今日のひとネタ

日常ふと浮かんだことを思いのままに。更新は基本的に毎日。笑っていただければ幸いです。

沈没開始まであと1週間です!

2021年11月14日 15時00分47秒 | 日本沈没
 
 いよいよドラマ「日本沈没」開始まであと1週間となりました。「日本沈没なら毎週日曜の夜にやっとるが?」という方は、まだまだ沈没に対する危機感が足りません。ドラマ「日本沈没」とは1974年版の方。

 これは、映画とは違って村野武範と由美かおる主演のドラマ。日本映画専門チャンネルで21日(日)昼12時から毎週4話ずつ放送されます。何しろ全26話ですので、毎週全国のどこかがちょっとずつ沈む、いわゆる沈没の全国ツアーです。

 これの見どころは、村野武範扮する小野寺が潜水艇の操縦士なのに、田所博士から「小野寺君、群馬で地震だ。大至急行ってくれ!」と、言われれば「ハイッ!」と。また由美かおるは風呂にこそ入りませんが、ビキニの水着とかテニスルックとか看護婦のコスプレとか、お茶の間のお父さん方の希望には十分応えてくれます。

 さらに、次回予告のナレーションが岸田森で「次回『いま、島が沈む」。お楽しみに。」と冷酷に言われて「楽しみか?」と思ったりするのがなんとも言えません。

 ということで、由美かおるを見たい方も五木ひろし先生の歌を聞きたい方も是非録画予約をどうぞ。私の場合は、諸般の事情で21日のリアルタイムでの視聴はできません。沈没マニアとしては、日本全国に沈没ブームが沸き起こることを祈ってます。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

日本沈没もお手軽になったものです>東宝DVD名作セレクション

2021年10月28日 23時14分32秒 | 日本沈没
 1973版の映画「日本沈没」はDVD出てるはずと思って調べたら、今は「東宝DVD名作セレクション」として2000円で売ってました。日本民族滅亡の話が2000円とは安くなったものです。

 ただ、この映画は来月も日本映画専門チャンネルで放送がありますが、BSPでもちょくちょくやってますし、私は何年か前に放送されてたのを録画して保存版にしてあります。沈没マニアとはいえ、ノーカットで放送されれば別にDVD買うまではないと。

 それで1974年のドラマ版「日本沈没」はというと、これもDVD-BOXセットが発売されてます。が、amazonでは新品で97,300円、中古でも42,000円というプレミア価格。こちらも来月から日本映画専門チャンネルで放送されますから、BOXセットを買おうとしてる沈没マニアには「ちょっと待て!」と言いたいです。

 ということで、私としては映画版のDVDを買うのはあり、ドラマ版はそこまでしなくてもCSで見れば、という立場です。

 それにしても「東宝DVD名作セレクション」というシリーズは、時折「おおっ!」という作品があったりしますが、もちろん富田靖子主演の「さびしんぼう」も出てます。こちらはamazonでは1,980円。いい時代です。

 そして斉藤由貴主演の「恋する女たち」とか「トットチャンネル」などは、このDVDシリーズで今年の8月に一挙発売されたのですね。買っちゃいそうなんで、やめて下さい…。

 まあなんだかんだいって、このシリーズで一番のお薦めは「エスパイ」ですが、それはまた別の話に。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

1974年版のドラマ「日本沈没」やるそうです>日本映画専門チャンネル

2021年10月25日 22時38分41秒 | 日本沈没
 
 TBS日曜劇場のおかげで世の中には何度目かの日本沈没ブームが訪れてますが、日本映画専門チャンネルでは1974年版のドラマも放送するそうです。映画の方は1973年の12月公開ですが、ドラマの方は1974年10月から翌年3月まで半年間やってました。

 原作が発売されたのが1973年3月、その年の12月に映画公開、翌年10月からドラマが始まり、それが終わったのが1975年3月ですから、最初の沈没ブームは2年も続いたことになります。

