暇人詩日記

日記のかわりに詩を書いていきます。

10月14日:近況

2030-01-05 | はじめに
ブログ記事が1000件突破したようです。
つまり書き散らかした詩もまた1000作になったということです。
厳密に言うと998件ですが。
細かいことは気にしないでいきます。

さすがに約1000の詩を全て見返しはしません。
学生時代の詩を見るのには勇気も必要です。
ともかく、
ぱっと思い浮かぶくらいには記憶に残っているものを軽くご紹介します。


◆ストーリー仕立てのもの
比較的キャッチーです。

兎は逃げていった

フィルムを並べて

あなたのための歌を

殺して剥製にした

生き埋めの墓地


◆言い回しなど気に入っているもの
皮肉と悪意と孤立の塊。

群れの孤独

死んだときに言い訳が立つじゃない?

クズ売り

正気の弦

悪辣の山羊


◆わけわからんが好きなもの
14年間ずっと頭の片隅にこいつがいます。

おとうさんぞうきん


ちょっとした達成感はあるものの
だからといって特に何かが変わるわけでもなければ、
何かを変えるつもりもありません。
引き続き思い付いた時に書き散らすだけです。
強いて言うなら、昨今のペース程度には更新したいですね。

ほとんど独り言に近いブログですが、
これはもはやライフワークのようなもの。
引き続き壁に向かい、およそブログタイトルにふさわしくない
ろくでもない詩を呟いていくつもりです。

ほとんど独り言に近いブログにもかかわらず、
時々見てくれているらしい誰か。
ありがとうございます。

詩日記を始めるにあたって

2030-01-01 | はじめに
この暇人詩日記は、ひたすらに節操もなく
詩のみを展開していく所です。
幾年も、推敲を一切していないものを載せてきたため記事数がそこそこ膨大です。
カテゴリ別に閲覧されるといいかもしれません。
カテゴリの解説を掲載します。

年代別:該当年で比較的マシなものの自選集。ただし夢カテゴリ内は自選除外
暗い:救いを特に考えず書いたもの
明るい:救いがありそうなもの
かなしい:かなしさを糧に書いたもの
あたたかい:優しいきもちで書いたもの
つめたい:全員殺すきもちで書いたもの
狂おしい:猟奇的描写の激しいもの
錯乱:情緒不安定の境地で書き散らかしたもの
夢:実際に見た夢の記録、脚色
心から:心から思ったこと
自動筆記:自動筆記

となっています。
カテゴリ詐欺と思われる内容が多々あるでしょうが、
私の中ではそういうことになっているのでクレームは受け付けません。

主にはやや暗めの詩が多く、
少なからず人体の部位が表現として使われます。
グロテスクではないと思っているのですが
閲覧の際には今一度お気をつけ下さい。

もし私の詩を気に入られた際には
名無しでも一言でも評価をいただけると
喜びます。
批判も受付中。

コメント及び
トラックバック、
ブックマーク等は
お気軽にどうぞ。

無価値

2022-11-30 | 暗い
認めるのは容易い
認めるのは困難だ
つまらない瑕疵が全てを台無しにする
観測だけが許された
暴落する価値と
暴騰する対価
消費するためだけに生まれた
消費されるためだけに与えられた
それを認める時
樹木が黄色い水溜まりを作る
それを否定する時
糞は下水を満たしていく
途上はばったりと途切れた断崖
認めれば見えるが落ちる
認めなければ見えずに落ちる
瑕疵は歳月を経て崩壊を招いた
つまらない瑕疵が全てを台無しにする
あと一歩踏み出せば
人々は上へのぼっていくだろう
遥か高みへ
背中を押す前に
わたしは断崖を覗き込む
人々がのぼっていく前に

パフォーマンスは最適です

2022-11-07 | 錯乱
些細なこと
本当に、些細なことだよ
気に病む必要なんてない
かけられる優しい言葉の数々
浴びせられる心無い言葉の数々
いつでもそれらを
正すことはできる
正している
正さなければならないと理解している
誰しもが感謝をする
私の中にくすぶる
罵声の火種に気付くこともなく

些細なことだよ
気にしなくていい
(たとえ私が泣いていたとしても)
(あなたには何ら関係のないことだ)
昇華するすべは無い
無いと知っている、
火は一度点れば燃え盛るだけ
境界線の上にいる
境界線の上にしか立てない
向こう側は穴の底で
そちら側へは行くことができない
ここが私の生存限界だから

些細なことなんだ
踊っている姿を見て笑うといい
褒めそやし、感謝をして、
心無い言葉を投げかけ続けてくれていい
あなたにとってのそれは心ある一言だ
声を荒らげたい
絶対に荒らげたくはない
たやすく気分を害する君たちよ
どうか私を
わたしのこころを
慮ってはくれないだろうか

言葉通りです。

2022-10-21 | つめたい
新しい一日が始まる
お気に入りの紅茶をじっくりと淹れて
カーテンを開ければ若い青空
ミュージックはゆったりとしたスローテンポで
こんがり焼いたトーストを食べる

何気ない日常を丁寧に
私の世界を平和で満たす
ウェアラブルデバイスをチェックしたなら
何時間もかけて選んだ
ランニングシューズに履き替えて
アクティビティに出かけよう

一日がやって来るたびに
生まれ変わったつもりで過ごす
気持ちをざわつかせるラジオはオフ
数百年前のナンバーを流そう
心を乱す映像はオフ
爽やかなグリーンバックを映し出そう

目を開けて
世界は新しく生まれ変わる
目を閉じて
世界は新しく生まれ変わる
目を開けて
私は前よりもっと素敵に
目を閉じて
私は前よりもっと素敵に

変わらず見える丁寧な暮らし
過去よりいちばん若い今を生きる
目を閉じても開いても
若い青空はいつも四角い窓の向こう