神融心酔 

中国茶・台湾茶を中心とした素敵な出会いの数々を綴っていきます

ブログへのご訪問ありがとうございます


千葉県松戸市にて中国茶教室「Salon de Leecha 麗茶」を主宰しています

教室内容、お問い合わせはHPをご参照ください

Instagramにて教室風景やお茶のある風景を随時UPしています
よろしければフォローをお願いいたします!

★Facebookページ「中国茶・台湾茶ファンの集い」を作りました
Facebookのアカウントをお持ちの方、いいね!を押して、情報をシェアしてください♪

★サロンへのお問い合わせ、お申し込みのメールには一両日中に必ずお返事を差し上げています
こちらからの返信が届いていない場合は、お手数ですが再度メールをお送りくださいますようお願い申し上げます

★ブログランキングに参加しています
よろしければ、一日ワンクリックお願いいたします♪

春節中国茶会2024~虹色の竜~を終えて

2024-02-20 | お茶会
2月17日(土)、全聚徳丸ビル店にて「2024春節中国茶会~虹色の竜~」が開催され、私も茶席を担当させていただきました。

丸ビル36階からの眺めは絶景。
8つの茶席は8色に彩られ、お客さまにはそのうち2席を楽しんでいただきました。



赤の席 古樹紅茶
桃の席 雪山紅茶
橙の席 単叢紅茶
黄の席 東方美人
緑の席 武夷老叢水仙
青の席 宮廷普洱茶
紫の席 武夷大紅袍
藍の席 白牡丹

私の茶席は橙色、お茶は雲南省の古樹でつくられた単叢紅茶を召し上がっていただきました。
後半には桂花を加えて味変も。




一回目の茶席と二回目の茶席の間に全聚徳の点心盛り合わせを楽しんでいただき、
王霄峰氏の二胡演奏も堪能していただくという盛りだくさんの内容。



主催、茶葉提供は中国茶専門店RIMTAEさん。
RIMTAE丸の内店のスタッフの皆さまにもお世話になりました。

そして、企画・演出、当日の司会を担当してくださったOさん、
アシスタントを担当してくださった3名の茶侶の皆さん。
白いドレス姿が美しい。




茶席にご参加の皆さま、楽しんでいただけましたでしょうか。
ありがとうございました。謝謝!
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

麗香茶課 田中優伊先生の鳳凰単叢講座のお知らせ

2024-02-06 | 麗香茶課
麗香茶課から講座のお知らせです。
茶課のメール会員の皆さまには既にお知らせをお送りしていますが、
若干数のお席がございますので、公開募集をさせていただきます。
この講座はある程度中国茶の知識をお持ちの方向けとなっています。
初心者の方向けの基本的な説明は予定しておりません。
ご了承のほど、よろしくお願いいたします。

田中優伊先生には2020年夏に茶旅第一弾としてオンライン講座、
2022年6月には「鳳凰単叢品茶会」を開催していただきました。
今回は田中先生が2023年春に鳳凰単叢の産地を訪れた際の
写真や資料を基にお話しいただき、
講座の内容に沿った五種類の茶を味わって頂きます。

コロナ禍でなかなか訪れることのできなかった現地の情報を
田中先生のお話で更新する機会になるかと思います。
皆さまのご参加をお待ち申し上げております。

■セミナーテーマ
「写真や動画で烏崬山、石古坪、嶺頭へ」
講師:田中優伊
TEA &TEAWARE CHANOME(通称:茶ノ目サロン)主宰

■講座概要〈田中先生より〉

2023.4月コロナ以来、三年八ヶ月ぶりに鳳凰単叢茶の産地を訪ねました。
今回は前から気になっていた二つの茶を探し求め、
烏崬山のほか、大質山の石古坪村と饒平(ぎょうへい)県の嶺頭村まで行きました。
果たして課題を果たせたのか。
現在の鳳凰単叢茶に至るまでの歴史を紐解きながら、
現地で撮影してきた写真とともに、
茶園管理の地域差異、製茶現場の変化など、
講座を通してお伝えできればと思います。
かねてよりお世話になりました麗香茶課の加藤多都子先生、富田直美先生のご協力を頂き、
皆様に三年ぶりの茶旅第二弾のご報告をさせて頂きます。
当日、セミナー内容にかかわる五種類の茶を会場で味わって頂きます。

1.石古坪村へ(最古の烏龍茶=石古坪烏龍を作った少数民族の畲族) 
2.鳳凰単叢の前身野生紅茵を探し求めて
3.人民公社時代の鳳凰単叢茶(鳳凰水仙古樹浪菜)
4.最新の動き
① 新しい焙煎方法
② 単叢紅茶の原料の変化と市場の傾向
③ 茶虎 知ってます⁈

■会場茶譜
①石古坪烏龍
②紅茵
③鳳凰浪菜老叢
④蜜蘭香紅茶
⑤茶虎

●日時:
①2024年3月 9日(土) 13:00~15:30
②2024年3月13日 (水) 13:00~15:30 満席
(①と②は同内容となります)

●募集人数:①3名 ②満席

●参加費:6,000円 

●場所:中国茶文化空間・香流
    http://xiang-liu.com/
 みなとみらい線・元町中華街駅1出口より徒歩1分

●講師紹介
田中優伊
中国上海生まれ。
2016-2020の四年間、中国広州市在住。在住中、より中国茶を研鑽、とりわけ鳳凰単叢茶と烏崬山とのご縁が深まりました。
2021年より東京都世田谷区の自宅にて鳳凰単叢茶をメインに取り扱う茶ノ目サロンをオープン。現在に至る。
Instagram: chinesetea_chanome
HP https://chanomeoftea.amebaownd.com

