人事コンサルタント 社会保険労務士 内野光明 ブログ

賃金 ,人事考課 ,残業 ,労働時間 ,退職金 ,等級制度 ,人事制度 東京都 , 社会保険労務士 内野光明ブログ

不合理な労働条件に対する最高裁判決

2018-06-05 23:10:05 | 労働法



こんばんは。 株式会社workup人事コンサルティングです。

契約社員のドライバーが、正社員にのみ

諸手当等が支給されるのは

労働契約法に抵触する不合理な労働条件として

差額を求めた訴訟(ハマキョウレックス事件)と、

定年後継続雇用したドライバーの

賃金を2割引き下げたことが期間の定めの有無に

よるもので不合理と訴えた事案(長澤運輸事件)

の最高裁判決が6月1日に出ました。


長澤運輸事件では、賃金引下げを不合理では

ないとした高裁判決を結論としては支持。

精勤手当の不支給については不合理としました。


長澤運輸事件判決文は以下をご覧下さい。

■不合理な労働条件に対する最高裁判決

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【公式サイト】
株式会社workup人事コンサルティング

社会保険労務士内野光明事務所
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 働き方改革を推進関係法律整... | トップ | 2017年人口動態統計月報年計... »
最近の画像もっと見る

労働法」カテゴリの最新記事