♪ラジオ放送・文字版「世の光」

   1952年以来、キリスト教会が協力して全国民放ラジオで放送して67年の
「世の光」を文字で 

■私はまさっていませんから / 福井 誠

2019年06月05日 | Weblog
2019/5/1放送

 世の光の時間です。いかがお過ごしでしょうか、福井 誠です。
   継続は力なり。聖書を一日一日と読み進む毎に不思議にも自然に養われていくものがあるものですね。では今日も聖書を開いて参りましょう。今日は列王記第一19章4節から「私はまさっていませんから」と題してメッセージをお伝えいたします。
 「【主】よ、もう十分です。私のいのちを取ってください。
    私は父祖たちにまさっていませんから。


 列王記に特徴的な記事として預言者エリヤのエピソードがあります。旧約聖書の中でエリヤは、イスラエルの出エジプトを導いた偉大な指導者モーセに並ぶ、とても重要な人物です。エリヤはユダの王妃イゼベルに仕える異教の預言者たちと霊的な力の対決をし、勝利を収めました。これを知ったイゼベルは、エリヤを遣わす神が本当に生きておられて恐るべき方なのだと悟り悔い改めるのではなくて、むしろ激しく怒り、エリヤを殺そうとするのです。

 さてそれまで神以外の何者をも恐れず神のさばきつかさとして勇敢であったエリヤは、どういう訳か使者に伝えられたイゼベルのことばを聞くと、恐れを為して逃げ出してしまいました。「私はそんな大層な人物でもない、普通の人間。もうこんなお役目は御免だ。早く私の荷を降ろしてください。」と言わんばかりですね。

 新約聖書にはヤコブの手紙というものがありますが、その著者ヤコブはそんなエリヤを指して「私たちと同じような人である」と言います。確かに人には大胆で勇敢な時もあれば、全くしっぽを巻いて逃げてしまうような弱虫になる時もあるものでしょう。けれども、このエピソードが語る大切な点は、そのように浮き沈みのあるエリヤの弱さを神様がしっかり受け止めて助けを与えている点です。一人では立てない、とごねるエリヤに神様は強力な助け手を起こされています。

 神様は私たちの弱さも悪さもみな分かった上で勝利や祝福を約束してくださるお方です。神の私たちに対する愛と真実さはとこしえに変わることがありません。まことに憐み豊かで私たちの側に立ってくださる神に信頼し、歩ませていただきたいものです。

 では良き一週を祈ります。
  
 (PBA制作「世の光」2019.5.1放送でのお話より )

******

 さて、この番組を制作しているPBAの「世の光」の係りでは分りやすい聖書通信講座を用意していて、初めての方には無料の入門コースがお勧めとの事。詳しくはPBAに案内書を申し込みましょう。日曜日に教会を覗いてみるというのはお勧め。こっそり覗きたければ一人で。それとも友だちをけしかけてつるんでもいいし。日曜日は大抵、朝10時か、10時半頃からお昼頃まで集まっていて誰が行ってもオーケー。事前の連絡なしでもちょっとのぞかせてくださいと言えばいいでしょう。PBAに聞くと近くの教会を紹介してくれるので、気軽に問い合わせるといいでしょう。問い合わせ先は、mail@pba-net.comです。

******

このサイトは URL名として 
http://yonohikari.biblica.info 

が使えます。携帯からもこのURLでどうぞ。


 
この記事についてブログを書く
« ■サウロの回心 -1  息をは... | トップ | ■十戒 -自由への励まし103 ... »