穴にハマったアリスたち
生きていればきっと楽しいことがいっぱいあるさ!という信念の証明のためのページ
ぴちぴちピッチを大応援中。第三期をぜひ!




寝て起きて寝て起きて寝て起きたら夕方だった。

・電脳コイル 第1話「メガネの子供たち」

テレビをつけてたら遭遇してしまったので感想を書いてみた。
制作はマッドハウス。放送局NHK教育。
嫌な記憶が蘇る組み合わせです。NHKは強いなぁ。

設定:(公式より)
 時は202X年。
 今よりもちょっと未来。
 子供たちの間で”電脳メガネ”が大流行していた。この”電脳メガネ”は、街のどこからでもネットに接続し様々な情報を表示する機能を備えた、子供たちになくてはならないアイテムだ。現代の携帯電話のように普及し、ほぼ全ての子供が持っている。
 舞台は由緒ある神社仏閣が立ち並ぶ古都でありながら、最新の電脳インフラを擁する地方都市「大黒市」。


…全員メガネ装備が前提の話ということだけは理解した。NHKは強いなぁ。

見るからにのどかそうな街に越してきた小此木さん。
わけが分からない内に謎の電脳生物に襲われて、
わけが分からない内にペットが電脳空間に行方不明になってしまいました。
ちなみにそのペットも、わけが分からない電脳生物です。
何もかもがわけが分からない。

仕方がないので公式ページを見ながら視聴しましたが、
開始10分弱で突然サイトが激重くなった。
どうやらみんな、わけが分からず検索に走ったらしい。わけが分からない番組だ。

謎ペットが迷い込んだ先の謎の電脳空間は、
謎の浮遊物体によってフォーマットの危機に。
辛くもそこから謎ペットを救い出した小此木さんですが、
謎の浮遊物体に包囲された挙句、謎の巨大電脳生物が出現…したところで次回へ。

小此木さん:
 「一体どうなってるのこの街は!?」

それはこっちが問いたい。


(左画像)
電脳コイル(1)

(右画像)
【送料無料選択可!】電脳コイル サントラ音楽集 (仮) / アニメサントラ (斉藤恒芳)

にほんブログ村 アニメブログへ

番組終了後も公式ページが重くなった。
やっぱりみんな、わけが分からなかったんだ。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 18 )


« Yes!プリキュ... ハヤテのごと... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (チビガメ)
2007-05-12 22:08:59
こんばんは~。

みんな結構公式サイト見るんだな。
私は事前にキャストチェックだけして
設定は一切目を通さない。
第01話の楽しみがなくなっちゃう気がして。
 
 
 
NHK教育万歳 (RubyGillis)
2007-05-12 23:40:37
こんばんは~。

私も割と情報遮断して「分からない」不自由さを楽しむ方ですが、
「電脳コイル」は思わず放送中にチェックしてしまいました。
途中から、本当に急に重くなったので同じことを考えた人が多かったんだろうなーとニヤニヤしてました。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

現在コメントは、お返事をできない状態のため、全て保留のままにさせていただいています。
コメントを貰えるのは嬉しいだけに、申し訳ないです。

 
電脳コイル #1 (日々の記録 on fc2)
土曜日は視聴数が多くてたいへんなのに、新番組だったのでつい視聴してしまいました。予備知識なしでの視聴だったのですが、今回のお話では専用の眼鏡をかけないと見えない電脳生物と...
 
 
 
電脳コイル 第01話 (アニメは声優 しゃっふる)
「メガネの子供たち」なんかジブリっぽい。作画を気にしない私ですらそう思った。「あ...
 
 
 
電脳コイル 第01話 「メガネの子供たち」 (アニメって本当に面白いですね。)
電脳コイル   現時点での評価:2.5~   [OTA]   NHK教育 : 05/12 18:30   原作・脚本・監督 : 磯光雄   キャラデザ : 本田雄   作画チーフ : 井上俊之・本田雄   アニメ制作 : マッドハウス   http://www.tokuma.co.jp/coil/
 
 
 
電脳コイル 第01話 「メガネの子供たち」 (アニメって本当に面白いですね。)
電脳コイル   現時点での評価:2.5~   [OTA]   NHK教育 : 05/12 18:30   原作・脚本・監督 : 磯光雄   キャラデザ : 本田雄   作画チーフ : 井上俊之・本田雄   アニメ制作 : マッドハウス   http://www.tokuma.co.jp/coil/
 
 
 
電脳コイル 第1話「メガネの子供たち」 (よう来なさった!)
新番組電脳コイルいよいよ始まりましたね。 自分は知らないのだけど、スタッフの顔ぶれが凄いそうで そのせいかどうか前評判も上々で、期待していた人も多いのでは? 自分もサイトやPV見て、そしてオマケに小説も読んで 今日この日を待っていたのですが アニメの出...
 
 
 
電脳コイル 初回感想 (ラピスラズリに願いを)
実は書く予定はありませんでしたが、前にリクエストを受けたので今回書きました^^ それにしても2日続けてNHKアニメとはw では電脳コイル感想です。 【検索用:第1話、第1話、アニメ、感想、レビュー】
 
 
 
電脳コイル第1話感想 (情報掲示板2 BYエコール・ド・サンファル)
いよいよ始まりました。 期待してたアニメだっただけに嬉しいですよ! ペットの行方不明事件が多発しているという噂が飛び交う 大黒市そんな街に金沢から引っ越してくる 小此木優子(声優折笠富美子)小学6年生
 
 
 
◆ 電脳なのに昭和テイスト。電脳コイル 第1話 『メガネの子供たち』 感想。 (コミックとラノベをうたいまくりっ!!)
  『 ツバサ・クロニクル 』 のあとを受けて、NHK教育 土曜夕方枠で始まった、このアニメ。  まずは、これだけは、押さえとかないと、なにやってるのか理解できないというか、始まらない。基本設定。  いまより少しだけ未来の202X年。小学生のあいだでは、ウェラブ...
 
 
 
電脳コイル #1 (RAY=OUT)
実はカゲでかなり期待してたんです、この作品。 久々にNHKを応援してます、 電脳コイル第1話です。 っていうか・・・この超ハイクオリティは何!? オーバークオリティというか もうオーバーテクノロジーとしか
 
 
 
電脳コイル 第1話 (Brilliant Corners)
「メガネの子供たち」 新番組 レトロな雰囲気が面白いですね 宮崎アニメみたいな印
 
 
 
[アニメ全般(新作紹介)]『電脳コイル』 (どっかの天魔日記)
『電脳コイル』 ※下記の日記内容には、アニメ本編に対するネタバレの要素が多々記述されています。少しでも気になさ る方は御覧にならない様に注意をして下さい。  新春アニメ 『電脳コイル』のご紹介。原作は別の方ですが、既に小説化されていて、著者は脚本家・宮村 ...
 
 
 
「電脳コイル」1話 メガネの子供たち (蒼碧白闇)
デンスケとかオヤジが愛嬌ありすぎてすごく良い。1話だけなのか知らないけど今後もあんな感じで動いて欲しいなぁ。でんすけの汗を噴出しながらのバック転とかオヤジの妙な歩き方とか、教育テレビなのに尻丸出しだし。 イリ
 
 
 
電脳コイル 第1話「メガネの子供たち」 (SERA@らくblog)
出てくる子はみんなメガネ! ご近所に広がる電脳スペースで不思議な冒険がはじまる(?) 遅れてきた新番組。いい意味でNHKぽい作品。 作画がなんか凝ってると思ったらスタッフがなにげに豪華(笑) ▼ 第1話『メ
 
 
 
電脳コイルを視た (本を読みながら日記をつけるBlog)
んー、何だか不思議な世界観で、何とも感想が纏らない。 第一話の印象としては、とにかく一気に謎がぶちまけられただけという感じ。 大黒市と言う地方都市が舞台みたいだけど、ヤサコとデンスケが迷い込んだ住宅地は電脳空間と現実の空間が表裏一体になっているぽい。 昼...
 
 
 
摩訶不思議アニメ 「電脳コイル」 (「いい」加減でいこう USO800)
 本日6時半からNHK12chで始まったアニメ。ふーん・・ 面白い設定だ。多分、ジュニア小説が原作だな。  簡単に説明すると20年後の日本の最新電脳都市「大黒市」を舞台にインターネットの仮想現実と現実が共存する社会に住む子供達を描いたアニメ。まるで現実...
 
 
 
NHK「電脳コイル」第1話:メガネの子供たち (伊達でございます!)
初回の印象は、意外に違和感のない過去と未来のミスマッチ=「三丁目の夕日」テイストの子供版「攻殻機動隊」というところです(タイトルの「コイル」は「???」ですが)。
 
 
 
電脳コイル 第1話・「メガネの子供たち」を見て寸評 (サトシアキラの湾岸爆走日記(自転車でね♪)改)
 さて、随分と遅れて始まりました新番組。その出来はと申しますと…うーん、何だか不思議な世界観だなあ。今よりもちょっとだけ未来のお話なんだろうけど、現実と電脳空間の境目があやふやなところがかなり魅力的だったり。  主人公・優子の中途半端な知識が、今の視聴...
 
 
 
[新]電脳コイル 第01話 (布達の橋)
「メガネの子供達」(公式サイト) 金曜の再放送あって助かったぁ~(;´Д`) なかなか良作な予感がするアニメですね。 まず、舞台設定が、電脳メガネとか電脳ペットとか、未来ならではの突飛な設定で溢れてますけど、時代自体公式サイトで「202×年」とあるようには...