今日のひとネタ

日常ふと浮かんだことを思いのままに。更新は基本的に毎日。笑っていただければ幸いです。

祭りのあとが何回も来るので

2019年09月17日 23時22分11秒 | 日記

 今月は7日(土)が仙台での定禅寺ストリートジャズフェスティバルで、演奏して旨いもの食べてビールもガバガバ飲んで楽しんできました。ちょっと暑かったけど天気も良かったし。

 16日(月・祝)は越谷レイクタウンで石川ひとみさんのスペシャルライブに行って、1回目だけ見るつもりが楽しかったので2回目も聞いて、無料だけど延べ10曲も聞けて握手会にも参加して、初めてのレイクタウンであれこれ買い物したりして、充実した休日でした。

 で、今週末の21日(土)はスペクトラムのコピーバンド祭り「トマトパラダイス」があって、それは多分ReSPECTとしては今年最後のイベント。3週連続で楽しみがあるのはいいのですが、たびたび訪れる祭りのあと感が半端無く。

 まぁ来月は22日に石川ひとみさんのコンサートがあり、11月2日は尾崎亜美さんのコンサートで、それを楽しみに生きていけるのではありますが。むぅ~。

コメント

石川ひとみスペシャルライブ in 越谷レイクタウン

2019年09月16日 22時10分22秒 | 石川ひとみ

 埼玉県民なのですが越谷レイクタウンには初めて行きました。この施設自体もすごく大きいのですが、今日は無料のライブとはいえ会場は椅子が150席くらいあり、吹き抜けなので2階や3階からも見られるということでかなりの人がいました。

 私としては来月にコンサートに行きますから、今日はその景気づけということで1回目だけ見て帰ろうと思ってたのですが、一度見たら二度も三度も味わいたくなるひとみマジックにはまってしまい、結局両方見ました。その結果延べ10曲、曲としては8曲も聴くことが出来て無料ライブとしては大満足です。

 1回目は正面から外れて後ろの方で立ち見でしたから、周囲のお店の音と相まって歌声はともかく話し声がちょっと聞こえにくい感じだったのですが、2回目は中央に近いところに座って聞けたのでバッチリでした。スピーカーに近いこともあって、声がビンビン響いてきて「やっぱり凄い」と実感した次第です。

 本日のセットリストは公式サイトにも上がってましたが以下の通り。

1回目
わたしの毎日
もんしろちょう
くるみ割り人形
40回目のlove song
まちぶせ

2回目
わたしの毎日
君の声
プリンプリン物語
あなたとならば
まちぶせ

 衣装は1回目は白いドレスで、2回目は公式サイトの写真に出ている紺のノースリーブに華やかな感じのスカートで、どちらが良いかと言えばどっちも素敵でした。紺のノースリーブは「わたしの毎日」のジャケットの衣装にも似てますが、今日の方が襟元が開いてたのでちょっと違いますね。紺色の衣装は結構似合います。

 曲目としては、珍しく「くるみ割り人形」が聞けたのもヒットでしたが、2回目の「プリンプリン物語」は会場が一体になっての大盛り上がり大会。ある意味本日一番のハイライトだったかも。

 そして、あらためて「わたしの毎日」を聞いて「いい曲だなぁ」と。「折れた翼も」のところで両手を広げる仕草を見て、毎回「歌手としての翼は全然折れてないんだから」と思ってウルっと来てしまいます。今日は2回も聞けたわけですが、何度でも聞きたくなる曲です。

 今回もステージ終了後にCD購入者への特典としてサイン会&握手会があったわけですが、私は1回目の終了後に並びました。で、ひとみさんにサインして貰ってる隙を突いて(?)お隣にいた山田直毅さんに話しかけ、昨年からの疑問をぶつけてみました。「あの白いストラトはMMPの頃からのものでしょうか?」と。

 結果「お~よく知ってるねぇ」ということでビンゴでした。この件ブログに書いても良いというお許しも得たのでこのことは声を大にして言いたいと思います。そのストラトの話はなんじゃ?という方はこちらの記事をご覧下さい。まぁギターオタクとしてはすごく嬉しい一日でした。

 なお、来月のコンサートではある曲を聞きたいと直訴したのですが、ひとみさんには「あ、そうですか」とちょっと意外そうな表情をされたので多分ボツでしょう。そんなマニアックじゃないんだけどなぁ。シングル曲だし。

コメント (1)

9月21日(土)はトマトパラダイス!

