ブラックファイブ

あのDr.ブラックジャックの半分以下なので、ファイブとします。命燃え尽きるまで、経験と知識からブログをやろう。

霜が降らなくても霜月は終わり

2009-11-30 22:26:12 | Weblog
 とうとう11月も最終日、この月は何かとせわしい日々で過ぎるのが早かった。
今日は自転車通勤なので、向かい風は冷たく、首にマフラー装着。
 新型インフルワクチン雑務処理、歯車が微妙に噛み合ってなく、この感じる『じれったさは何だ!』って感じ。歯車が噛み合わないときは、どこかが空回り。
 その何処かは自分でもあり、他の方々はどうしたいのかよく分からない。
 それぞれの考え、やりたい方向をぶつけあって、行き先を探り、決めていく。
 上手くいかなくても、厚労省から“前へ進め!”と号令が出ているのだから、進みながら、自分達の力量や意見の相違から、何でと考えて、とにかくでも答えが出せないの?ってのが、じれったさの本質。
どうしたいのか、自分の考えを見せないと、進まない。
 “霜”は病院内に降っていて、路面凍結。

※ “H”首相「解明された暁には国民に説明する」、夜明け待ち、朝の来ない夜はない。
コメント

たばこ税“欺瞞”

2009-11-29 21:48:05 | Weblog
 たばこ税の増税、“H“首相「環境や体の面から増税もありうべしかなと思う」、厚生労働省が国民の健康を守る観点から、政府税制調査会に大幅な増税を求めるのだったら、単純に日本を“禁煙国”にしたいと法案を出せばいい。
 勿論、急にはできないから、数年の猶予期間をおいての実施。
 これで国民の信を問えばいい。
 某副大臣曰く、「(たばこ税)引き上げは国民生活に大きな影響を与える。個人的には来夏の参院選で信を問うべきだと思う」と、たばこ増税で信を問うのと“純”元首相が郵政民営化で信を問うのとはレベルが違う。
 民主党の目的は何か?将来、禁煙国にしたいのか、そうでなくただ増税したいだけなのかをきっぱり分かるように訴えて、“信”を問えばはっきりする。
 と、突っ張ってもきっとモヤモヤに終わりそうで、そっと見守る。

 昨日よりは気温も下がり気味、耐えて宿題を少々。

※ WBC世界フライ級、内藤 vs 亀田は若さの勝ち。
コメント

タミフル耐性・どうする

2009-11-28 17:35:27 | Weblog
 今日も日中は暖かめ、暖冬予想も出て、冬の入り口からもその模様。
 昨夕は耐えて、半分ほど残った宿題を終えて帰った。
 中国農業省、“発病した犬の鼻咽頭(いんとう)から新型インフルエンザのウイルスを検出”と発表。考えてみれば、鳥から豚、そして人に来るなら、人よりも犬の方が豚に近いはずだし、他の哺乳類に移っても、まあ道理。
 だったら、猫でも牛でも馬でも、ウイルスに暴露されたら感染の可能性がある。
 厚労省は国内患者発生は約1000万人といい、ついでに“タミフル耐性”の新型インフルエンザウイルスが検出された話も出て、みんなをビビらせる。  
 耐性ウイルスの広がり具合によって対処する。しかし、ウイルス検出には手間暇がかかり、診療現場にはすぐに結果は戻ってこない。
 耐性ウイルスの検出・拡散は厚労省の任せて、それを横目で見ながら、タミフル等の切れ味の鈍化で類推、うまく出来るかな?
 具体的には、手元にはタミフル・リレンザ・シンメトレルしかないから、これらを組み合わせたり、増量したりで対処する方法。
 保険で査定され、請求不可とされたらどうする?
 その場合は厚生大臣に直訴?(直訴は打ち首)。

※ 米ゴルフ、T・W選手、自損事故は午前2時過ぎ、何やってたんと思われる。
コメント

鎖骨下静脈穿刺の結果

2009-11-27 22:47:35 | Weblog
 今日は、昨日の不始末の後始末完遂予定で午後から、再度鎖骨下静脈穿刺、今回は失敗許されない。
 この気合いを入れ、かつ、保つため、密かにその場合の“勝負”シャツを着て出勤。
 昼過ぎに病棟に上がって、「目標3時15分開始!」と宣言し、研修医にも伝えておく。研修医に気合いが入っているのかいないのか、分からないのがちょっと不安(昨日エコー用意しておくと言ったのに、朝行くと予約をしてない、口だけ?)。
 午後の仕事をぶっ飛ばし、3時15分現着。病室に行くと、患者さんはズボン履き替え中で15分遅れ、昨日は右側だったので、今日は左側で3時30分過ぎに開始。
 研修医は超音波エコーを当てて静脈の位置を推定し、消毒し、麻酔をして、探索針を挿入。
 今日も早速動脈命中、直ちに圧迫止血で作業は5分停止、さい先鈍。
 その後もがいて、でも、もがき方は昨日よりはマシ。
 4時頃に漸く穿刺。しかし、太めのカテーテルを入れると進まない。
 ここでアドバイスを入れて、なんとか無事に終え、漸く、トラウマを作らずに済んだ。
 勿論、始める前には患者さんに十分に話しておいた。

