向日市自治功労者、大橋 満 の平和ト-ク・・・世直しご一緒に!

世界の変化を見ながら世直し提言
朝鮮・韓国・中国・ロシアとの友好交流促進
日本語版新聞紹介

こちらの3・1、韓国政府は今年の三一節記念式典をソウル西大門(ソデムン)刑務所で開催することにした。

2018-02-28 | 韓国・文在寅新大統領をおう!

文大統領就任後の最初の三一節、日本へのメッセージは?

2018年02月28日15時22分
[ⓒ 中央日報日本語版]

 
昨年3月1日午前、文在寅氏はソウル西大門刑務所歴史館で開かれた三一節記念式に出席、行事参加者と共に太極旗を持って独立門の前まで行進し「大韓独立万歳」を叫んだ。
  韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が就任後初めてとなる三一節(抗日独立運動記念日)を控え、どんな対日本メッセージを出すかが注目されている。

  韓国政府は今年の三一節記念式典をソウル西大門(ソデムン)刑務所で開催することにした。主に世宗(セジョン)文化会館などで開催されてきた三一節記念式典が屋外で開かれるのは8年ぶり。独立有功者と社会各界代表、駐韓外交団、市民、学生など約1300人が出席した中で開催される。

  一部では文大統領が三一節に日本に対して強いメッセージを出すという見方が出ている。文大統領は9日、平昌(ピョンチャン)で行われた安倍首相との首脳会談で「慰安婦問題が解決されていないという決定は、慰安婦被害者と国民が合意の内容を受け入れなかったため」とし「被害者の名誉と尊厳を回復し、心の傷が癒える時に解決するのであり、政府間のやり取りでは解決しない」と述べた。このような強硬基調が今回の三一節の演説でも続くと予想される。

  一方では従来の韓日関係の原則に言及するのにとどまるという意見もある。青瓦台(チョンワデ、大統領府)のある関係者は28日、韓国通信社ニュース1のインタビューで「日本とはその間、独島(ドクト、日本名・竹島)、慰安婦問題などを繰り返し話してきたが進展がない状態。原則的な言葉以上のことはできないだろう」と述べた。

  文大統領が昨年に続いて2年連続で三一節に西大門刑務所を訪問する場所になった。昨年は朴槿恵(パク・クネ)大統領の弾劾政局の中、西大門刑務所で開かれた記念行事に出席、刑務所の塀を回りながら三一万歳運動を再現するパフォーマンスに加わり「三一万歳運動と現在のろうそく集会は非常に似ている点が多いと感じた」と述べた。
コメント

 アメリカの「平和・軍縮・共通安全保障キャンペーン」代表のジョゼフ・ガーソン氏は、トランプ政権のNPR(核態勢見直し)への反対運動を紹介。

2018-02-28 | 核兵器禁止条約に署名を!

核なき世界へ条約力に

ビキニデー国際交流会議開く

写真

(写真)核兵器廃絶に向けた取り組みを討論する国際交流会議参加者=27日、静岡市駿河区

 アメリカによる太平洋マーシャル諸島・ビキニ環礁での水爆実験から64年。「3・1ビキニデー」諸行事が27日、静岡市で始まりました。初日の原水爆禁止日本協議会(日本原水協)全国集会の国際交流会議には、米国、フィリピン、韓国、マーシャル諸島共和国の海外代表を含む130人が参加。核兵器禁止条約を力に核兵器のない世界へ新たな運動を交流しました。

 開会あいさつした日本原水協の沢田昭二代表理事は、禁止条約発効に向け「核保有国と同盟国を追い詰めていく」ことを強調し、「ヒバクシャ国際署名」の運動をさらに広げようと呼びかけました。

 海外から4人、日本から1人の代表が報告しました。

 アメリカの「平和・軍縮・共通安全保障キャンペーン」代表のジョゼフ・ガーソン氏は、トランプ政権のNPR(核態勢見直し)への反対運動を紹介。韓国の「キョレハナ平和研究センター」兼任研究員の李(イ)俊揆(ジュンキュ)氏は、「朝鮮半島の平和体制」をめざす上での反核平和運動の役割について発言しました。日本原水協事務局次長の土田弥生氏は、「禁止条約発効へ市民社会の出番だ」と述べました。

 福岡県から初めて参加した青年(25)は「世界の人と力を合わせていくことが大事だと思った」と語りました。

コメント

チョン・ウィヨン室長「対話の雰囲気作り  米中日ロの説得に全力尽す」  北朝鮮に前向きな態度変化を説得

2018-02-27 | 韓国文在寅大統領

「非核化の方法論」北朝鮮に提示…南北「周辺4カ国と協力」で意見が一致

登録:2018-02-27 05:58 修正:2018-02-27 07:47

金英哲副委員長訪韓2日目「奔走する南北」 
 
文大統領、前日金副委員長に 
「核凍結-廃棄」の解決策説明した模様 
朝米の仲裁者として積極的な動き 
 
チョン・ウィヨン室長「対話の雰囲気作り 
米中日ロの説得に全力尽す」 
北朝鮮に前向きな態度変化を説得

チョン・ウィヨン大統領府国家安保室長(右)が今月26日午後、ソウル・ウォーカーヒルホテルで金英哲労働党中央委員会副委員長兼統一戦線部長と面会した後、ホテルを後にしている/聯合ニュース

 金英哲(キム・ヨンチョル)労働党副委員長兼統一戦線部長は訪韓2日目の26日、宿舎のソウルのホテルに留まり、南側の外交・安保ラインの中心人物らに会ったという。公式訪韓した北朝鮮の高官が公式日程なしに、非公開協議を続けるのは極めて異例のことだが、南北が最近、朝鮮半島周辺4カ国の動きをはじめとする情勢を共有し、朝米対話に向けた互いの構想と解決策を詳しく議論するためとみられる。

 金副委員長の同日の日程で唯一公開されたのは、チョン・ウィヨン大統領府安保室長との昼食会合だ。大統領府関係者は同日午後遅く記者団に「双方は、朝鮮半島の周辺情勢、特に米中日ロ4カ国との関係について胸を開いて話し合った」とし、「これら4カ国の協力が重要だということについて(南北が)意見の一致を見た」と明らかにした。

