今日のひとネタ

日常ふと浮かんだことを思いのままに。更新は基本的に毎日。笑っていただければ幸いです。

普通の一般男性に戻りましたが

2021年07月31日 22時34分35秒 | ブログ・インターネット
 
 gooブログのトップでこちらの紹介をして貰ったので、月曜日からアクセスが激増してびっくり。gooでは300万ものブログが登録されているのに、ピーク時には9位まで行きましたから、ここは一般男性どころか「人気ブロガー」かなあと思ったり。

 が、そのバブルが終わると木曜にはまた1269位でしたから、すっかり普通の一般男性に。…と思ったら、今日はまたトップページにのっけてくれたのでまたまたプチバズり状態。

 まあ、私の場合のブログは完全に趣味の世界というか自分の書きたいことを書くという事で、広告も非表示にして収入は得ようとしてないので、もし読んでくれる人が誰もいなくなっても続けます。いわゆる「止まると死ぬんじゃ」ということで。

 書きたいというと、思うところがあって「ちょっと聞いてよ。」という話、面白いものを見たり聞いたりしたときのこと、あとは、お気に入りの歌手の方々を応援するための情報発信などなど。10数年前は時事ネタも取り上げてたことがあったのですが、ある時からオタクはオタクらしく行こうと決めました。あとブックレビュー、ドラマレビューについては、なによりも自分のための備忘録というのが大きかったりします。

 goo以外のブログサービスはほとんど利用したことないのですが、ここは軽いし機能も多いし、画像の管理、コメント管理が簡単で、アクセス解析も充実してます。Twitterとの連携も楽チンだし、もしブログを始めようと考えてる方は一度お試し下さい。無料で始められます。

 と、紹介してもらったお礼にgooの宣伝しておきます。何しろ当方人気ブロガーですので(笑)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

尾崎亜美ニューアルバム「Bon appetit」購入者特典のお知らせ

2021年07月30日 23時42分50秒 | 尾崎亜美
 
 先日お知らせした尾崎亜美さんのデビュー45周年記念アルバム「Bon appetit」ですが、購入者特典があるそうです。Amazonでの購入で、ランダム直筆サイン入りメガジャケ(240mm x 240mm) が当たるのだとか。ただし、直筆サイン入りメガジャケットはランダムでのプレゼントだそうで、サイン入りになるかはお楽しみということでしょうか。

 ただ、既に予約した人は一旦取り消して、あらためて特典付きの商品を予約せねばならないのだそうで、先日の告知でもう予約しちゃった人はやり直していただく必要があります。

 私ももう予約してたので、一旦キャンセルせねば。この点ご注意下さい。当たるといいなあ。ちなみに発売日は9月15日なので、まだまだ余裕はあります。が、そこはお急ぎください。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

これ、結構おいしいです>プレミアムモルツ<香るエール>サファイアホップの恵み

2021年07月29日 22時57分14秒 | 日記
 
 先日ラガー派を宣言しましたが、エール探索の旅も続けてます。もしかしたら、世の中には自分が知らないだけで、本当は凄くおいしいエールかあるかもしれませんので。ただし、当方一般男性なので350mlで400円とかいうとちょっと手が出ません。それだと普通のラガー2本買った方がいいし。

 それで、今回試しに買ってみたのがプレモルの「<香るエール>サファイアホップの恵み」というもの。カラフルなパッケージが目を引くのですが、これは「<香る>エール」「サファイアホップの恵み」「限定醸造」「希少ホップ使用」「天然水生ビール」など、役を数えると満貫に達してしまうくらいのプレミア感。

 が、飲んでみたら「これってエール?」と思う感じ。ラガー派でも抵抗なく飲める感じでおいしかったです。最近は学習効果があるので、エールを飲むときの一口目はかなり慎重に行くのですが、ガツンと苦い感じはまったくなく、ほのかな甘みがあるような感じもします。(糖分は含まれておりません。)

 限定醸造ということなので期間限定のようですが、こういうのがたまに出てくるとラガー派とはいえビール党としては楽しいですね。ただ、普段エールを好んで飲む人は「てやんでい、こんな女子供が飲むようなものはエールじゃねえ!」と怒りだすかもしれません。

 ということで、ちょっと変わったビール飲んでみたい方にはお勧めです。普通のスーパーで買いましたが、350mlで230円くらいだったかなあ。その辺は多少プレミアム感あります。気になる人は、話のタネにどうぞ。ちなみにアルコール分は6%です。エールは全般的にちょっと高めですね。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

尾崎亜美さんの新譜出ます!

