今日のひとネタ

日常ふと浮かんだことを思いのままに。更新は基本的に毎日。笑っていただければ幸いです。

小林克也氏がアムロについて

2017年09月30日 22時35分06秒 | 日記
 昨日ファンキーフライデー聞いてたら、小林克也氏が安室奈美恵の引退について語ってました。ボブディラン、ジョンレノン、その他あれこれの若くして引退を発表した人は必ず戻ってきてると。完全に戻ってこなかったのは山口百恵だけだとも。あとは、2年ほど前に事務所と揉めたというニュースは私も聞いた事ありますが、克也氏は「実はそれが影響してるのかも」とも。

 詳しい事情は知りませんが、私も何年後かにカムバックする方に1票。まだ若いですしね。ま、個人的にはどっちでもいいですけど。彼女には興味無いし。
コメント

金曜夜10時というと

2017年09月29日 23時34分52秒 | 日記

 BS朝日の番組表を見ていたら、今日の夜10時からは「必殺仕事人Ⅴ」でした。元々の放送当時の必殺シリーズは金曜夜10時でしたから、それを意識してたのかもしれませんね。ちなみにうちの田舎はテレ朝系の局が無く、必殺シリーズは半年ほど遅れて月曜夜の11時半くらいから放送してた記憶あり。

 高校時代などは運動部だったので、夕食後寝落ちすることが珍しくなく、当時まだ実家にビデオデッキはなかったので「見ようと思ってたのに」と悔しい思いをしたことが多数。

 必殺が金曜夜にやってると意識したのは受験の頃。大学受験で京都に行って、試験が土曜だったので金曜から前乗りしたのですが、番組表を見て「あ、必殺やってる!」と喜んだものです。あのときは仕事人のパート2くらいだったかも。

 その後無事大学には合格して京都に住んだのですが、極貧生活だったので1年半ほど部屋にテレビがなく、金曜夜はテレビ持ってる奴の下宿に行って必殺見てたりもしました。

 そんなこんなですが、金曜夜10時というと「うわさのチャンネル」もそうでした。が、うちの田舎は日テレ系の局が無かったので(なんもないなぁ)、放送は土曜夜11時からでした。新聞での石川テレビの番組表などはわざわざ「土曜11時 うわさのチャンネル」と書く力技でしたが、こちらも同じく寝落ちで見逃したこと多数。

 金曜の夜に必殺を放送してるといろんなことを思い出します。まぁ別に今さら見ませんけどね。

コメント

まぁ当たってはいるがむかついた話

2017年09月28日 22時44分28秒 | 日記

 先日のトマパラの時のこと。昨年のステージを録画してくれてた人がいて、1年経ってDVDをくれました。

 「これ去年の」とディスクを渡されたのですが、昨年は精神的な動揺もあって「あ~、そういえばあんまり調子よくなかったなぁ」と言ったら「え? 調子いいときあるの?」だって。ムカっ!

コメント

インパクトのあるタイトルではあるが

2017年09月26日 23時25分19秒 | 日記

 NHKラジオ「ひるのいこい」では、時折謎の選曲があります。本日オンエアされたのは、少女隊の「象使いのインド人」。「なんじゃそのタイトルは?」と思ったのはもちろん、聞いててもどういう曲かはわかりませんでした。

 Wikiで調べてみたのですが、少女隊のシングル曲ではなさそう。それにしてもなぜこの曲を?

コメント

「夜のプレイリスト」尾崎亜美様の回は10/10(火)から

2017年09月25日 23時18分10秒 | 尾崎亜美

 「夜のプレイリスト」とはNHKFMの人気ラジオ番組で、週替わりのパーソナリティーが自らのイチオシアルバムを1日に1枚ずつ5日連続でフルに放送するというもの。私は夕方の再放送でほぼ毎週聞いてて、もう5年位続いてるような気がしたのですが、Wikiによると始まってからまだ2年半くらいなんですね。

 パーソナリティーはミュージシャンもいれば役者さんとかカメラマンとか作家、漫画家、コメディアン、声優、と多岐に渡ります。その人の好みで選曲するので、人によっては5枚連続でまったく知らないアルバムのこともあれば、毎日「おおっ!」と思うこともあります。

 実際聞いたことがなかったアルバムをこの番組で知って、すぐamazonに頼んだことも何回かありました。アルバム丸々1枚全曲聞くというのはなかなか機会無いですし。

 ということで、その番組に尾崎亜美様が出演します。亜美さんのブログによるともう収録は済んでますが、放送は10/10(火)午前零時というか、10/9(月)の深夜9時というか、その週に5日連続で出ます。どんなアルバムを紹介するか、またそのアルバムにどんな思い入れがあるか楽しみです。ただ、番組の決まりとして過去1年以内に紹介されたアルバムはNGだそうで、それを考えると本当のベスト5ではないのかもしれません。

 ちなみに、私がこの番組のパーソナリティーになったつもりで5枚のアルバムを選ぶとすると、

20才まえ/南沙織
英雄と悪漢/甲斐バンド
10000人カーニバルVol.2/キャンディーズ
LITTLE FANTASY/尾崎亜美
オプティカル・サンライズ/スペクトラム

ということになりますでしょうか。ミーハーですいません…。

コメント (2)

トマトパラダイスVol.12終了しました

2017年09月24日 22時48分20秒 | スペクトラム

 スペクトラムのコピーバンド祭り「トマトパラダイス」も今年で12回目を迎え、昨日新中野のライブハウス「弁天」で開催され無事終了しました。前日はスペクトラムのメンバーも参加しているブラスロックグループ「BLUFF」がスペクトラムの曲を演奏するというスペシャルなライブがあり、今回の出演はその「BLUFF」のコピーバンドであるPILAFFとスペクトラムのコピーバンドである我がReSPECTとなったわけで、やる方がかなり気合いが入っていた感じです。

 PILAFFはBLUFFの曲に加えてスペクトラムの「SONG」「NEED」なども演奏。タイトなリズムセクションとバリバリのホーンセクションに加え、ナチュラルに面白いボーカルのスイミー氏のMC(?)でも会場を盛り上げていました。

 ReSPECTの方は、昨年からサポートで入って貰っていたトロンボーンのドスコイ先輩が正式に2代目リスペクター3号として加入したことをお披露目。この3月に逝ってしまったはっけよい土方への追悼として「A Song For Japan」で幕開け。スペクトラムのヒット曲(?)を中心に合計9曲演奏しました。

 個人的にはペダルの踏み間違い、歌詞の間違いを始め、あちこち失敗だらけでしたが、なんとか集中力切らさず最後までやれたという感じです。乗りの良いお客さんのおかげでこちらも楽しめました。ご来場いただけた方は本当にありがとうございました。関心はあったけど今回行かなかったという方は、またの機会にお願いしま~す。

 昨日のセットリストは以下の通りです。

1.A Song For Japan
2.モーション
3.F.L.Y
4.メモリー
5.侍ズ
6.I love PTA
7.ACT-SHOW
8.In The Space

<アンコール>
トマトイッパツ

コメント (3)

解散記念日ですが

2017年09月22日 22時21分15秒 | 日記
 失恋記念日だと「ノンノノン…」と歌わねばなりませんが、9月22日は解散記念日ですのでワッチコンと歌います。ということは、スペクトラムが解散した日なのですが、スペクトラムが何か知らない人はどっかで調べて下さい。

 ちなみに何年の話かというと1981年でした。36年経つんですね。私は高校生で受験生でした。田舎にいて武道館には行ってないからあの日は何をやってたのやら…って、勉強してただろうからつまんないなぁ。
コメント

スマホで腱鞘炎って

2017年09月21日 22時02分06秒 | TV番組レビュー

 「ためしてガッテン」で謎の手首痛が急増というのを見ました。私も長年腱鞘炎で悩んでおりますので。

 が、アメリカでも流行っている「スマートホン・サム」というのは、スマホの入力を親指でやったり、パソコンで文字入力するのに親指で変換キーを押すことで手首が痛くなるんですと。

 私はスマホの文字入力はスタイラスペンか右手中指ですし、パソコンの変換キーは人差し指で押すのでどっちも該当せず。この番組では解決できなかったのですが、しゃーないですね、ギタリストの宿命ということにしておきましょう。って、そんな大したフレーズ弾かないですがぁ。

コメント

哀愁の一丁がみ小唄って?