2019年09月15日 22時40分13秒 | スペクトラム

 毎年恒例スペクトラムのコピーバンド祭り「トマトパラダイス」も14回目となり、今年も新中野弁天で開催されます。今回はスペクトラムのコピーバンドである我々「ReSPECT」と、ブラスロックバンド「BLUFF」のコピーバンド「PILAFF」との2バンド。情報によるとPILAFFもBLUFFだけじゃなくてスペクトラムの曲もやるらしいので盛り上がることでしょう。

 ReSPECTは先週定禅寺ストリートジャズフェスティバルでやったばかりですが、ガラッとセットリストを変えて仙台ではやらなかったあれとかあれとかあれとかあれとか…って曲数多いなぁ。

 なんにしても今年はスペクトラムのデビュー40周年という記念すべき年ですから、パッと派手に行きたいと思います。ブラスロック好きな方とか賑やかな音楽が好きな人、たまたまお暇な方も是非どうぞ。

 詳細は以下の通りです。よろしく~。


イベント名:トマトパラダイスvol.14
日時:2019年9月21日(土) 開場17時 開演17時半
場所:新中野 Live Cafe 弁天
出演 PILAFF
   ReSPECT
料金:1,500円+1Drink600円=2,100円

コメント

BS時代劇「蛍草 菜々の剣」

2019年09月14日 22時34分40秒 | ドラマレビュー

 先週で最終回でしたが、軽い気持ちで見始めたら結構面白かったです。主人公の菜々は武士の娘ですが、藩の不正を告発しようとした父が陰謀で切腹させられたため身分を偽って別の武家の女中として働いています。しかし、その家の主人も同じ人物の罠に嵌り…という話。

 設定が面白そうだと思って見たのですが、ストーリーは結構単純で展開も早くなによりも主演の清原果耶さんがバッチリでした。ドラマ初主演だそうですが、眼に力がある上に着物の着こなしもバッチリで時代劇似あいますね。まだ17歳だそうですが、彼女はきっとスターになります。って、もうスターなのか? あの時間帯のBS時代劇は大作はないのですが、こういう感じの作品でヒットが出れば存在価値があるでしょう。

 で、この話を調べてたら、ラジオドラマとしてNHKラジオ日曜夜の「新日曜名作座」で2013年5月から放送されてたんですと。このラジオドラマはどんな話も西田敏行さんと竹下景子さんの二人だけの出演でこなすものなのですが、実は私はその時間帯に車を運転してる際には結構聞いてました。この話は聞いた記憶がないのですが、ラジオドラマでも面白そう。

 ということで、興味がある方は再放送がある場合にご覧下さい。残念ながらお色気シーンはありません。(当たり前)

コメント

海はないけど夢はある埼玉に石川ひとみ!

2019年09月13日 23時55分59秒 | 石川ひとみ

 海はないけど夢はある埼玉は越谷に歌手の石川ひとみさんが降臨されます。昨年11月にも東松山のピオニウォークに来られたのですが、今回は越谷。あの、でかすぎて迷子になるという定評もあるレイクタウンです。


 詳細は以下の通りです。全国3万人の石川ひとみファン(?)の底力を見せてやろうではありませんか。2回公演とはいえ今回はサイン会もあり、相当な人が集まると思われますので余裕を持って出かけましょう。私は前乗りで…と言いたいところですが、地元埼玉なのでゆっくり出かけます。


日程:9月16日(月・祝)
時間:(1)14:00~ (2)16:00~
場所:1F 木の広場
※観覧無料

コメント (6)