2021年07月28日 22時37分54秒 | 尾崎亜美
 
 ブログでレコーディングしている情報がしばしば出ていた尾崎亜美さんの新譜が、昨日情報解禁になりました。今回はデビュー45周年記念アルバムとして9月15日に発売されます。以下、公式サイトからの情報。

45th Anniversary Album「Bon appetit」 9月15日(水) 日本クラウンよりリリース

​[収録曲]
<CD>
1. メッセージ ~It's always in me~
2. I'm singing a song ※江原啓之
3. Jewel ※観月ありさ
4. フード ウォーリアー
5. Barrier
6. 月を見つめて哭いた ※広瀬倫子
7. 境界線を引いたのは僕だ ※宇都宮隆
8. 潮騒 ※藤田恵美
9. To Shining Shining Days ※chay
10. スケッチブック ※のん

【Bonus Track】
11. 明和の風 吹きぬける時(東京都中野区立明和中学校 校歌)

※印:オリジナル楽曲提供アーティスト

<DVD> 全6曲収録 

定価: ¥4,500 (税抜価格 ¥4,091) CRCP-20577 CD+DVD (2枚組)


 今回はCD+DVDの2枚組ですが、DVDの方は昨年9月にEX THEATER ROPPONGIで行われたライブからセレクトした人気曲6曲を収録しているそうです。VHSやLDの時代にはライブ作品が3つほど出てたのですが、ステージを収録したライブDVDは多分初めてですね。

 そのライブを私は見に行ってたのですが、豪華なミュージシャンをバックに貫禄の歌声を聞かせてくれたステージなので、あれがDVDで見られると思うと凄く嬉しいです。DVDがついて4,500円ぽっきりというのは結構お買い得なのではないでしょうか。

 CDの方はセルフカバーが7曲ということですが、亜美さんの場合は自分で歌った場合に「これってこんな曲だったっけ?」ということもあるので、それはそれで楽しみです。タイトルが「Bon appetit」ですが、「フード ウォーリアー」なんて曲もあってにんまりしてしまいますよね。料理上手な亜美さんですので、どんな仕掛けがあるのかは想像もつきません。

 CDの参加ミュージシャンも充実してて、ドラムは林立夫さん、屋敷豪太さん、ベースはもちろん小原礼さん、ギターは鈴木茂さん、佐橋佳幸さん、是永巧一さん、尾崎博志さんで、尾崎博志さんはマンドリンやペダルスティールも演奏してるとか。DVDのライブの方もドラムは林立夫さん、ギターは鈴木茂さん、是永巧一さんで、キーボードはなんと佐藤準さんでした。ちなみに映像はこちらでチラッと見られます

 amazonはじめ、各種サイトで既に予約可能ですので興味を持った人は是非お買い求め下さい。どーですか、お客さん。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「本物のボトルネックのスライドギター」と聞いて

2021年07月27日 22時22分05秒 | ギターと楽器のこと
 
 あれは中1の頃。雑誌のアルバム紹介に憂歌団が紹介されてて、「本物のボトルネックのスライドギター」と書いてあるのを見て「ん?」と。ギターはわかりますが、「ボトルネック」「スライドギター」というのがわからず。

 それで、当時部活の先輩でエレキギターを弾いてる人がいたので、聞いてみたところ「あ~、スライドギターっちゅうのは口紅のキャップとかを指にはめて…」と弾く真似を見せてくれました。

 で、さっそく家に帰って母親の鏡台から口紅を拝借して指に装着。(この時は何指だったのかは忘れました) で、弦の上を滑らせながら弦をはじいてみると、あら不思議。ハワイアンのスチールギターのように「ウニュ~ン」と音が滑らかに変化するではありませんか。

 「おお、これは面白い」と思ったものの、その先輩はデレク&ドミノスの「レイラ」を教えてくれるわけでも、ジョージハリスンの「My Sweet Load」を聞けと言ってくれたわけでもなく、ちゃんとしたフレーズは弾けず。「ふ~ん」という感じだけ。

 が、そんなとき甲斐バンドの「英雄と悪漢」というLPのクレジットで、大森信和さんのところに「Slide Guitar」の文字を発見。「あ、サイドギターじゃなくスライドギターだ。」と。ただ、これはなかなかわかりにくく、多分「昨日のように」のソロがそうなんでしょうが、「これぞスライドギター」という感じではありません。

 その甲斐バンドでは、次の「ガラスの動物園」というLPの「新宿」を聞いて「んぉおっ!」と。「そっかー、こういう風にやるんだ。」と理解した次第。あれは非常にわかりやすいですね。

 なお、冒頭の「本物のボトルネックのスライドギター」という表現ですが、これは若干わかりにくいです。ボトルネックというのは、ウイスキーの瓶のネックを切ってというか割って指にはめてやる奏法であり、その道具そのものも指します。そしてスライドギターというのは奏法自体をさすわけで、「本物のボトルネック」というのは金属製のスライドバーを使うのではなく、本物のガラスの瓶を使うという意味だったんですね。

 デレク&ドミノスのデュアン・オールマンは愛飲のバーボンのボトルを使ってやってたという話があるのですが、憂歌団の内田勘太郎さんはカルピスの瓶でやってたとか。それも綺麗に切るのではなく、パーンと割って先端部だけ使ってるというのをインタビューで見ました。あの人は小指にはめてましたが、「形が悪いから小指にしか入らん」のだそうです。

 スライドギターは名手と言われる人があちこちにいて、ブルース系の人に多いのですが、隠し技として練習しているギタリストは多いですね。というか、エレキギター弾きで試したことのない人は少ないのではないでしょうか。

 最近目にしたのは、石川ひとみさんのライブDVD「わたしの毎日」で山田直毅さんが「もんしろちょう」という曲の間奏でやってました。1ステージで1曲だけ、それも4小節とか6小節だけ弾いてキッチリ決めなくてはならないので、結構プレッシャーはありそう。

 ちなみに、私はご覧の通りの金属製のバーの愛用者です。ガラス製のも持ってるのですが、それだとアコギではキコキコする感じがするのでダメで。とはいえ、ほとんど弾けません。憂歌団の「10$の恋」とか軽やかに弾けるとカッコいいですけど。

 そういえば、私は小指派ですけど、実際どの指にはめる人が多いのでしょう??? ジョージ・ハリスンとかは実際の映像見たことないですし。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「世界の快適音楽セレクション」聴き逃しありました

2021年07月26日 22時54分37秒 | ラジオ
 運転中にたまたまNHKFMで「世界の快適音楽セレクション」を聞きました。ゴンチチのお二人が進行を努める音楽番組ですが、凄く久しぶりに聞いたような。と、思ったらこの春から月曜夕方の再放送が始まったのですね。本放送は土曜の午前中なので、なかなか聞く機会がないし。

 今日は後半の30分くらいを聞いたのですが、シカゴブルースあり、サルサあり、「世界の快適音楽セレクション」という名に違わぬ充実ぶりでした。

 仕事で運転する時間が長いのですが、ラジオを聞くのは好きだし特にラジオから流れる色々な音楽を聞くのが楽しみです。が、今のヒット曲はなかなか気に入るものがなく、FM局があちこち聞ける環境でありながらも、運転中はほとんどAMラジオしか聞いてませんでした。

 それがたまたま今日この番組を聞いてて「いいなあ」と。こういうのは録音して、あとで電車の移動の時などに聞くと快感なのではないかと思ったら、ちゃんと聴き逃しがありました。本放送があって再放送があって聴き逃しもあるというのは、かなりの人気番組なんですね。20年以上続いてるのはさすがと。

 最近のヒット曲はNACK5のファンキーフライデーを聞いてると大体わかるので、このゴンチチの番組では様々な世界の音楽を知りたいと思います。これで気になる歌手を見つければ、Spotifyでその人の曲を探すという広げ方もありますしね。やはりラジオはもっともっといろんな音楽を流してもらうべきだと思います。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

