T.NのDIARY

写真付きで、日記や趣味をひとり問答で書いたり、小説の粗筋を纏めたブログ

早々と!

2011-11-28 14:27:13 | 日記・エッセイ・コラム

                                                                                                                                 

001

                                                                                                                                     

 まだ今日は11月だよね。定期便になっている診療所の待合フロアーに早々とツリーが飾られていた。

 しかし、そう言っても、もう一か月で今年も終わりだ。

 今残っている私事の仕事は年賀状書きだ。何もできていないので気にかかっている。

 何故なら辰の絵を自分で描いて写真に撮り年賀状に取り込む予定にしているためだ。なんとか仕上げたいものだ。

 

コメント

公園へ紅葉狩り!ー620回ー

2011-11-23 09:06:24 | 日記・エッセイ・コラム

                                                             

Momiji23009

                                                              

 この公園の紅葉が綺麗なところは、午後は山影になるので、午前中に撮影に行った。

 昨日は撮影日和だったが、今日は曇りで、それも数日続くようだ。この時期は中々毎日晴天とはいかないようだ。そればかりでなく、気温も温度差が大きい時期でもあるようだ。体調には注意することが必要だ。

 紅葉の撮影が終わったので、HPを更新する予定にしている。

コメント

古里へ紅葉狩り

2011-11-22 12:04:19 | 日記・エッセイ・コラム

                                                      

010

                                                            

 先週17日、珍しく晴天だったので、午後早い時間に紅葉狩りにに行ってみた。

 昨年は20日に行ったのだが、やはりまだ少し早かったようだ。

 古里の紅葉がいい場所の殆どは、午後に行くと山影になって写真をとっても、もう一つなのだ。朝早く行くこともできずどうしようもないことだけど。

コメント

「彰義隊」を読み終えてー第三部ー

2011-11-17 08:47:09 | 読書

「列藩同盟」

 輪王寺宮は城を嫌い白石の近くの仙岳院に居住していて、そこで、江戸から帰った僧の情報により、慶喜は死を免れ駿河にいて家名も存続されたということを知った。

 大総督府がもう少し早くそのような穏便な態度を取っていれば、上野の山の戦いもなく、奥羽一帯への戦乱も広がることは無かっただろうと、宮は改めて大総督府に激しい憎しみと憤りを覚えた。

 間もなくして、宮のもとには、会津藩を残して、奥羽各藩が次々に降伏していったことがもたらされ、各藩は帰順を決定していき、列藩同盟も解体同然になった。

 そのため、仙岳院の寺内は深く静寂が広がっていた。

 宮は、抗戦を意図して結集した奥羽諸藩の期待のもとに、図らずも盟主の任に就いた。それは自然の成り行きであり、自らも一個の人間として朝廷軍に対抗しようと決意し、積極的に軍事指導に力を尽くしてきた。その行為は明らかに朝廷に対する敵意をむき出しにしたものとみられており、恭順すれば厳罰に処せられることは間違いないと心に決めていた。

「帰順」

 宮は家臣や僧を前に帰順を発表し、9月20日、帰順書を亘理にいる奥羽征討総督に提出した。

 そんなある日、榎本武揚が宮の許を訪ねてきた。宮の側近が、宮は少なくとも切腹を命ぜられるだろうから、榎本に宮を外国に逃がしてくれないかと相談に行ったことに対しての回答を持ってきたのだ。

 榎本は、外国船への乗船は容易なことだが、宮様がそうなされるのは、我が国の恥辱です。皇族の御身としての生死は、この国で決すべきだと思うので、速やかに南にお帰りなさることですと強い口調で言った。

 今は、奥羽列藩同盟の盟主として朝廷軍に反抗した宮はまさしく朝敵であり、皇族であるからこそ、その罪は果てしなく重く、皇族でありながら朝廷に反逆するという前代未聞の大罪を犯したのだ。

 宮は、改めて限りない罪の深さを思った。榎本の言う我が国の恥辱であり、生死はこの国で決すべきだということに心から賛成し、榎本に礼を言い南へ帰ろうと言った。

 宮は、10月上旬、大総督府がある東京に送られた。次いで到着後は麹町の観理院へ入るよう指示された。

「南帰行・幽閉の日々」

 宮の一行が古河に着いたときに、行き先が東京から京都に変更され、千住に着いたときに、伏見宮邸で謹慎されよとの命が出た。

 翌年、明治2年(1869)10月、謹慎が解かれ、伏見宮に復帰した。

「苦悩」

 明治3年10月、24歳であった宮は東京在住の兄・東伏見宮嘉彰親王の勧めで東京の同邸に住むことになり、名も伏見満宮能久親王と称することになった。

 しかし、兄がすぐにイギリス留学が許可され、太政官名で宮は有栖川宮熾仁親王の屋敷に移ることとなった。宮は胸の張り裂けるような驚きを覚え、顔から血の気が失せた。

 新政府内で絶大なる権力を保持する有栖川宮の意識的な意向ではないか、宮は有栖川宮の底知れぬ怨念の深さに戦慄した。そのため、自ら命を絶ちたい思いであった。しかし、皇族に自殺は許されず、たとえ朝敵の汚名を負わされても生き続けてゆかねばならぬ身であった。

 悶々と日を過ごすうちに、この国から離れたいと思うようになり、嘆願書を太政官の弁官に手渡した。

 明治3年11月、プロシヤ(ドイツ)留学が承認され、年金5000円が下賜され、随行員等までつけられることになった。

 宮は天皇に拝謁し、お礼を言上した。

「新しい道・日清戦争」

 宮は留学中に北白川宮を継ぎ、父が亡くなった。

 太政官からの連絡で、6年余の留学から明治10年帰国。明治24年、陸軍中将に任ぜられ、日清戦争が勃発するに及んで、この機会に自らが朝敵となった汚名をそそぎ、国恩に報いようと考え従軍を嘆願したが、叶えられなかった。

