神融心酔 

中国茶・台湾茶を中心とした素敵な出会いの数々を綴っていきます

ブログへのご訪問ありがとうございます


千葉県松戸市にて中国茶教室「Salon de Leecha 麗茶」を主宰しています

教室内容、お問い合わせはHPをご参照ください

★よみうりカルチャー柏で講座を担当しています
詳しくはHPのInformation記事をご参照ください

Instagramにて教室風景やお茶のある風景を随時UPしています
よろしければフォローをお願いいたします!

★Facebookページ「中国茶・台湾茶ファンの集い」を作りました
Facebookのアカウントをお持ちの方、いいね!を押して、情報をシェアしてください♪

★サロンへのお問い合わせ、お申し込みのメールには一両日中に必ずお返事を差し上げています
こちらからの返信が届いていない場合は、お手数ですが再度メールをお送りくださいますようお願い申し上げます

★ブログランキングに参加しています
よろしければ、一日ワンクリックお願いいたします♪

台湾茶旅2018 茶縁その2 

2018-06-19 | 茶旅
今回の台湾では幸いお天気に恵まれ、傘を使うことはほとんどありませんでした。
予定していた製茶体験も希望通り三日目に現地入りすることになりました。

今回の製茶体験は東方美人。場所は桃園。
こちらの茶廠では通常は製茶体験は受け付けていないようですが、
茶友のKさん、Iさん、カトリーヌの強力なコネに便乗させていただきました。

茶廠のLさんには全工程を見せていただき、とても充実した体験をさせていただきました。
現地でアテンドしてくださったWさん(日本で烏龍茶の製品化を進めていらっしゃいます!)にも本当にお世話になりました。

まずは茶摘み!



この可愛い籠に摘んだ茶葉をいれていくのですが・・・
2時間摘んでも全然一杯になりません。



それもそのはず、この大きさで摘むのですから、なかなか貯まらない。
おまけに腰痛持ちの私は休み休みだったので、皆の半分も摘めませんでした(ゴメンなさい)。

でも、それはもちろん想定内。
主力はLさんがあらかじめ頼んでくださったプロの茶摘みおばさん達です。

摘んだ茶葉はすぐにカレキに振り分け、室内萎凋に入ります。



萎凋は水分を飛ばすための大切な工程。
時間や場所などその日の茶葉の状態や天候を見ながら判断していきます。
ちょっとしたミスも出来上がりに影響してくるので、気が抜けません。

美人を作るには繊細な気配りが必要ですね・・・。
(その3へつづく)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

台湾茶旅2018 茶縁その1

2018-06-17 | 茶旅
今年も恒例、台湾へ。

今回は一緒に行こうと言っていた友人が行けなくなったり、
同じ日に合流するはずだった友人が用事で一日遅れで入ることになったり、
マイレージのキャンセル待ちが全然取れなかったりと当初から波乱気味。

その上、お天気頼みの製茶体験予定を入れていたので、
なかなか旅のスケジュールが確定せず。

一番の問題は私自身が5月初めにギックリ腰をやってしまい、
ずっと調子が戻らず、ギリギリまで製茶体験に行くかどうかを考えあぐねていたこと。
結局決心がついたのが出発4日前でした。

そんなこんなで今回は予定をしっかりと立てていませんでしたが、それでもやっぱり台湾の旅は最高です。
行ってしまえば茶縁を辿って旧交を深めたり新しい出会いがあったり。
こんなに楽しい旅ができるのも、お茶をやっているお蔭ですね!