■お申し込み方法
ご希望の日にちを明記の上、lixiangchake@gmail.com 宛メールにてお申し込みください。先着順にて予約を承ります。折り返し確認のメールをお送りさせていただきます。

準備の都合上、できる限りキャンセルはご遠慮いただきたく存じますが、やむを得ない場合は1週間前までにご連絡ください。それ以降のキャンセルはキャンセル料3,000円を申し受けますことをご了承ください(キャンセル料をいただいた場合はレジュメをお送りします。)

 会場でお目にかかるのを心よりにお待ちしています。

(企画・主催)麗香茶課
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2024年1月北埔の旅

2024-01-31 | 茶旅
先日、台北1泊、北埔2泊の短期間ですが、台湾に行ってきました。

台北ではまずは九壺堂へ。
冬茶をたくさん飲ませていただきました。
詹老師に久しぶりにお会いできたのも嬉しかったです。

夜は茶友の案内で、凍頂の茶農、林明秋茶師のお宅へ。
新茶を茶師自ら淹れていただきました。
何煎淹れても味が衰えないのはびっくり。

慌ただしい日程の中、充実の一日でした。
(でも、お茶の飲み過ぎでなかなか寝付けず。
10年くらい前までは大丈夫だったのにw)

さて、今回の旅の主目的は北埔で美味しい東方美人をいただくこと。
高鐵(台湾新幹線)で新竹へ向い、
そこから車で30分ほどで北埔老街に到着します。

北埔の街はまだまだ素朴な雰囲気が残っています。
古いレンガの建物が並び、
旧家の屋敷も残っています。
メインストリートには客家料理の屋台や店が並び、
路地に入れば客家擂茶 を楽しめる茶館もあります。




話題のドラマ「茶金」の舞台になった姜阿新洋楼も参観してきました。
中国風・欧風・和風のスタイルが見事に融合しています。
長い間人手に渡っていた洋館を2012年に孫の代が買い戻し、
2018年に修復作業が終わったそうです。
今は基金を設立し、見学料やグッズ販売などで維持しているそう。
(販売中のお茶缶↓)


今回宿泊したのは民家をリノベーションした民宿風のお宿。
レンガの平屋建てで中庭と茶室も付いています。
寝室は三部屋あり、最大6人まで泊まれます。




今回アテンドしてくださったのは「水方茶院子」のWPさん。
8年前に訪問して以来、一緒に行った白茶果工作室のHさんが交流を続け、
今回は白茶果モンブランを作りに行くというので同行させていただきました。



モンブランと東方美人の競演。
どちらも相乗作用で美味しい!



茶園にも連れて行っていただきました。
地の利を活かした配置。
土質、日照、風向き、色々な要素が合わさって、
あの清廉で優雅な東方美人ができあがるのだと納得。

温暖化のために近年は東方美人の冬茶も作るそうで、
それがなかなか美味しい。
もともと生産量が少ないので、どうしても高価になりますが、
その価値を知った上で連れ帰ってきた茶葉。
いつ、どこで、誰と、どう淹れて飲もうか、
今から考えるだけでも楽しくなります。
また茶会を企画しようかな。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

春節中国茶会2024~虹色の竜~のお誘い

2024-01-15 | お茶会
全聚徳丸ビル店にて、2月17日(土)に
春節と辰年にちなんだ中国茶会を開催いたします。

真冬の澄み渡った丸ビル36Fの絶景と
二胡の雅やかな演奏が皆さまをお迎えし、
フロアには8卓の美しい中国茶席が並びます。
お客さまには2茶席2種類の香り高い中国茶と
全聚徳特製の点心を召し上がっていただきます。

場所: 全聚徳 丸ビル店 
住所: 東京都千代田区丸の内2-4-1 丸ビル36F 
日時: 2024年2月17日(土曜日) 15:00~16:30(開場14:50) 
定員: 48名 
会費: お一人様 11,000円(税込み)

お申し込み方法:Webサイトの予約ページからお申し込みください。
 お申し込みの際、茶席コースをご選択いただきます。
 茶席主と茶名をご確認の上、お選びください。
 お支払いはクレジットカード決済のみとなっておりますことをご了承ください。

現在満席となっております。
キャンセル待ちも承りますので、よろしくお願いいたします。
(1月30日追記)

会場で皆さまにお会いできるのを楽しみにしています。

※ちょし@麗茶は橙の席で単叢紅茶をお淹れします。



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

モンブラン茶会を終えて

2023-11-12 | お茶会
自宅サロンにて7年ぶりにモンブラン茶会を開催しました。
白茶果工作室のヒロエさんに
その場で絞っていただく和栗のモンブランを中心に
栗尽くしの贅沢な時間でした。



お茶は三種。
それぞれ一煎目はそのお茶の優しい甘さを出し、
二煎目以降はお菓子に合わせて少しギアを上げました。


お茶、お菓子、集う人、全てが交錯してその場の空気感を醸し出します。
一期一会の貴重なひととき。


ご参加の皆さま、ありがとうございました。
ヒロエさん、お疲れさまでした。謝謝!


◆茶譜◆
極品白牡丹 2020
武夷岩茶 石乳 2022
梨山紅茶 2021

◆点心◆
白茶果モンブラン
栗子餅
栗子雞批(チキンパイ)
 by 白茶果工作室

◆茶請け◆
レーズン ナガノパープル(午前)・シャインマスカット(午後)
マカデミアナッツ
ピーカンナッツ
栗きんとん(自家製)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする