暇人詩日記

日記のかわりに詩を書いていきます。

1月3日:近況

2020-01-08 | はじめに
明けていました気がつけば。
別の創作で話を作っていたりして、
なかなかこちらへの着想がつかずにいたのですが
旅行中の就寝前という時間になってなぜか詩の一文が思い浮かんだりもします。
そういう生き物です。

トップ記事2つはブログ開設時に
「まあ10年もやらないだろうし」と、
有り得ない数字のつもりで2020年に設定しておりました。
有り得てますね。
もはや意地なので絶対に閉鎖しません。
いかに更新頻度が落ちようとも。
いかな病気に罹ろうとも。
gooブログがサービスを停止しない限りは。
よろしくお願いします、gooブログさん。

今年もどうぞ、よろしくお願いします。
コメント (8)

詩日記を始めるにあたって

2020-01-01 | はじめに
鶏卵と申します。

この暇人詩日記は、ひたすらに節操もなく
詩のみを展開していく所です。
幾年も、推敲を一切していないものを載せてきたため記事数がそこそこ膨大です。
カテゴリ別に閲覧されるといいかもしれません。
カテゴリの解説を掲載します。

年代別:該当年で比較的マシなものの自選集。ただし夢カテゴリ内は自選除外
暗い:救いを特に考えず書いたもの
明るい:救いがありそうなもの
かなしい:かなしさを糧に書いたもの
あたたかい:優しいきもちで書いたもの
つめたい:全員殺すきもちで書いたもの
狂おしい:猟奇的描写の激しいもの
錯乱:情緒不安定の境地で書き散らかしたもの
夢:実際に見た夢の記録、脚色
心から:心から思ったこと
自動筆記:自動筆記

となっています。
カテゴリ詐欺と思われる内容が多々あるでしょうが、
私の中ではそういうことになっているのでクレームは受け付けません。

主にはやや暗めの詩が多く、
科学や数学の世界が入ることもあり、
少なからず人体の部位が表現として使われます。
グロテスクではないと思っているのですが
閲覧の際には今一度お気をつけ下さい。

もし私の詩を気に入られた際には
名無しでも一言でも評価をいただけると
喜びます。
批判も受付中。

コメント及び
トラックバック、
ブックマーク等は
お気軽にどうぞ。
コメント (10)

幻影

2019-02-12 | 錯乱
たったひとかけらの粒を入れれば
水は豊かな酒になる
浴びるくらいに飲み明かしたあと
頭痛に苛まれるとも知らず

私は求めた、恐れも無く
無知は罪だと知ってはいても
無知な私は知る由も無く
パンドラが最後に得た希望を
得られることができるのではと

希望のひとかけらがもたらす光は
熱エネルギーももたらすものだと
私は知っていたはずだった
私は識っていたはずだった
コメント

ペンデュラム

2019-01-18 | 暗い
ずっと考えてきた
すなわち生きる意味を
彼はぼくを
満足に買い物も出来ないぼくを
強かに打ち据えながら言った
生きる意味などあるものか
おまえの哲学にも反吐が出る
犬のクソを食うより酷いと

広いだけの大地を見ながら
なんと意味のないことかと思う
ぼくに選ばれた道は
もぐらの坑道よりも窮屈だ

瞬きをするような
ちらと漏れたあくびよりささやかな
ほんの一握の煌めきを追いかける
ぼくにはそれが生きる意味を
問うのとおんなじことだった

一握の煌めき
それはポケットに入ったコイン
それはぼくと同じ目をした女の子
それはカフェで知り合った
清流を生きてきたお婆さん
ぼくは狭い狭いけもの道で
それらを残らず拾ったつもりだ

背後で軋みが聞こえてくる
地獄の歯車の回る音が
どこにいても
誰と話していても
たとえどれほどの
幸福を感じようとても

ずっと考えてきた
すなわち生きる意味を
彼はぼくを
青白い舌を覗かせるぼくを
途切れた道を歩くのに
邪魔なのは一握の光そのものだと
広い地平線のほんのひとかど
しみったれたアパートの片隅で
ひっそりと揺れるぼくを見ながら言う
生きる意味などなかったろう
唾を吐きかけられたぼくは揺れる
地獄の歯車が回そうとしたのは
ぼくという名の振り子に過ぎない
コメント

凍傷

2019-01-07 | つめたい
震えるほどに寒いなら
羽織ればいいのだ、目深まで
足踏みをする蟻の群れ
耳だけ落ちた琵琶法師
墨の落ちたところから
死の足音はやってくる

薪をくべて炎を灯せ
青い青い炎を灯せ
油を撒いてもいないのに
あの樹はよくよく燃えている
暖かくなどなりはすまい
足踏み足踏み行軍は続く

単眼ぎょろりと巡らせて
物言わぬかれらの鈩踏み
燃えゆく樹々が炭となっても
法師の鼻に燃え移ろうとも
繰り返し繰り返す社会性動物

サムイネ、サムイ、サムイヨネ
ナンテサムイ、アア、キレイ
(ぎらりぎらりと閃く単眼)
ダケド、ナンテ、トテモサムイ
ホントニ、サムクテ、イヤニナル
(ざくざく、ざくざく、ざくざく) 
サムイネ、サムイ、サムイヨネ

鳴き声、あるいは念仏は
落ちた耳への弔いか
震えるほどに寒いなら
羽織ればいいのだ、目深まで
鈩を踏めば樹が燃える
燃えた樹を見て足踏みをして
ぎらりぎらりと閃く単眼
死の足音がやってくる
墨に染まった足音が
コメント