向日市自治功労者、大橋 満 の平和ト-ク・・・世直しご一緒に!

世界の変化を見ながら世直し提言
朝鮮・韓国・中国・ロシアとの友好交流促進
日本語版新聞紹介

連載17、通学見守り隊、冬は番小屋に湯たんぽやこたつを持ち込んで大奮闘!  

2019-11-21 | あらゆる差別を許さない

■□通学路の安全を確保する    「見まもり隊」のルーツ   

冬は番小屋に湯たんぽやこたつを持ち込んで大奮闘!  

桓武天皇皇后御陵(高畠陵)付近 広くなった第6小学校通学路

 小学校の交通指導は、竹薮の中の細い道から始まりました。

 現在は、すべての小学校で交通指導員制度として「見まもり隊」がつくられ、ボランティアとシルバー人材センターから数十人の方々が、毎日小・中学生の、登・下校を見まもっていますが、 ここまでくるのには多くの苦労がありました。

  一九七一年頃のある日、寺戸町大牧の桓武天皇皇后御陵(高畠陵)付近で通学途中の女の子が痴漢に追いかけられる事件が起こったのです。

 当時寺戸町大牧の子どもたちは、第二小学校通学に二、 三メートルほどの竹薮のトンネル通らなければならないのでした。PTA役員や父兄の方々が心配して、自主的に立ち番をされる姿が目につくようになりました。しばらくして、一部の人ばかりに負担をかけることはできないと、関係者が集まり相談の結果、当番を組んで立ち番が続けられることになりました。

 夏は暑さとヤブ蚊対策が大変で、周りに蚊取り線香を並べ「蚊とのたたかい」だったのです。冬は、 薮の持ち主の協力も得て番小屋に湯たんぽやこたつを持ち込んでの大奮闘となりました。この取り組みのリーダーだった宮部さんは、「二年以上続いたのではないかな」と当時を思い出し、「あんなことができたのは、みんな若かったからな」そして、「私たちのことを一番理解し、応援してくれたのは、共産党の議員だった。今でも感謝していますよ」と話しておられます。

 立ち番をしながら、子供たちの通学の安全確保に行政の支援がいただきたいと町長と議会への日参が続きました。市制移行以前のことです。中山町長はちょっと逃げ腰でした。お母さん方は、出勤してくる町長を庁舎入り口で捕まえ、直談判しました。全議員にもみんなが手分けして実情を訴えました。署名を集め議会請願も行われました。

 そうして、とうとう、立ち番に補助金が出るようになり、アルバイトの交通指導員募集となりましたが、このときには町から市になっていました。

 この取り組みのおかげで、第六向陽小学校が建設されるときの周辺対策は、それまでの常識を超えた気の使いようで、最大の課題は竹薮の中の通学路をどれだけ広げるかということでした。寺戸区の役員で議員だった建口氏が、通学路を広く明るく、通りやすく舗装もするので、よろしくたのむ、と言っておられたのを思い出します。

 やがて6つの向陽小学校すべてで見まもりボランティアが組織され、ときには警察を含め、大勢の方々のたゆまぬ努力によって、全市で児童・生徒の安全が見まもられるようになりました。

 二〇一一年四月現在、向日市では、シルバー人材センターの仕事として、踏切や危険な交差点、校門前など必要なところに、朝二一ヵ所二五人、下校時六ヵ所八人が配置されるようになったのです。

 私も向陽小学校の正門前で、毎朝七時五〇分から八時二〇分までの交通指導ボランティアに加わってちょうど一〇年目を迎えています。

          

 

コメント

軍備拡大、自衛隊の海外派遣、日本の国内産業(軍需企業)が地球規模で進出することを可能にした」と明言。

2019-11-21 | 戦争反対・戦争法廃止

「日本はすでに憲法変更」!?

武器見本市の公式ガイドに

写真

(写真)「DSEIJAPAN2019」公式ガイドブック。「日本国憲法の一部改正」などと記されている

 18日から20日まで、国内(千葉県・幕張メッセ)で初めて開かれた国際的な武器見本市「DSEI JAPAN2019」の主催者が、日本はすでに憲法を「変更」していると公言し、そうした認識が公式ガイドブックに記されていることが分かりました。

 見本市の運営を取り仕切るイベントディレクターのアレックス・ソーア氏はガイドブックに掲載されたインタビューで「最近の日本国憲法の変更(Changes)は、軍備拡大、自衛隊の海外派遣、日本の国内産業(軍需企業)が地球規模で進出することを可能にした」と明言。そうしたことから、日本での開催は「最適なタイミング」であり、「アジア市場への参入の足がかりになる」としています。同インタビューの翻訳文では、憲法の「Changes」を「一部改正」と訳しています。