第一日目は単独行動だったので、10年来の茶友のC小姐に連絡し、永康街で待ち合わせ。
C小姐の旦那さまと紫藤盧の元同僚Eくんと先輩Gさんも合流して『呂桑』で宜蘭料理をいただきました。

その後C小姐の家に場所を移し、試飲会。

前日に開催された台北書院の茶会でもお茶淹れをされたというG先輩が
茶海を使わない双杯品茗式で淹れてくださいました。
やはり最近は茶海を使わない茶人が増えているのかな。

5種類ほど飲ませてもらいましたが、
こだわりのC小姐のチョイスはさすがにどれも美味。

特に坪林雪山の包種茶が美味しかった。
この茶園は比較的新しく、去年から飲ませてもらっているのだけれど、
10年ほど前によく買っていた高山包種茶を初めて飲んだ時の感動が甦る感じ。

最近は発酵度高めの烏龍茶や蜜香タイプが流行っているので、
こういうクリアで爽やかな喉越しのお茶は逆に新鮮です。

教室で使える分をいただいてきたので、日本ではどんな風に入るのか楽しみです!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

岩間眞知子先生の講演会「陸羽と『茶経』」のお知らせ

2018-06-09 | 麗香茶課
麗香茶課より公開講座のお知らせです。

岩間眞知子先生講演会
〜陸羽と『茶経』~

中国の、そして世界の茶文化発展において大きな業績を挙げた「陸羽」。
その著書「茶経」は茶文化の源流として、今なお大きな影響力を持ち続けています。
今回は、お茶の研究者であり、様々なご講演や著述で幅広くご活躍の岩間眞知子先生に、「陸羽と茶経」につきまして、沢山の最新情報を、現地や資料の写真と共に、お話頂きます。
ご講義後には、先生とご一緒にお茶を頂く時間も取らせて頂きます。
より多くの皆様と、この貴重な場を共有させて頂きたく、ご参加をお待ちしております。

★開催日時:7月5日(木)10:30~12:30

★参加費:3500円

★募集人数:60名

★会場:
神奈川近代文学館 中会議室 http://www.kanabun.or.jp/
(みなとみらい線 元町・中華街駅下車徒歩10分)
横浜港を一望出来る緑豊かな「港の見える丘公園」の一画、横浜ベイブリッジを見下ろす高台に建つ「神奈川近代文学館」が会場となります。

◆講師:岩間 眞知子氏
【略歴】東京都生まれ。1978年早稲田大学文学研究科(美術史)修士課程修了。
同年より81年9月まで東京国立博物館科学研究費特別研究員。『日展史』編纂委員。
2015年11月~現在 人間文化研究機構の「アジアにおける「エコヘルス」研究の新展開」の共同研究員。
2017年6月~現在 日本医史学会代議員。
2017年度 世界緑茶協会 O-CHAパイオニア賞文化・芸術部門受賞。
【ご著書】『茶の医薬史―中国と日本』思文閣出版 2009年、『栄西と「喫茶養生記」』静岡県茶業会議所 2013年、『喫茶の歴史 茶薬同源をさぐる』大修館書店2015年など。

★内容(岩間先生よりご紹介文をお送り頂きました)
【テーマ】 陸羽と『茶経』について
【概要】最古にして最高の茶書といわれる『茶経』、その著者・陸羽は自伝『陸文学自伝』も書き残しました。
それは心情を活写した自伝文学としても優れた内容ですが、自伝は29歳(別説もあり)で終わるため、後半の伝記は分からないことが多いのです。
近年、陸羽最晩年について発表された論文と、陸羽の没年を記す資料(中国では失われ、日本に残るもの)が見つかりましたので、現地や資料の写真と共にご紹介したく思います。
また最古といわれる陸羽像、最古の単行本『茶経』についても、少し触れたく思います。
最新情報をたくさんお知らせしたく思っていますので、どうかお楽しみに。

★お申し込み方法
lixiangchake@gmail.com宛メールにてお申し込みください。
先着順にて受け付けます。定員に達し次第締め切らせていただきます。
確認のメールは6月16日より順次送らせていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

麗香茶課
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安化黒茶講座のお知らせ

2018-05-29 | 麗香茶課
麗香茶課では6月29日(金)に湖南省の安化黒茶・千両花巻茶を堪能する講座を開催いたします。

日本では茶の歴史の中で、中国の茶が福建や広東から海を使ってヨーロッパへ輸出されたこと、
雲南省や四川省の黒茶が茶馬古道によってチベットなどへ運ばれたことなどは良く知られていますが、
湖南省・湖北省の茶が陸の万里茶路を通って運ばれた歴史にはあまり注目されていません。