 夕方、某若いのがインフルエンザになったと連絡。10月下旬に新型ワクチンをしたはずだから、それでも罹って、この若いのにとってはワクチン効果は低かった。

※ “H”首相のやさしい母は“打ち出の小槌”を持っていた。
コメント

インフル迅速診断はやらない

2009-11-26 23:22:36 | Weblog
 二週間前から、迅速診断は検査キット在庫が少なくなり、できるだけやらないようにして、先週一回を除いて、今日も“ゼロ”、もう殆ど止めた心境。
 具合の悪さと状況証拠でタミフルを処方、当たりもあればハズレもある。
 迅速診断陽性なら、何となく納得だが、この新型の検査陽性率は低く、ハズレでもインフル患者はいるし、他の見方で拾い上げるしかない。
 先週、迅速検査陰性だったが一名、それでも新型インフルと考えてタミフルを処方した患者さん、熱が下がらないと受診。
 今日血液検査をすると、別の具合の悪さがあり、見込みはハズレだった。
 御丁寧に、インフルエンザの診断書までも書いて、誤診の証拠を残してしまった、残念。
 もう一方、誤診あり。インフルではなさそうで、もっと違うとまで迫ったのは良かったが、見当がずれていて、ハズレ。
 インフルやインフルもどきがドンドンくると、高熱と倦怠感が主体だと、ついインフルの可能性が大、そうでなければただのカゼと安易に走りそうになった底の浅さを露呈の一週間。
 午後、研修医と再度の鎖骨下静脈穿刺に病室を訪れると、患者さんはTV視聴中。
その番組、“白い巨塔”、しかも最終回。「“唐沢”財前教授の最後の言葉は『無念・・・!』でケチつきそう。」と研修医に言ってしまった。
 その通り、研修医はすぐさま、動脈穿刺で圧迫5分間休憩タイム。その後も、前回同様もがいて、交代。少しして静脈に入ったが、太めのカテーテル針がどうしてもうまくいかない。
 自分ももがいて、そのうちすぐに針内で凝血(血が固まる)し、静脈血の逆流確認ができなくなり、針を変えてもすぐに固まり、もう今日は無理と中止、“無念”の通りになった、“明日に期す”

※ 新型インフルエンザワクチン、天皇陛下は優先対象で接種、皇后陛下は一般高齢者と同様に年明け以降に接種予定で正直。
コメント

高価薬剤

2009-11-25 22:55:01 | Weblog
 今日は予約再来の外来、後半残り数人でつまづく。
 ここでも新型インフルワクチン熱望の方がいて、気持ちが待てない。
 誰が最優先に該当し、誰がそうでないかなんて際どくて微妙。しかも、供給数が約束されていそうでもあやしい所もあり、一抹不安。
 いつもの季節性ワクチンなら、購入本数が決まっており、大体先着順で毎年やっている方々プラス少々まで。しかし、今回はいつもやってない方も希望され、一体何本必要なのか、まだ釈然としないし、希望したら全部来るかも分からない。
 予約しても接種当日に足りなかったり、逆に余ったりをできるだけ少なくする裁量は難しい。
 とりあえずは、希望者数を数えてみたらいいかも。
 午後のある方、外来点滴加療を考えていて、薬の価格を聞くと1本○○万円と高い。保険給付があるから、実払いはもっと少ないが、それでも○万円
 新薬は元々高いけど、中でもある種の類は強烈に高い。
 あの“イ○○サ”は、¥7000/錠、毎日飲んだら、一ヶ月21万円で3割だと、6.3万円/月。これがずっと続き、毎月の食費以上。
 開発費も猛烈にかかっていて、安くできない部分には色んな補助、高額療養費と疾病保険かな。でも、後者は対象が狭く、保険に入る前に祖の部分を含んで入ってないとナシ。まあ、領収書を取っておいてもらおう。この辺り、日本はまだまだ恵まれている。

 23日に鎖骨下静脈穿刺カテーテル自己抜去を行った方、ちょっと出血傾向気味で、そのうちの再穿刺、血小板輸血?。

※ ダビング10解除ソフトを販売は、“T”電気メーカー社員、できすぎ。
コメント

事業仕分け効果

2009-11-24 22:43:28 | Weblog
 行政刷新会議「事業仕分け」の二回目。一回目は良く分からないうちに始まり、終わった。
 今のところ、あの“小泉劇場”に対抗しうる、公開パフォーマンス。
 それでも、「素朴な疑問」や「透明性」を訴えることは有益。
 手練手管は年期入りの官僚には叶わなくても、単純に感じる事を聞いて、分かる言葉で答えてもらい、評価する。
 自分の講演会でも、単純素朴な質問は厳しい。
 「なんで、この薬が効くのですか?この検査の意味はなんですか?」なんて聞かれても、分かり易く答えることは難しい。
 “H”首相も、自らの献金問題に対しても、分かり易く語ればいい。