 私はあの映画を公開当時映画館で見て、ドラマは父が毎週大河ドラマを見てたので見られず、21世紀になってから原作を読んで感銘を受け、あらためて最初の映画と74年版のドラマを見たという流れです。おかげで今ではすっかり沈没マニアとなりました。

 なお、映画の主役は藤岡弘でヒロインはいしだあゆみでしたが、ドラマの方は村野武範主演でヒロインは由美かおる。由美かおるというと、当然お茶の間のお父さん方は入浴シーンを期待するでしょうが、それはありません。しかし、テニスルックからビキニ姿まで披露するサービスぶりなので、全国3万人の由美かおるファンの皆様は満足されることでしょう。

 このドラマの村野武範はかっこよくて設定は原作と同じ。各地で地震が起きるたびに田所博士から「小野寺君、至急行ってくれ!」と言われ、全国どこにでも駆け付けます。しかし、群馬や京都にも行くので「あんた、潜水艇の操縦士と違うんか?」とついツッコミを入れたくなります。

 ドラマの方は全国あちこちがちょっとずつ沈没するのでロードムービー的ではありますが、マニアの間では沈没の全国ツアーと呼ばれております。(本当か?) そして、毎回「おおっ!」というゲストが登場すること、五木ひろしの主題歌が泣かせること、田所博士は映画と同じく小林桂樹が演じていることなど、これは見ないと一生後悔する作品です。

 初回は11月21日(日)のお昼12時から、毎週4話ずつ放送されるようです。CSとはいえ、日本映画専門チャンネルは比較的見てる人は多いように思いますので、見られる人は是非お忘れなきように。前に再放送見たのは6年前ですが、今回は全話録画して保存版にせねば。ああ、楽しみだ楽しみだ。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ドラマ「日本沈没」始まりました

2021年10月10日 23時09分17秒 | 日本沈没
 正式には「日本沈没-希望のひと-」というタイトルですが、TBS系で今日から始まりました。私は前からブログに「日本沈没」というカテゴリーを作ってるくらいの沈没マニアですので、当然初回拡大版を見ました。

 感想としては「つかみはOK」という感じで、結構面白かったです。ドラマの初回というのはキャラの設定を印象付けるために、大体極端な展開や演出が多いものですが、これは話自体がとんでもない物語なので、その辺は気になりません。主演の小栗旬も、その他の政治家や官僚役、学者サイドの方々も良かったと思います。香川照之の田所博士はちょっと濃かった気はしますが、あれも見てるうちに味がしみ込んでくるのでしょうね。当然深海調査艇「わだつみ」にも萌えました。

 原作はお馴染み小松左京先生の小説ですが、設定はかなり違います。原作は素晴らしいし、藤岡弘主演の1973年公開の映画もよくできてました。なので、このドラマがヒットして原作や映画も注目されることを期待します。

 単なるパニック作品じゃなくて、「日本が沈没するとなったら一般市民はどうしたらいいの?」というのをみんなが一度考えてみるようになることも期待したいですね。沈没マニアとしては。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

チンボツの準備はバッチリ > TBSドラマ「日本沈没-希望のひと-」

2021年09月20日 14時58分00秒 | 日本沈没
 
 10月からのTBS日曜劇場は「日本沈没-希望のひと-」だそうです。「日本沈没」は、ご存じ小松左京先生によるベストセラー小説ですが、それが刊行されたのは1973年。当時は映画になったりドラマになったりしました。

 そして、今回のドラマは「日本沈没-希望のひと-」というタイトルで、舞台を現代に置き換えてアレンジしたストーリーだそうです。主役は小栗旬ですが、これが環境省の官僚の役であり、原作にはないオリジナルキャラクター。その他の登場人物も眺めてますが、小説の主役であった深海調査艇の操縦士小野寺は出ないようです。ということは、かなり内容は変わるのでしょうね。

 私は1973年に最初の映画が公開された当時に映画館で見て、原作を読んだのは20年ほど前。2006年のリメイクの映画も見ましたし、1974年に製作されたテレビドラマの方も6年ほど前に全部見ました。どれが一番お気に入りかというと、やはり原作が圧巻です。1973年版の映画も藤岡弘がかっこよくてナイスです。