 ソーア氏の発言は、集団的自衛権の行使容認や自衛隊の戦地派兵を可能にした憲法解釈の変更や、これに伴う安保法制の施行などを念頭に置いたものとみられます。

 日本国憲法はこれまで一度も改正されたことはなく、誤った認識であることは明らかですが、安倍政権が進める立憲主義破壊の「戦争する国づくり」が、「死の商人」に貴重なビジネスチャンスを与えていることを如実に示しています。

 「DSEI JAPAN」は西正典・元防衛事務次官が実行委員長を務め、防衛装備庁が出展。防衛省、外務省、経済産業省が後援するなど、安倍政権の全面支援で行われています。政府として、日本がすでに「憲法を変えた」との認識を認めた責任は免れません。

コメント

共に戦わなければならない軍人が、カネの問題でもめることはやめようという趣旨だった」とし、「国防当局の間では、このような同盟の精神が揺らいではならない」と強調した。

2019-11-21 | アメリカの常識は世界の非常識

在韓米軍カードちらつかせる米国…

防衛費交渉で見え透いた世論戦を展開

登録:2019-11-21 06:31 修正:2019-11-21 07:17

エスパー国防長官「在韓米軍の削減」を示唆 
米軍削減に関する質問に「推測は控えたい」 
曖昧な答弁で安保不安を刺激 
先週、「現水準を維持」とした前言翻し 
交渉状況に応じてカードとして使う見込み 
専門家「韓米同盟の危機論をあおり 
韓国の世論を揺さぶる狙い」

 
チョン・ギョンドゥ国防部長官とマーク・エスパー米国防部長官が今月15日、ソウル龍山区国防部で第51回韓米安保協議(SCM)の高官会談で共同記者会見を終えた後、手を取り合っている=写真共同取材団//ハンギョレ新聞社

 マーク・エスパー米国防部長官は19日、韓米防衛費分担金交渉が決裂した場合、在韓米軍を削減する可能性について、「推測は控えたい」という曖昧な回答を示した。韓国の分担金の大幅増額を繰り返し要求する過程で、韓国の安保不安心理を刺激する在韓米軍の削減カードまでちらつかせ、交渉のテコにしようとする米国の意図がうかがえる。

 フィリピンを訪問中のエスパー長官は同日、マニラで開かれたフィリピン国防相との共同記者会見で、「年末までに防衛費分担金の合意がなされなければ、次の決定は何か。朝鮮半島での軍隊の削減も考えているか」という質問を受けた。エスパー長官はこれに対し、「我々は防衛費分担特別協定(SMA)と関連し、我々がやるかもしれないし、やらないかもしれないことについて、予測や推測は控えたい」と答えた。さらに「国務省が(防衛費)議論を主導している。これらの論議は有能な人の手にあると確信している」とし、「我々は韓国のパートナーとともに緊密に協力しながら、一歩ずつ進んでいる」と述べた。

 エスパー長官は、「私が数日前に言ったように、韓国は豊かな国だ」とし、「彼らはより多く貢献できるし、貢献しなければならない」と述べた。その上で、「それ以上については、国務省が細部事項を解決するよう残しておく」と付け加えた。

 エスパー長官の発言は18~19日、韓国で開かれた韓米防衛費分担第3回交渉が意見の相違により80分で終わった直後に出た。今月15日、第51回韓米安保協議(SCM)直後に発表された共同声明には、「エスパー長官は現安保状況を反映し、在韓米軍を現在の水準で維持し、戦闘準備態勢を向上させるという公約を再確認した」という内容が盛り込まれていたが、同日の彼の発言はこれまでとは方向性が違う。

 エスパー長官は、在韓米軍を削減する可能性について直接確認したわけではないが、防衛費渉の状況によっては、在韓米軍問題を交渉カードに使えることを示唆したものと見られる。マーク・ミリー米軍統合参謀本部議長が最近、「普通の米国人は在韓米軍や在日米軍について、いくつかの根本的な疑問を抱いている。彼らがなぜそこに必要なのか」としたうえで、防衛費分担金を増額しなければ、在韓米軍の撤退もあり得ると圧力をかけたものと軌を一にする。国家安保戦略研究院のチョ・ソンニョル諮問研究委員は、エスパー長官の発言について、「韓米同盟危機論を煽り、韓国の世論地形を揺さぶる狙いがある」と分析した。

 しかし、米国の高官たちの相次ぐ在韓米軍関連発言は、韓米同盟を北東アジア安保の「リンチピン(核心軸)」だと持ち上げたこれまでの態度と矛盾するだけでなく、むしろ韓米同盟を損ねかねないという指摘も多い。チョ研究委員は「米国内でも、トランプ政権が同盟関係を損ねることへの懸念が高まっている」とし、「在韓米軍に触れると、米国内部から批判に直面するだろう」と指摘した。韓国政府当局者は「一時は国防部が進めた防衛費分担金交渉を外交部に移管したのは、共同の脅威に対抗して共に戦わなければならない軍人が、カネの問題でもめることはやめようという趣旨だった」とし、「国防当局の間では、このような同盟の精神が揺らいではならない」と強調した。

