ブログ うつと酒と小説な日々 その上しょっちゅうホラー映画  

躁うつ病に悩み、酒を飲みながらも、小説を読み、書く、おじさん(とびお)の日記

スマホデビュー

2018年06月29日 | その他

 昨夜、突然、長年愛用のガラケーの画面が真っ黒になってしまい、うんともすんとも言いません。

 もう10年近く使ったので、寿命なのでしょうね。
 仕方ありません。

 で、近所のauショップで遅まきながらスマホを購入。

 ギャラクシーS9+という機種で、新しいこともあって結構値が張りましたが、なかなかの優れもの。

 私の声を登録したので、声で検索が出来ます。

 これはなかなかの機能です。

 今まで頑なにガラケーを使い続けていたのは何だったのでしょうね。

Galaxy S9+ (6.2インチ) 用 Clear View Standing Cover 【Galaxy純正 国内正規品】 ブラック EF-ZG965CBEGJP
by Galaxy
by Galaxy

 

コメント

とりあえず

2018年06月26日 | 精神障害

  とりあえず、出勤だけはして、一日、職場にいました。
 しかし、特に午前中の憂鬱感、悲哀感がひどく、仕事になりませんでした。

 午後は少しマシでしたが。

 とにかく出勤を続けるしかありません。

コメント

眠り過ぎ

2018年06月25日 | 精神障害

 土曜日から微熱が続き、だるくて仕方ありません。
 今日は仕事を休んでしまいました。

 3日間、ほとんど寝ていました。

 しかも、いくら眠っても眠いのです。

 眠り過ぎは私にとってうつのサインであることは、経験的に分かっています。

 さらに、土日両方、同居人が休日出勤を命じられたため、一人ですごしました。

 肉体的、精神的に弱っているとき、一人で過ごすと、いかに同居人に依存しているのかを実感します。

 季節の変わり目による体調不良と、ここ一ヶ月くらい続いているうつっぽい感じが、私を苦しめます。

 しかし、出勤こそ最大の良薬。

 明日は無理してでも出勤したいと思っています。

コメント

若すぎる死

2018年06月20日 | その他

   後輩が亡くなりました。
 40代前半の女性職員で、4月から病気休暇を取っていました。

 詳しい病名は知りません。

 毎日5キロ以上走る、運動好きの人で、引き締まった体で、健康そのものに見えましたが、人生は分からないものです。
 子供もまだ小さかったように聞いています。

 やれません。

 先輩も含め、知り合いで現職死亡した人はもう8人目です。
 就職して27年目で8人というのが多いのか少ないのか分かりませんが、私の実感としては、多すぎるような気がします。

 ストレスの多い職場なんでしょうかねぇ。

 一般に、公務員は楽だと言われますが、それは、もう25年くらい前までの話。
 行政改革で極端に人が減らされ、当然一人の負担が増え、余裕がなくなっています。
 その上、人のことは言えませんが、精神疾患で長期療養に入る人も少なくありません。
 さらには多くの不祥事により、コンプライアンスを厳密に求める風潮が強まり、規則でがんじがらめ。
 
 また、人口比で、先進国中、わが国の国家公務員の数は突出して少ないという現状があります。

 さらには、モンスターのようなクレーマーは引きも切らず。
 何しろ役人嫌いで、役人にはいくら悪態をついても許されると思い込んでいるお子様みたいな輩がたくさんいますからねぇ。

 職業が異なっていようとも、他人は限りなく尊重すべきものなのに。

 私自身、もう10年ちかく前ですが、うつ病で長期病気休暇に追い込まれ、病気は双極性障害(昔で言う躁うつ病)に進行。
 今も月一回の診察と毎日の服薬が欠かせません。

 脳梗塞や心筋梗塞で倒れながら、復帰した人は数知れず。

 平均寿命が延びているのは確かなのでしょうが、若くして亡くなる人や大病する人も決して少なくはありません。

 食っていくためには何らかの方法で金を稼がねばならず、金を稼ぐとなれば楽な職など存在し得ないのだと思います。

 いわゆるホワイト企業で、残業がほとんどなく、福利厚生がしっかりしていても、毎日8時間、拘束されていれば、嫌になるのも当然です。 

 亡くなった部下、優秀で感じの良い人でした。
 憎まれっ子世にはばかる、と言いますが、良い人ほど早死にするような気がしてなりません。

 それなら私は、職場中から嫌われていますから、きっと長生きなのでしょうね。

 後輩の冥福を祈ります。

コメント

力による解決

2018年06月18日 | 社会・政治

 少し前のことになりますが、米国の大統領と北朝鮮の独裁者がシンガポールで会談を行いました。

 朝鮮半島の非核化と、米国による北朝鮮への体制保障、ということが合意されたそうですが、結局、何も変わらないような気がします。

 北朝鮮、これから核兵器を増産するのは止めるでしょうが、すでに完成した核兵器を手放すとは思えません。

 また、米国が北朝鮮の体制を保障した、と言いますが、今までだって、べつに北朝鮮を武力で壊滅させようとか、デブの独裁者を暗殺しようとか、そんな噂はありましたが、実際には行動を起こしていません。

 また、テレビなどで有識者と称する人々は、北朝鮮の出方を注視したいとか、北朝鮮は約束を守るとは限らない、とか言っていましたが、それを言ったら米国も一緒。
 米国は北朝鮮が非核化を進めなかったら、それを口実に北朝鮮に攻め入るかもしれません。
 米国の出方も注視し、約束を守るかどうか見極めなければなりません。

 無理な要求を吹っかけて、戦争に突入するのは米国の常套手段。
 その手で、我が大日本帝國もやられてしまいました。

 私には、この会談は戦争への第一歩のように見えました。
 米国は、力による解決を決意したように感じられて仕方ないのです。

コメント