 1973年と2006年の映画を両方見た人は多いでしょうが、テレビドラマ版を全部見た人は少ないかも。こちらは主演が村野武範と由美かおるで、田所博士のみ映画と同じ小林桂樹でした。

 由美かおるは入浴シーンはないのですが、ビキニで海辺で遊ぶシーンはあります。この辺視聴者の期待を裏切りませんね。おまけに、このドラマは主題歌が五木ひろし先生。それほど演歌チックではありませんが、今見るとちょっとイメージ違うよなあと思ったのは私だけでしょうか。DVDボックスセットは出てますが、新品では買えなさそう。由美かおるがじっくり見たい人は水戸黄門か「エスパイ」でもどうぞ。また、チンボツマニアとして、このブログには「日本沈没」のカテゴリーも作ってますので、ドラマの雰囲気を知りたい方はそちらをご参照下さい。

 なお、最初の映画を見た時は小学生だったのでパニック巨編としてのシーンしか注目してなかったのですが、大人になってから見ると「国家とは?」「国民とは?」「国土がなくなっても国は残れるのか?」とか色々考えさせられた上に、これを国家の安全保障上の問題としての作品と捉えるようになりました。

 そういう意味で、今回の登場人物は官僚がやたらと多いので、私が注目しているような方向が少しは期待できるかもしれません。CGバリバリのチンボツシーンよりは、国民にそのことをどのように知らせるか、いつどこに避難させるか、沈没後は一体どうするか、というのをドラマとともに考えたいですね。

 もう一つの注目は、田所博士役が香川照之というのがいかにも暑苦しそう。半沢ブームをしのぐチンボツ旋風が全国に巻き起こることを期待しています。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「日本沈没」が47年ぶりにリメークですって

2020年11月26日 22時04分33秒 | 日本沈没
 「日本沈没」はご存じの通り小松左京先生の大ベストセラー小説ですが、当時は映画にもなりドラマにもなりました。そして、なんと47年ぶりにTBSでドラマ化されるのだとか。主演は小栗旬ですが、これは前作の村野武範のような立場ではなく、目的のためなら手段を選ばない野心家の環境省エリート官僚という設定。

 そして、あの田所博士は香川照之ですって。想像しただけで、もう大和田常務の雰囲気が漂ってきてニヤケてしまいますが、確かにはまり役になりそうな予感はあります。

 ちなみに、私は1973年の最初の映画も見たし、原作も読んだし、リメーク版の映画も見たし、1974年のドラマ版も見ました。立派な沈没マニアですが、そのドラマ版は大河ドラマの裏番組だったので当時は見られなくて、5年ほど前にCSの再放送で全話見ました。映画や小説を読んだ人は珍しくないでしょうが、あのドラマ版を全部見た人は今となっては少ないかもしれません。

 ここでも何回も記事にしてますが、子供の頃は富士山が噴火するとか大阪城が崩れるとかパニックシーンばかり注目してましたが、大人になって原作を読んで映画を見ると「国とは?」「国家とは?」「国土とは?」「国民とは?」ということを考えさせられ、主に安全保障の点で見るべき作品だと思いました。

 5年前にドラマを見た感想もブログで細かく書きましたが、それによると映画で描かれた壮大な安全保障の問題よりは、取り残された数人を助けに行くようなミクロ的な部分が強調されてるとあります。そこが映画とドラマとでは視点が違ったのでしょう。

 リメーク版は最近ニュースになってますが、放送はなんと来年10月からだそうです。どういう話になるかも楽しみですが、その頃にはオリンピックが終わってるのかコロナは収束してるのかというところにも思いを馳せてしまいます。

 ところで、1974年版のドラマでは、主題歌を誰が歌ってたかはご存じでしょうか。なんと、これが五木ひろし先生で曲はド演歌ではなく良い曲なのですが、なんとなく物悲しいので、私なんぞはあれを聞くと初回なのにもう最終回で沈没してしまったような感じになります。

