草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

日本人に勇気を与えてくれた羽生弓弦選手の金メダル!

2018年02月18日 | 世相

今回のオリンピックでの羽生弓弦選手の金メダルほど清々しいものはなかった。表彰台に立っての国旗掲揚では、誰にも臆することなく君が代を歌った。戦後70年以上が経過して、ようやく日本人であることを取り戻しつつあるのだ。氷上で手にした日の丸もひときわ美しく見えた▼安倍首相も早速、羽生選手に電話をいれ「いろんな困難を乗り越えて多くの人たちに勇気を与えたと思いますよ」と祝福した。中共や韓国などの反日国家と、それに手を貸す日本国内の勢力は、日本人であることが、あたかも悪であるかのようなプロパガンダを流している。そうしたなかでの快挙であり、後世にまで語り伝えられることになるだろう▼羽生選手の世代にとっては、敗戦という日本にとって未曽有の体験や、その後の混乱は歴史上の出来事でしかないだろう。それがかえってよいのである。東京裁判史観の一方的な断罪によって、日本は戦犯として裁かれた。しかし、それが誤りであったことは、誰の目にも明白である▼かつての日本の若者は、祖国の危機に際して潔く国の御楯となった。その澄んだ目と精神が羽生選手には息づいている。言語の面でも肉体的にも、日本人であることの宿命を背負って私たちは生きている。それを引き受けて堂々とプレイをして栄冠を得たのである。卑屈になる必要はないと私たちに教えてくれたのが、羽生選手なのである。

 

 

にほんブログ村

←応援のクリックをお願いいたします。

政治 ブログランキングへ

 

白虎隊探究 世紀を超える精神風土 会津教学と藤樹学への招待
 
ラピュータ
コメント