T.NのDIARY

写真付きで、日記や趣味をひとり問答で書いたり、小説の粗筋を纏めたブログ

自分に感謝!

2007-07-28 13:34:22 | 日記・エッセイ・コラム

朝から30度を越えている、まさに極暑の昼前の一時間。

一ヵ月半ぶりにボランティアを実施。JR駅前の大広場から繁華街までの大通りの歩道の主に煙草の吸殻拾いを行なった。成果は焼けるゴミが大袋で2袋、空き瓶空き缶など燃えないゴミも同量と思ったより多く、後の整理をお願いしている清掃会社に来週ぜひお礼をしなければと思っている。

飲料水を持っていて、10分おきぐらいに口を潤していたが、それでものどが渇くぐらいだった。

久しぶりの労働だったが、極暑の中、一時間の作業ができたことを、自分を自分で褒めるとともに、いっもそうだが、良い事をやったという単純ではない、なんともいえない喜びを感じた。

午後少し休んで、数日前からやっている「ペイント」ソフトのテキストの作成をした。

コメント

喜びを見つけたい!

2007-07-08 18:11:08 | 日記・エッセイ・コラム

曇・晴の日曜日。久し振りとは言えないが、三日振りに英会話の本を開いた。自分としては毎日本を開きたいのだが、どうも長続きしない。

PCは毎日勉強している。インターネットのために毎日、PCを開くので、つい本も見てしまう。このように継続しているのは興味があるだけでなく、喜びを感じるからだと思う。

趣味としては、その他に俳画をやっているが、これも満足いく作品が出来たときの喜び、贈呈して相手から喜ばれたときの自分の喜び、これが継続している原因だと思う。

ところが英会話は、その喜びがないし、まだ見つけていない。これでは三日坊主になりそうで、無理しても英会話に時間を費やしている。

コメント

中途半端のコミュニケーション?

2007-07-07 23:08:04 | 日記・エッセイ・コラム

今日は7月7日、七夕の日だ。曇だったので天の川は見えなかった。1年に一度しか会えないと言われている彦星と織り姫は話ができたのだろうか?

最近あったことだが、夫婦の連絡が悪く、私は妻が「ある人」から十分話を聞いていると思っていて、何かの事情もあって、不審な点もありながら妻から中途半端にその話を聞いていた。後日、その「ある人」と会ったときに、その件について先方から話をされたが、妻が聞いているので言ってその話を終わりにした。ところが、その後、妻にその話を聞いたところ、妻も十分聞いていなかったので、私が不審、不明に思っていた点は解明されなくて、「ある人」に、失礼なことだがと謝って再度、相手から話を聞くことになった。

こんな事もある。私からある人に手紙を出した。手紙の内容は返事の要るものでもないが、自分の気持ちとしては、メールでも電話でもいいから何らかの手段で返事を待っていた。私だったら返事をするのになーと思いながら。

妻、愛人、子供、友人など関係の深い人ほど、コミュニケーションは人間関係にとって大切なものだと思う。来年、彦星と織り姫の関係はどうなっているだろう。

コメント