広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

紅葉の高山本線を撮る

2021年11月15日 22時56分28秒 | 鉄道関係
毎年恒例となっていますが。
11/3(水・祝)と11/14(日)の2日間に分けて、紅葉の高山本線を撮り歩いてきました。

・11/3(水・祝)
昨年は富山に前泊して南下したのですが、今年は最終の「ひだ」で高山に前泊。
翌朝、さらに北上しました。


坂上→角川 ひだ6号
18きっぷのポスターにも選ばれた撮影地から一枚。
昨年は晴れで撃沈したのですが、今年は日が差さないうちに通過してくれました。


坂上→角川 普通列車
ひだ6号の通過後に晴れてきたので、後続の普通列車は駅の近くから順光で。

続いて打保へと北上します。


打保 ひだ8号
高山本線唯一のスノーシェルターと共に。
長期不通時に長らくキハ48が取り残されていたのも今は昔……。


杉原→打保 普通列車
天気は再び曇り。打保駅近くには撮影地が点在していて、直前まで迷いました。


打保→杉原 ひだ8号
特急列車なので当たり前ですがけっこう飛ばしてきます。西日本のローカル線に慣れていると驚きます。(笑)

この後は上りの普通列車がなかったのでいったん猪谷まで北上し、ひだ14号で下呂まで南下。
下呂温泉に浸かって「ひだ36号」で帰洛しました。

・11/14(日)

この日も高山に前泊。
朝はいい時間の列車がなかったので、濃飛バスで「無数原」まで南下しました。


渚→飛騨小坂 ひだ6号
バス停から撮影地までは徒歩すぐ。3日はほとんど同業者に遭遇しなかったのですが、ここは有名撮影地だけあって既に数人が待ち構えていました。
まだ谷に完全に日が差す前ですが、これはこれで良い気がします。


飛騨小坂→渚 ひだ3号
同じ鉄橋で立ち位置を変えて。


渚→飛騨小坂 普通列車
「ひだ」が通過すると撮影者の多くはどこかへ立ち去ってしまい、普通列車を撮る人は少なめ。

無数原からは20分ほど歩いて小坂町の中心部へ。
以前から気になっていた小学校のイチョウを見に行きました。


飛騨小坂 ひだ5号+25号
ピークは過ぎていましたが、これは見事!


飛騨小坂 ひだ5号+25号 ひだ8号
交換するひだ8号との並び。この日は大阪・富山編成ともに最大7両編成でしたが、9両や10両だとさらに見応えがあるのでしょうね。

飛騨小坂からはひだ10号で下呂へ。
温泉は毎回違うところに浸かっているのですが、撮影で冷え切った身体が一気に温まりました。


禅昌寺→下呂 ひだ14号


下呂→禅昌寺 普通列車
行程にかなり余裕を持たせていたので、河原に降りて撮影することもできました。植生の関係か紅葉は少ないですが、お手軽ポイントとしては良いですね。

帰りはやはり「ひだ36号」。


温泉に浸かってそのまま京都まで直行してくれるのはありがたいです。
日没間近の車窓から目を凝らしながら、今度はあそこで撮れそうだな……と、次回の課題を探すのもいつものこと。

キハ85がきっかけではありますが、毎年通ううちにすっかり飛騨路の風景に魅了されてしまいました。
車両が変わってもきっと通い続けるでしょう。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

お弁当作り はじめました

2021年09月15日 23時09分50秒 | 日記
9月になりました。
まだまだ夏の暑さは残るものの、朝晩は随分と過ごしやすくなった気がします。

さて、鉄道関係の話題が中心の弊ブログでこのタイトルは何ぞ? と思われるかもしれませんが、
今月から職場がコロナ禍で時短勤務となり(それは一向に構わないのですが)、それに合わせて食堂の営業がなくなりました。
毎日アテにしている昼食がなくなるのはまさしく死活問題。コンビニも毎日は行きたくないなぁということでお弁当作りを始めてみたのですが、これが思いのほかハマってしまいそうで……。


記念すべき(?)第一作はこちら。


・ごはん
・ハンバーグ(マルシン)
・唐揚げ(冷凍)
・きのこのバター炒め
・ゆでたまご(セブンイレブン)

