ブログ うつと酒と小説な日々 その上しょっちゅうホラー映画  

躁うつ病に悩み、酒を飲みながらも、小説を読み、書く、おじさん(とびお)の日記

バタフライ・アブス

2018年08月31日 | その他

 一ヶ月ほど前、職場の健康診断の結果がでました。
 とくに悪いところはありませんが、一つ、気になる点がありました。

 体重は増えていないのに、腹位が3センチも太くなっていたのです。
 加齢により、重力に負けているようです。

 少々腹回りが太くなってもどうってことありませんが、怖いのはスーツが着られなくなることです。

 安いスーツを買っても、着心地が悪くなって着なくなり、結局、安物買いの銭失い、なんてことになってしまうので、スーツはいつも10万円近くするものを購入しています。


 今、秋冬物を5着持っていますから、これを一斉に買い換えたら50万円。

 それは嫌だ、と思い、ショッピング番組で見たバタフライ・アブス、というのを一ヶ月前に購入しました。



 これを腹に貼り付け、ボタンを押すと腹に振動が走り、腹筋が鍛えられる、という仕組みです。

 振動の強さは1~10までの10段階あり、最初は最もゆるい1から始めましたが、それでも結構効いている感じがします。

 少しづつ振動を強くし、今は7をやっています。

 効果については半信半疑でしたが、一ヶ月でベルトの穴が一つきついものになりました。
 少しは効いているようです。

 高いスーツを買い換えなくてすむように、毎日続けたいと思います。

SMY EMS マシン 腹筋ベルト 腹筋器具 筋トレ USB充電式 1分間最大4200回の振動 6種類モード 10段階強さ
MICOE
MICOE
コメント

報道

2018年08月30日 | 社会・政治

 最近、自民党総裁選の話題を多く聞くようになりました。

 前から不思議に思っていたのですが、この手の話になると、大手新聞やテレビ局なども含めて、どうして誰と誰が手を組んだの、負けたら徹底的に干されるだの、ゴシップみたいな話題ばかり垂れ流すんでしょうね。

 総裁選立候補者の政策とか、当選者が誰かによって日本社会はこう変わる、とか言ったような、国民が知りたい情報を流してくれません。

 知らないはずはないと思うのですが。

 誰と誰が組んだとか、誰と誰は仲が悪いとかいう話は、面白いかもしれませんが、ほとんどどうでも良い、噂話のようなものです。

 もっと実のある報道を願います。

コメント

夏の終わりの忙しさ

2018年08月28日 | 仕事

  夏休みモードが終了に近づいて、年度を折り返す、その忙しさが迫っているのを感じます。

 子供たちも、夏休みの宿題に追われていることでしょう。


 大方の人は、忙しいのは嫌いだと思いますが、なかには忙しいと嬉しくなってテンションが上がっちゃう、と公言して憚らない人を見かけます。

 それはおそらく、よほど暇な仕事に就いている人なのだろうと思います。

 うらやましいかぎりです。

コメント

だらだら

2018年08月26日 | その他

 昨日、今日と、首都圏は猛烈な暑さに見舞われています。
 そのせいで、出かける気にもならないどころか、何もする気が起きず、ひたすら、ゴロゴロだらだら過ごしています。

 昨日なんざ、真昼間から飲酒。

 さすがに今日は素面ですが、暑くて暇だと碌なことになりません。
 エアコンの効いた部屋から出られないのですから。

 小人閑居して不善をなすとは、私のことを指しているかのごとくです。

 ただ、日曜日に食材の買出しをしないと、食うものが無くなってしまいますので、さっき、日傘をさして近所のスーパーに出かけました。

 太陽の熱もそうですが、アスファルトの、下からの照り返しがものすごく、参りました。

 これからもだらだら過ごして、夜は焼酎でもいただきましょうか。

コメント

思い出は満たされないまま

2018年08月23日 | 文学

 先週の土曜日から始まった6日間の短い夏休みは今日まで。

 明日から出勤です。


 もっとも、明日は金曜日ですから、明日一日行けばまた土日なんですけどね。

 金曜日も休暇を入れるという手もあったのですが、そうすると来週の週明け、おそろしく行きたくなくなるだろうなと思い、リハビリのつもりで明日出勤することにしました。

 今日は静かに読書などを楽しんでいます。

 「思い出は満たされないまま」、というノスタルジックな連作短編集を読みました。

思い出は満たされないまま (集英社文庫)
乾 緑郎
集英社

 多摩の古い団地を舞台に、様々は奇妙で不思議な物語が紡ぎだされます。

 立入り禁止の神社の裏にある小山で神隠しにあう少年。
 
 団地に核シェルターを設置するという話が持ち上がり、試しに数日間核シェルターで暮らす家族のありようとともに描かれる、認知症の母親を介護しながら、自治会の副会長を務める男と、かつて団地に住んでいたホームレスの男との不思議な交流。

 ため池で釣りをする謎の老人と少年達。 

 かつて悪役のプロレスラーだった孤独な老人を、ライバルだった米国人レスラーが訪ねてくる話。

 小説を書く高校生男女が、ある空き部屋で世界一長い、しかしどこにも発表されていない小説を巡って起こる珍騒動。

 サンタフェの奇跡、と呼ばれる、支柱がない、構造的には有り得ない作りの螺旋階段を倉庫に造ってしまった老大工。

 そして最後の小説、「少年時代の終わり」では、それまでに登場した主要な登場人物が現われて、大団円を迎えます。

 いずれもノスタルジックで、どこかほろ苦い味わいをもった小説群です。

 平凡な人生などというものは、この世に本当に存在するのだろうか。平凡にみえて、みんな、何か不思議な物語を心に秘めているのではないか。

 という、ラストに近い一節は心に残ります。

 すると私が心に秘めている不思議な物語とは何でしょうね。

 それを探し当てたいと願わずにいられません。
 

コメント