2017年09月20日 23時12分21秒 | TV番組レビュー

 「土曜スタジオパーク」に小松政夫さんがゲストで出た回をようやく見たのですが、「電線音頭」から「小松の親分さん」から「ニンドスハッカッカー」から、往年のギャグをリクエストされればすべて出すサービス精神に感服しました。

 そして「しらけ鳥音頭」も生歌で聞けて間奏のセリフまで披露してくれたのですが、あの鳥を持ってくるのを忘れたそうでご本人は悔やんでました。(今もちゃんと持っているそうです)

 その「しらけ鳥音頭」ですが、レコードジャケットが映ったのですが気になったのはB面。「哀愁の一丁がみ小唄」と書いてました。気になったので調べてみたら、歌詞は「あの人はラララ あの人は 若い芽を摘むにくい人」でした。ということは、キャンディーズが「見ごろ食べごろ笑いごろ」でやってたネタはこの曲なんですね。知らなかったなぁ。残念ながらyou tubeにはなかったけど。う~む。

コメント (2)

映画を2本ほど

2017年09月19日 23時20分14秒 | 映画

 3連休で遠出をしたいところでしたが、土曜日は天気がイマイチで妻と映画に行くことに。我が家からは徒歩10分ほどでシネコンに行けます。

 見たのは「三度目の殺人」なのですが、二人ともメンバーズカードの期限間近だったので更新したところ、1本1000円で見られるサービス券を2枚貰いました。すっかり気が大きくなったので、今度は月曜に「散歩する侵略者」を見たと。3日で映画2本見たというのは記憶にないですね。

 もっとも今の時期、「関ヶ原」を見るか「エイリアン」を見るかという選択肢もあったわけで、ちょっと時期がずれてたらそっちを見てたかも。

 なお、映画の感想はというとどっちも面白かったですが、どちらかというと「散歩する侵略者」の方が楽しめました。(意見には個人差があります) 長澤まさみって結構好きなんですが、これまで見た中ではこれが一番良かったかもしれません。次はというと「曲がれスプーン」ですけど…。

コメント

フュージョンブーム来たのか?

2017年09月18日 22時07分48秒 | ギターと楽器のこと

 今月のギターマガジンの特集は「ジャパニーズ・フュージョン/AOR」でした。私がエレキギターを始めたのが1979年でしたから音楽シーンはフュージョン全盛。個人的にも最近スタッフのライブアルバム買ったりして、フュージョン熱が盛り上がってたところですから、ようやく時代が私についてきたのでしょうか(?)。

 今回の特集でもいろんなアルバムが紹介されてて、実際当時の音楽雑誌では見たことのあるアルバムばっかですが、実際自分が買ったり聞いたりしたのはそんなに多くないです。まぁ当時中学~高校生くらいでしたから、周囲にフュージョンファンがそんなに多かったわけではないですし、レコードの貸し借りでも限界ありましたし。

 そんな中で、土方隆行さんの「Smash The Glass」が紹介されてたのは凄く嬉しいです。これはとにかくたくさんの人に聞いて欲しいので。ちなみに、このアルバムが凄く好きだったので土方さんのソロの2ndを買ったらあんまり…。それではと、笹治さんの当時のアルバムも買ったのですがそれもあんまり…。

 ちなみにパラシュートに関しては当時ファンクラブにも入ってたくらいなので当然アルバムは全部持ってますが、あれをフュージョンというかどうか。まぁジャズロックだのクロスオーバーだのフュージョンだの色々言ってましたが、ジャズっぽいロックでもロックっぽいジャズでもなんでもかっこよければいいんです。去年ラジオで聞いてかっこ良かったから買ってしまったのがツトムヤマシタの「Go」なんですが、あれはギタリストメインじゃないから今回取り上げられないんですかね。ギターはディメオラなんですが。そういうことを言うと、当時のナベサダもジャズと言うよりはこっちの括りに入りそうですが。

 なんにしても今回特集を見て思いだした人たちもいるので、その辺のCDもまた探してみたいと。ネイティブサンとか。

コメント (2)

名探偵明智小五郎シリーズ 怪人四十面相

2017年09月17日 12時47分04秒 | TV番組レビュー

 キッズステーションで見ました。そういう番組があったのはちっとも知らず「なんで40面相やねん」と思った次第。シリーズのタイトルが「黄金仮面」「天空魔人」「透明怪人」なので、乱歩先生の小説のファンとしては「ケッ」とか思ってたのですが、見てみたらなんか全然創造と違いました。

 そもそも冒頭のシーンは明智小五郎がロンドンで活躍してて、カーチェイスバリバリ、拳銃アクションも激しくて、おまけに主演はキャプテンウルトラ。それが黄金仮面が暗躍する日本に呼び戻されて…という話で、子供向けのような大人向けのようなというドラマ。ロンドンのシーンでは英語のセリフに日本語字幕でしたから、すっごい違和感あったのですが、見ようによってはかっこいいのかも。