既に一人暮らしを始めて2年余、自炊はかなり出来るようになってきたのですが、いつもより早起きしてお弁当を作るほどの気力はなく、前夜にありあわせの食材を詰めたため、茶色が強めです。(笑)
お弁当と言えば……という食材で固めました。マルシンハンバーグは油なしの1分程度で焼けるので助かります。

翌日は彩りを増やしました。


・ごはん
・唐揚げ(冷凍)
・ささみカツ(冷凍)
・ウインナー
・ほうれん草のバター炒め(冷凍)
・ゆでたまご(自作)
・ブロッコリー(冷凍)

スーパーでお弁当用の冷凍食品を買ってきて、ほとんどそのまま入れてみました。
冷凍食品と言えば以前から焼き飯やピラフはよく買っていたのですが、お弁当用コーナーを覗いてみると改めてそのラインナップの充実具合に驚き。
午前中の数時間で自然解凍するものが多く、職場でチンしても味や食感もほとんど落ちていません。強い味方です。


・コーンごはん(ウインナー付き)
・豚のしょうが焼き(自作)
・ほうれん草のおひたし(冷凍)
・だし巻き卵(セブンイレブン)
・ポテト(冷凍)
・ブロッコリー(冷凍)

変化がほしかったのでコーンごはんにしてみました。色々と入れて炊いたのでバターライスに近くなっています。
豚のしょうが焼きは前夜の余り。3日目ともなると、翌日のお弁当を考えて夕食を作るようになってきました。


・ごはん
・ほうれん草のバター炒め(冷凍)
・ウインナー
・ゆでたまご(セブンイレブン)
・ブロッコリー(冷凍)
・ハンバーグ(マルシン)
・パスタ(冷凍)

思いのほかお弁当箱に詰められることが分かったので、この日からは量を増やしてみました。
彩りはこれくらいが理想的ですね。それにしても、パスタもお弁当用に小分けした冷凍ものがあるとは驚きです。


・ごはん
・鮭(セブンイレブン)
・唐揚げ(冷凍)
・ささみカツ(冷凍)
・ウインナー
・ミートボール
・たまねぎのツナチーズのせ焼き(自作)
・ブロッコリー(冷凍)

冷凍食品のほか、帰りに寄るコンビニでもお弁当の具材を探すようになりました。
鮭や鯖は好きなのですが、一人暮らしだと食べる機会が少ないのでコンビニで気軽に買えるのは嬉しいですね。カットすれば2日分にはなります。

具材や彩りのバランスを考えて、限られたスペースの中でどのように配置していくか……お弁当作りは模型製作にも通じるところがあるかと思います。
時短に伴って模型を触る時間も増えているので、次回はその模型の話が出来れば。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最近の「ひだ36号」

2021年08月04日 18時36分41秒 | 鉄道関係
すっかりご無沙汰してしまいました。
今年はカレンダー通り夏休みに突入となり、昨年よりは穏やかに過ごせています。
まだまだ油断はできませんが。

さて、今年も日の長い時期は近場で「ひだ36号」を撮っていました。


6/19
今年は鴨川からスタート。
結構飛ばしてくるので慣れません。(笑)


7/10
ちょっと間を空けて、おなじみの陸橋から。


7/12
東山トンネルを出たところ。
一度はアップで撮っておきたい、0番代の先頭車。


7/15
複々線を行く短編成の気動車特急。
温かみのある照明が印象的でした。




7/17
厳しい構図ですが……。

今年はこれだけでした。
気付けば来年度には新型置き換えが迫り、「大阪ひだ」じたいの去就も気になるところですが、また機会を見つけて撮っていきたいと思います。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

水鏡にチャレンジ(2021)

2021年05月31日 23時22分09秒 | 鉄道関係
梅雨の中休みとなった5月30日(日)。
久々に水鏡を狙って天王山界隈を訪れました。


まずは「ひだ25号」。
風が強かったと、思いのほか逆光だったので本命の側面は撃沈。
日が長くなったので36号も狙ってみたいところです。

順光を求めて、島本~山崎へ移動しました。


着いてすぐにやって来た「スーパーはくと3号」。
やや風はありますが、ステンレスが水田にギラリ! 時刻にして9時頃、周辺ではちょうど農作業が始まりました。


続行の「サンダーバード6号」。
白い車体が映えます。風も止まってくれて、この日いちばんの出来かもしれません。(笑)