ワシントン/ファン・ジュンボム特派員、ユ・ガンムン先任記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr)
コメント

弥生時代初めに稲作が朝鮮半島から日本列島に伝わってまもないころ、奈良盆地で灌漑(かんがい)施設をそなえた大規模な稲作が営まれていたことが明らかになった。

2019-11-21 | 市民のくらしのなかで

弥生前期で最大規模か 奈良・中西遺跡に新たな水田跡

11/20(水) 17:28配信

朝日新聞デジタル

 

 

 弥生時代前期後半(約2500~2400年前)の水田跡が確認されていた奈良県御所(ごせ)市の中西遺跡で、新たに約3500平方メートルの水田跡がみつかった。県立橿原(かしはら)考古学研究所(橿考研)が20日発表した。水田跡は延べ約4万3千平方メートルに及び、これまでに確認された弥生前期の水田跡では全国最大規模とみられる。弥生時代初めに稲作が朝鮮半島から日本列島に伝わってまもないころ、奈良盆地で灌漑(かんがい)施設をそなえた大規模な稲作が営まれていたことが明らかになった。

【写真】奈良県御所市の中西遺跡で出土した弥生時代前期後半の水田跡。あぜに沿って白線が引かれている=2019年11月20日、田中祐也撮影

 橿考研によると、京奈和自動車道の建設工事に伴い、今年4月から約6千平方メートルを発掘調査した。出土した水田跡の数は410区画、1区画あたりの面積は平均約9平方メートル。小さなあぜで区画され、表面には人の足跡も残っていた。川とみられる跡もみつかり、両側に田んぼがつくられていた。弥生前期末(約2400年前)に洪水の土砂で埋まったとみられ、一帯の水田の広さは約10万平方メートルを超えていたと推定される。

 弥生時代の水田に詳しい大阪府立狭山池博物館の工楽善通(くらくよしゆき)館長(考古学)は「稲作が最初に伝わったとされる北部九州でも、これほど大規模な水田跡はみつかっておらず貴重な成果だった。今後は稲作を営んだ人が暮らした集落跡や墓地の発見に期待したい」と話す。

 現地説明会は23日午前10時~午後3時。小雨決行。駐車場あり。問い合わせは橿考研(0744・24・1101)へ。(田中祐也)

朝日新聞社

コメント

連載16、新聞を読んで近隣の様子を知っておくことも要求実現に役立つ!

2019-11-21 | 市民のくらしのなかで

 ■□老人センター桜の径の建設  雑談がヒントに  

   老人センター桜の径。この場所に、通称「お化け屋敷」といわれた壊れかけた建物がありました。当時、私たちは新婦人の方々と「老人福祉センターをつくろう」という署名運動をしていたのですが、理事者は、適切な土地がないと腰を上げようとしませんでした。

 ちょうどその頃、長岡天満宮の裏山(現在運動場になっている)を佐藤真是という方が市に寄附したと新聞に報道されました。私は、向日市の阪急近くのこの土地(通称「お化け屋敷」)も佐藤真是氏の持ち物だということを知っていました。佐藤氏は若い時に市内にあった簡易裁判所の職員だったということも知っていました。

 ひょっとしたら向日市にも寄附してくれるかも知れないと思い、当時の安田助役に、四国の佐藤氏の実家まで話しに行かれてはどうですかと、雑談の中で話しました。安田さんは「無理ですよ」と言っておられましたが、何日かして、「四国まで行って会ってきた」と言われるのです。

 それから何度四国に行かれ、どういう話をされたのかは知りませんが、ある日、「格安で土地を売ってくれることになった」とニコニコして話されました。安田助役は本当にまじめで、誠実な方だと思いました。いまでは、老人福祉センターは本当になくてはならない施設です。

 

 ■□南山児童公園とゴミ集積場所

   南山の児童公園は旧第一保育所の崖下のような所にありますが、昔は保育所の運動場と同じレベルで道路近くまで畑がありました。そこを切り取って防火用水がつくられていました。南山の横町は昔から水の便が悪く、絶対火事を出すなと言い伝えられてきた土地柄なのです。

 この頃、鶏冠井の蓋のない「防火用水」に子どもが落ちて死亡するといういたましい事故があり、南山公園地下の「防火用水」をはじめ市内各所で有蓋工事が行われ、この場所に消防防災センターもつくられました。

 そこに公園が造られるのと時期を同じくして、ゴミの分別収集が始まろうとしていました。

 このあたりは道路も狭くゴミを置く場所もなく困っていましたが、公園の網塀を作る直前に市と掛け合って、ゴミを置けるだけの場所を確保してくれないかと頼み込みました。子供の遊ぶ面積が少なくなって申し訳ないが、 近所の要望だということで少し削って今のようになりました。

 最近ではなくてはならないスペースとして利用されています。

          

コメント