 今日の午後、新型インフルワクチン接種を行ったが、開始予定よりも1時間も早く来た方がいて、何の準備もできてない。『来るの、早すぎる!』
 その後も開始前に結構来て、政府マスコミの宣伝効果、“1時間でも早くうちたい”気持ち?
 ただ、今後の供給体制に保証もなく先走れない。
 
 19日に鎖骨下静脈穿刺を行った方、昨夜のうちに自分で抜いてしまい、そのうち再穿刺予定。

※ 千代大海、朝青龍につり出しで負け、気がつくと限界みたい。
コメント

新型インフルワクチン輸入品

2009-11-23 22:20:35 | Weblog
 昨日に続いて暖かく、これでも11月下旬。
 カナダからの新型インフルワクチンニュース、英GS製アレルギー反応出現率が高く使用を控える。
 先日、「季節性のを接種したら、息苦しくなったけど、新型はやっても大丈夫でしょうか?」と質問。
 「国産製品では、元に入るものが季節性か新型だけの違いで、後の作り方は同じはず。ですから、今度も同じような症状が出るかもしれません。厳密にはうってみないと分かりませんけど、私の考えではお勧めし難い。来年、製造法の違う外国製が入ってきて、周りで問題なさそうでしたら、考えるという辺りかと思います。
 外国製のは製造方法が国産と異なるけれど、その国では今までずっとそれでうって来ているのだから、蓄積もあり、かよわい日本人の体質へのチェックさえOKなら、一般的には可。ただ、元のもの、インフルエンザウイルスに関するもので息苦しくなっているのだったら、やっぱりし難いけど・・。その先は、少しのリスクを背負ってうつかどうかを決めるしかない。うった場合は、しばらく近くに居て下さい、これは必ず。」
 これ以上は答えられない。副反応で注射をうった所が、少し腫れたり、何となく痛みが数日なんてのは、ぱっとみて20%以上いる。
 厚労省では、インフルワクチン関連死亡で救済対象認定は約2500万対1位と発表しており、勿論、鵜呑みにはできないけど、インフル関連死亡率よりは圧倒的に少なく、体調と不安がなければ、やっておくのが今の選択肢。
 タミフル、リレンザも、その副作用発生率からみると、発病時は選択肢に入る。

 宿題は少しだけ進む。

※ ワールドシリーズの賭に負け、フィラデルフィア市長罰ゲーム、さすがアメリカ。
コメント

鳩山首相始球式

2009-11-22 22:02:25 | Weblog
 一転、今日は朝から寒く、とうとうストーブ点火。
 ちまちまと宿題を始めたが、“気”の入りが不十分で進まない。
 午後、プロ野球選抜 vs 大学選抜の野球をみたけど、前宣伝の割に、顔見せばかり、投手は両チームともに全員参加で投球は一回限り、せっぱ詰まる緊迫感がなく、今ひとつ。
 最高の見せ場は、オペラ歌手の田代 万里生の国家独唱を前座にした、鳩山首相の始球式。
 球場でマウンドに向かう首相の人気はまだまだ十分。
 ちょっと山なりだが、ノーバウンドでキャッチャーミットにストライク。
 これ位、首相の仕事をコントロールして下されば、言うことなし。
 曰く「・・・気持ちいい。こういうふうに政治もストライク投げたいね。」  日本は平和と実感させる言葉。
 TV視聴は2回でヤメ。

 脳細胞が回らないのは、寒さのせいにしておこう。

※ 火事の居酒屋は夕方5時から翌朝10時までが営業時間、正常?
コメント

オバマ大統領支持率

2009-11-21 21:25:29 | Weblog
 またまた、冬の前なのに暖かな日で気分がずれそう。日中は半袖でも“OK”。
 昨日の会議のまとめをしていたら、細々と修正を繰り返し予想以上に手間取り、いまだ、次の宿題に取りかかれない。

 夕刊見出し、米国“O”大統領の支持率50%以下に低下。上がりも早いが下がりも早く、“ジェットコースター”級。
 はじめの期待が何でもすぐにもできそうな位の超極大、すぐに希望が叶うはずもないのに、すぐに支持の気を翻すのは、外からだけど辛抱が足りなさそう。
 大統領が模索し、迷走しても、あれだけ熱狂的に支持したのだったら、もうすこし支えても
 自分への見返りがないものには反対と自分の“エゴ”を強調しているように、間接的には見えてくる、偏見。
 あれだけの不況が、大統領が代わっただけで直ちに切り返せるはずもなく、直ちに切り返せたら逆に変。
 日本の景気も同様で、自民から民主に代わっても、すぐに変わるわけもなく、もがいてはい上がってくるまで辛抱、忍耐できないと先は長い。

※ 自動体外式除細動器(AED)作動せず、機械でも当然ゼロはない。
コメント