 南は文在寅(ムン・ジェイン)大統領が米国との対話ムードづくりのために、米日中ロ4カ国の説得に最善を尽くしているだけに、北朝鮮も米朝間の対話に向け、より積極的に取り組むことを求めたものとみられる。大統領府関係者は「チョン・ウィヨン室長が金英哲副委員長に、文在寅政府発足後傾けてきた周辺国との関係回復に向けた努力、特に、文大統領とドナルド・トランプ米大統領が4回以上公式首脳会談を行うと共に、1カ月に1度は電話会談で信頼を構築し、対話ムードを作ってきた点を主に説明した」と明らかにした。これに金副委員長は、文大統領の努力を評価しながら「米国と対話の扉は開かれている。我々は米国と対話する用意があると数回明らかにした」と答えたという。

 チョン室長と金副委員長の昼食会は、朝米の仲裁者として、両方を行き来しながらメッセージを伝えることに加え、朝米間の隙間を埋める役割を果たすという文大統領の構想を具体化する動きと言える。これに先立ち、文大統領は25日、平昌で行われた金副委員長など北朝鮮高官級代表団との面会で、非核化の必要性を強く表明したという。大統領府関係者は「(文大統領が金副委員長に)北朝鮮が非核化しなければならないということだけでなく、非核化に向け、いかなる方法を選ぶべきかの方法論についても述べた」と伝えた。文大統領が核の解決策として「核凍結-廃棄」を主張してきただけに、同日、金副委員長に説明した「方法論」も2段階の構想とみられる。

 昼12時30分から2時間にわたって行われた同日の昼食会は、南側からチョン室長とナム・グァンピョ大統領府安保室2次長、チョン・ヘソン統一部次官、(北朝鮮核問題の解決に向けた)6カ国協議首席代表のイ・ドフン外交部朝鮮半島平和交渉本部長が、北側からは金副委員長やリ・ソングォン祖国平和統一委員会委員長などが出席した。

 昼食会にイ・ドフン本部長が出席した点は注目される。これまで北朝鮮は、核が「朝米間の問題」だとして、南側とは協議することを拒否してきた。したがって、南北対話の場に外交部関係者が登場する例もほとんどなかった。南北対話の過程で、北朝鮮が国際関係を扱う外務省を排除してきたのと同じ脈絡で、25日に訪韓した北朝鮮高官級代表団の随行員として対米外交を担当するチェ・ガンイル外務省副局長が含まれたことも異例的だ。

 同日、イ本部長側とチェ副局長側が別の協議チャンネルを構築したのかは確認されていない。ただし、イ本部長またはカン・ギョンファ外交部長官など外交部高官が、北朝鮮代表団の訪韓結果を持って近日中に訪米するとされ、“橋渡し”の役割を果たす可能性もあると見られている。現在の状況で外交部と外務省が協議チャンネルを構築したなら、これは朝米対話に進むため、南北が一緒に下絵を描いている段階とも言える。

 しかし、今のところ、南北も「探索的議論」段階というのが政府内外の分析だ。ある政府筋は、南北が膝をつき合わせたものの、「まだ薄氷の上を歩くようなもの」とし、「神経戦の段階にある」と伝えた。他の南北関係専門家は「金英哲副委員長が来たのは、北朝鮮が南北関係だけでなく、朝米対話を念頭に置いていること」だとしたうえで、「金副委員長は具体的なものを探索しているものとみられる」と話した。専門家らは、今回をきっかけに北朝鮮代表団が米国と韓国側の真意を把握する一方、南側は北朝鮮に非核化に向けた協議の可能性を打診するものと見ている。

キム・ジウン、キム・ボヒョプ、ノ・ジウォン記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr)
 
 

北朝鮮高官“対話を用意”

米朝関係 韓国、非核化の必要強調      しんぶん赤旗

 【ソウル=栗原千鶴】韓国大統領府は25日、平昌冬季五輪の閉会式に参加するために訪韓した北朝鮮の高官代表団が、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領との会談で、「米国と対話の用意がある」と表明したと発表しました。大統領府当局者は26日、会談で文氏は、朝鮮半島の非核化を実現する必要性を強調したと明らかにしました。

 閉会式に先立って平昌で行われた文氏と金英哲(キム・ヨンチョル)朝鮮労働党副委員長を団長とする高官代表団との会談は約1時間に及びました。大統領府が明らかにしたところによると、文氏は席上、「南北関係の改善と朝鮮半島問題の本質的な解決のためにも、米朝対話が速やかに開かれるべきだ」と強調。これに対し金氏も、「米朝対話をするのに、十分な用意がある」とし、「北南関係と北米関係がともに進展しなければならない」との考えを述べました。

 また文氏は、北朝鮮が五輪の開閉会式に代表団を派遣したことを高く評価。「南北統一チームを結成し、全世界の人々に感動を与えた。南北の努力で平和五輪になった」とし、「今後も南北関係が拡大、発展しなければならない」と強調しました。金氏は、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長も「同じ意思を持っている」と応じました。

コメント

「わが国はもはや圧力一辺倒ではだめだ」。航空自衛隊を空将補で退官した元情報幹部が著書で警鐘を鳴らしています(鈴木衛士著『北朝鮮は「悪」じゃない』幻冬舎刊)

2018-02-26 | 安倍内閣の本当の姿は?

しんぶん赤旗  「きょうの潮流」

 1億3000万ドル(約140億円)。ハワイで米軍が行った新型ミサイルの迎撃実験(1月31日)にかかった経費です。米軍準機関紙「星条旗」が伝えました(2月17日付電子版)。これだけ巨費を投じても実験は失敗でした

▼日米共同開発した「ミサイル防衛」用迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」で、別のミサイルを撃ち落とす実験。同紙によると、経費のうち新型ミサイルが3600万ドル(約39億円)、標的ミサイルが4000万ドル(約43億円)だそうです

▼政府はこの新型ミサイルの導入を急いでいます。高額な上に当たらない。無駄の典型です。こうした高額兵器調達の口実にされているのが北朝鮮問題です。文在寅(ムン ジェイン)韓国大統領との会談でも、平昌冬季五輪後の米韓演習再開を迫った安倍首相。軍事圧力に頼る姿勢は際立っています

▼「わが国はもはや圧力一辺倒ではだめだ」。航空自衛隊を空将補で退官した元情報幹部が著書で警鐘を鳴らしています(鈴木衛士著『北朝鮮は「悪」じゃない』幻冬舎刊)

▼圧力ばかりだと、追い詰められた北朝鮮が中東の第三国と手を結び、核兵器が流出する危険がある。そうなると「米国は、たとえ自国および同盟国に多少の血が流れようとも、躊躇(ちゅうちょ)せずに北朝鮮の現政権を力ずくで葬り去るという決断を下す」

▼戦争回避のために日本はどうすべきか。「米朝交渉の仲介を担うということを考えるべき」。元幹部自衛官からもあがる対話の提案。それでも背を向け続ける首相の姿勢は危険すぎます。

コメント

文大統領とイバンカ補佐官の晩餐会   開始前に35分間にわたり非公開で面会 

2018-02-25 | 韓国・文在寅新大統領をおう!

文大統領「南北対話への支持に感謝」、イバンカ補佐官「最大の圧迫を再確認」

登録:2018-02-24 04:07 修正:2018-02-24 07:26


常春斎まで約150メートル歓談しながら歩く 
キム・ジョンスク夫人「待ち遠しかった」 
 
常春斎で約1時間30分にわたり晩餐会 
韓米のワイン共にテーブルの上に 
晩餐後は伽椰琴と奚琴の協演コンサート

ドナルド・トランプ米大統領の実娘イバンカ・トランプ大統領補佐官が平昌冬季五輪の閉幕式に出席するため、今月23日午後、仁川国際空港を通じて入国し、車両に乗ろうとしている=仁川空港/写真共同取材団//ハンギョレ新聞社

 ドナルド・トランプ大統領の長女イバンカ・トランプ大統領補佐官が23日、米代表団団長として入国し、3泊4日間の訪韓日程を開始した。政府は首脳クラスに準ずる破格の礼遇でイバンカ補佐官を迎えた。

 イバンカ補佐官は同日午後4時頃、大韓航空旅客機に乗って、仁川(インチョン)空港第2ターミナルに到着した。韓国側からは次官補級であるイ・ウクホン外交部儀典長とチョ・グレ北米局長らが空港で出迎えた。通常、儀典長は海外の国家元首や行政首班を務める首相など外国の首脳が公式訪韓する際、空港で出迎える。政府はイバンカ補佐官一行に遂行儀典官を配置した。警護は平昌五輪に出席した首脳クラスの要人に準じて、大統領府警護処が総括する。ただし、警護は米国側の警護員と共に行うことにした。

 イバンカ補佐官は、入国場で「韓国国民と共に、我々の強力かつ持続的な公約(commitment)を再確認するため、2018年平昌(ピョンチャン)冬季五輪に出席することになり、嬉しく思っている」としたうえで、「ここでうれしく素敵な日々が続くことを期待している」と話した。「公約」とは韓米同盟に基づいた米国の韓国防衛公約を意味するものと分析される。

 イバンカ補佐官は、ソウル貞洞(チョンドン)の駐韓米大使館大使官邸に移動し、しばらく休息を取った後、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が主宰する公式歓迎晩餐会に向けて大統領府を訪問した。大統領府は、文大統領とイバンカ補佐官一行の晩餐会場として常春斎(サンチュンジェ)を選んだ。文大統領就任後、常春斎に招待された外国首脳は昨年11月に訪韓したトランプ大統領夫婦が唯一だ。イバンカ補佐官を事実上首脳クラスとして礼遇する破格的な配慮であるわけだ。

文在寅大統領と夫人のキム・ジョンスク氏が今月23日午後、大統領府の常春斎でイバンカ・トランプ大統領補佐官をはじめとする米国代表団と対話している=大統領府写真記者団//ハンギョレ新聞社

 イバンカ補佐官は7時30分に大統領府に到着して35分間、本館の白亜室で文大統領と面会した。当初の面会時間は20分に予定されていたが、15分ほど長くなった。面会後、文大統領とイバンカ補佐官は大統領府の庭園の緑地院から常春斎の入り口まで約150メートルを、歓談しながら一緒に歩いた。当初、カン・ギョンファ外交部長官が常春斎の入り口までイバンカ補佐官を迎接する予定だったが、文大統領が直接迎えることに変更されたという。夫人のキム・ジョンスク氏は常春斎の入り口でイバンカ補佐官を出迎えた。キム氏はイバンカ補佐官に「いらっしゃるのが待ち遠しかった」と話した。文大統領招待の公式晩餐会は夕方8時20分頃から1時間30分間にわたり続いた。

 文大統領は晩餐で「北朝鮮の五輪参加を機に南北間の活発な対話が行われており、これが朝鮮半島の緊張を緩和して南北関係を改善していくことに大きく寄与している」としたうえで、「トランプ大統領が南北対話を強く支持してくれたおかげ」だと述べた。イバンカ補佐官は「朝鮮半島の安定に向けて最大の圧迫戦略に対する我々の約束を再確認しに来ることができて、嬉しく思っている」と述べた。

 大統領府では文大統領夫妻をはじめ、イム・ジョンソク大統領秘書室長やチャン・ハソン政策室長、チョン・ウィヨン国家安保室長などの主要参謀たちが同席した。米国側からは、イバンカ補佐官を含めて上院外交委所属のジェームズ・リッシュ共和党議員やサラ・ハッカビー・サンダース報道官、ビンセント・ブルックス在韓米軍司令官、マーク・ナッパー在韓米国大使代理、アリソン・フッカー国家安保会議(NSC)朝鮮半島担当補佐官が出席した。文大統領はイバンカ補佐官に米朝対話の必要性を重ねて説得し、両国間の通商分野における軋轢もうまく乗り越えていこうと述べたという。

 晩餐のメニューは菜食中心の韓国料理だった。イバンカ補佐官は伝統的なユダヤ人の「カーシェール」を守っているという。カーシェールの食事法では豚肉や甲殻類、鱗がない魚類は材料に使っていない。メイン料理では国産豆で作った豆腐をタレに漬け、炭火で焼いた豆腐ステーキやビビンバ、モヤシスープなどが選ばれた。晩餐酒としては韓米和合を象徴し、忠清北道永同(ヨンドン)産の白ワイン「ヨポの夢」と米国の代表的なワイン産地ネパ・バレー産の赤ワインが選ばれた。晩餐後には短いハウスコンサートも開かれた。国立国楽管弦楽団所属の奚琴奏者アン・スリョン氏と伽椰琴奏者ムン・ヤンスク氏の協演で、「いとしのクレメンタイン」や「マギー若き日の歌を」、「金髪のジェニー」の3曲が演奏された。

ソン・ヨンチョル記者、外交部共同取材団(お問い合わせ japan@hani.co.kr)
コメント

野党6党が結束して政府・与党を追い込んでいるからだと述べ、「引き続き、野党が心を一つにして安倍暴走政治とたたかうために頑張りぬこう」と訴えました。

2018-02-24 | 安倍内閣の本当の姿は?

裁量労働制の再調査と佐川長官ら証人喚問を

6野党が結束 合同院内集会

小池書記局長「心一つに頑張りぬく」

 日本共産党、立憲民主党、民進党、希望の党、自由党、社民党の野党6党は23日、国会内で「裁量労働制再調査と佐川国税庁長官らの証人喚問を求める野党合同院内集会」を開きました。各党の衆参両院議員が出席し、日本共産党の小池晃書記局長ら各党幹部が政府・与党を追い込む決意を表明。「全国過労死を考える家族の会」の寺西笑子代表世話人もあいさつし、裁量労働制の拡大は「絶対認めない」と訴えました。


写真

(写真)野党合同院内集会で「がんばろう」と唱和する野党6党議員と過労死遺族ら=23日、参院議員会館

 集会は、6野党の書記局長・幹事長会談(21日)での合意にもとづき、「働き方改革」一括法案をめぐり、「労働時間等総合実態調査」の再実施を含む裁量労働についての全般的な再調査と同法案の提出見送りを求めるとともに、「森友・加計」疑惑の関係者(佐川宣寿(のぶひさ)国税庁長官、安倍晋三首相夫人の安倍昭恵氏、加計孝太郎加計学園理事長)の証人喚問を政府・与党に迫る決意を固めあおうと開いたもの。

 小池氏は、同日の与野党書記局長・幹事長会談で要求を突きつけられた自民党の二階俊博幹事長が、政府に「国民が信頼できるような誠実な対応」を求めるとし、「与野党が円満に国会を運営できる環境」が必要だと応じたことを紹介。そうである以上、でたらめなデータに基づく法案の提出断念と裁量労働についての徹底的な再調査は最低限の要求だと述べました。また、国民が納得していない「森友・加計」疑惑の証人喚問も避けて通れない課題だと主張しました。

 小池氏は野党の要求を与党が即座に拒否できず、週明けまで回答を先送りせざるをえなくなったのは、「家族の会」のみなさんが衆院予算委員会の公聴会などで胸を打つ発言をし、野党6党が結束して政府・与党を追い込んでいるからだと述べ、「引き続き、野党が心を一つにして安倍暴走政治とたたかうために頑張りぬこう」と訴えました。

 各党の代表者は「6党で一致団結してたたかっていきたい」(立民・福山哲郎幹事長)、「実態が把握されていないなかでの立法は断固認められない」(民進・平野博文国対委員長)、「力を合わせてたたかっていくことを誓う」(希望・古川元久幹事長)、「結集して国民のために立ち上がろう」(自由・玉城デニー幹事長)、「全力をあげてともにたたかう」(社民・又市征治幹事長)と表明しました。

コメント

ドナルド・トランプ政権の激しい分担金増額圧力が予想される中、文在寅(ムン・ジェイン)政府にとって大きな挑戦になる可能性が高い。

2018-02-23 | 韓国文在寅大統領

米国、防衛費分担の増額も圧迫…政府「今回は裏合意ない」

登録:2018-02-22 04:09 修正:2018-02-22 07:51

来月の第10次協定交渉控え 
米国「THAAD費用」まで転嫁する勢い 
政府、交渉を透明に進める方針 
国防部「THAAD請求書」対応に腐心 
 
2014年、第9次協定の国会批准当時 
米軍施設の支援約定の報告が遅れ 
外交部「裏合意疑惑の余地」認める

2013年12月に行われた韓米防衛費分担金交渉の様子=写真共同取材団//ハンギョレ新聞社

 政府が新しい韓米防衛費分担金交渉を目前にして、かつての交渉の問題に対する検討結果を公開するなど、本格的な交渉準備に入った。3月から始まる韓米間の第10次防衛費分担金交渉は最近、ドナルド・トランプ政権の激しい分担金増額圧力が予想される中、文在寅(ムン・ジェイン)政府にとって大きな挑戦になる可能性が高い。

 外交部は21日、2014年の第9次韓米防衛費分担特別協定(SMA)について内部タスクフォース(TF)が調査した結果、当時、政府が米国に現金支援を増やせるようにした例外規定を報告せず、「裏合意の疑惑を招く素地を残した」と明らかにした。外交部当局者は「協定が妥結された時点で例外的な現金支援の文案について合意したにもかかわらず、国会批准同意過程で報告しなかったことは明らかだ」とし、「第3者の視点から見ても、裏合意疑惑を招く素地を提供したと言える」と指摘した。カン・ギョンファ外交部長官も同日、国会外交統一委員会に出席し、このような調査結果を認めながら「第10次交渉では、そのような問題が繰り返されないよう、綿密に準備して交渉に臨む」と明らかにした。カン長官は、朴槿恵(パク・クネ)政府で第9次交渉首席代表を務めたファン・ジュングク英国大使らの問責問題については、「検討結果をめぐり、外交部でいかなる措置を取るかを検討している」とし、具体的な言及を避けた。

 裏合意の問題の中心には、米軍の盗聴・傍受施設の「特殊情報施設」(SCIF)の建設支援金がある。韓米は第8次防衛費分担金協定の時から軍事建設費の場合、監査費(全体の建設費の12%)を除いた費用88%を全額現物支援するようにしている。しかし、第9次交渉の履行約定に、米国が「軍事上必要によって可用現金が不足しており、韓国と米国が合意する場合は、例外的に現金を支援することができる」と例外条項を設けた。第8次交渉では交換覚書に盛り込まれた内容が、第9次交渉では両国が安保分野の閣僚会議決定として具体化し、両国の副代表が仮署名した履行約定として処理されたというのが、外交部側の説明だ。政府は2014年1月、第9次交渉を終えた後、同協定に対する国会の同意を要求し、本協定文と交換覚書の2件を国会に提出したが、当時議論中だった履行約定については報告しなかった。米国側が履行約定文案の最終合意まで、論議の事実を非公開にすることを求めたからだ。政府は今回のTF調査結果を生かして、3月から始まる第10次防衛費分担金交渉をより透明に推進する計画だ。

 米国は韓国政府に鉄鋼関税など通商分野と共に、防衛費問題でも激しい圧迫を加えてきている。大統領選候補時代から「防衛費の増額」の可能性を示唆していたトランプ大統領は、今月13日(現地時間)にも公正貿易をテーマにした懇談会で「米国は日本を守っており、韓国も守っている。しかし、彼らは私たちにその費用の一部だけを提供する」として、改めて韓国の安保ただ乗り論を持ち出した。

 政府は、米国がTHAAD(高高度防衛ミサイル)基地の費用を防衛費分担金に転嫁する可能性もあるとみて、対策作りに腐心しているという。実際のトランプ大統領は昨年2月「10億ドル(約1兆1300億ウォン)のTHAAD請求書」に言及したことがある。ソン・ヨンム国防部長官は前日の国会国防委員会で、米軍がTHAAD費用を防衛費分担金で負担する可能性があることを認めた。

キム・ジウン記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr)
コメント

今回は米朝の仲介を行わない方針を示した。平昌五輪の開会式と閉会式の両方に代表団を派遣する国は米国と中国、北朝鮮の3カ国となる。

2018-02-22 | 韓国・文在寅新大統領をおう!

文大統領が北朝鮮代表団と面会方針 「米朝接触はなし」=韓国

2018/02/22 16:37

【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)の高官は22日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が平昌冬季五輪の閉会式(25日)に出席するため訪韓する金英哲(キム・ヨンチョル)朝鮮労働党副委員長兼統一戦線部長らの北朝鮮高官代表団と面会する方針を明らかにした。

文大統領(左)と金英哲・党副委員長=(朝鮮中央通信=聯合ニュース)
文大統領(左)と金英哲・党副委員長=(朝鮮中央通信=聯合ニュース)

 北朝鮮の代表団は25~27日に韓国を訪問する。

 同高官は文大統領と代表団の面会の時期については「自然な機会に代表団と会うと思う」と述べた。閉会式を含め少なくとも2回以上は北朝鮮代表団に会うとみられる。面会の場所は青瓦台になる可能性が高い。

 ただ、米朝接触の計画はないとしている。青瓦台は平昌五輪の開会式に合わせペンス米副大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の妹、金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長との接触を仲介したとされるが、今回は米朝の仲介を行わない方針を示した。

 トランプ米大統領の長女で大統領補佐官を務めるイバンカ・トランプ氏が団長を務める米代表団は23~26日に韓国を訪問する。

 平昌五輪の開会式と閉会式の両方に代表団を派遣する国は米国と中国、北朝鮮の3カ国となる。

 青瓦台高官は「閉会式を機に米朝が接触する計画や機会はないと思う」として、「前回接触を試み、その過程で両国が状況を認識して帰ったため、今すぐ何かに乗り出すというようなことはない」と述べた。

 米朝から接触について要請があったかどうかについては、「聞いていない」として、「双方が接触する状況ではないと思う」と説明。「閉会式の会場でも動線が重ならない」とした。

 北朝鮮代表団の金英哲氏が米国と韓国の対北朝鮮制裁の対象となっていることに関しては、「五輪の成功のために閉会式に出席するだけに、大局的な観点から受け入れる予定で、米国にも通知して協議を行っている」と述べた。

 また、「北の代表団は26日が一日空くことになるが、せっかく(韓国に)来ただけに、南北関係や朝鮮半島平和などのためのさまざまな議論があると予想している」と説明。「(韓国側と)非公式の接触はあると思うが、議題は決めない」と述べた。

 北朝鮮の統一戦線部長は韓国の情報機関・国家情報院(国情院)のトップに相当するため、金氏のカウンターパートは徐薫(ソ・フン)国情院長になる。同高官は「北との非公式接触は国情院ルートが稼働されるしかなく、米国も中央情報局(CIA)ルートが動く可能性が高い」とした。

 10日に予定されていたペンス氏と金与正氏による会談も、北朝鮮が平昌五輪開会式の2週間前にCIAを通じてホワイトハウスに会談する意向を伝え、進められていた。会談は北朝鮮側が直前に中止を申し入れ、実現しなかった。

kimchiboxs@yna.co.kr

コメント

講 演 「3.1独立運動からロウソク革命へ」  講師 康 宗憲 (カンジョンホン)さん

2018-02-21 | 日本と韓国・朝鮮・中国との友好

日朝協会京都府連合会は、2月24日(土)午後2時から、

京都教育文化センター302号室において

「3.1独立運動99周年記念 学習・講演会」を開催します。

        昨年、朴槿恵(パククネ)韓国前大統領の弾劾を求めて市民が行動した「ロウソク革命」は、文在寅(ムンジェイン)政権を誕生させました。
    韓国民衆の、政権交代を実現させた「ロウソク革命」をテーマに、下記の内容で実施します。

 

講 演 「3.1独立運動からロウソク革命へ」 
講師 康 宗憲 (カンジョンホン)さん 韓国問題研究所代表 

同志社大学政策学部嘱託講師



⊂日  時⊃  2月24日(土)午後2時~4時半(1時半開場)
⊂場  所⊃  京都教育文化センター302号室
      (京都市左京区聖護院川原町4-13  TEL 075-771-4221)

⊂参加費⊃  500円 


                主催:日朝協会京都府連合会 

〒616-8082京都市右京区太秦安井奥畑町2-7福谷忠行気付 

電話・FAX 075-841-4316

           

 

コメント

実際に女子アイスホッケー単一チームを南の市民と合同応援(10日)した。

2018-02-20 | 朝鮮総聯国際・統一局通信

〈平昌五輪〉総聯同胞応援団(第1次)の精力的な活動

統一への熱意を伝える

「在日同胞の統一への熱意を伝えよう」と、平昌オリンピック総聯同胞応援団(第1次、8~12日)が現地で応援活動を繰り広げた。4泊5日の日程は「観光」や「応援ツアー」とは一線を画すものだった。同胞応援団を衝き動かしたものは――。

       同胞応援団は精力的な活動を繰り広げた。(共同応援、10日)

 

同胞応援団は南の市民たちの熱烈な歓迎を受けながら現地での活動を開始した。

同胞応援団は南の地で熱烈な歓迎を受けた。

金浦空港に降り立った(8日)同胞応援団を、「6.15共同宣言実践南側委員会」をはじめとする南の各団体が、「われらは一つ」「すべての同胞の力を合わせて祖国統一を成し遂げましょう」と書かれた横断幕を掲げ出迎えた。

在日同胞にとっては馴染み深い、朝鮮学校支援団体「モンダンヨンピル」などは自分たちが日本を訪問するたびに同胞たちの手厚い歓迎を受けたことへの恩返しとして、多くのメンバーを空港に集結させた。

今回の同胞応援団は、105人の各地、各層の同胞らで構成された。80歳の顧問から、その孫や、新婚夫婦など多彩な顔触れだったが、多くは「南を訪れたのは初めて」と言う。

その一人、朴正姫さん(80、女性同盟京都顧問)は、「オリンピックを機に北南の陸路、海路、空路が繋がった。私自身、先祖が生まれた地に初めて降り立ち、先祖との繋がりを再確認した。民族が共に行うオリンピックという歴史の現場を見届けたい」と語った。

同胞応援団は行く先々で南の市民たちの祝福を受けた。応援団は同胞愛に触れ、その度に大きな力と勇気を得た。

◇     ◇

同胞応援団は開幕式(9日)を3万5千あるスタンドの一角、北南の選手が一緒に聖火を受け取った舞台の間近で観覧した。

「アリラン」の旋律と共に入場した北南の選手たちへ、応援団は熱狂的な声援を送った。「統一旗」を振りながら、すべての同胞たちが抱いてきた統一への願いを代弁するため、彼らは声を枯らした。そして感涙した。

「歴史の証人になった」「統一への新たな章が始まる」と応援団は歓喜の声を上げた。

同胞応援団の姿を目にした北南の選手たちは、応援団へ向けて両手を振り、拍手を送った。これを見た南の市民や外国人観覧客も、応援団に惜しみない祝福の拍手を捧げた。

また、応援団は聖火を掲げ聖火台への階段を駆け上がる北南の選手を、北側応援団と向かい合う恰好で声援を送りながら見送った。

同胞応援団は、「このような素晴らしい場面、大きな感動に出会ったことはない。今日の感動は、平和を願い闘ってきたこれまでの果てしない努力あってのものだ」(商工連合会・朴忠佑会長)、「1世にとって、6.15は故郷への道がやっと開かれた『涙の6.15』だったが、2世にとって『歓喜の6.15』として刻まれた。次世代は『新たな6.15』の目撃者となるだろう」(在日本朝鮮人体育連合会・金載英副会長)と述べながら、聖火の灯を瞼に焼きつけた。

◇     ◇

同胞応援団は、海外同胞の代表として精力的な活動を行った。

「マンウォルデ南北共同発掘平昌特別展」「総聯応援団歓迎式」(9日)に参加し、南北合同応援団の発足に立ち会ったほか、実際に女子アイスホッケー単一チームを南の市民と合同応援(10日)した。

また、限られた時間の中でも統一への願いや民族の歴史が刻まれた史跡、日本大使館前に建てられた「平和の碑(少女像)」を訪ねる(12日)など、多くの活動を行った。

案内についた南の政府関係者も「同胞応援団は『強行軍』をやり遂げた。短い期間であったが在日同胞たちの団結力を見た」と目を見張る。

同胞応援団を衝き動かしたのは、在日同胞が長きにわたり培ってきた相互扶助と団結の精神の賜物であり、民族統一への熱意だった。また現地で再確認した、北南の同胞愛も大きな原動力となった。

同胞応援団は、在日同胞が抱く統一への願いを伝える使者としての役目を全うし12日、金浦空港を発った。

(鄭尚丘)

コメント

東京都が早い段階から、晴海選手村の整備を民間事業者のもうけを優先する手法として、都市再開発事業で行うことを検討していた。

2018-02-19 | なんでこんなあほなことが

東京五輪選手村9割引き 都有地売却なぜできた

建設コンサル使い都が当初から検討

開発企業のもうけを優先

本紙が文書入手

 東京都が2020年東京オリンピック・パラリンピック大会の選手村整備の名目で、中央区晴海の都有地を近隣地価の9割引きの格安価格で開発業者に売却したことが大問題になっています。土地を売却する際に必要とされる財産価格審議会での了承を回避するなど、都が建設コンサルタント会社の報告書をもとに、市街地再開発事業の手法を導入したからくりと経過が、本紙の取材で明らかになりました。(岡部裕三)


写真

(写真)パシフィックコンサルタンツが都に提出した東京五輪の選手村開発方針検討支援業務報告書

 選手村用地(約13・4ヘクタール)は、東京駅から直線で約3・5キロの至近距離にある都心の一等地です。小池百合子都知事は16年12月、五輪選手村整備の名目で、東京ドーム2・9個分の都有地を三井不動産、住友不動産、三菱地所レジデンス、東急不動産、野村不動産など11社グループに129億6000万円で売却する契約を結びました。1平方メートル当たり9万6784円で、近隣の基準地価の10分の1以下です。

 本紙は都に情報開示請求を行い、建設コンサルタント会社のパシフィックコンサルタンツ(東京都)に委託した「選手村開発方針検討支援業務報告書」(13年9月)を入手しました。

 報告書は、民間事業者を活用して選手村整備に当たって七つの事業手法を、民間事業者や都側の視点からの評価を含めて比較検討。第一種市街地再開発事業が最適だと結論づけました。また平均容積率を350%とし、土地の譲渡価格を110億円と試算しました。

 市街地再開発事業は、東京都が唯一の地権者であり、かつ個人施行者であると同時に、事業の認可権者である都が認可するという一人三役の手法です。

 報告書では、土地の代金支払いと所有権移転の時期を東京五輪大会後に先延ばし(実際は22~23年度)にでき、金利負担が軽減され、固定資産税の課税期間が短縮できるなど、開発企業に最も有利な手法と評価しました。

 その一方、報告書は通常の土地譲渡や定期借地権方式などは低く評価しています。都の意見を反映した「都の視点からの評価」では、土地譲渡方式は「都の財産価格審議会に基づく価格設定を行う必要がある」ことをデメリットとし、格安処分が難しいことを示唆していました。

 都は14年、報告書をもとに選手村整備を市街地再開発の手法で行う方針を決定。都オリンピック・パラリンピック準備局は本紙の取材に対し、報告書を受けた13年9月に秋山俊行副知事(当時)に説明、14年2月に舛添要一知事(同)に報告して了承を得た際、「報告書もひとつの素材として、知事への説明資料をつくった」と説明しています。

土地評価行う審議会逃れ ひどい

写真

(写真)NPO法人区画整理・再開発対策全国連絡会議の遠藤哲人事務局長の話

 東京都が早い段階から、晴海選手村の整備を民間事業者のもうけを優先する手法として、都市再開発事業で行うことを検討していたことを裏付ける報告書だ。都有地を売却する際に都財産価格審議会で土地評価を行うことが必要なのに、審議会を逃れて格安処分をする手法に誘導していたことを裏付けている。区画整理や再開発などを監督・指導する責任がある都が、民間企業に事業手法を丸投げして土地ロンダリングを行ったに等しい、あまりにもひどすぎる行為だ。

コメント

江原道はすでにサッカー交流でムード造成  北朝鮮応援団招請晩餐会では口々に「統一」の声

2018-02-18 | ピョンチャン

チェ・ムンスン江原道知事「20211年冬季アジア競技大会を南北共同で開催しよう」

登録:2018-02-18 23:29

チェ・ムンスン江原道知事 
「平昌施設の事後活用、南北交流・協力」 
平昌五輪を契機に南北交流の糸口… 
江原道はすでにサッカー交流でムード造成 
北朝鮮応援団招請晩餐会では口々に「統一」の声

チェ・ムンスン江原道知事(左)とオ・ヨンチョル北朝鮮応援団長(右)が17日夜、江原道江陵(カンヌン)のあるホテルで開かれた歓迎晩餐会で乾杯している//ハンギョレ新聞社

 チェ・ムンスン江原道知事が「平昌(ピョンチャン)五輪の競技場を活用し、冬季アジア競技大会南北共同開催を検討する」と明らかにしたが、その背景に関心が集まっている。

 江原道は2021年第9回冬季アジア競技大会を南北で共催することを検討していると18日明らかにした。これに先立って、チェ・ムンスン江原道知事は17日に開いた記者懇談会で「平昌五輪の後、既存施設の活用度を高め、南北交流と和合を継続する方案の一つとして冬季アジア競技大会の南北共同開催を検討している」として「平昌五輪後に具体的な準備に着手する」と話した。

 競技場所は平昌冬季五輪施設と北朝鮮の元山(ウォンサン)馬息嶺(マシンニョン)スキー場を活用する方案を検討している。馬息嶺スキー場は、先月31日南北スキー団の共同訓練でコースの長さ・難易度・雪質などで合格点を受けた。

 チェ知事は「平昌五輪を契機に南北交流の土台が用意され、朝鮮半島の緊張緩和に向けた政府と国際社会の意志も明らかになっただけに雰囲気は充分だ」として「政府と協議して開催にともなう実質分析を経て推進する」と明らかにした。冬季アジア競技大会は昨年2月に日本の札幌で第8回大会が開かれたが、次の開催地は決まっていない。

 チェ知事がこういう提案をした背景は、平昌五輪で南北単一チームと共同応援などスポーツで南北交流の糸口を開いたためとみられる。そのうえ江原道は青少年サッカーチーム、プロサッカーチーム江原FCを通した南北サッカー交流も着実に続けてきている。

チェ・ムンスン江原道知事(左から3人目)とオ・ヨンチョル北朝鮮応援団長(左から4人目)などが17日夜、江原道江陵のあるホテルで開かれた歓迎晩餐会で平昌冬季五輪南北共同応援などについて話しながら笑っている//ハンギョレ新聞社

 平昌五輪が熱くなる中で、南北スポーツ交流に寄与している共同応援団は「オリンピック公式雰囲気メーカー」として位置づけられている。17日夜、江原道江陵のあるホテルでは、チェ・ムンスン知事の招請で北朝鮮応援団・記者団250人、キム・ドンイル江原道議会議長など江原道関係者が参加する歓迎晩餐会が開かれた。

 チェ知事は歓迎の挨拶で「北側の応援団が平昌五輪で大きな活力になっている。この席は遠い将来、大事な歴史として残るだろう。(南北共同応援は)統一の種子であり、皆さんは統一の先鋒として記録されるだろう。この雰囲気はオリンピック以後にも続くだろう」と話した。オ・ヨンチョル北朝鮮応援団長は「血は水より濃い。北と南が力を合わせていくならば、自主統一の大通路も必ず開かれるだろう。今回の大会が民族の和解と団結、平和と統一に寄与する意味深い祝典として幕を下ろすことを願う」として、乾杯を提案した。

江原道関係者と北朝鮮応援団が17日夜、江原道江陵のあるホテルで開かれた歓迎晩餐会で乾杯している//ハンギョレ新聞社

 8日に訪韓して応援・吹奏楽公演、展示観覧など多様な日程を過ごしている応援団・楽団も晩餐会場で話に花を咲かせた。ある応援団員は「北と南が応援する時、私たちは一つという気がした」と話し、別の応援団員も「北と南が一つになって応援したので、で統一の熱い風が吹いたようだ。一緒に「私たちは一つだ。統一された祖国で会おう」と叫んだ時が最もうれしかった」と話した。

 北朝鮮の吹奏楽団員80人余りは15日の江陵オリンピックパーク公演に続き、17日には平昌市民1000人余りの前で野外公演を披露した。吹奏楽団は「うれしいです」、「クェジナチンチンナネ」のような韓国の観客にもなじみ深い曲を演奏した。周辺に立ち並んだ北側の応援団員は、組になって踊ったり列車ごっこをするように前の人の肩をつかんで公演会場を回って盛り上げた。これに先立って、吹奏楽団はハンギョレ統一文化財団の主催で3月18日まで尚志大関嶺高校で開かれている「高麗皇宮開城満月台特別展」を観覧した。この展示は、北朝鮮の開城(ケソン)高麗皇宮跡である満月台で行った南北共同発掘調査の成果を基に開いた特別展示だ。

江陵/パク・スヒョク、ファン・クムビ記者、オ・ユンジュ記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )
コメント

SLCMは、オバマ前政権のNPR(2010年)で退役が決まった核トマホークに代わる最新型の開発に乗り出そうとするものです。

2018-02-17 | 核兵器禁止条約に署名を!

日本に核持ち込み

米国の新戦略で危険高まった

 トランプ米政権の新核戦略・「核態勢見直し」(NPR、2日公表)報告は、核戦力を全面的に強化し、使用対象を敵対国からの米国や同盟国に対する通常兵器による攻撃にも広げるなど、核廃絶の国際的な流れに真っ向から反する方針を示しました。中でも、新型戦術核兵器の開発・配備の方向を打ち出したことは、日本への核持ち込みの危険を高める重大問題です。安倍晋三政権がNPRを「高く評価する」(河野太郎外相談話)としていることは、唯一の戦争被爆国の政府にあるまじき態度です。

安倍首相「前提変わる」

 今回のNPRは、戦術核兵器をめぐり▽核・非核両用任務の戦闘機(DCA)を世界中に前方配備する能力を維持・強化するとともに、核爆弾搭載可能なF35戦闘機によってDCAの性能向上に取り組む▽長期的には最新の核弾頭付き海洋発射巡航ミサイル(SLCM)を追求する―としています。

 DCAに関しては「必要な場合、米国はDCAと核兵器を北東アジアなど他の地域に配備する能力を持っている」とわざわざ地域名を挙げて強調しています。SLCMは、オバマ前政権のNPR(2010年)で退役が決まった核トマホークに代わる最新型の開発に乗り出そうとするものです。

 政府はこれまで、米国が太平洋地域から戦術核兵器を撤退させたことを挙げ、日本への核持ち込みは想定されないと説明してきました。しかし、日本共産党の藤野保史議員の質問に対し安倍首相が今回のNPRによって「前提が変わる」(14日、衆院予算委員会)と認めたように、F35などのDCAや水上艦船、攻撃型原子力潜水艦による日本への核持ち込みの可能性が新たに高まることになります。

 藤野議員の追及に安倍首相は日本への核持ち込みについて「(米政府との)事前協議の対象になる」「米国は日本の非核三原則(核兵器を持たず、作らず、持ち込ませず)について十分理解している」などと言い逃れようとしました。

 しかし、日米両政府間では、核兵器を搭載した米艦船・航空機の日本への寄港や飛来を事前協議なしに認める「密約」が結ばれています。日本政府は廃棄の対米交渉を行わないで放置しています。

 非核三原則については「国民の安全が危機的状況になった時に原理原則をあくまでも守るのか、それとも例外をつくるのか、それはその時の政権の判断すべきことで、将来にわたって縛ることはできない」(10年3月)という政府答弁があります。将来の緊急事態で日本への核持ち込みが問題になった際、時の政権の判断で非核三原則の例外を認めるというものです。

 安倍政権は「現政権もこの答弁を引き継いでいる」(14年2月14日、衆院予算委、岸田文雄外相=当時)と明言し、非核三原則の形骸化を容認しています。

核兵器禁止条約に敵対

 今回のNPRは、国連で昨年採択された核兵器禁止条約について「米国の拡大核抑止に依存している多くの同盟国とパートナー国の安全保障を損なうことになる」と非難しています。これは、同条約が米国による核兵器の前方配備の障害になることも示しています。

 核廃絶の世論と運動を大きく広げるとともに、核兵器禁止条約に調印・批准する日本の政府・議会をつくるたたかいが必要です。

コメント

チームは現在まで臨床肺幹細胞移植(気管支拡張、慢性閉塞性肺疾患、間質性肺炎など)を80回以上行っており、今年中に細胞治療製品新薬申請(IND)を開始する予定。(編集YF)

2018-02-16 | 科学最前線

同済大学が世界初のヒト肺幹細胞移植に成功

人民網日本語版 2018年02月13日12:45
 
同済大学が世界初のヒト肺幹細胞移植に成功
 

患者の気管支から数十個の幹細胞を採取し、体外で数千万倍に増やしてから、患者の肺に再移植する。3−6ヶ月の増殖・移転・分化により、これらの幹細胞は徐々に新たな肺胞と気管支構造を形成し、患者の肺の損傷部位の修復と代替を完了する。同済大学医学院の左為教授が率いるチームは、世界で初めて成人の肺幹細胞移植技術を使い、臨床上でヒトの肺再生に成功した。この成果は先ごろトップ記事として、「PROTEIN & CELL」誌(最新号)に掲載された。これはヒトの内臓器官の再生が実験室内の理論から臨床の現実に向かいつつあることを意味しているだけでなく、幹細胞転化医学研究の画期的な進展でもある。人民日報が伝えた。

同済大学付属東方病院の呼吸科室では、数人の肺病患者が自分の肺幹細胞の移植を受けている。チームは現在まで臨床肺幹細胞移植(気管支拡張、慢性閉塞性肺疾患、間質性肺炎など)を80回以上行っており、今年中に細胞治療製品新薬申請(IND)を開始する予定。(編集YF)

「人民網日本語版」2018年2月13日

コメント

文大統領は「南北が手を握って公演する姿が全世界の人に感動を与えた」として謝意を伝え、ソヒョンさんは「歴史的な瞬間に立ち会うことになりうれしかった」と話した。

2018-02-16 | 韓国・文在寅新大統領をおう!

文大統領 旧正月に合わせ11人の市民に電話で激励

2018/02/15 19:36

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は旧正月連休(15~18日)初日の15日、青瓦台(大統領府)で教職員採用試験の準備をする大学生や、2014年の旅客船セウォル号沈没事故で救助にあたった消防航空隊の隊員のほか、少女時代のソヒョンさんなど11人の市民と通話した。青瓦台の高ミン廷(コ・ミンジョン)副報道官が伝えた。

市民と電話で話す文大統領(青瓦台提供)=15日、ソウル(聯合ニュース)
市民と電話で話す文大統領(青瓦台提供)=15日、ソウル(聯合ニュース)

 通話は午後2時から3時20分まで行われた。

 文大統領は厳しい家庭環境を克服し、数学教師になるために大学に入学したイ・ヒョンジュンさんに対し、入学を祝うと共に、南北関係に対する若者たちの考えについて質問した。イさんは「アイスホッケー女子の合同チームを結成する過程で残念な部分があったが、良い試合をする姿は、見ていて気分が良かった」と答えた。

 シンガポールの永住権を放棄し、南東部・浦項の海兵隊に入隊したユ・ジファンさんには、昨年発生した地震に驚かなかったか尋ね、良い海兵になってほしいと激励した。

 セウォル号沈没事故が発生した際、消防航空隊の特殊救助団で捜索任務中、ヘリコプターが墜落して殉職した隊員と同僚だったキム・スヨンさんとも話をした。

 キムさんは特殊救助団を除隊し、再び入隊したとし、「同僚を失って心的外傷後ストレス障害(PTSD)があるが、国民の安全のためにこれを回避してはいけないと考えた」と話した。これに対し文大統領は「消防署員の献身を国民も分かっている」とし、「消防署員の処遇を改善するのに努力する」と伝えた。

 北朝鮮芸術団「三池淵管弦楽団」が11日にソウルの国立劇場で公演を行った際に舞台に登場した韓国ガールズグループ・少女時代のソヒョンさんとも話した。

 文大統領は「南北が手を握って公演する姿が全世界の人に感動を与えた」として謝意を伝え、ソヒョンさんは「歴史的な瞬間に立ち会うことになりうれしかった」と話した。

yugiri@yna.co.kr

コメント