ポポロ通信舎

(旧・ポポロの広場)姿勢は低く、理想は高く。真理は常に少数から・・

板倉町の合併意識調査(結果)

2010年12月01日 | 地域・合併問題
「上毛新聞」によりますと、10月に実施された邑楽郡板倉町(人口約1万6千人)の合併アンケートがまとまりました。全4525世帯中4037世帯の回収(約90%)、関心の高さが伺わます。

「合併」に賛成は46%、反対19%、どちらでも35%

期待の理由は、人件費削減、行政機能の効率化、防災、医療、観光振興など。

合併に「関心がある」「どちらかといえば関心がある」の小計66%


合併の選択肢(枠組み)としては、

①板倉町、明和町、館林市(1市2町)55%
②大泉町を含む邑楽郡5町と館林市(1市5町)21%
③板倉町と館林市(1市1町)17%

板倉町の皆さんの良識的な意向が感じとれました。
②と③が逆になるかと想像していましたが、同じ“邑楽郡民”としては嬉しい。
町長は「結果を慎重に」と受け取られているよう。
これからの板倉町の動き注目し、同町の発展を願います。

【写真】板倉町役場

にほんブログ村 群馬 その他の街情報
コメント   この記事についてブログを書く
« 映画『弁護士 布施辰治』 | トップ | Xmas手作りフェアに木工君たち »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

地域・合併問題」カテゴリの最新記事