 あとは黄金仮面はなかなかの人相で、あれは子供が見たら怖がるでしょうね。それと、明智小五郎の変装の技が出てくるあたり、天地茂シリーズの匂いがします。が、残念ながら梓英子のシャワーシーンはありませんでした。それがあれば視聴率100%は行けたでしょうに。

 なんにしても、キッズステーションの企画では初回と最終回だけの放送なので、来週も見てみます。さすがに最終回ならシャワーシーンがあるものと(←しつこい)。

コメント

気まぐれナスビ

2017年09月16日 23時32分33秒 | TV番組レビュー

 「去年のトマトは青くて硬かったわ だけどいかが もう今年は赤いでしょう」と聞いて、「1年たたんと赤くならんのかい! その前に腐っとるやないか! 責任者出てこい!」と怒ってたのはボヤキ漫才の人生幸朗師匠でした。

 TBSチャンネルで「トップスターショー 歌ある限り」を録画したら、ゲストが梓みちよ、郷ひろみ、桜田淳子、小林旭でした。そこで桜田淳子が「十七の夏」と「気まぐれヴィーナス」を歌ってたのですが、当時人気があったのはわかります。結構可愛いしそこそこ歌も上手いしスタイルもいいし、太もも出してるし(?)。

 その「気まぐれヴィーナス」のサビは「私きっと言います」ですが、あのねのねが「気まぐれナスビ」というネタをやってました。どういうのかというと、最初は普通に歌ってて、サビになると「私言います母さんに オレンジ50 もういっぱい」というの。これは桜田淳子の歌とサントリーのCMの両方を知らないと通じないというなかなか高度なものです。今の若い人は知りはれへんやろなぁ…。

 ところで「トップスターショー」というとエンディングが森田公一とトップギャランの歌なのですが、今回は「想い出のピアノ」でした。あのイントロのギターソロがオクターブ奏法でかっこいいです。昔から好きだったのですが、リードギターの人が使ってたのはずっとレスポールスタンダードだと思ってました。が、今回まじまじと見るとなんとピックアップはミニハムバッカー。ということは、デラックスだったのですね。デラックスでサンバーストというのはあんまり見たことないと思ってたのでわかりませんでした。勉強になりました。

コメント

紀比呂子というと

2017年09月15日 23時36分15秒 | 日記

 今の若い人は知らないでしょうから、この名前を読ませると「きひ ろこ」とかいうかもしれません。正しくは「きのひろこ」で、女優さんの名前。

 どこで見たかというと「前略おふくろ様」なのですが、ゲストで1回だけ出てたのですね。「あれ? 出てたっけ」とか思うのですが、多分再放送のたびに同じことを言ってるのではないかと。

 世間一般では「アテンションプリーズ」でしょうが、私にとっては森田健作と出た「青春をつっ走れ」のヒロインの印象強し。昔は結構好きだったのですが、まぁ美形というよりは個性派というかなんというか。

 今はもう芸能界は引退されてますが、1950年生まれというと私より13歳上。芸能人なので3歳くらいサバよんでる事を考えると、結構行ってますね。まぁいんですけど。

コメント (2)

レスポールの夢

2017年09月14日 22時48分30秒 | ギターと楽器のこと

 昔はレスポールというとスタンダードだけしか許せず、それもチェリーサンバーストしか認めなかったのが、今はサンバーストならハニーが好きだし、一番好きなのはゴールドトップだったりします。

 そうやって色の好みは変わるのですが、形としてやはりカスタムは嫌いでデラックスとかスタジオもダメ。レスポール好きで、レスポール持ってるときの自分も好きなのですが、結局使いこなせず…。

 とはいえ、別に手放しませんけどね。今はまたイーグルがメインのギターになりましたが、あれもちょっとあちこちガタが来てるのでサブも欲しかったり。好きなのは福山雅治も使ってるアリアのPE-Rとかですが、やはりボリュームは一つの方がいいので初代PEも魅力。でも、あれはあんまり出てこないのとあっても結構高いんですよね。

 ということで、どっかでB.C.Ricoの出物でも探すかなぁ。余計出てこないという話もあるでしょうが…。う~ん、レスポールJrとかTVモデルもいいことはいいんだけど。(と、あくまでも夢の話で)

コメント