 なので、リメーク版ではロックのバラードでやや希望も感じさせるような曲を希望します。この主題歌のために新しくロックバンドをデビューさせるのもいいですね。バンド名は、当然「ザ・チンボッツ」。サビでは「ファイト~!」「チンボーーーツ」という掛け声で盛り上がると。

 なんにしてもまた日本沈没が話題になるのは楽しみです。ちなみに、私は映画よりもドラマよりも原作が面白いと思いました。この機会に皆さんも是非原作をどうぞ。「小野寺~! かっこいいぞぉ~」と叫びたくなります。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

日本沈没をエクソシストで中和してみる

2018年01月30日 23時23分26秒 | 日本沈没

 WOWOWで「日本沈没」をやってたのでつい録画してしまいました。もちろん1973年の藤岡弘版です。まずは軽く1時間くらい見ようとしたら、たった1時間で東京が火の海になってしまいました。あれは原作も素晴らしいし映画も名作なのですが、今のご時世軽い気分で見ないときついものがあります。


 軽い気分で見るには「藤岡弘といしだあゆみは噴火でワッチコンの邪魔されて悔しいだろうな」とか「丹波哲郎先生の視線の先はカンペだろうか」とか「潜水艇の中にはトイレ無いからみんなオムツしてるというのは本当だろうか」とか考えるのがいいです。


 真面目な話としては、最後の最後に田所博士が山本総理に言うセリフがこの映画のすべてだと思います。単なる特撮パニック映画だと見るか、国とは、国家とは、国民とは、日本人とは何かと考えるようになるか、大人なら後者ですね。


 ただ、日本沈没だけ見て寝ると絶対悪夢を見るだろうと思い、中和するために(?)「エクソシスト」を見ました。こちらは現代のドラマ版。第5話まで来て、オリジナルの映画版との繋がりが見えてきました。段々面白くなってきたというか、毎週1話ずつ見るよりはまとめて録画して一気に見た方がいいかも。面白いので評価します。


 ということで、結果として夕べは普通に仕事の夢を見ました。実は一番の悪夢かも…。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

日本沈没のゲストに注目

2015年10月11日 22時01分59秒 | 日本沈没

 先月までCSで放送されたドラマ「日本沈没」は全話録画したので順番に視聴中です。半年の放送なので全26話ですが、22話目でついにフォッサマグナから日本列島は折れ曲がってしまいました。これまで九州、関西、北海道と地震が地上巡業をしていましたが、ぼちぼち関東地方にも迫ってきてます。


 このドラマには毎回ゲストがでるのですが、小川知子が男勝りのパイロット役だったり、加茂さくらが子持ちの女トラック野郎だったり、下條アトムと水沢アキが田舎の純愛カップル役だったり、林家喜久蔵が農家の息子、穂積ペペとか小原秀明が北海道の純朴な若者役だったりで、その地味な存在感から目が離せません(?)。


 で、その22話では中学生カップルが出演。男子は「超人バロム1」や「なぞの転校生」でお馴染みの高野浩幸君、女子の方も見覚えがあって「誰だっけ? もしや?」と思って調べてみたら、この人は中村亜子さんという人。そうです、あの「桃尻娘」でお馴染みの亜湖さんです。この回は1975年の放送ですが当時から出てたんですね。愛嬌溢れた笑顔が印象的だったので、当時このドラマを見てたらファンになってたかも。で、その後「桃尻娘」を見てショックを受けたかも。


 それはそれとして、ドラマ版は映画とはちょっと感覚が違います。毎回村野武範扮する小野寺と地方の人との触れ合いがあるのですが、灯台に残された人を助けに行った自衛隊ヘリが海底火山の噴火で墜落したときに、見てた人が「う~む、あれだと船でも近づけないし…」とか言ってて、「ちょっと! 自衛隊員の心配してよ!」とか思いました。


 あとは島民全員の避難よりは、最後に残された2人くらいの救助に焦点が当たってたりして、私が原作を読んで感じた「国とは?」「国家とは?」「国民とは?」「国土とは?」とかいう安全保障の根本的な問題よりは、規模からするとミクロ的な部分が強調されてるので違和感大です。多分それが制作側の狙いなのでしょうが。