マーチンの時代というと

2021年07月25日 14時58分21秒 | ギターと楽器のこと
 
 3番 井上タイムリ~ 4番 マーチン ホ~ムラン~♪ という話題を期待した人はごめんなさい。私にとってマーチンというとギターの話です。

 マーチンギターというと、添付画像の通り世界最高峰のアコースティックギター。それで、なんか「C.F.Martin」という文字を見かけると思ったら、これは創業者「クリスチャン・フレデリック・マーティン」の事なんですね。

 昔は海外の偉人の話を聞いても「ふ~ん」と思うだけだったのですが、今はその時代の日本はどうだったのだろうと考えるようになりました。それで調べてみたら、このクリスチャン・フレデリック・マーティンが生まれたのは1796年。日本で言うと江戸時代で、年号は寛政、将軍は第11代徳川家斉でした。この年に生まれた人は鳥居耀蔵、亡くなった人は田沼意次。「お~、あの年か」と思った人は上級者(?)です。

 そのクリスチャン・フレデリック・マーティンの生涯をすごく端折って書くと、今でいうドイツで生まれ、ウイーンの工房に弟子入りしてギター製作に取り組み、結婚してドイツに戻ってギター工房を始めたものの、様々なもめ事に巻き込まれて、1833年に新天地を求めてニューヨークへ移住したと。なので、この1833年が現在も続くマーティン社の創業の年とされているそうです。

 ちなみに1833年というと、日本では歌川広重が『東海道五十三次絵』を描いた年だそうです。この年に生まれた人は大鳥圭介ですが、あの「おもろい夫婦」の鳳啓助ではありません。ポテチン。

 そして、1850年にはあの「Xブレーシング」が考案されたそうなので、今も続くマーティンギターの基礎は初代が作ったということになるでしょう。天才的なアイディアマンだったのか努力の人だったのか。

 その1850年というと、浦賀にペリーの黒船が来る3年前。いわゆる幕末ということでありますが、この年の12月には高野長英が亡くなってますね。高野長英の生涯を正しく言える人は少ないと思いますが、吉村昭先生の「長英逃亡」という本は凄く面白いので皆さん是非お読み下さい。

 そしてこのマーティン1世の亡くなった年は諸説ありますが、1873年のようですね。日本でいうと、岩倉使節団が帰朝した年で明治6年の政変のあった年でもあります。日本は既に明治になってますが、激動の時代ではありました。

 調べてみたら、この年に亡くなった人は鳥居耀蔵。ということは、鳥居耀蔵とクリスチャン・フレデリック・マーティンは生年と没年が同じだったわけです。マーティンは人気者ですが、幕末の歴史ファンで鳥居耀蔵が好きという人は見た事ないわけで、ここは好対照。なお、昔見た「天下堂々」というドラマで鳥居耀蔵を演じてたのは岸田森だったので、私の中でのイメージは完全にあの人です。

 ということで、マーチンの時代を調べてみた話でした。ギター弾きにとってマーチンは憧れではありますが、私は実際に弾いてみたのは2回くらい。どちらも知り合いが持ってたのを触らせて貰ったのですが、なんか怖くてそ~っと弾きました。なので、鳴りがどうとかはわからず。

 そんなことなので、私は別にヤマハでいいです。が、次に買うとしたらヤイリにするかも。とはいえ、ヤマハのアコギもヤイリのギターも元々はマーチンのギターの模倣から始まったのでしょうから、クリスチャン・フレデリック・マーティン氏には敬意を表するものであります。この人の生涯とかその後の一族の物語は大河ドラマにして欲しいですね。

 なお、一応説明しておくと、本日の画像は1977年のヤングセンスという雑誌に出ていた解説なので、価格その他は今の話ではありません。あしからず。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

アコギの道は一日にしてならずぢゃ

2021年07月24日 22時38分43秒 | ギターと楽器のこと

 4連休ですが、どこにも出かける予定はないので久々にアコギをちゃんと弾こうと思った次第。それに当たっては、まず弦を張り替え、ボティーを綺麗に掃除、指板にはオレンジオイルを塗り塗り、という手間も生じます。

 それで今日は思う存分弾こうと思ったのですが、まあ30分ほど弾いてると左手の指先が痛くていけません。弦を替えて音が良くなったからといって、「いい気になるな」と言われてるような気がします。

 エレキギターの場合は、久しぶりに弾いたときに指が動かないのはともかくとして、指先がジンジン痛いというのはないのですが、やはりアコギは厳しいですね。訓練という部分が大きい気がして。

 なので「ちゃんと普段から練習しておかねば楽しめない」とは思ったものの、平日の夜間には集合住宅でアコギの練習をするのはきついですし。

 ということで、実際の弦の感覚だけあって、夜中でも大きい音の鳴らないような指板だけのギターがあれば、出張族にはヒットするのではないでしょうか。って、私が知らないだけで、もう世の中にはあるかも。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

いつもよりたくさん塗っております>ギター指板のオレンジオイル

2021年07月23日 21時36分38秒 | ギターと楽器のこと
 
 なにしろ4連休で、なおかつ外は暑いのでインドアの活動日。こういう時にやることといえば、ギターの弦の張替と決まっています。(意見には個人差があります。)

 今回はアコギを張り替えたわけですが、折角なので久しぶりに指板にオレンジオイルを塗りました。このギターはヤマハのFG-301Bなので指板の材質はパリサンドル。木材図鑑によると、インディアンローズウッドといわれるとか。

 ローズウッドというくらいなので、新材のときにはバラに似た芳香を放つそうですが、さすがに製造されてから軽く40年以上経ってるのでそんな匂いはありません。

 その木材図鑑によると、パリサンドルは「木質は重硬で、狂いが少ない。虫が付きにくく耐久性に優れる。艶があり、からぶきするだけで光沢が出る。」のだそうです。たしかに見た目でも木目がぎっしり詰まってる感じはありますね。ただ、硬い木はちゃんとメンテしないとひび割れが出るのだとか。そういう意味でオイルでのメンテナンスが必要なのでしょう。

 ギターの指板のメンテにはオレンジオイルとかレモンオイルとかありますが、私はたまたま入手したオレンジオイルを愛用。なんとなく美味しそうですし(?)。

 考えてみれば、アコギの場合はほとんど木材で作られてて、あの金属弦の強い張力に耐えるわけですからメンテは結構重要な印象。このギターもちゃんとメンテされてなかったためネックが反ってしまってますが、そこは程度の悪い中古品を買ってしまったので今更どうしようもなく。

 ということで、お手元にギターがある方は正しく保管しましょうね。ジャパンヴィンテージなんて言っても、古ければいいというわけではないですし。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

やっぱりロッドは回らない!

2021年07月22日 22時42分45秒 | ギターと楽器のこと
 
 ご覧のギターはYAMAHAの40年以上前のモデルでFG-301B。入手したのが15年くらい前ですが、中古で買ったときから弦高がきつい状態でした。12フレットで4mm位でしたから、完全にネックが反ってていわゆる弾きにくいギター。

 このギターのプロフィールとしては

トップ:エゾマツ 合板
サイド:パリサンドル 合板
ネック:ナトー
バック:パリサンドル 合板
指板:パリサンドル

というもの。元々FG-301の12弦を持ってたので、その兄弟というか6弦のヴァージョンが欲しいと思った次第。この個体も材質はいいので鳴りは問題ないのですが、さすがに弦高がきついです。

 それでロッドを回そうと思ったのですが、やっぱり無理。いわゆる「ロッドはいっぱいです」という状態。ブリッジサドルを削って1mm位は低くなりましたが、これ以上はどうしようもないです。

 ちなみに、当時のヤマハはグランドピアノの製造のためにエゾマツを確保してたのだとか。それをトップに使い、サイドや指板にはパリサンドルというローズウッドを使ったのがこのギター。パリサンドルとは、マダガスカル原産のローズウッドだそうです。

 ということで、北海道生まれの色白のエゾマツとマダガスカル原産のローズウッドが合体したということで、なかなか面白いギターだとは思ってるわけです。ただ、弾きにくいのはどうしようもなく。う~む、アコギは管理が難しい。って、買った段階でダメだったのですが。まあ8000円だったし仕方ないか。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「空手バカ」と聞いただけで

