ブラックファイブ

あのDr.ブラックジャックの半分以下なので、ファイブとします。命燃え尽きるまで、経験と知識からブログをやろう。

インフルいまだ来ず

2016-11-30 22:25:21 | Weblog
 今日の外来でも来るかなっと思っていたが、インフルらしき方はゼロで、いまだ、流行は及んできていない。
 午後、胃瘻管の交換を行ったが、抜くときにかなり力がいって、抜けた瞬間に、血液が少し飛びちって、白衣に付着してしまった。
 見ると、看護師さんは、ビニールエプロンをして、事前防御が出来ていた。
 次回からは、エプロンをとも思ったが、それよりも、抜去部を覆って、その中で抜けば、飛散はその覆いの中だけで済むはず。
 でも、交換処置に関しては、無事に終わった。

 夕方の健診胸部X線写真読影は、一気に飛ばして、今日は、ほぼ、定刻終了。

※ “天皇公務・・・有識者会議”、識者を誰が選んだ?
コメント

40分に70人

2016-11-29 22:39:49 | Weblog
 今夕、近くの専門学校にインフルワクチン接種の出張。
 夕方に行くのは、学校の授業を妨げないように、授業が終わってから一気にワクチン接種をする予定。
 専門学校だから、平均年令も若く、まあ、不調の方はわざわざ来ないし、ホントに一気に出来そうな予感。
 自分は、事前問診確認を担当し、次の看護師さんが実際にワクチン皮下注射を行い、最後に事務が会計をする。
 4時20分頃に開始、並んでいた人達に順々に、「今日の体の調子はどう?悪くないよ、ネ!今までにワクチンうって、異常はなかったよ、ネ!ハイ、OKです!」と突っ走る。
 やはり、注射手技に一番時間が掛かり、自分が飛ばして、7~8人溜めてしまうと、問診確認は小休止。
 それでも、元気者ばかりで、すぐに腕まくりをして、注射の準備をしてくれるし、ドンドンはかどり、終わったら、5時頃で、まさに、40分で70人を終え、40(分)÷70=0.57、60(秒)×0.57=34.2、即ち、34秒に1人の速度だった。
 これ位なら、注射する人を増やせば、40分で200人以上は出来そう。

 ニュースでは、インフル流行期と盛んに言ってるが、当地では、まだそんな風には感じられない。

※ 隣国大統領、任期前退陣表明って、これもありだけど、偽善っぽく聞こえる。
コメント

南スーダンの地位協定

2016-11-28 21:41:30 | Weblog
 新聞で気づいたが、日本の自衛隊が行っている南スーダンでは、国連PKO活動に際し、国連と受入国との間に地位協定があり、裁判権の免除【いかなる刑事法犯罪の場合でも、PKO派遣要員が、受入国の裁判権に服すことはない。】とある。
 それでもまあ、PKO派遣要員が刑事犯加害者になった時には、処罰を免れないよう、適切な法整備も行われている様だ。
 これをみると、日米のは、もう1~2ランク下のレベルみたい。
 でも、地位協定は何となく、“派遣側の考え”と“受け入れ側の考え”を比べると、上から目線に読めててしまう。
 でも、国連を支えていくしかなさそう。
 ・・・と、偉そうになってしまったが、自分なら、ビビって、とても行けない。

※ 配偶者控除、103万円の壁が150万円の壁に変身?
コメント

年賀状云々

2016-11-27 21:01:05 | Weblog
 年々年賀状は減っていくし、若い世代は、余り出さなくなってきている。
 若い世代でもないし、まあ、書ける内は出しておこうと、漸く裏ができあがった。
 来年は酉年、鶏や鶴では当ったり前で、思案の結果を表してみた。
 あと少しで完成、締め切りには間に合いそうで、これが、今日の在宅業務。

 今年も後一ヶ月と少々、今の勤務先病院は建て替え準備で、来年から暫く、規模縮小となり、余剰可能性対象職員は転出先を悩んでしまっている。

※ 北九州の“氷の水族館”、こんな考えもあった?
コメント

親御さんに説教

2016-11-26 22:58:54 | Weblog
 一昨日、昨日よりも、ちょっと気温が上がった。
 この程度でもほっとするのは、体力低下の証拠かも。
 先週の土曜から風邪模様で、漸く一週間。
 熱感はずっとなかったが、タガの緩んだ感覚は数日あって、その辺りは良くなったが、未だ、本調子前。 
 でも、回復してくるってことは、回復する力がある証拠としておこう。
 昨日の外来で、親に付く添われた学生さんがきた。
 親御さん曰く「この3ヶ月、毎月の様に熱を出すので、どこか悪いのかと思って・・・」
 「勿論、どこか悪いから、熱が出るのです。でも、それなりのに治ってますから、治る力もちゃんとあるのです。どうも、運動をされてないようなので、生活に、少し運動的要素を入れて、体力をつけたら良いと思います。そしたら、色々とタフになるはずです。」と説教を垂れてしまった。

 今夕は、大学の同級生と夕食会。
 もう、みんなビール一杯+α辺りで、無理はしなかった。

※ 自衛官募集ビラ「・・・I防衛大臣は少々頼りない・・・」、本音が出た。
コメント

あの方は来ず

2016-11-25 23:07:17 | Weblog
 あの方、1週間前に“漂白剤気管支炎”を考えた患者さんで、「来週、来てよ・・」と言っておいたのだけれど、残念ながら、とうとう来院されなかった。
 こういう場合、良くなって行かなくてもと考えたか、治らなくて(当院を見限って)他院へ行ったか、(忘れたり)不都合で行けなかったか、だけれども、ま、自分の都合の良いように、‘改善’と解釈して、自分を慰めておく。
 漂白剤気管支炎としたが、化学物質性気管支炎とでもした方が、格好がつきそう。
 その他、外来もそこそこ来たが、ほぼ定刻には終えられて、昨日の寒さの影響は来週辺りにでてくるかもしれない。

※ 折角の稀勢の里、以前のレベルに戻ってしまった。
コメント

イレウス管が入らない

2016-11-24 22:17:20 | Weblog
 22日に胃に入れた細い管を、実際の栄養注入用の胃瘻管での変更は、腹壁の皮膚が硬く、難渋したが、少々のヘルプを受けて、何とか完了した。
 ついでに、準イレウス(腸閉塞)状態がずっと続いている方に、胃袋から先、十二指腸に管を送り込もうと透視下で試みたが、こちらは無理だった。
 この先は、胃内視鏡で十二指腸を確認して、目視でガイドワイヤーを送り込んで、それを頼りに、イレウス管を送り込むしかできそうもない。
 でも、この患者さんの元気度から、そこまでやるべきか否かは、ちょっと迷う。
 今日の咳き込みは、10回以下。
 でも、のどの奥がこそばくなり、咳のむせあがりそうな感覚も数回あった。
 この感覚の後に咳をすると、かなり咳き込んで、声が出にくくなる。
 明日の、一杯の外来が少し心配でもある。

※ 大相撲、稀勢の里の横綱退治、実力、それとも、狂い咲き?
コメント

勤労感謝の日

2016-11-23 21:43:00 | Weblog
 勤労感謝の日=新嘗祭(にいなめさい)だった。
 全く気にしてなかったけれど、新嘗祭とは、五穀の収穫を祝う日で、それがこう替わったとの解説もある。
 まあいいけど、今日の休日、外気は少し冷えてきて、天気予報では、夜半から雪になるかもで、明朝は、とにかく冷えそう。
 寒波がきて、暫くすると、風がグンと流行ってくる。
 体調は、昨日よりはマシになったが、昨日の咳き込みの影響か、声が枯れがち、でも、休みだから余りしゃべらなくて、局所の安静は少々できた。
 明日は、非外来だからしゃべりまくる必要はない。
 しかし、明後日は午前午後と外来があり、かなりのしゃべりまくりが必要になるが、ノドに過負荷にならないよう、ゆっくりそっと話そう。

※ 早朝地震の次は、未明の雪かも?
コメント

咳の発作

2016-11-22 21:40:15 | Weblog
 風邪は、もう、7割方治っているかと思いこんでいたら、そうではなかった。
 今日は普通の外来担当ではなく、午前中に出張一件、午後はインフルワクチン外来のみで、比較的余裕のはずだった。
 しかし、行くと、胃管が抜けており、確認はインフルワクチン後しか、場所が取れなくて、タイムスケジュールが厳しかった。
 午後のインフルワクチン外来は、事前確認だけなので、飛ばせると飛ばしていったら、ノドに違和感、軽いヒリヒリ感を感じるようになり、3時過ぎの某患者さんの時に、突然、声がかすれて、咳が発作の様にこみ上げてきて止まらない。
 ゆっくり呼吸しようとしても、咳のこみ上げが強く押さえられない。
 患者さんを待たせて、内廊下で咳き込んでいると、咳の直後に、気管の密着する様な感じがして、息を吸うのも吐くのもできなくなる窒息感になり、気管が狭くなったのは、ほんの数秒だけど、ずっと続きそうな感覚で焦った。
 ふさがりそうになった気管は必ず復元するとじっと耐えて数秒、やっと、空気は通ったけれど、咳は続く。
 声を出すと咳が誘発されるが、とにかく、待たせている方を終えなければならない。
 必死のかすれ声で話して、その後は、見に来てくれた隣診察室の医師に暫く委ねた。委ねることができて良かったと心底思った、謝々。
 そして、看護師さんが外気の吸える所に連れて行ってくれて、小休止。
 何分休んだかわからないけど、漸く落ち着くことが出来た。
 窒息を感じる程の咳発作の体感学習は重く、明日が休日で良かった。

外来が遅くなり、胃管確認で場所予約をしていたスタッフが気にして見に来てくれていた。 
 造影剤を入れての確認は、OKで最後はかろうじて締まった。

※ 早朝地震のユーラユラ、ちょっと長いとみんなビビる。
コメント

鼻風邪には抗アレルギー剤

2016-11-21 22:30:47 | Weblog
 昨夜は悪夢には出会わなかった。 

 抗アレルギー剤は、花粉症の薬だけれど、古い型の鼻風邪の薬は眠くなる。
 花粉症の薬で、中位以下は眠気はこないし、鼻風邪のもある程度は効く。
 だったら、能書の適応には書いてなくても、使ってOKと判断した。
 まあ、薬剤メーカーさんが、適応申請をしていないからだろうけれど、病名は、適当に合わせて、必要なら説明文を添えておく。
  
 今週半ばからは寒くなってきそう。

※ 韓国大統領問題は韓流ドラマに似てきた。
コメント