STVラジオ「ツルハプレミアムファミリーコンサート ゲスト:石川ひとみ」

2019年09月12日 22時22分01秒 | 石川ひとみ

 STVラジオにて先月行われた「ツルハプレミアムファミリーコンサート」の模様が放送されました。ゲストは石川ひとみさん。会場は旭川市民文化会館大ホール。これはツルハドラッグで買い物をした人の中から抽選で1500人を招待して行われたコンサートです。

 放送されたのは9月8日(日)の朝で、Radikoプレミアムのエリアフリーかつタイムフリーで聞きました。いい時代になったものです。

 当日オンエアされた曲は、「わたしの毎日」「あなたとならば」「プリンプリン物語」「まちぶせ」の4曲。「プリンプリン物語」はTVサイズではなく、フルサイズのヴァージョンでしたがカラオケに「あれ?」と。バスドラが強調されて、ディスコ調というかハードなサウンドになってました。当時のとは結構違いますね。このカラオケはいつから使ってるのでしょう。

 歌以外にもB型肝炎の克服記「いっしょに泳ごうよ」に関するトークもありました。今は情報が充実してきてB型肝炎患者さんへの偏見や誤解も少しは減ってると思いますが、当時は辛い経験をされたことは想像に難くありません。昨年テレビで話してたのですが、街を歩いているときに握手を求められ何人か寄って来た際に、誰かが「その人B型肝炎だよ。うつるよ。」と言ったら、周りの人はサーっと引いて手を出してた人も引っ込めたとか。今はエピソードの一つとして普通に話してますが、元々人気歌手だった人がそういう経験をした場面を想像するとなんともやりきれない気分になります。

 単に病気を克服しただけでなく、そういう状況からも立ち直って昨年デビュー40周年を迎えたことを考えると「わたしの毎日」は涙無くしては聞けません。ただし本人は至って明るく、当時よりもさらに進化した歌声を聞かせてくれ笑顔を見せてくれるのはファンとしては本当に嬉しいです。(まぁ今回はラジオなので顔は見えませんが)

 今回の放送は4曲でしたが、当日はもっと歌ったのでしょうか。放送が30分だったのでまったく物足らないとは思いつつ、放送してくれたSTVラジオとRadikoプレミアムには感謝しかないです。何回もいいますが良い時代になったものです。ツルハドラッグさんにも感謝ですね。

コメント (5)

甲斐バンド「らいむらいと」

2019年09月11日 23時01分23秒 | 日記

 レコードで持ってて気に入ってるアルバムはCDで買い直したいと思いつつ、なかなか全部は手が回りません。私にとって甲斐バンドもその一つですが、そろそろ買い揃えようと思ってまずは1stアルバムの「らいむらいと」を買いました。

 私の甲斐バンドのアルバムの所有状況としては以下の通りです。ちなみに私にとっての甲斐バンドは最初の解散でほぼ終わってるので、オリジナルアルバムでは「REPEAT & FADE」までとなります。

◇オリジナルアルバム
「らいむらいと」 レコード、CD(今回やっと買った)
「英雄と悪漢」  レコード、CD
「ガラスの動物園」 レコード、CD
「この夜にさよなら」 レコード、CD
「誘惑」 CD
「マイ・ジェネレーション」 レコード
「地下室のメロディー」  ミュージックテープ
「破れたハートを売り物に」CD
「虜-TORIKO-」 レコード
「GOLD/黄金」 持っておりません…
「ラヴ・マイナス・ゼロ」 CD
「REPEAT & FADE」 CD

◇ライヴ・アルバム
「サーカス&サーカス」CD
「100万$ナイト」CD
「流民の歌」CD
「THE BIG GIG」LD
「THE 甲斐バンド」CD
「シークレット・ギグ」CD

 CDでしか持ってないのは、当時友達からレコード借りて録音したテープをずっと持ってたものと思われます。その後CDが出たときに買ったとか。レコードでしか持ってないのには、あとで中古レコードを買ったのもあります。「マイ・ジェネレーション」とか「虜」とか。

 アルバムの購入順序としては、まず「英雄と悪漢」を買って、その直後に「ガラスの動物園」が出たのでそれを買って、次に入手したのが「らいむらいと」でした。当時中1の私がそんなに小遣いあるわけはなく、大体兄が買ってきたのですが。

 そして当時「らいむらいと」に針を落としたところ流れてきた1曲目の「あの頃」を聞いて、兄が「アコースティックやなぁ…」としみじみ言ってたのを思い出します。今聞くと、あれは12弦ギターとガットギターのユニゾンですね。あのイントロは好きで、私は今もアコギの試奏をするときはついついあれを弾いてしまいます。綺麗なアルペジオだし、なにより簡単だし(笑)

 このアルバムについては、当時「甲斐バンドヒット全曲集」とかいう楽譜集があって、たしかカバーの「吟遊詩人の唄」以外は全部掲載されてました。「ヒット全曲集」という割りには、「らいむらいと」の曲以外には「英雄と悪漢」の曲少々と、あとは甲斐さんがアマチュア時代に作った曲が出てて「どこがヒットやねん」とか思いました。

 今はこれはを録音したカセットも聞く機会無くて、全曲ちゃんと聞いたのは凄く久しぶり。甲斐バンドは「英雄と悪漢」以降しか認めない人もいるでしょうが、あらためて聞いてみても結構かっこいいのが多いです。「悪魔に狂って」はその楽譜集で「迫力を出すために声にファズをかけています」と書かれていたのですが、確かに変わった音ですね。

 「アップルパイ」は今聞くとニンマリとしてしまいますが、全体を通してみると「放課後の並木道」が別世界という感じで、これはいい曲だけど甲斐バンドがやらなくてもいいよなぁとか思ったり。(意見には個人差があります。)

 そしてこの紙ジャケ版にはボーナストラックがあって、「恋時雨 (LIVE)」と「バス通り (アナザー・テイク)」が収録されてて、どちらもGOOD。初期のライブはあんまり演奏がお上手でないイメージがあったのですが、「恋時雨 」は「おー、いいじゃない」と感激しました。勢いも迫力もあり、なおかつボーカルには色気も感じるので。

 また、驚いたのが「バス通り」。あんなヴァージョンがあったとは知りませんでした。曲の構成自体も変わってますが、演奏が当時ライブでやってた編成に大森さんがマンドリンをダビングした感じでしょうか。いつどんな目的で録られたものかわかりませんが、何より甲斐さんのカウントの声の若々しさに萌えッと来てしまいました。

 さて、CDでのコンプリートを目指すとして次は「マイ・ジェネレーション」か「地下室のメロディー」か。う~む。

コメント (2)

LIVE ON!うた好きショータイム ゲスト:尾崎亜美

2019年09月10日 22時58分51秒 | 尾崎亜美

 BS-TBSでの日曜夜の音楽番組。9月8日のゲストは尾崎亜美さんでした。実はこの収録は見に行っておりまして(ファンクラブは強い!)、当日も楽しんだのですがテレビで見てあらためてじっくり歌を聴けた次第です。

 番組MCは由紀さおりさんとぐっさんなのですが、亜美さんと由紀さんのこれまでの接点はいかに?と思ったら、以前由紀さんに怒られた事があったとか。ある料理屋さんで偶然居合わせたそうですが、亜美さんは仲間達と大騒ぎしてて、由紀さんは少人数で静かに食事をしてたとか。

 亜美さんの方は由紀さんがいると聞いて、みんなで「由紀さ~ん!」と乱入したら由紀さんにチロっと睨まれて「あなた、酔ってるわね」と冷静に言われて凍りついてしまったとか。

 そんな経緯があったせいか、当日の収録は亜美さんと由紀さんの絡みはちょっと噛み合ってなかったような気がしたのですが、そこは番組編集の妙で特に違和感なく聞けました。(意見には個人差があります。)

 この番組はすべて生演奏がウリで、今回は亜美さんと小原礼さんの二人だけの演奏をたっぷりと。これはテレビでは割りと珍しい形態かもしれません。曲は「My song for You」から始まり、「マイピュアレディ」「Smile」「天使のウィンク」ときて、ラストは「オリビアを聴きながら」でした。

 亜美さんといえば料理の腕も定評がありますが、今回自宅の塩のコレクションの写真とか、物凄い匂いの謎の香辛料、自家製の「亜美醤」を持ち込んでの話題もあって、トークも盛り上がったため編集は大変だったことでしょう。そんな中、スタジオライブが5曲もあったという充実した番組でした。

 こうやってステージでの生演奏をじっくり聞かせてくれる番組は貴重です。わりと再放送も多い番組ですので、今回見逃した方は番組サイトでチェックしてみるといいかも。この番組が10月以降も続いてくれるといいのですが。

コメント

つい見てしまう>バック・トゥ・ザ・フューチャー

2019年09月09日 23時11分37秒 | 映画

 BSプレミアムで映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」をやってたので、つい見てしまいました。まだビデオがVHSの時代にやはりBSで放送したのを録画して、その後DVDになってからも録画して、一応家に映像はあるはずなのにテレビでやっているとつい見てしまいます。

 何回も見てるので展開は覚えてるし、細かいセリフまで覚えていたりするのですが、見れば見るほどよくできている映画だと思います。そもそもの設定がありえない話なので、細かいところを言い出すとキリがないのですが、我が国の中高生もああいう映画を見て夢を見ないといけないのでは?と思ったりしました。

 この映画の舞台は1985年ですが、私は翌年の春に京都の映画館で見ました。まだバブルの前の段階ですが、マーティがバンドのオーディションで使ってたギターはアイバニーズ、そのバンドのドラムはヤマハ、マーティのベッドサイドのラジオ付きクロックはパナソニック製でした。良い時代だったかもしれません。

 ところで、例のダンスパーティーで気づいたことが一つ。最後にジョニー.B.グッドを演奏する際に「リズムはブルース、Bで入って合わせてくれ」という字幕でしたが、あの曲のキーはB♭でした。まぁ映画だからいろいろありますね。

コメント (2)

「せんだい祭学習帳」のその後

2019年09月08日 21時31分19秒 | スペクトラム

 定禅寺ストリートジャズフェスティバルでの演奏のため仙台に行ったわけですが、あの「せんだい祭学習帳」は今どうなってるのだろうと現地調査を行いました。まず、「せんだい祭学習帳」についてですが、これは仙台を代表する祭である「SENDAI光のページェント」「仙台青葉まつり」「仙台七夕まつり」「定禅寺ジャズストリートフェスティバル」をテーマに企画されこの春に発売されたものです。

 「今も普通に売ってるのか?」と思い、昨日のジャズフェスの出番前に受付のお姉さんに聞いてみたところ、怪訝な顔というかポカンとされ「そういうのがあるんですか?」ですと。受付に二人いたうちのお一人が地元の人だそうですが、まったく知らないのだとか。「宣伝が足らないなぁ」と思ったのですが、地元でさっぱり盛り上がってないのが衝撃でした。

 おまけにその様子を見ていたリスペクター1号が「もうナンパしてるの?」ですって。すかさず福田元総理のように「あなたとは違うんです!」と言いたかったのですが、そこはそれまずは実地調査に行かねばと。

 で、どっかに文具店かデパートでもないかと思いふと振り向くと、会場のすぐ後ろが三越。「おお!」と思って行ってみたら、地下2階に「ヤマト屋書店」という看板が。大きい書店で文具も充実してたので、さっそく学習帳のコーナーをチェック。

 が、そこにあったのはジャポニカ学習帳、ドラえもん学習帳、アンパンマン学習帳…。見当たらないのでレジのお姉さんに聞いてみたところ、「ああ、あのセットの」という反応があり「少々お待ち下さい」と奥に消えていきました。しばらくして戻ってきたら、手にはあの学習帳が! セット品もバラもあったのですが、そこは迷わずバラを購入。おかげで「定禅寺ストリートジャズフェスティバル」の手持ちは2冊になりました。在庫も結構あるそうですが、売り場には並んでなかったのでそこはちょっと残念。

 会計しながら「この裏表紙に写真が出てましてね~」と言ったのですが、こちらを見もせず「あ、そうですか」と袋に入れて会計終了。「なんかジャズフェスに恨みでもあるんですか!」と思ったのですが、まぁいいです。

 会場に戻って事の顛末を知らせたら、リスペクター3号のドスコイ先輩がすぐ買いに行ったので、もう1冊は売れたはず。ステージでも宣伝したのですが、買いに行った人はいたのかどうか。

 その後、ステージ終了後に片付けをしてたら、後ろに座ってたご婦人が不思議そうな顔で学習帳を見てたので「これに写ってるんです!」と言ったら、「へぇ~写真は綺麗ですね。この学習帳は何科用のノートですか?」ですって。ん~、方眼紙だから理科か数学かなぁ。なんにしても、この学習帳で勉強した子どもが大きくなってどういう大人になるか楽しみです。

 ということで、地元では案外盛り上がってない学習帳ですが、今も通販では買えますので興味のある方は検索してみて下さい。通販だと4冊セットでしか買えないのが難点ですが。

コメント (2)

定禅寺ストリートジャズフェスティバルのステージ終了しました

2019年09月07日 21時30分00秒 | スペクトラム

 お知らせしておりました定禅寺ストリートジャズフェスティバルのステージは、天候にも恵まれ無事終了しました。今日の仙台は本当に暑くて今年一番の大汗。午前中のオープニングにもかかわらず大勢のお客さんにお越しいただいて感謝感激です。やはりあそこのステージは最高です。

 ということで本日の演奏曲は以下の通り。とにかく今回は曲目を増やしたかったので短縮バージョンとかメドレーとか駆使しました。おまけに予定外のアンコールまでいただき、おかげで最後グダグダでしたが、それも生のステージの魅力でしょう。

 とにかくお客さんに乗せられて気持ちよ~く演奏できましたので、お越しいただいた方にはここであらためてお礼を申し上げます。ありがとうございました。今回来られなかった方には、またの機会に是非と。

1.モーション(レッツゴーヤングバージョンもどき)
2.アクトショー
3.First Wave~おてもやん~QUESTION '81 & '82
4.夜明け(渋公バージョンもどき)
5.サンライズ
6.トマトイッパツ
アンコール
イン・ザ・スペース

コメント

いよいよ明日は定禅寺でワッチコン

2019年09月06日 23時25分02秒 | スペクトラム

 念のため言っときますが国分町でワッチコンではありません。明日はいよいよ定禅寺ストリートジャズフェスティバルです。我々ReSPECTの出番は11時から円形公園(勾当台公園 時の広場)。今回もスペクトラムの曲だけやります。

 爪は切ったし、エフェクターの電池も替えたし、ユニフォームもブーツも持ったし、風呂に入って垢落としピカピカパンツに履き替えたので準備はバッチリ。弦も張り替えてあるし、今のギターは練習でも弦が切れたことはないし大丈夫っしょ。(と、なつぞら風)

 今回もエフェクターボードはプラダン製のインチキボードですが、まぁ軽いのが一番です。明日の円形公園のステージでは、1回目は電源不良でエフェクターが音が出ず、2回目は手違いで私のマイクのフェーダーが上がってなくて1曲目の歌声が聞こえず、3回目は雨降り。今回は何がありますでしょうか。(って、Mな発想)

 とにかく午前中からけたたましい音楽でお騒がせしますが、みんなで一緒にワッチコンしましょう~!

コメント

石川ひとみ版「あなたにエール」

2019年09月05日 21時43分54秒 | 石川ひとみ

 今週のNHKFM歌謡スクランブルは「あなたにエール」という特集だったのですが、中には「これってエール?」というのもあったりします。ただ、どういう曲がエールになるかというのは人それぞれですし、「さあ頑張ろうぜ!」という曲がいい人もいれば「チューリップのアップリケ」を聞いて自分の方が幸福だと感じて元気が出る人もいることでしょう。

 ということで、石川ひとみさんの曲だけで「あなたにエール」を勝手に構成してみようという企画です。多分に自分の好みが入ってますが、一応ファン以外の人であってもエールになりそうな曲を選びました。私の選曲は以下の通りです。


君は輝いて天使にみえた
君の声
わたしの毎日
あなたの天使
アリスのひとりごと
らぶ・とりーとめんと
ミス・ファイン
今でも愛を
プリンプリン物語
ハッピーアドベンチャー
ともだちみつけた

 単純にアップテンポな曲なら元気が出るというだけじゃなく、どちらかというと歌詞の内容で選びました。見守っていてくれるとか、寄り添ってくれるのもエールになるということで。

 「わたしの毎日」は「暗闇に沈んでも見つけられる」とか「大丈夫あなたとなら」とか、そういう言葉で元気になれます。「アリスのひとりごと」は曲調もそうですが、「幸せの種をまきに行くのよ」という感じが明るくていいです。チャクラの「福の種」とは違います(?)。

 「らぶ・とりーとめんと」がエールになるかどうかは議論の分かれるところでしょうが、失恋した直後の人には良いのではないでしょうか。「別れたらつぎの人」という感じであって。(なのか?)

 「ともだちみつけた」は子どもも元気づけられる曲で、「みんなみんなともだちんこぶぁい」という感じがいいです。(って、そういう歌詞はありませんが。)

 まぁファンであれば彼女の歌はどれを聞いてもエールになるのでしょうが、万人向けに選ぶとなると私はこういう感じにします。なお、「お金さえあれば~なんでも手にはいる~」という曲で元気が出るような人とはお友達になれません。あしからず。

コメント

使えそうなのとボツにしたのと

2019年09月04日 22時45分23秒 | ギターと楽器のこと

 これは食パンの袋を止めるのでお馴染みの物ですが(正式名称は知りません)、ギターのストラップロックに使えるという話を聞いて試してみました。着けてみると確かに引っ張ってもねじってもとれないので、ロックとしては充分機能します。

 売り物のストラップロックも使ってて、それもそんなに高くはないのですが、こっちはパンの袋に付いてて普通は捨てる物なので実質タダ。こんなにコスパが良い物があるとは。難点は脱着に多少手間が掛かることですが、形を加工するといいのかもしれませんね。

 そして、ボツにしたのは先日話題にしたピックの滑り止め。リハに持って行ったのですが1曲目でうっとうしくなって止めました。かえって滑るし持ち直すときに引っ掛かってしまうので、私はダメでした。まぁあれがいいんならみんな使ってるだろうし、そうでもないあたりで一種のアイディア商品ということなのでしょう。フィットする人もいるんだろうけど。

 ということで、まずはお金掛けずに良い物が見つかったのでちょっと満足してます。ま、貧乏くさいってばそうなんだけどぉ。

コメント

「LIVE ON!うた好きショータイム」に尾崎亜美さん出ます!

2019年09月03日 22時16分26秒 | 尾崎亜美

 「LIVE ON!うた好きショータイム」とは、BS-TBSで日曜夜10時から放送されている音楽番組。MCは由紀さおりさんと山口智充さんで、毎回1組のゲストを招いてのスタジオライブとトークによる番組です。

 その次回9月8日(日)の放送分は尾崎亜美さんがゲスト。ベースの小原礼さんも登場し、お二人でのスタジオライブと由紀さおりさん、ぐっさんとの爆笑トークも楽しめます。番組サイトには演奏曲がUPされてますが、当日まで知りたくない人は見ない方が吉。

 この番組は毎回全部生演奏ですので見応えありますが、今回はなんといっても尾崎亜美さんですので歌もピアノもおしゃべりも必見です。興味のある人は録画予約をお忘れ無く。私は毎週予約してますので大丈夫です。ふっふっふ。ああ、楽しみだ楽しみだ。

コメント