人事コンサルタント 社会保険労務士 内野光明 ブログ

賃金 ,人事考課 ,残業 ,労働時間 ,退職金 ,等級制度 ,人事制度 東京都 , 社会保険労務士 内野光明ブログ

評価と賃金

2015-05-19 23:53:29 | 人事考課



こんばんは。 株式会社workup人事コンサルティングです。



賃金は何に対して支払うのか、どのような基準をもって、

どこにウエイトを重視し支払うのか、

仕事を懸命に実施している社員からすると関心は

深まる一方です。


他方、賃金はその支払原資がないと支払うことができません。

生産性を向上し、原資を上げていかないと、

昇給は、この着眼点が必然的に生じます。


そこで評価という軸が導入されてきます。

その評価項目は、社員にとって納得ができる内容が盛り込まれて

いないとすると、きちんと評価制度が回りません。

賃金は評価と表裏一体の関係ですので、賃金の公平性に

不信感が生じてしまいます。

そのようにならないために、評価制度を十分に

整えることが賃金制度を考える上でとても大切なファクターとなります。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【公式サイト】
株式会社workup人事コンサルティング

社会保険労務士内野光明事務所
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 平成27年度 雇用関係助成金が... | トップ | 学卒者の就職内定率について »
最近の画像もっと見る

人事考課」カテゴリの最新記事