モノ作り・自分作り

東横線 元住吉 にある 絵画教室 アトリエ・ミオス の授業をご紹介します。
美術スタッフが、徒然に日記を書いています。

さまざまな竹

2019-07-05 03:23:16 | 大人 日本画


佐竹 岩絵具(日本画)

大竹です。今回ご紹介させて頂くのは水曜日午前大人クラスの佐竹さんの作品です。竹林の作品で、作者は佐竹さんで、紹介しているのは大竹となんだか竹づくしですね。
連日ブログでは小学生クラスの日本画が紹介されていましたが、水曜日大人クラスでも日本画ブームがひっそりときておりました。

混色が出来ない日本画には膨大な数の顔料がありますが、それらの色を上手に選んで使われています。それぞれの緑の響きあいが美しいです。全て同じ竹でも、一本一本色味や濃さに違いがあって面白いですね。若々しい竹は見ていて気持ちが良いものです。竹の線がまっすぐではなく少し歪んでいる事で、カッチリし過ぎず柔らかい雰囲気を生み出してくれていますね。
水干で色を乗せた後、仕上げに白の岩絵具をのせることで、竹の表面に付着している白い粉(チロシンというアミノ酸の一種で、チーズに付着している粉と同じ物だそうです。)も見事に再現されています。写真では見えにくいですが、タケノコの方にも黄色い岩絵具を塗っているので、タケノコの皮のザラッとした質感もよく表現されているんですよ。

佐竹さん、現在は初めての油絵に挑戦されています。油絵の具ではどのような雰囲気に仕上がるのか、今から楽しみです。

コメント