「はまかぜ1号」の回送も通過。
最近は3両ばかりで寂しいですが、先代のキハ181(国鉄色)と同じく、どの風景にも馴染むカラーリングだと思います。




ノーマークだった貨物列車も立て続けにやって来ました。
EF210は更新色のほうがブルトレ牽引機のようで個人的には好感が持てます。EF66の100番代もいよいよ廃車が始まったようですね。


最後は新快速で〆。
225系も以前は当たればラッキー! 程度の存在だったのが、ここ最近は遭遇することが増えました。
反対に221系の姿をあまり見かけなくなり(この日は1時間半の間に2本見かけたのみ)、世代交代を実感したのでありました。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

関西本線非電化区間の桜

2021年05月12日 22時23分34秒 | 鉄道関係
4月4日(日)の出来事です。
この日は午前中しか時間がとれなかったのですが、前回同様に18きっぷの消化で近場でお花見がてらの撮影としました。
行先は関西本線非電化区間。車両こそ平時はキハ120オンリーですが、そこは非電化路線ゆえの魅力か、季節や場所を変えて何度も訪れたくなるもので……。

少しでも時間を確保すべく、行きは奈良線の始発。
始発列車はこの時以来の乗車ですが、今回も変わらず221系の運用でした。転換クロスシートでのんびりと朝靄の山城を南下し、木津、加茂と乗り継いで笠置へ降り立ったのは7時のことでした。


乗車したキハ120-13には、亀山鉄道部30周年を記念するステッカーHMが貼り付けられていました。
同鉄道部発足後すぐにキハ120で統一されて現在に至りますが、40周年の頃も変わらず走ってそうです。(笑)


発車を跨線橋から。
下調べはしていたので予想できてはいましたが……やはりピークは過ぎてしまったようです。


ロケーションは相変わらず良いのですが、今年はほんとうに開花が早かったですね。

仕方ないので、駅の外へ出てみます。
早朝は本数も比較的多いので効率よく撮影ができます。


ごまかしごまかし、これが精一杯。
予定を早く切り上げて、次の目的地へ向かうこととしました。

ちなみに笠置駅ですが、


数年前からカフェとネイルサロンが入居しています。
カフェはよく見かけますが、ネイルサロンというのは他に例がないのでは?


委託の窓口は7時から営業。
関西本線非電化区間でもダイヤ改定からICOCA(車載型)が使用開始となったいま、先日の石生・市島両駅を擁する丹波市のように自治体の方針次第ではこうした簡易委託駅も先行きが危ぶまれます。笠置には何度も通っていながら窓口は利用したことがなかったので、今回は入場券を購入してみました。

さて、亀山行きの列車で三重県内へ駒を進めます。


佐那具で初めての下車。
道中でも良い感じの風景がたくさんあったので、また来年の課題としておきましょう。


佐那具は以前から通るたびに気になっていた駅ですが、木造の上屋と桜並木の組み合わせが良い感じです。
桜も笠置よりはいくらか咲いています。最初からこちらに来れば良かったかも。


本線華やかなりし頃を今に伝える木造駅舎が健在。
窓口が開いていたので、ここでも入場券を求めました。

次の列車までは時間があるので、駅の近くを散策してみます。


駅近くを流れる柘植川。
こちらには見事な桜並木が最後の盛りを見せていました。


色々と迷った結果、加茂行きの列車は側面から。
先ほどの柘植川の桜並木と列車を組み合わせてみたかったのですが、一緒に撮れそうで撮れず、という位置関係で断念。

帰りの列車がやって来ました。


撮影してから何となく違和感が……幌枠が斜めに傾いています。
同じ収納式の幌枠でもキハ126やキハ187でもこうなっているのは見たことがありません。密連と密自連の違い?

帰りは柘植で乗り換え、草津線経由で戻ってきました。その途上、


113系の車内に花びらが舞い込んできました。
過ぎゆく春を惜しみつつ、季節は初夏へ、これから田園の潤い、新緑の眩しさを浴びるのが楽しみです。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする