み方が変わってしまった? 

※ 民主党“M”政調会長、「消費税、将来的には10%越えるかも。」と言うは正直。
コメント

ディナーショー

2011-12-24 12:12:42 | Weblog
 今年もクリスマス・ディナーショー、この暫く毎年行ってる。
 昨日のテニスの疲れは半分残ってるみたいだが、昨年は路上で迷ってマズカッタので、再度予習要。
 “八ツ場ダム”ギブだと、あの党マニフェストでまともに残っているのは?
それだけ期待されてたんだけれども、お餅ばっかり食べさせられてしまった。
 でも、やっぱり脳天気イブ。
 仕事も減らして、今のところ、冬休み準備は○。

※ 彼の“北”国は、各地に“神秘現象”は“原始○○”。
コメント

天皇誕生日

2011-12-23 22:01:18 | Weblog
 今年は冬至の翌日が天皇誕生日。
 平成になってもう23年だけど、12月23日が休みになって、年末に正規の休みが増えて、秘かに喜んでいる人は多いハズ。
 年末前に休みが一日増えるのは、年末前夜祭みたいなもの。
 御言葉「・・・厳しい年であった本年も、もうわずかになりました。これからも私どもは被災者のことを忘れることなく、国民皆の幸せを願って過ごしていきたいと思っています。来る年が皆さん一人びとりにとり、良い年であるよう祈っています」
 こんな言葉が穏やかに聞こえてくるのも天皇陛下の言葉だから。
 もし、“どじょう”さんが言ったとしたら、「だったら、もっと働け!」と返されそう。

 国連総会、亡くなった北朝鮮“K”総書記の黙祷に空席。
 我が国も空席にしたようだけど、日本には古い言葉“村八分”があるように、残りの二分は例外だったハズで、寒い反応。

 気温の上がらない中、午前中テニス、動けば暖かくなるが、控えに回って、動かなくなるとすぐに冷える。
 前半はまあいけたが、後半は疲れたかなってミスが目立った、これも実力。

※ ロードの“K”選手、「・・・乳酸がたまり・・・」、そんなの分かるの?
コメント

22日は冬至

2011-12-22 22:38:14 | Weblog
 さすがに、朝、新聞を取りに出ても薄明るい位で、日の出はまだで、6時50分ちょっと前位。明日からは、日が長くなってくるハズ。
 そこそこ寒いが強烈ではない。
 今年最後の新患外来、研修医は当直明けで『脳細胞は回ってません』と先を言う。
 確かに、患者さんとの問診を聞いていると、言葉に疲れを感じさせられる。
 インフルらしい方も、ヒドメの患者さんも来なかったが、扁桃腺炎が2名。
 同様に診えたが、微妙に違いそうで、後で相談した耳鼻科の診断が一方は細菌、もう一方はウイルスとされていた。
 この結果は臨床的改善経過を待つしかない。
 他、種々雑務が入り交じり、混乱しそうだったけど、何とか終えて、後3日働けばの冬休みが待ち遠しくなった。

 “八ツ場ダム”、党マニフェストでは中止方向、しかし、今度は建設継続とドタバタは、公約の軽さ、ガッカリを見せる。
 もし、沖縄公約を果たすことができたら、“八ツ場ダム”はどうでもいい。

※ テレビっこ激減、“携帯っこ激増が今様みたい。
コメント