 それと映画版では総理大臣が丹波先生だったのですが、ドラマ版では山村聰が演じてます。この点ではドラマ版を評価します(笑)。評価しないのは、小野寺と玲子の恋愛関係がお互い粘着質なのに進まないこと。いきなり由美かおるが看護婦になっちゃうし、入浴シーンはないし。ブツブツ…。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

さすがにお楽しみにできないので>日本沈没

2015年10月04日 22時57分21秒 | 日本沈没
 注目のドラマ(?)「日本沈没」ですが、予告編の最後の一言が変わりました。ちょっと前に書いたように「大爆発・海底油田! お楽しみに」っていうのは違和感ありと、制作側も感じたのでしょう。あるいは視聴者からクレームがあったか。

 ということで、第17話あたりから「お送りします」になりました。まぁ普通すぎてつまらない気もしないでもないです。どうせなら「コアイけど見てね」くらいがよろしいでしょうか。私はどっちにしても見ますけど。もちろん連続録画してるからだけど。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

お楽しみに、と言われても>日本沈没の予告編

2015年09月27日 19時32分01秒 | 日本沈没

 テレビドラマ「日本沈没」を視聴中。昨日書いたように沈没の全国ツアー中なので、あちこちで大災害が起きます。京都に続いて今回は群馬で地震が起きて山崩れになるわけですが、田所博士はまたもや小野寺に「すぐ行ってくれ!」ですと。「あんた潜水艇の操縦士ちゃうんか?」というのは置いといて、田所博士も「ワシもすぐデータを入れ直してみる!」なので実際災害が起きると学者は無力なものであると。


 で、一番の違和感は毎週の予告編。何しろこういうドラマなので、サブタイトルはそれぞれ「いま、島が沈む」、「怒りの濁流」、「崩れゆく京都」など悲壮感漂うものとなっています。今日も予告編を見ていたら、最後の一言が「次回『大爆発・海底油田』お楽しみに!」でした。私は小心者なので毎回ハラハラするから、「お楽しみ」という気分にはなれません。が、さすがに止まらないなぁ、これは。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

沈没の全国ツアー

2015年09月26日 21時58分22秒 | 日本沈没

 ドラマ「日本沈没」を見ております。原作とも映画とも違うという触れ込みなので「はて?」と思ったのですが、段々雰囲気がわかってきました。連続ドラマの強みを活かして、今週は福島、次は熊本、ある時は京都という風に舞台があれこれ変わるんですね。


 九州ではクマソの研究家が出てきて、クマソは大和朝廷に制圧されたのではなく、実は地殻変動により海底に沈んだという話にもなったりします。各地が段々破壊されていく光景が出るので、ある意味水戸黄門的であり、ウルトラマン等の怪獣特撮的な感じもあります。


 なにしろ主役の小野寺は「次は京都が危ない。」となると、田所博士に「すぐ京都に行ってくれ。」と言われて、同棲中の恋人の由美かおるを残して飛んで行ったりします。彼は潜水艇の操縦士なのですが、「京都に何をしに行くんじゃ?」とかいう突っ込みを入れないのがこのドラマの魅力ですね。


 さらに単なるパニックドラマと侮る事なかれ、バイオレンスあり、お色気あり、ヒューマンドラマありで、これは完全に映画とも原作とも違うというのは確かです。おまけに主題歌は五木ひろしというのも泣かせます。


 現在13話まで見ましたが、段々何のドラマだかわからなくなってきました。それでも止まらなくなるのが魅力ですね。皆さんも是非どうぞ。…って、再放送はまだ予定ないんだなぁ…。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

お風呂ではなく海でした>日本沈没の由美かおる

2015年09月06日 14時05分42秒 | 日本沈没

 ドラマ「日本沈没」を見ておりますが、ヒロインの由美かおるが第二話から本格的に登場してきました。「お、風呂入るんか?」と期待する向きも多いでしょうが、そこはパニックドラマなのでお色気は期待できません。


 が、さすが視聴者の期待は裏切らないというか、水着で海に浮かんでるシーンがありました。水着は当然ビキニですが、海から上がってガウンを羽織ったところで天城山が噴火し、津波に襲われ小野寺と一緒に命からがら逃げるというシーンなので結構ハラハラします。


 が、なにしろ由美かおるはビキニなので、別の意味でハラハラした人も多いことでしょう。そういう人のために画面下に「安心して下さい。履いてます。」と出たのはいうまでもありません。さすがTBS!(なのか?)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

いよいよ沈没開始です(?)

