そよ風つうしん

日々の暮らしの中で心に残ったことや、目にとまったすてきなものを、折々にご紹介しています。

沖縄のイチョウの木

2019年11月08日 | どんぐり屋のつぶやき
大阪の各地では、イチョウがすっかり色づいて,ぎんなんも少しずつ落ちてくるようになりました。
友の住む沖縄県那覇市では、気候のせいで木々の「紅葉」も「黄葉」も見られないのだそうです。
なので、毎年色々な押し葉を作ったり、今年は拾ってすぐの落ち葉をハガキに貼り付けて送ったりして、いろんな色を楽しんでもらっています。

そういえば、まだ小学生の頃、文通していたその友と手紙の中でイチョウの話が出て、ぎんなんってどんなもの? と聞かれました。
写真を送ってもピントこないだろうからと思って、ぎんなんを拾って送ったのです。

友は喜んで、近くの公園にも生えると毎年見られると言って、ぎんなんを埋めたらしいのです。
私は長いことそんな事は知らなかったので、あるとき「あなたからもらったイチョウが、こんなに大きく育っているよ!」と写真を送ってこられて、仰天しました

沖縄にもイチョウはあるようですが、大阪のようにどこでも見られるモノではないらしく、周辺の名所(?)になっているみたいです。

友達は喜んでいるけれど、一年中緑色の葉っぱを付けているイチョウって、どうなんでしょうねえ?

こんなにきれいな黄色になるんだよ~と落ち葉は送っていますけれど・・・


そういえば、そのぎんなんが沖縄へ旅だっていった頃の沖縄は、まだアメリカ領でした。
手紙は、航空便の封筒にアメリカの切手を貼って、送っていましたよ。
運んでくれる飛行機も、もちろんプロペラ機だったでしょう
小学生の頃からの文通ですから、かれこれ65年にもなる長いお付き合いです。
沖縄が日本に復帰したときには、二人とも大喜びしたものでした。

戦争の時は大変だったでしょう。
お兄さんは、農道をお友だちと歩いていたときに、アメリカ軍の飛行機から機銃掃射されて、お友だちが目の前で倒れて無くなられたということでした。
そんな中、苦しい生活を乗り越えて、生き抜いてくれたことがとても嬉しくて、時々思い出話をしたりしています。




にほんブログ村


自然観察
にほんブログ村

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 晴れ後曇り のち小雨 | トップ | 貧しきは幸いなるかな »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (あおぞら)
2019-11-09 11:04:36
なんだか一概には素敵なお話、と受け止められなかった最後。
沖縄の歴史をそこまで知らない自分を恥じる思いです。
けれどお送りになった1粒の銀杏の種が今はこうして枝葉を広げ大地に根付いているのは、今という時代が平和だからこそ、そう感じます。
これから先も、こんな風な光景が長く見られますことを祈る思いです。
森のどんぐり屋より (あおぞらさんへ)
2019-11-09 14:28:52
ほんとうに世界が平和であって欲しいです!!
先日も大切なお城が焼け落ちて、沖縄の人々はどんなにガッカリされているかと、胸が痛みます。
瓦や太くて大きな樹が集めにくいなど、債権もなかなか大変そうですが、1日もはやく・・・と祈っています。
秋の絨毯 (fuyu325)
2019-11-09 23:23:55
真っ赤な紅葉もいいけど、イチョウの黄葉は華やかで素敵ですね!
森のどんぐり屋さんが友だちに贈られた一粒の種が
大きな木に成長した事を知ったとき、嬉しかったでしょうね(^^)
お友だちが、種を土に埋めた時の気持ちを想像すると、胸がキュンとなりました。
イチョウの花言葉の一つは、「鎮魂」だそうです。
長いお付き合いの友だちがいて羨ましいです。
どんぐり屋さんのお人柄なんでしょうね(#^.^#)
森のどんぐり屋より (fuyu325さんへ)
2019-11-10 13:47:49
長いつきあいと言うのは、先方の人柄が良いということと、やっぱりご縁なんでしょうね~
どんなに心を込めてお付き合いしていても、いつしか遠くなってしまう人が多いですものね、、、

子供の小学校の時の同級生のお母さん、新聞の記事がご縁でであった人、いずれも長いです。
人も趣味なんかも、何故か息子の仲立ちではじまったものが、続いています。
夫とは別れてしまいましたが、こんな息子を授かったのは、夫の置き土産でしょうか。
決して良い母親ではなかったので、とても恥ずかしいのですが・・・

コメントを投稿

どんぐり屋のつぶやき」カテゴリの最新記事