ブラックファイブ

あのDr.ブラックジャックの半分以下なので、ファイブとします。命燃え尽きるまで、経験と知識からブログをやろう。

運動の限界

2014-08-31 20:55:26 | Weblog
 昨日の講習会の中で、自転車漕ぎの体験実習があった。
 初め、30ワットの負荷量で自転車エルゴメータをこぎ始め、漸増し、8分後には、負荷は100ワットになり、それなりに脈拍数も増え、初めは、無理解からダッシュをしてしまい、すぐに脈拍は100を越え、慌ててペースを落としたが、脈は戻らず、結果解析にドジを踏んでしまった。
 そして、100ワット負荷になってくると、脈拍は140台の後半となり、最大148までいった。
 しかし、テニスなどをしている時程の、ドキドキ感を感じることはなく、単に脈拍記録装置が数字を示している以上には、何も感じることはなかった。
 この差は何か?

 そして、ニュースを見ると、全国高校軟式野球選手権大会・準決勝は延長50回で両投手は700球前後を投げて、どうみても無茶で、ド○○!
 これって、教育というよりも、意地の張り合いで、投手の肩が壊れるか、肘かもだけど、素直な高校生は監督の誘導的指示を断れない。
 東方の国で、肘を痛めた投手もいたはず。
 まあ、指導的立場の人の責任かな。

※ 種子島で6億円ジャンボ当選は、ビックリだけど、あり得る。
コメント

筋トレ無限

2014-08-30 22:09:55 | Weblog
 午後から産業医講習会に出席、テーマは“運動指導・・・”で、要するに運動効果の話だった。
 軽く自分でも動けるようにとなっており、運動できる服を用意していく。
 その往きの電車内で、坐っていたら、次の駅から、小さな子をダッコした父親と、手ぶらの母親が乗ってきた。
 向こう側に、丁度一つ空いていて、いい具合だと思ってたら、子供をダッコした父親ではなく、手ぶらの母親がお座りになった。
 『えっ!』って感じ、もし、ここで優しい方が、子連れに「どうぞ~」と席を譲ったときに、手ぶらの母親さんが坐ったとしたら、瞬間、何とも言えない空間になってしまいそう。
 母親がだっこしている場合はまずお座りになるが、今回のような場合、譲るべきか、譲らざるべきか、それとも、寝たふりで逃げる?

 そして、肝腎の講習会では、“筋肉は使わなければ衰え、萎縮する。”と当たり前なんだけど、あるレベル以上を維持するためには、その為の筋トレを続けなければならない。
 講師の方に質問、「筋トレは、始めたらエンドレスになってしまうんではないですか?」「・・・そうです。ただの筋トレでは、モチベーションが続かないので、その先の目的に向かわないとうまくいき難い。」と正直に答えてくれた。
 即ち、始めたら、レベルを落としたくなかったら、続けるしかない。

※ この8月、昨年と比べて猛暑少なく、やっぱり“?”
コメント

早速デング熱

2014-08-29 22:33:05 | Weblog
 ・・・が心配の相談があった。
 簡単にチェックすると、勿論当院ではウイルスそのものも、抗体も調べられない。更に、外注検査機関も現状では無理で、もし、当院に受診されても状況証拠から、“かもしれない?”は言えるけれど、それ以上の確定は無理。 
 でもデング熱は、特効薬のないウイルス性疾患ではあるけれど、“エボラ”とは違い、無理しなければ、そのうち治る、即ち、自然治癒する。
 まあ、テレビなどが、公園の蚊の駆除目的で、殺虫剤を噴霧する映像を流したりすると、見た方は、大事かもと内心ビビル可能性がある。
 特効薬のない病気は、実力で治すしかない。

 気温が下がってきても、帰宅時のビールはたまらない。

※ 東方の彼の国、9才女子がマシンガンをぶっ放す事件、『さもありなん』。
コメント

秋が近い?

2014-08-28 22:12:53 | Weblog
 昨日から気温が5度余り下がって、夜はよく眠れるようになったが、窓を開けていると肌寒い。
 出勤にはとうとう夏用ジャケットを着用し、ないとやっぱりここも肌寒い。
 新患外来は、出足も悪く、途中でも増えず、研修医が来た頃には、未診察患者さんは二人しか居なかったが、二人とも紹介患者さんで、それなりに診断決定に至るには難しく、たった二人でも奥は深い。
 新しい知識は新卒研修医の方が多いはずなんだけど、脳細胞から出てこない。
 この先は実体験を経て、知識を柔軟に出してくる練度をあげて貰う。
 結局、今日の診察と検査だけでは、診断に至らず、他の検査を加えて次回に持ち越しとなった。
 研修医は、その診断過程を学習して、成長していく予定なんだけれど、そこに至るまでは、毎度おなじみのまだるっこさを耐えていくしかない。
 夕方、パート採用希望職員の面接をしたが、つい緩んで、普通の言葉になってしまい、いわゆる“ため口”の口調で、形式をかなり壊してしまった。
 自分の本心では、何も全く気にしていなかったけれど、周囲から見ると、ちょっと、“場”を損なったかもしれなくて、後から“堪忍”しかない。