2015年08月22日 23時39分45秒 | 日本沈没

 昨日から日本映画専門チャンネルで、ドラマ「日本沈没」が始まりました。私は沈没マニアですので(?)、映画も見たし原作も読んでます。このドラマは映画とも原作とも違うという話なので、見てみることにします。


 映画の主演は藤岡弘といしだあゆみでしたが、ドラマ版は村野武範と由美かおるです。田所博士役の小林桂樹だけが映画と同じですが、性格設定は微妙に違うような…。


 全26回なのでかなりストーリーは膨らませられるでしょうから、人間関係がいろいろ絡み合っていくようなところは期待できますね。あとは世間の注目は由美かおるの入浴シーンでしょうが、初回を見たところはまだありません。代わりにいきなりテニスのシーンがあり。それも世のおじさん達が期待するようなテニスウエアで、全国の由美かおるファンが待ち望んでいたようなアングルでの撮影でした。さすが!

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

おー、日本沈没が!

2015年07月12日 20時56分23秒 | 日本沈没

 CSの日本映画専門チャンネルでは今月から「ひるおびドラマ」という枠があって、今月は「傷だらけの天使」「不毛地帯」「結婚できない男」など放映中ですが、来月はドラマ版「日本沈没」があるんですと。


 私は前から何度も話題にしているとおりの沈没マニアですので(?)、ドラマ版も是非見てみねばと。何しろ放送当時は父が大河ドラマを見ていた関係で毎回最後の5分くらいしか見られず、かなりフラストレーションたまってました。


 ドラマ版もDVD-BOXセットは発売されているものの、何しろ全26話なので9枚組で3万円くらいします。解説によると「連続ドラマの形態をとることで、映画では描き得なかった、日本各地の被災状況や人間描写などをドラマに活かすことが出来、そうした意味では森谷司郎監督の劇場版とは、補完関係の位置にあるシリーズと言えよう。」ということです。何より田所博士が映画と同じ小林桂樹であるところが、映画のファンとしては嬉しいです。


 映画では主演が藤岡弘だったのが、こちらでは村野武範が努めます。この人も結構好きなので私はオッケーです。で、映画ではいしだあゆみが演じたヒロインは、なんと由美かおるです。今から入浴シーンが楽しみですね。なんか「ノストラダムスの大予言」の映画を思い出したりしますけど。


 なお、日本映画専門チャンネルのひるおびドラマの来月は「俺たちの勲章」とか「外事警察」もあります。結構美味しいですね。録画予約せねば!

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

どっちの日本沈没かと思ったら

2015年06月02日 22時37分06秒 | 日本沈没

 BS-TBSの番組表に「日本沈没」の文字を発見。我が家のテレビの番組表では制作年が表示されなかったのですが、どっちかと思ったら2006年版でした。私は1973年版が大好きで前にCSで放送されたときに録画もしてあるのですが、新しい方は見ておらず。予告見た限りではなんか違う気がして。

 これを単なるSFパニック作品と見るか、国とか何か、国民とは何かと真剣に考えながら見るか、国家の安全保障の視点から見るかでいろんな見方ができますが、今のところこっちの作品も結構いいですね。

 それにしても、あっちこっちで火山がバッカンバッカン噴火する映画ですので、今の時期に放送するのはなかなか勇気がいることでしょうが、まぁそんなこと言ってたらSF映画なんて一生見られないですか。

 ただ、番組表によると23時24分までの放送なのですが、私は23時から「まれ」を見ますので最後は多分見られないですね。まぁいいけど。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする