ポポロ通信舎

(旧・ポポロの広場)姿勢は低く、理想は高く。真理は常に少数から・・

モンローのどでかい新聞広告

2017年06月29日 | 映画・芸能

きょうの全国紙見開き全面広告いっぱいにマリリンモンローの健康的な水着姿・・

西武グループ「としまえん」の7月1日プール開きのお知らせだ。

マリリン・モンローの起用は同施設広報によると、「マリリン・モンローは同園と同じ1926(大正15昭和元)年生まれで、初めての広告の仕事はプールが舞台であり、芸能キャリアで最後の仕事もプールを舞台にした映画撮影と言われており、この運命的な関係を夏のプールで伸展させたい」とのことだった。

今、生きていればモンローは91歳。マリリンモンローの映画は、親に連れられて何回か見たような記憶があります。女優なら日本では美空ひばり、アメリカならモンロー、と子ども心に思ったものです。モンローが自殺したと聞いた時には驚きました。なんと享年36歳。

モンローの魅力については、亀井俊介という学者が理論的?にまとめた岩波新書『マリリン・モンロー』があります。内容はすっかり忘れましたが家のどこかにあるはず。残念、見つかりません。

マリリンモンローは、韓国の文在寅大統領ではありませんが、恵まれない家庭環境の中で育ち、そこから這い上がってきた実力のスター。性的な魅力もさることながら彼女には深い優しさ、温かさをなぜか感じさせてくれる。そんなところが男性以外にも女性や、小さな子ども達にも広く受け入れられたのではないでしょうか。この広告をみても嫌悪感を持つ人はいないでしょう。

広告のモンローは今も新鮮だ。時代を超えているようにも・・。
モンローの起用は当り!!

 

マリリン・モンロー (岩波新書 黄版 (381))
亀井俊介
岩波書店

 

マリリンモンロー ノーリターン  野坂昭如

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 放射能汚染は日韓の国境を越える | トップ | 都議選 自民惨敗は当然 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (モンリー)
2017-06-30 01:51:28
オオぅ〜

コメントを投稿

映画・芸能」カテゴリの最新記事