※ 東京代々木公園の蚊から“デング熱”とは、やっぱり温暖化?
コメント

“呼吸が苦しい”

2014-08-27 22:24:45 | Weblog
 今日は予約外来、夏休みの余波でやや詰め込んでいたのに、早速の割り込みが来て、スタートから遅延必至になった。 
 “呼吸が苦しい”と訴えて来られたが、酸素飽和度は正常で、胸部レントゲンも目立つモノはなく、心電図も正常で、まあ、ヒドメのモノはなさそうで、一週間様子をみて、又、来週来て下さいと帰した。
 しかし、一つ抜けていた事を後で思い出した。
 それは、胸苦しさを出すモノに、上部消化管疾患もあることを忘れていて、この辺りの不調なら、呼吸が苦しい、胸が詰まるように感じても理が通る。
 ここまで頭が回らなかったのは、夏休み脳天気が抜けてなかったことにしておくが、改善不良なら、また来るはずと自らを誤魔化し、慰める。
 自分が休んでいる月曜日に入院された方も、今ひとつで、暫くは要注意状態が続きそうと休み明けは突然の宿題登場で始まった。   
 これらを受け止め指示を出したり、修正したりであちこちに迷惑を掛けてしまい、“御免”と“堪忍”で今日は終わった。
 明日は新患外来で、研修医はその気で来るか否かが問題だろう、ネ。

※ 中国記者が米高官に質問「ハワイ沖に中国機が飛んできたら、どう?」
コメント

“東大卒プロゲーマー”

2014-08-26 21:41:01 | Weblog
 このところ一般的な本は一切読んでなく、たまたま目に付いた新聞の書評から、ふと、読んでみようと思っただけです。
 約200頁余の新書版で、長引くと休みも終わるし、配達された昨日のうちに、一気に読み終えた。
 著者は、進学校から一浪後に東大に入学し、大学院中退で、ゲーマーになったという展開を書いた内容で、小学校の頃から“格闘技ゲーム(ストリートファイター等)”が大好きで、ドンドン好きになって、その情熱の流れるままに“プロ”になったという話だった。
 その売り言葉は“論理は結局、情熱にかなわない。”という事で、それはもっともで、楽しくないとやってられないと言うことに通じそう。
 “仕事でも、スポーツでも、ゲームでも、結局楽しくないと続かない。”と単純化しては、著者の趣意を簡単にし過ぎているかもだけど、これを読んだ自分はそう感じ思った。
 他を感じた人もいるでしょうが、それに向かう気と継続が大事なんだろう。 ただ、日本では未開発部分の“プロゲーマー”になるという壁は極めて大きかったかも知れない。そこに行けた事は、とても大きく、10年後を期待したい。

 今日は午後に産業医の出張があり、名目上は休みなんだけれど、この部分だけ出勤し、小学校と中学校を回ってきた。
 言わなかったが、一番気になるのは、市立小学校と言っても建物は市立、教職員は県職員で、調理師は市職員などと、一つの建物に市と県が共存している不可思議さで、何で今までこの変な関係が続いているのかが理解出来ない。
 共存するのなら、どちらかに揃えたら、指示や命令系統が、もっと単純に簡単になるはずなのに、シンジラレナ~イ、ド○○に見える。  

※ 警察庁担当官「パチンコで換金が行われているなど、まったく存じあげないことでございまして」。
コメント

休みの残りは後一日

2014-08-25 22:39:39 | Weblog
 今年の夏休みも後1日と少し、でも、明日の午後は産業医の出張があって、実質は精々一日になてしまった。
 ずっとお気楽に過ごして、これは予定通りなんだけれど、ふと、日曜日の新聞書評に載ってた本を読んでみようと、昨日アマゾンでネット注文したら、早い、今日の午前に着いてしまった。
 これなら、本屋さんでは売れないのも道理になる。
 薄めの本で一気に読み終えてしまったが、このことは明日にしよう。
 溜まり掛けていたVTRも見終わって、何とか夏休み中に追いつけた。 
 時間が取れなくて、時々は捨てているが、溜めると見なければいけないという、強迫観念に結構縛られてしまう。
 こんな時は、時間の無駄だけれど、少しだけ早送りで見たつもりにして終了。
 残り一日余りになったら、あれこれというでなく、ボーッとフワーッとするのが、その後に緩みを元に修正するのは少ししんどいけれど、休んだっという気持ちになる。 
 
※ 某大手予備校、校舎の7割閉鎖は、いわゆる負け組か先を読んだか?
コメント

バイクを駐輪場に止める?