2021年07月21日 23時27分32秒 | 日記
 TOKYO MXテレビで「空手バカ一代」を放送してます。ご存じ極真空手のマス・オーヤマをモデルにした劇画が原作のアニメです。アニメの主役は飛鳥拳なので、もちろん実話とも違えば原作ともかなり話が変わってたりします。

 私が「空手バカ」と聞いて思い出すのが、あの炭酸飲料のリアルゴールド。なぜかというと、初期のテレビCMには藤岡弘、が出てて「スパークする役者バカ」というナレーションがあったため。それ以来「バカ=リアルゴールド」というイメージができたのでした。ちなみに、写真家の立木義浩が出てたヴァージョンは「スパークするカメラバカ」だったかと思います。当時は、「役者バカならいいけど、バカ役者はダメだよね~」なんてネタもあったかと。

 私は就活の頃が丁度夏場で、面接に向かう駅に降りた時に暑くてたまたま自販機でリアルゴールドを買ったところ、結構元気が出たような気がして、「ここぞ」という時には今でも買ったりします。昔は瓶でしたが、今は缶が主流のようですね。

 それにしても、リアルゴールドが発売されたのは1981年ですって。40年経ってるわけですから、結構な人気商品なのでしょう。私なんぞは1981年と聞くと、「好きだぁ~ったのよ あ~なた~♪」と歌いたくなるのですが、それはまた別の話で。

 ところでWikiで調べてみたら、これのCMのキャラクターは前述のゴツイ男っぽい感じの人ばかりかと思ったら、「林家ぺー、Mr.オクレ、春一番」という名前もありました。ん~、そんなCMは見た記憶無し。オクレさんを見て元気になるのかが謎です。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

楽しんでますがまだ油断できないのが「おかえりモネ」

2021年07月20日 23時13分10秒 | ドラマレビュー
 朝ドラ「おかえりモネ」は10週目に入りました。私は変わらず楽しんでいます。「楽しんでいる」というのは、ドラマに流れる雰囲気が良かったり、映像がキレイだったり、主演の清原果耶さんを評価していることなどがあります。「面白い」と言わないのは、そこはちょっと違うようなと。多分面白いとは思ってない人もいるでしょう。

 朝ドラの場合は、途中でヒロインが上京したりどこか別の場所に行くことがほとんどですが、それで登場人物が変わってパワーダウンしてしまうこともあり、逆の場合もあり。折角期待しているドラマなので「まれ」にも「半分、青い。」のようにもなって欲しくないと思う次第です。

 あの「あまちゃん」の時も、上京するとなった時に登場人物が大きく変わるので不安はあったのですが、GMTが出てくると若い女性が多くなって華やかになり、薬師丸ひろ子さんも登場してそこの懸念は払しょくされました。

 その点で、今回のドラマはどちらに転ぶかと。ただ、今週から登場してきた今田美桜さんは異様に可愛いですね。今後どういうふうにモネと絡むのかはわかりませんが、彼女が毎日出るのなら楽しみは多いです。

 近年の朝ドラでは私の中で「あまちゃん」は別格で、それ以降では前作の「おちょやん」が一番良かったのですが、今のところそれを上回る感じ。ドラマは脚本が一番だと思いますが、朝ドラの場合は長丁場なので色んな要素があります。今回はタイトルが「おかえり」というくらいなので、また気仙沼か登米に戻るのかもしれませんが、そこも含めて今後も期待します。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大河ドラマ「青天を衝け」がお休みだそうです

2021年07月19日 22時26分34秒 | ドラマレビュー
 昨日大河ドラマ「青天を衝け」を見ていて、次回の放送予定にびっくり。次は8月15日だそうです。約1ヶ月先ということになります。

 今は主役の栄一はパリ万博に行っており、日本では大政奉還が行われたという激動の時期。そんなところで1ヶ月も間隔が空いてしまったら、視聴者が離れてしまうのは目に見えてます。NHKはNHKらしくオリンピックに手は出さず、おとなしく大河ドラマだけ放送してればよいものを。どっちが大事だと思ってるのでしょうか。

 ちなみに私は幕末維新オタクではありますが、パリ万博についてはよく知らんのです。大河ドラマでは「獅子の時代」の冒頭で描かれていたこともありますが、あれは架空の人物のオンパレードでしたから。実際、パリ万博に参加した幕府側の使節団のメンバーを正確に語れる人はどれくらいいるでしょうか。医師の高松凌雲を描いた吉村昭先生の「夜明けの雷鳴」という小説には一部この辺の話があるのですが。

 今回の大河は、水戸天狗党のことも割とちゃんと出て来たし、渋沢喜作や尾高長七郎が主要な登場人物であるということは、上野戦争というか彰義隊の事も結構描かれるのではないかと思い、そこは期待しているわけです。それが1ヶ月休みとは!