 その後、近衛師団長を命ぜられた。

「台湾の戦場・終章」

 明治28年5月、宮は近衛師団を率いて台湾事変に出征し、現地で熱病に罹っても前線を離れず担架に身を横たえて進撃したので病状が悪化し、10月28日48歳で死亡した。

 国葬が発令され、これによって宮が負っていた朝敵の汚名は完全に拭い去られたのである。

  ----------------

 皇族の身にありながら(和宮は徳川家の人で少し立場が違う)、勅命を変更させるようなこと(天皇の命令に抗するようなこと)のために、自ら京都へ行く決断をして東征の大総督府に赴いた行動。

 宮には戦さを収める権限、折衝できる立場(旧幕府を動かせる人間でない)になく、謝罪嘆願だけであれば朝廷軍は勅命が果たされない。そのような折衝を行うはずがなく、追い返された。宮の側近の僧たちは、上から目線の考えからも抜けきれなかった。

 結果的に彰義隊を受け入れ、その中心人物になったこと。

 そして、奥羽列藩の盟主になったこと。

 それらが最終的に朝敵となっていった原因と思えるが、各面からの情報の収集、周囲の情勢・自分が置かれている立場を考えての情報の分析・判断の重大性について考えさせられる作品だった。

コメント

「彰義隊」を読み終えてー第二部ー

2011-11-16 16:09:42 | 読書

「上野の戦い・落ちる」

 午前7時、大村益次郎の指揮のもと銃撃が開始された。

 輪王寺宮は常の朝の読経などが済んだ後、覚王院を呼んで今日の戰さになる経緯について詳しく申せと言った。覚王院は顔を伏せ応えることはしなかった。大総督府への独断でのかたくなな拒否が朝廷軍の総攻撃を促したことに自責の念を抱いていた。宮はそれ以上声をかけることなく、覚王院は間もなく宮の前を下がって、一人寛永寺を去った。

 彰義隊は崩れた。僧だけを共にした宮一行は上野を後にし、落ち延びる彰義隊の中を農家・民家に休みながら安全を求めての行先の決まらない行動となった。

「寺領・東光院・自証院」

 寛永寺の御用を請けていた商人の案内で、朝廷軍が見当たらない浅草の東光院へ赴くことにした。しかし、そこでも、大総督府が宮の探索を徹底して行うよう指令されていることを知り、安全地を探して、市ヶ谷の尾張藩の祈願所である自証院へ行くことにした。

 自証院院主・亮栄は、宮は尊い御身で彰義隊隊士のような行動をとるべきでなく、同じ皇族の大総督と話し合いすれば穏便に解決するだろうとの意見を述べた。宮の側近の竹林坊は反対した。

 そんな中で、朝廷軍は宮の妹が嫁いでいる縁続きの紀州藩邸に踏み込んで、広い邸内を宮を匿っていないか徹底的に探索したことが解り、亮栄は自分の意見の間違いを知り、江戸を脱出して水戸より北へ海路脱出するしかないと述べた。

「潮の匂い」

 宮一行は、回漕問屋などの尽力で、ともかく品川沖にいた榎本武揚の指揮下の輸送船に乗船した。

 榎本は、今、宮様が奥州に赴くことは重大なことで、朝廷の意に背く恐れなしとしない、それを避けるため、もしも大総督府に赴き諒承を得られたい気持ちが少しでもあれば、命かけてご案内すると言った。

 宮は(奥州の諸藩の動静を宮がどのように把握していたか本書では不明)、大総督府に身を寄せても安全は期し難いと皆が言うので、戦乱を奥州の地に避け、天下泰平の日が来るのを待ちたいと言う。

 宮一行は北に向かい、常陸平潟の地に5月28日上陸した。

 その後、宮一行の脱出に手を貸した回漕問屋などで朝廷軍に捕まった者もいたが、拷問にあっても誰も口を割らなかったと言われている。

「奥羽列藩」

 この時期、既に朝廷軍は追う奥羽鎮撫使として仙台に九条道孝を派遣していた。

 鎮撫使から仙台藩は会津の討伐命令を受けていて、米沢藩を通じて会津藩に降伏を薦めていた。

 会津藩は降伏謝罪の回答をしてきたが、朝廷軍の参謀たちは、あくまで討伐を主張し奥羽諸藩全てを敵視していることが解り、朝廷軍に対する怒りが諸藩に広がり、奥羽25藩と北越6藩の軍事同盟が成立した。

 宮一行は同盟が結成された奥羽の地に入ったのである。

「会津・仙台」

 宮一行は会津を経て米沢城に入った。

 宮に、仙台、会津、米沢各藩の代表者から、白石城を仮御殿にして、列藩同盟の総帥を容認してくれと要請された。

 これまでの奥羽越諸藩は朝廷軍に戦いを挑む大義名分を見出しかねていた。それが無ければ兵は戦意を失う。このような折、明治天皇の叔父にあたる宮は薩長両藩を主力とした軍勢の攻撃を受け、その宮を死の危険に陥れた薩長両藩こそ朝敵というべきで、君側の奸を駆逐するという大義名分を見出した。

 仙台藩主から薩長両藩追討の御令旨を頂戴いただければ奥羽越諸藩は死力を尽くしして戦えると懇願され、宮は下賜した。 

コメント