ポポロ通信舎

(旧・ポポロの広場)姿勢は低く、理想は高く。真理は常に少数から・・

真理を追う研究者たち

2019年10月10日 | 研究・書籍
ノーベル化学賞に吉野彰氏、リチウムイオン電池の開発で。71歳。すばらしい!!

化学に興味をもったのは小学生の時から。新任の女の先生が薦めてくれた一冊の本、マイケル・ファラデーの『ロウソクの科学』だったという。以来化学一筋・・・。


結局、人の仕事は若い時に与えられたものを一生かけて解くということなのかとこの頃ふと思う。歴史のような人文系の研究が自然科学と違うところは年をとるほど人生経験を経て人間理解が深まり、若い頃には見えていなかったものが少し見えてくることだが、本書もそうしてできたものと思と述べているのは筒井清忠氏。著書『陸軍士官学校事件』(中公選書 2016年)の「あとがき」から。

「陸士事件なくしてニ・二六事件なし」といわれながら明らかにされなかった謎の重大事件。その真相とは一体なんだったのか?
ノーベル賞の吉野氏と同じ歳の歴史研究家、筒井清忠氏が事件の謎を解く。
歴史のような人文科学系も、化学のような自然科学も真相・真理を究明しつづけようとする学者の姿勢には共通のものがありますね。

ちょうど読み終えた難解な内容の『陸軍士官学校事件』。折しもノーベル賞受賞のニュース。またまた「あなた、そこに反応?」と言われてしまいそうですが・・


【木工さんの写真】矢嶋秀一作 フォト 田口大輔


 

コメント