 実は、渋沢栄一の事はほとんど知らなかったので読んでみねばと思ってたところに今年の大河がそのテーマなので、私はすごく楽しんでます。今の世の中の仕組みがこうなっているのは維新の時の流れが大きいですし、何がどうして今の日本があるのかというのを考える意味で、特に若い人に見て欲しいです。ただ、8月8日(日)に前半の総集編があるらしいので、これまでの放送を見てない方、乗り遅れた方は是非どうぞ。個人的にはここ数年の大河の中では一番面白いです。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

連続ドラマW「華麗なる一族」終わりました

2021年07月18日 15時17分04秒 | ドラマレビュー
 全12話のドラマ終わりました。途中経過でも書きましたが、さして期待してなかった分、案外面白かったというのが感想です。なんといっても人間関係がややこしいのが難点ですが、あまり細かいことを気にせずに家族間だけわかってればなんとか。

 これは何度かドラマ化されてますが、一番最近は2007年のTBS版。あのときよりは集中できたというか、キャストとか人物設定が良かったというか。中井貴一に華麗な悪役が務まるかと思ったらなかなか頑張ってて、あとは向井理の真面目な熱血漢ぶりもよくて最後の悲劇までよく引っ張れました。女優陣もみんな綺麗だったし、そこもオッケー。

 調べてみると、モデルになった財閥とか会社とか銀行とかあるんですね。その辺調べてみようかなあ。私が生まれた頃の話らしいですから、時代的にピンと来ないかもしれないけど。

 何はともあれ、制作陣にはアッパレをあげましょう。←偉そう
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

そもそもバラードとはなんでしょう?

2021年07月17日 22時48分41秒 | 音楽一般
 中学生の頃ですが、リズムボックス付きのラジカセを持ってました。そこには6種類のリズムが搭載されてて、それはWALTTZ、BALLAD、BOSSANOVA、SWING、ROCK 1、ROCK 2でした。そこでのバラードというのは3連のリズムで、ダウンタウンブギウギバンドの「涙のシークレットラブ」のような感じだったので、私はバラード=3連というイメージでした。

 この定義でいうと、曲名に「バラード」とついて当てはまる曲の代表は「母に捧げるバラード」「スローバラード」などで、当てはまらないのは「みなしごのバラード」「やつらの足音のバラード」などでしょうか。どっちもワルツのような気がしますし。

 いまだに正確なバラードの定義は知りませんが、世間一般では静かな曲がバラードと言われるようです。というのも、来週の「歌謡スクランブル」が「バラード・コレクション」であること。

 月~金の5日間に渡って放送されるのですが、「これがバラード?」というのがいくつか。具体的には、「日暮れ坂」渡哲也、「あなたを・もっと・知りたくて」薬師丸ひろ子、「夢の途中」来生たかお、「恋人も濡れる街角」中村雅俊、「潮騒のメロディー」高田みづえ。「Lemon」米津玄師、などなど。

 まあ以前篠原ともえさんが「凄く素敵なバラードを」と言って、「地下鉄に乗って」をカバーしてたので、「バラードだ」といえばそうなるのかもしれません。そういう点での究極は、知り合いのバンドが「バラードをやります」と言って「ロッキーのテーマ」をやってたことがありました。

 考えてみれば、世の中にはサンバと名がついててサンバじゃない曲、ブルースと名がついててブルースじゃない曲などいろいろあります。ちなみにこのラジカセの「ROCK 2」はいわゆる16ビートの事でしたが、日本のミュージシャンがスティーブ・ガッドに「16ビートで」と言っても話が通じなかったという事を聞いたことがあります。それが本当かどうか知らないのですが、なんかありそうな話ではあります。リズムパターンと、曲の構成は違う話であることが多いですよね。私もよくわかりません。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする