今日のひとネタ

日常ふと浮かんだことを思いのままに。更新は基本的に毎日。笑っていただければ幸いです。

あの時二画面テレビがあったら

2023年12月25日 | 昔のテレビ番組の話題

 先日二画面テレビの話題を書きましたが、調べたら1978年頃の話だった様子。当時CMを見た父の感想は「そんなにまでしてテレビ見たいか?」の一言。

 が、チャンネル権を握られていた方としては「見たい!」という事になります。何しろ日曜の夜8時からは父が必ず大河ドラマを見ていたため、見たくても見られなかったのが

・セブンスターショー 吉田拓郎
・セブンスターショー 荒井由実&かまやつひろし
・有線放送大賞の甲斐バンド
・ドラマ「日本沈没」

などなど。

 セブンスターショーは7時半開始だったので、最初の30分と最後の数分だけ見ました。ドラマの「日本沈没」はいつも最後の次回予告だけ見てた感じ。思い出せば「水戸黄門」の裏番組もなんかあったような気がしますが、そこは忘れました。

 当時の二画面テレビのスペックを見ると、大画面は20インチ、サブ画面は5インチとか。大きい方でも今と比べれば凄く小さいです。そのサブ画面の音声というのはヘッドホンで出力できたのでしょうか。もしそれができたとしても、画面が小さいのでテレビの前にイヤホンつけた息子二人が張り付いてるということになります。その場合、大画面でドラマ見てる父は集中できないでしょうね。

 なお、うちの父は将棋が趣味で、毎週日曜は午前10時から午後2時まで、教育テレビの将棋と囲碁の番組を必ず見てました。これについては、たまに休日出勤や何かの用事で出かけることがあったので、「ロッテ歌のアルバム」とかは時折見た記憶があります。兄は大場久美子のファンだったので、「千と一慶生放送」とか見たかっただろうなと思います。ただ、その場合も将棋対局の横にサブ画面でクーミンが出てくるわけで、これも「気が散る!」と言われそうな。

 結論として、あの当時二画面テレビがあったとしても、家庭内の揉めごとが増えただけだろうと。レコーダーも普及し、ネットの放送もある今の時代の若い人にはわからないであろう苦労です。まあ、レコーダーがないからこそ見たい番組は必死で目と頭に焼き付けようとしてたということはあるかもしれませんね。一度見ただけの番組を結構覚えてたりするし。三分勝負15ラウンドとか。


淡谷のり子といえば「じょっぱり」

2023年11月14日 | 昔のテレビ番組の話題

 朝ドラ「ブギウギ」が絶好調で面白いです。ヒロインは笠置シヅ子をモデルにしてますが、ドラマには淡谷のり子をモデルとした茨田りつ子という人物も出てきます。それで思い出したのが、淡谷のり子の人生をドラマ化した「じょっぱり」。主演は片平なぎさでした。

 平日昼の帯ドラマだったので何回か見た記憶がある程度ですが、放送は1979年の1月~9月。私はこの年の4月に高校に入ったので、多分春休みあたりに見てたのでしょう。受験もあって早く帰る日もあったのだろうし。

 これは「あかんたれ」なんかもやってた時間帯で、この「じょっぱり」も脚本は花登筐。多少話題にはなったかもしれませんが、ヒットはしてないですね。なにしろWikipediaにも単独では項目がないくらいだし。

 片平なぎさはこの直前に歌手活動を休止、女優に専念すると発表しました。それでこのドラマに主演したわけですが、なんと主題歌もエンディングテーマも片平なぎさの歌。当然スポーツ紙では批判されてました。ちなみに私は歌えます。「わたしはそれが 好がなくて はっきりするから じょっ~ぱっり~♪」

 ちなみに「じょっぱり」というのは津軽弁で、「意地っ張り」「頑固者」を意味します。「じょっぱりハイスクール・ロックンロール」というネタはあったのかなかったのか。どちらにしても面白くないのでボツにします。屁のじょっぱりにもなりませんね。


夜ヒット再放送やってます

2023年10月28日 | 昔のテレビ番組の話題

 

 西城秀樹特集、沢田研二特集、野口五郎・郷ひろみ特集が終わって次はあるのかと思ったら、普通に傑作選が始まりました。1976年から開始して傑作選をピックアップして時系列に放送するとか。

 その初回は1976年4月5日の放送回でこれは前にも見たことがあります。これが井上順が司会で初登場した回だったのですね。出演者と楽曲は以下の通り。


郷ひろみ/恋の弱味
細川たかし/女の十字路
アグネス・チャン/恋のシーソーゲーム
菅原洋一/夕焼け
ザ・リリーズ/いじわる時計
大竹しのぶ/みかん
小柳ルミ子/桜前線
梓みちよ/二日酔い

 ヒロミゴーのようにしょっちゅう出てる人だと前に見た回か怪しいのですが、今回は大竹しのぶが出てたため「見たことある」とはっきりわかりました。この人はこの曲では1回しか出てないはずだし。

 その大竹しのぶは、音楽雑誌でギターのコーチをやってたくらいなので、今回の弾き語りの様子を見ても多分ちゃんと弾けるようですね。(残念ながら番組ではギターの音は聞こえません。) 当時私は中一だったので、多分私より上手かったでしょう。今は引き分けに持ち込む自身はあります。(なんやそれ?)

 

 他にもいろんな人が出てて、アグネスはキャラもあの歌声もどうも苦手なのですが、この「恋のシーソーゲーム」は結構いいですね。完全に歌もタイトルも忘れてました。

 それで、さすがに「傑作選」というだけあって、時系列ではあっても画像の通りいきなり3ヶ月ずつ飛んでます。1976年の夏というとキャンディーズの「夏が来た」が聞けるかと思ったら、見事に飛ばされました。そもそも山口百恵の出る回は確実に飛ばされるのですが、キャンディーズの出演回も傑作ではないおっしゃるんですか、いのーしろーさん! じゃなかった、フジテレビさん!(笑)


ハイヌーンショーと鶴光師匠の記憶

2023年10月09日 | 昔のテレビ番組の話題

 先日ハイヌーンショーの事を書きましたが、多分小学4年とか5年の夏休み中は毎日見てたのではないかと思います。しかし、鶴光師匠が出ていた以外は番組内容に記憶無し。毎日ヤクルトホールからの生放送っていうと、スタッフも出演者も相当大変だったのではないでしょうか。

 唯一記憶にあるのは、こどもの日の放送で川柳を募集して優勝者には賞品だか賞金だか出すという企画。それがいろんなコーナーがあって時間が押し結局エンディングに一つだけ電話での応募を紹介し、司会の円鏡さんが「じゃ、これを優勝にしましょう。」と言ってたという。幼心にも「そんな適当でいいの?」と思ったものです。それも「子供より 親が喜ぶこいのぼり」という作品で「面白くねーよ」と思ったり。いまだに覚えてるくらい面白くないですわ。

 それで鶴光師匠の話。自身の「かやくごはん」という本に書いてましたが、この番組が初のテレビレギュラーだったそうです。それも、事務所が「落語家ですけど歌も歌えます。ギターも弾けます。」という事で売り込んだので、初回はギター漫談をやることに。

 リハーサルで「はい、ギター弾いて。歌って歌って。」と言われて「すんません。歌えまへんしギターも弾けまへん。」というと、「どうしようもないのが来た。」と愕然とされたとか。

 そういう時代だったといえばそうなのでしょうが、公開生放送の番組なのでなにかったら話芸で繋いでくれるような落語家さんは需要があったのかも。その後「小咄その1」で人気が出たので、番組側としても結果的に良かったかもしれません。

 なお、ブレイクしたのはこちらかオールナイトニッポンかどっちが先かはわかりませんが、さすがにここで「乳頭の色は?」とか「注射はまだでっか~?」とか「ええか~ ええんのんか~」は言ってなかったです。平日のお昼ですしね。


アタック真理ちゃん!が大当たり

2023年09月05日 | 昔のテレビ番組の話題

 CSのホームドラマチャンネルで録画した「アタック真理ちゃん!」が大当たりでした。元々の放送日は1974年7月18日。ゲストがキャンディーズで、絶対「危ない土曜日」が見られると思って録画した次第。

 

 

 その映像はトップ画像の通りですが、なんとフルコーラスの歌唱。この時は大型フェリーの「さんふらわあ」船内での収録なのでこの衣装。さらに、船内のステージでの別衣装の映像も組み合わされ、1曲で2回楽しめました。スーちゃん、可愛い!

 そして、他にもソロのアイドル歌手が出ていて「誰?」と思ったら、これが小林美樹さん。「人魚の夏」は当時結構話題になってましたが、どれくらいヒットしたのでしょうか。作詞作曲はヒットメーカーのお二人で、ペッパー警部がどうにもとまらない感じ(?)。


 私はレッツヤンかヤングオーオーなどで数回見たくらいだと思いますが、当時は良い印象なし。が、今見ると初々しい中に力強さも感じるし、歌も結構パンチがあってしっかりしてるし、なかなか良いですね。おぢさんになると見るところが違うのでしょう。

 そしてそして、さらなるツボは三輪車の「水色の街」。これは当時ヒットしてて大好きでした。ラジオでばかり聞いたと思ってたのですが、こういうアイドル番組にも出てたとは。いきなり出てきてビックリしました。


 演奏は完全にカラオケでベースはケーブルも繋いでなかったですが、見る方としてはこれで十分。こういう見た目の方々だったのですね。ガロもそうですが、三人組フォークグループは一人が髭を生やさねばならないという縛りがあったのでしょうか。

 ちなみに、当時オールナイトニッポンに電話出演した際、鶴光師匠が「三輪車いうたらト○コみたいでんな。」と言ったのは今は昔。

 いや、それにしてもいいもの見せて貰いました。岸部シローもこの頃にはボケの芸風が確立してた感じですね。楽しかった~。完全保存版にします。


昭和 傑作テレビドラマDVDコレクション>俺たちの旅

2023年08月28日 | 昔のテレビ番組の話題

 よくある分冊のシリーズですが、DeAgostiniではなくアシェットの方。「昭和 傑作テレビドラマDVDコレクション」として、まずは「俺たちの旅」のリリースです。

 先週メディアでも話題になってましたから、第一号はもう売り切れたかと思ったら幸い入手できました。この手の本は全部ボックスタイプなのかと思ったら、普通の薄い冊子でした。スーパーカーの模型とかで部品が入ってたりする場合は箱型なのでしょうね。

 今回は「俺たちの旅」の第1話&第2話が収録されたDVDが付属し、創刊号特別価格499円というお買い得なもの。

 冊子の内容は今回のシリーズの紹介と、収録された各回のストーリー説明、中村雅俊&田中健のスペシャル対談など。中でも人物相関図が出ててありがたいですし、岡田奈々と秋本圭子の写真が同じ大きさなのは秋本派としては評価高いです。

 それで、今後発売されるのは

・俺たちの祭
・青春ド真中!
・ゆうひが丘の総理大臣
・あさひが丘の大統領
・俺はおまわり君
・パパと呼ばないで
・雑居時代

だそうです。興味あるのは「雑居時代」くらい。「俺たちの祭」はたまに見たけど暗くし、「青春ド真中!」はまったく記憶になし。それにしても、現在テレビ埼玉で「俺たちの旅」が再放送中で、私もちょくちょく話題にしてますから、ようやく時代が私に追いついてきたということでしょうか。(んなわけはない。)

 それはそうと「俺たちの朝」はどこ行った???


「アタック!真理ちゃん」でマギーミネンコ見ました

2023年08月21日 | 昔のテレビ番組の話題

 CSのホームドラマチャンネルで放送中の「アタック!真理ちゃん」を録画。これの前にも「真理ちゃんとデイト」とか「となりの真理ちゃん」とかありましたが、あちらはスタジオでの録画で、こちらはホールでの公開録画。元々は1974年4月から半年の放送でした。

 司会が桂三枝と天地真理で、彼女の歌あり、寒いコントあり、ゲストの歌ありで、まあカックラキンな内容ともいえます。会場を見ると結構子供もいるようですし、準レギュラーの玉川良一のコントなどはなかなか理解させづらかったのかも。

 こういう番組なのでステージ上も客席も結構ガヤガヤしてて、天地真理は必ず歌いますがなかなかやりにくそうでもあります。

 天地真理といえば、先日のラジオ番組で徳光さんが「なかなか歌唱力が評価されない人だ。」と言ってましたが、実際ステージで歌ってるのを見ると結構ちゃんとしてるし歌唱力はあったと私は思います。

 ただ、当時週刊少年ジャンプで見た「天地真理物語」という漫画では、若いTVディレクターが「水色の恋」について「パンチがあっていい曲だね」というセリフがあって、当時小学生だった私は「あの歌にパンチなんかあるかなあ?」と思ってました。が、今聞くとサビなどは結構な声量でゴリっと来ますし、間違いなく上手いし実力あります。とはいえ、この番組の頃のシングルというと「恋と海とTシャツと」で、私はこれは知りませんでした。結構ヒットはしたようですが。

 そして、この番組を録画してるのはゲストを見たいため。今回見たゲストは西城秀樹、あのねのね、マギーミネンコ。あのねのねは歌が聞きたかったのですが、ここではコント要員で腰みの着けてつまんないネタをやってました。(失礼) 

 で、私の注目はなんといってもマギーミネンコ。この人は「うわさのチャンネル」で「乳もめー!」と品のないことを叫んでた印象が強いですが、ちゃんと歌も出してます。そして今回歌ったのは「燃えるブンブン」。

 私はこれが大好きで、レコードで聞くと本当にかっこいいです。とはいえ、当時は本牧ってのがわからなくて珍しいタバコのことかと思ってたくらい。歌詞はまったく理解してなかったですね。

 それで、この人はレコードだといいのですがテレビで聞くと「あらら…」となって、レコードとの落差が大きい私の中の三大ガッカリ歌謡の一つではあります。(あとの二つは内緒) そう思って懐かしく見たのですが、あらためて見るとそんなに悪くはないですね。違いはアレンジというか演奏の違いかなあとか思いました。当時見てたテレビの環境も関係あるかも。あの頃のはスピーカー小さかったし。

 それはそうと、わざわざこれを録画してたので家人は私が天地真理ファンだと思った様子。しかし当時も今も私は南沙織ファンなので、天地真理は敵なのでした。いざとなれば南沙織派として戦う準備はあります。ま、戦わなくてもいいんですけどね。フフン。←最近こればっか


プロ野球ニュースも今やCSですか

2023年08月10日 | 昔のテレビ番組の話題

 「そういえばプロ野球ニュースってどうした?」と思ったら、今はCSのフジテレビONEで放送してるのですと。しかも、CSでの放送になってから22年目でした。全然知らなかったですわ。

 そもそも私のプロ野球ニュースの記憶は、佐々木信也と土居まさるがキャスターをやってた時期で、その日の試合を全部やるというのは斬新でした。あれの開始が1976年の4月ということは、私が丁度中学に入学した頃です。

 それまではスポーツニュースというと時間は5分くらいで芸能ニュースも一緒で、野球は巨人戦をちょろっとやる程度。当時のまともなプロ野球ファンは「プロ野球ニュース」の開始を大歓迎してみんな見てたのではないでしょうか。

 佐々木信也という人はあの番組で知ったのですが、話も上手いしテレビ番組にも慣れてるし、てっきりアナウンサーだと思ってました。元プロ野球選手だったのですね。あれは驚きです。土居まさるも名調子だったし、当時巨人ファンだったのですが、あれは見てて楽しかったです。他チームの選手にも興味を持ったので、プロ野球人気の底上げには確実に寄与してたものと。メディアの役割としては評価すべきことだと思ってます。

 当時はパリーグの試合を見る機会というのはほとんどなかったのですが、あれによって藤井寺とか日生球場がどんな感じかというのを知りました。スタンドもぼろいですが、やたら照明暗かった印象。

 そして、西武だったか日ハムだったかは忘れましたが、普段は下位の球団が好調だった時、試合を報じる冒頭で佐々木信也が「いや~、チームが強いとお客さんが入るもんですね!」と活き活きとして語り、その一言で観客動員も上々というのがわかりました。あの伝え方は今も記憶に残ってます。

 今は地上波でプロ野球中継を見る機会も少ないので、当時とは人気度が違うのでしょうが、CSといわずせめてBSくらいでやってもらえないもんでしょうか。テーマ曲は当然新田一郎作曲の「フジテレビスポーツテーマ」を希望。

 ところで、今回の記事を書こうとあれこれ調べてたら、あの「今日のホームラン」の曲がジェームス・ラスト・バンドの「Vibrations」だというのを知りました。あらためて聞くとメチャメチャかっこいいですね。Spotifyにもありました。これはもっと広めたいですね。


「真理ちゃんとデイト」見ました

2023年05月14日 | 昔のテレビ番組の話題
 
 真理ちゃんとは国民的アイドルだった白雪姫天地真理さんのことであり、田中真理さんでも美里真理さんでもありません。(このボケがわかる人は大人です。) その天地真理さんの初の冠番組「真理ちゃんとデイト」を見ました。

 これは1972年10月から半年間TBS系で放送されていたバラエティで、当時小学生だった私も見てました。内容は、人形たちと歌ったり踊ったりして、ゲストも登場するというもの。今回ホームドラマチャンネルでいくつか放送されているので、さっそく録画して見ました。

 当時は出す曲すべて大ヒットでそれこそ国民的な人気だったわけですが、あらためて聞くと確かに歌は上手いし、自分のヒット曲も含めて色々歌うわけで、すべてセットの中だけの地味な番組ですが、結構見ごたえあります。

 が、人形のコントがやたらとシュールで真剣に見てるとちょっと悲しくなりました。最初に見た回は「きれいな花もやがて枯れてしまうのだから、それを見たくなければ目は無い方がいい」といって、ぬいぐるみ人形の目を取ってしまうというオチ。当時は泣いちゃった子供もいるかも。

 そして、ドリフターズがゲストの回でもコントの絡みは無し。真理ちゃんが曲の紹介をしただけで、ドリフは歌っただけ。しかもこの時のシングルは「真っ赤な封筒」。この曲をすぐ歌える人はどれくらいいるでしょうか。ちなみに私は歌えます。シングル持ってたし。テレビで聞いたのは多分50年ぶりくらい。渡辺プロ企画の番組だから、宣伝の意味もあるんでしょうね。

 その天地真理さんですが、当時週刊少年ジャンプで「天地真理物語」という漫画を読みました。それによると、ピアノが好きだったけど実家が貧しくて買って貰えず、仕方ないので紙にピアノの絵を描いて口で歌いながら練習していたところ、母親がその姿に涙ぐみ、仕事を頑張ってある日ピアノを買ってくれたと。

 その後、音楽大学の付属高校に進みピアノの練習を続けていたものの、先生から手が小さくてピアニストには向かないと言われ、ピアノの道をあきらめて一旦絶望したものの、その後歌の道に進みデビューに至ったというもの。

 なにしろ小学生だったので、その時は感動しながら読んだものの大人になってからは「かなり話を盛ってたんだろうな。ピアノ弾いてるところとか見たことないし。」と思ってたのですが、何年か前に70年代のレコード大賞の映像を見たら天地真理さんがピアノを弾く場面があって、それもかなり本格的だったのでビックリ。



 多少の脚色はあったのでしょうが、音大の付属高校に行ってた事となんらかの事情で大学進学をあきらめたのは本当なのでしょうね。

 と、そんなことを一気に思い出したのでした。ちなみに私は当時から今も南沙織派なので、天地真理ファンだったことはありません。敵視もしませんけど。あの歌声は独特ですが、声量もあるし歌詞も聞き取りやすいし、大スターで人気歌手になるべくしてなったのは間違いありません。そんなことも思いました。ちなみに今月もまだ放送があって、番組サイトはこちらです。関心を持った方は是非どうぞ。

カックラキンって時代劇だったっけ???

2023年05月08日 | 昔のテレビ番組の話題
 CSの番組表で「カックラキン大放送」の文字を見かけたので録画しました。今回は野口五郎、西城秀樹、郷ひろみが共演した回の放送という事で、見られたのは、

1979年3月放送 第155回「帰らざる五郎」
1982年4月放送 第310回「なにげなく憎い奴」
1983年2月放送 第348回「必殺料理人Ⅲ」

の三本。

 「帰らざる五郎」は私が高校に入学前の春休み中の放送ですから、多分見てたと思います。(内容は覚えてませんが。) その他の2本については、テレビを持ってなかった時期なので見てないのは確実。

 ただ、今回は新御三家の三人が揃って出演する回を放送するという事で、続けて見ると「は?」となります。というのも、「帰らざる五郎」というのは、坂上二郎・研ナオコ親子の家に下宿している五郎が米国留学することになり、代わりにヒロミゴーがそこに住むという内容。「刑事ゴロンボ」の方も「探偵goo」に代わるという内容でしたし。

 なので全般にお別れムード満載で、五郎さんもナオコさんも歌の間に涙ぐんでたし、エンディングでもそういう雰囲気。

 それが、次の「なにげなく憎い奴」では、オープニングのコントで普通に五郎さんが司会役で出てきて「あら?」と。まあその辺は特に気にする番組ではないでしょうが、あまりにも唐突という印象はぬぐえません。

 そんなこんなですが、生のステージでのコントあり歌ありという番組は今見ても楽しいですね。関根勤さんなんて、最後に「俺も真剣にやってるぞ。」と言いながら戦国武将の衣装で出てきて「武田シンケンだぁ~!」と。なにしろ、あのしょぼいオチ(失礼)にそこまで手間暇かけるか?と思ってしまいましたが、無駄な事に一生懸命お金も時間も使える時代だったのですね。

 それで、これを録画したのがどこのチャンネルだったかといえば時代劇専門チャンネル。「カックラキンって時代劇だったっけ?」と思いましたが、まあ硬い事言わずに見るのがよろしかろうと。今月は5月16日(火)23時20分からも放送がありますので、興味がある方は是非どうぞ。伝説の(?)カマキリ拳法も見られますし。カ~マ~キ~リ~!