この度湖南省安化県で黒茶製造販売を専門とする「利源隆茶業」の総経理・呉昱瑾(Missウー・イージン)氏が来日され、
セミナーを開いていただけることになりました。
湖南省安化黒茶についてご説明いただき、数種類試飲します。
少人数で行いますので、貴重で贅沢なひとときになると存じます。
たくさんの皆様のお申し込みをお待ちしております。

講座の詳細は以下になります。

~「利源隆の安化黒茶」講座

湖南省安化黒茶についての概要をパワーポイントを使ってご紹介いただき、
試飲は三磚茶(黒磚茶、茯磚茶、花磚茶)と千両茶を予定しています。

講師:利源隆総経理・呉昱瑾氏
講師兼通訳:佐々木真弓氏

日時を変更いたしました(2018.5.29記)

たくさんのお申し込みをありがとうございました。
定員となりましたので、募集を締め切らせていただきます。


●日時:
6月29日(金) 14時~16時30分

●募集人数:10名

●会場:中国茶文化空間・香流
    http://xiang-liu.com/
    みなとみらい線・元町中華街駅1出口より徒歩1分

●参加費:5,000円 

●お申し込み方法:lixiangchake@gmail.com宛メールにてお申し込みください。
先着順にて受け付けます。定員に達し次第締め切らせていただきます。
確認のメールは順次送らせていただきます。 どうぞよろしくお願いいたします。

(企画)佐々木真弓、山本和恵
(協力)麗香茶課




■企画者よりのメッセージ■

安化黒茶は種類が多く、味わいもそれぞれに特徴があり、「三磚・三尖・千両茶」と言われています。
また、意外と知られていないことですが、明の時代から数年前までは黒茶の生産量トップの座を誇ってきました。
2010年の上海万博では、十大名茶にも選ばれました。
その中で安化黒茶のシンボルといわれるのが千両花巻茶です。
1950年代以降途絶えてしまった千両花巻茶の製茶技法を復活、
再生産させた中心人物である呉建利氏(「湖南利源隆茶業有限責任公司」董事長)の特別な計らいで貴重な千両茶の提供を受けました。
加えて、同社総経理の呉昱瑾(ウー・イージン)女士が来日、
三磚茶から始まり、現代千両茶の基礎となった記念すべき「1997年制」をはじめ、数種の千両茶を淹れて飲み比べ、
材料や作り方にこだわった本物の味やその味わいの変化など、安化黒茶の魅力を堪能していただきます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年も竹林茶会

2018-05-01 | お茶会
杉並のとあるお宅のお庭でこの時期に開かれる竹林茶会。

鬱蒼とした新緑がいい具合に日差しを遮り、風も心地よく、まだ蚊のいないこの季節ならではの野点です。
竹と蜜柑の木に囲まれた屋外の一角に抹茶席と台湾茶席が設えられます。

うらりんさんの茶席では雲南産の白茶と阿里山烏龍茶の30年物をいただきました。
野外でいただくお茶の味はまた格別です。
蜜柑の花がちょうど白い蕾を付け、少し花も開き始め、ジャスミンにも似た芳香を漂わせていました。
阿里山の老茶をいただきながら、昔飲んだ故張約旦老師の橘子鉄観音を思い出しました。

抹茶席では宮田宗清先生の社中の方のお点前で薄茶をいただきました。
私は赤楽(高知県の玉藻焼だそうです)、一緒に行ったヒロエちゃんは宮田先生ご自作の黒楽で。
どちらの茶盌も抹茶の緑が映えて美しかった。
お詰めは一保堂、丹頂の昔。




少し緊張しながら姿勢を正す抹茶席と
リラックスして語らう台湾茶席。
そのバランスがまた絶妙な竹林茶会でした。

宮田社中の皆さま、うらりんさん、O家の皆さま、ありがとうございました!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加