2014-08-24 22:14:18 | Weblog
 明日明後日は休みにしたのだが、忘れたことがあって自転車で行くと、自転車駐輪場をにバイクが2台止めてあった。
 バイクを止める所は少し先で、屋根がなく、暑い日差しでサドルは暑くなる。 屋根の下なら少しはましだけれど、でも、これはマナー違反で、止めているのは職員か受診者かは分からないが、これがこの辺りのレベルであったことは確かになったのは、ちょっと残念だった。
 このちょっとだけ、まあいいだろうは何処にでも出てくるけれど、100%の完璧は無理でも、出してもいい所と見せてはいけない所をわきまえないとマズイ。
 忘れ物を済ませて帰るが、空気はすっかり秋で、残暑ももう少し。 
 先週は、短い期間だったので、脳細胞はずっと休んだままで、残り2日。

※ “アイス・バケツ・チャレンジ”、お断りもチラホラあるよう。
コメント

秋の気配

2014-08-23 21:59:14 | Weblog
 昨夜も寝込みは暑かったが、夜半からはそれ程でもなくなって、今日も、日差しは強そうでも、もう、夏のジリジリ感はない。
 昨夕は余り飲んではなく、早めに帰ったはずなのに、朝食後に眠くなって、朝寝をしてしまった。
 体力かなっと考えるのが妥当だろう、ネ。 

 夕食は、まだ暑さは残っているが、すき焼きにした。
 先週、行った伊勢ですき焼きを食べて、その作り方(砂糖と醤油のみの味付け)を忘れないうちに、やってみようと決めた。
 そして、牛肉を買ったのだが、火を入れて最初に使う牛脂の塊を忘れてしまった。
 仕方ないので、オリーブ油で慣らして開始し、いいかなっと思って、肉を入れると、底に引っ付いてしまい、油不足と最初から失敗した。へばりついた肉をへらで剥がし、油を追加し、水増し効果を少し期待してネギを入れる。
 それから、肉を入れたが、今度は引っ付くことなく、うまく焼けた。
 その後は、鍋(を作る)奉行になってしまったが、今まで、すき焼きの鍋係を初めからやったことはなく、失敗すると美味しくなくなるので、結構緊張したが、まあ、素人的にはまずまずに終えられた。

※ “A”首相さんの、コメントを聞いてみたい。
コメント

アイス・バケツ・チャレンジ&不幸な手紙

2014-08-22 22:12:18 | Weblog
 最近“アイス・バケツ・チャレンジ”と言って、知人などから指名された人物がALS(amyotrophic lateral sclerosis=筋萎縮性側索硬化症:きんいしゅくせいそくさくこうかしょう)支援の寄付のため100ドルを寄付するか、24時間以内に氷水をかぶって次に挑戦する3人を指名する動画をSNSで公開する、もしくはその両方を行うというチャリティー活動が、そこそこニュースに出ている。
 その第一印象は、ちょっと面白そうだけど、もう、ちょっと考えてみると、指名されたら、何となく逃げにくい雰囲気にもなっていそうで、昔からある“不幸な手紙”を思い出してしまった。
 彼方の昔、葉書の裏面一杯に細かい文字で、“この手紙を、24時間以内に、○○人に送らないと、不幸になります。云々・・・”ってヤツ。
 自分のところにも来たけど、葉書代がもったいないから、ゴミ箱にポイ。
 そして、自分は不幸になってしまったのかもしれない。。
 そこそこの有名人さんが、「次の3名様を指名しました。」と公表したら、名前を出された方達は、有名であるが故に、マスコミの餌食目標になってしまう。
 ・・・と、ネットでチェックしてみたら、某政党代表が、次に現“A”首相を指名したとあった。どうする、“A”首相さん、何を選択しても、必ず何か言われ書かれる。
 有名税かもだけど、ちょっと気の毒な面もある。

 こないだろうけど、自分ならわざわざSNSに動画を出すのは面倒だし、氷水は冷たいし、寄付したければ、勝手にやる。

 今日も日中は猛暑だったが、その分宵の納涼会が楽しみになる。
 天気予報では、明日以降、少し気温が下がってきそうにも言ってるので、少し期待。
 蒸れて眠れない熱帯夜が一番応える。

※ もう、ウィンドウズ9試験版を9月末に出すなんて、サイクルが早い。
コメント