ブラックファイブ

あのDr.ブラックジャックの半分以下なので、ファイブとします。命燃え尽きるまで、経験と知識からブログをやろう。

熱中症

2011-07-10 21:42:36 | Weblog
 某雑誌の“熱中症”の特集。
 質問、“熱中症で重症を疑うのはどれか・・・①失神②判断力低下③筋硬直”
 正解は②、“判断力の低下は、中枢神経、即ち脳症状の初期段階とも考えられ、重症化の可能性が高い。”とある。
 確かに、判断は脳細胞を回転させて、どうすべきかを決める高度の機能。
 ふらつきや筋肉の問題よりもレベルが上。

 今日の午後3時から5時まで、屋外テニスをやった。
 盛夏晴天、風は僅かで直炎天は熱い。
 ゲーム前の練習は適当に止めたかったのだが、15分もやってしまった。
 『長すぎ』と反省、ゲームの前に疲れてはマズイ。
 それから、ゲーム(4ゲームだけの短いのを繰り返す)を始め、最初の2ゲームは結構動けたが、3つめ頃から動きがやや鈍、ここまでで約40分。
 この後、身体の重さを感じ、足の第一歩が遅いと言うより出にくい感じ。
 コートチェンジの合間に、一口二口スポーツドリンクを飲んではいたが、出る汗はそれ以上で、シャツはすっかり汗。この汗の分量を一気に飲むと、腹はチャプチャプで動けなくなる。即ち、少しずつ水分不足に向かうは必然の結果。
 その後は、ふらつき感手前で、力を入れるハードヒットはコントロール出来なくなり、カウンター的に打たないと、コントロール出来ない。
 開始から80分位で、これ以上の力みは無理、ガクッと脱水疲労感を感じ、ホントは休憩したかったけど、人数がギリギリでそれも出来ず、淡く薄いゲームをしてしまったが限界際、レベル①や③の直前とも考えられた。
 でも、ギブも格好悪いし、倒れるのも格好悪いし、このミエがつい無理をしてしまうのかも。
 ミエ優先なら、サービスダッシュやリターンダシュ、ハードヒットを少なめにして、カウンターでスタミナを長持ちさせるべきかな。
 そうしたら、持つかもだけど、ちょっとオモローない。

 この“熱中症”の某雑誌は役に立ちそうなら、送ってあげよう。

※ 遅いけど、漸く“K”首相は原発事故処理に数十年単位の時間がかかる事を認めた発言。
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 梅雨明け | トップ | 全国梅雨明け »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは。嬉しいです。 (chul-e)
2011-07-11 14:52:54
こんにちは。嬉しいです。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事