♪ラジオ放送・文字版「世の光」

   1952年以来、キリスト教会が協力して全国民放ラジオで放送して70年、
PBA『世の光』を文字で 

■ルカの福音書-88 そのために遣わされたから / 大嶋重徳

2022年06月25日 | Weblog

2022.1.15放送

 「世の光」の時間です。いかがお過ごしでしょうか、大嶋重徳です。ルカ福音書を順番に読んでいます。

 ルカ4章で、イエス様がたくさんの人をお癒やしになり、その町の人々はイエス様が次の町へ行こうとされるのを引き留めようとしました。しかし、イエス様が選び取られたのは、人々の癒やしではなく、次の町へ行って神の国の福音を宣べ伝えることでした。もちろん、どれだけ後ろ髪が引かれる思いがしたでしょうか。しかし、「どうしてもやらないといけないことは、福音を伝えることなんだ」とイエス様は言われたのです。

 ルカ福音書を書いたルカは医者という仕事をしていました。ルカは思ったことでしょう。「病人を癒やすことは医者である自分にもできる。しかし、医者に出来ないことがある。それは魂を救うことなんだ」と。ルカにとってイエス様の優先されたことの意味はとってもよく分かったことでしょう。

 昨年、大きな台風が来た時に、千葉県のある教会で特別伝道礼拝に呼ばれました。教会の方々と玄関の窓に養生テープを貼りながら私の心は揺れていました。もし水が私が牧師をする教会に流れ込んだらどうしようか、牧師として教会を留守にしてもいいんだろうか。・・・ しかし教会の役員をしている方が、「先生、大丈夫ですよ。私たちが教会を守りますから。大嶋先生は福音を伝える必要のある所に行ってください。」

 そして、台風の真っ只中、千葉の木更津での伝道礼拝へ向かいました。集まりの中で、75歳の方がイエス様を信じられました。教会の喜びが大爆発しました。ああ私はこのために行ったのか、と思ったんです。そしてこのことを家に帰って家族に伝えました。「お父さんはその人一人のために台風の中、行ったんだね。良かったよ。」 一人の魂の救いのために送り出してくださる家族と教会の祈りに感謝をしました。

 私たちもまた家族を愛し、教会を愛しています。何より家族に近寄ってくださるイエス様の愛に触れながら、たった一人の人にも福音を伝えるために来てくださったイエス様のことを思いながら伝道をしたいと思います。ペテロの姑のようにイエス様に仕える人がやがて起こされるために、一人の魂の救いのために皆さんの地域にある教会は建てられています。みことばを分かちあっていきたいと思います。

 この地域に建てられた教会には使命があります。そのことを見失ってはいけません。今日もあなたを遣わす神が、あなたをも通して福音を伝えたいと願っておられます。

      (PBA制作「世の光」2022.1.15放送でのお話しより)

 ***

さて、この番組を制作しているPBAの「世の光」の係りでは分りやすい聖書通信講座を用意していて、初めての方には無料の入門コースがお勧めとの事。詳しくはPBAに案内書を申し込みましょう。日曜日に教会を覗いてみるというのもいいんじゃないかなあ。日曜日は大抵、朝10時か、10時半頃からお昼頃まで集まっていて誰が行ってもオーケー。でも、新型コロナ禍で集まるのを制限したりオンラインの集まりに切り替えたりしているかもしれません。PBAに聞くと近くの教会を紹介してくれるので、気軽に問い合わせるといいでしょう。問い合わせ先は、mail@pba-net.comです。

この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ■ルカの福音書-87 目的を見失... | トップ | ■計画がある / 山本陽一郎 »