向日市自治功労者、大橋 満 の平和ト-ク・・・世直しご一緒に!

世界の変化を見ながら世直し提言
朝鮮・韓国・中国・ロシアとの友好交流促進
日本語版新聞紹介

連載3、 向日市議会選挙、挑戦のあゆみ あらゆる反共攻撃を突破する知恵!

2019-11-12 | あらゆる差別を許さない

              複数議席へ若さで挑戦  1967年 定数26 

           2人当選  計1073票 得票率11・12%

 一九六三年に一議席から二議席への挑戦をして議席を失った日本共産党は、四年後の一九六七年に雪辱を果たし、大橋・西山の二人が当選し町議員団が誕生しました。

 人口が増え、若い親子が住み始めたころでした。議会は法律や慣例で縛られていて、新しいことを持ち込むのは大変だという面は否定できませんが、若さと行動力で次々と新風を吹き込んでいきました。

 大橋満・二七歳、 三菱製紙株式会社勤務、 西山昌子・三六歳、 専売公社(当時)勤務。二人とも現場労働者でしたから、組織・運動・学習、上司や会社側との交渉、要求実現の楽しみや苦しみを日常的に味わってきていましたので、その延長線上として議員活動に取り組みました。

 いま思い出せば、毎日、議員団会議(打ち合わせと行動)をしていたように思います。様々な要求を掲げた住民運動は自分たちの要求とも一致していました。楽しかったし、周囲の人々も、共産党の議会活動とタイアップして要求が実現し、行政が変わるという喜びを体験したのでした。

 しかし、議会での共産党に対する風当たりは強く、何か異質の動物が入ってきたような取り扱いでした。私は、自分たちに対する風当たりを、戦争に反対し、いのちをかけてたたかった戦前からの共産党の歴史に比べれば、やさしいものだと思っていましたし、職場ですでに「大資本」の反共攻撃を身にしみて経験しており、免疫ができていました。それに私たちは、議会内の慣習はほとんど知りませんでしたから、こわいもの知らずで、よくないと気がついたところは口に出し改善することを目標にしていました。

 ■□宴会政治はやめよ!

 一九六七年八月一六日の「臨時議会」が初めての議会でした。そこで「初議会にあたり各議員に申し入れます」という文書を出し、たたかいの火ぶたが切られました。

 それは、①飲み食い政治をやめましょう。②常任委員会は公開で。③議事録を全議員に配布・市民に公開を!の三点です。町理事者が行う「各種の接待」にはじまり、また、議員研修会や行政視察後は、旅費扱いで「全員で宴会」。なれあいの「飲み食い政治」が慣習になっていたのです。

 一九六七年九月、初本議会で町長への一般質問に立ちました。

 西山昌子議員は、町立乳幼児保育所及び学童保育所、汲み取り問題について質問し、改善を提起。私は、暮らしと健康、地方自治を守る立場から、町長の基本姿勢をただしました。

 その年の視察時に議長は、共産党の申し入れに応え「これからは、一人銚子一本ずつとします」と宣言しました。当然雰囲気は悪くなり、その矛先が私たち二人に向けられます。私も人間ですから砂のご飯を食べているような気にさせられましたが、これが「階級闘争?!」だと、平然とした顔で同席していたのです。なかにはお膳を持って自室へ行く議員までいました。

 その直後から、「議会運営」での嫌がらせが始まりました。

「近代的な議会は、会派ごとに運営されている」「向日町も会派は三名以上で構成し、議会運営委員は各会派から選出する」「町長への一般質問は代表制をとる。質問時間は、答弁を含めて三〇分とする」というのです。完全な反共シフトです。共産党=市民の発言を封じてきたのです。

 さあ!皆さんならどう戦いますか。27歳のわたしと36歳の西山さんの知恵の出しどころです。続きはNO4へ


コメント

福山氏は市民とともに会見し、「市民自らが政策を実現する市政をつくりあげたい」と表明。

2019-11-12 | 市民のくらしのなかで

京都市長選に福山氏

知事選で大善戦 市民の市政つくる

写真

(写真)市民とともに立候補の決意を表明する福山氏=11日、京都市上京区

 任期満了に伴う京都市長選(来年1月19日告示、2月2日投開票)で、弁護士の福山和人氏(58)=新=が11日、市内で会見し、無所属で立候補することを表明しました。

 福山氏は昨年4月の京都府知事選で、幅広い市民らと「民主府政の会」でつくる「つなぐ京都」から立候補し、44・1%(京都市内46・47%)の得票率を得て大善戦しました。

 知事選で共同を広げてきた市民と「民主市政の会」は、京都市長選でも「市民と野党の共闘」を実現しようと、夏前からつどいや集会を積み重ね、国政野党へも働きかけるなどし、候補者の擁立を進めてきました。

 福山氏は市民とともに会見し、「市民自らが政策を実現する市政をつくりあげたい」と表明。府知事選への再挑戦を要望する声が寄せられてきたことに触れ、「ふつうの市民が政治をつくるという理念を京都市で実現できれば、京都府全体を変える大きなうねりをつくることができる」と強調しました。

 重点政策として「夢」「なりわい」「まち」「ひと」「未来」をつなぐ施策を明らかにしました。

 日本共産党は前日の市民らの「つどい」を受けて11日に推薦を決めました。

 同市長選には、現職で3期目の門川大作市長(68)と、前「京都党」代表の村山祥栄京都市議(41)が立候補を表明しています。

 【福山氏の略歴】 1961年生まれ、京都府宇治市出身。立命館大法学部卒。京都弁護士会副会長など歴任。2018年の京都府知事選に立候補。

コメント

「世直しご一緒に」NO.2 こうして共産党議員が33%になりました。

2019-11-12 | 「私がお話し」します。


新連載 「世直しご一緒に」 NO.2 

             こうして共産党議員が33%になりました。

          

目次.

 はじめに 

 1 こうして共産党議員が33%になりました 向日市議会選挙、挑戦のあゆみ

■□複数議席へ若さで挑戦 ……………………………………………………………

■□宴会政治はやめよ! ……………………………………………………………… 

■□発言封じを突破する ……………………………………………………………… 

■□議案提案権を獲得 ………………………………………………………………… 

■□総務消防常任委員会で初の委員長 …………………………………………… 

■□汚職・談合を徹底追及 ……………………………………………………………   

■□八人の議員団と反共包囲網 ………………………………………………………

■□臨時議会を招集し減税提案 ………………………………………………………

■□議席占有率が三分の一に …………………………………………………………

■□水道料金値下げや市長辞職勧告決議を可決 …………………………………

 

2 生活相談は、みんなで仲良く暮らすお手伝い

相談者の気持ちによりそい共産党議員ならではの力を発揮

■□サラ金地獄からの救済は大変だが… ………………………………………… 

■□映画のままだった暴力団事務所 ………………………………………………… 

■□音信不通の息子の「事故」で脅迫が …………………………………………… 

■□知らぬ間に同居人がいる! ……………………………………………………… 

■□一〇〇万円で助けてあげてください! …………………………………………

■□「いますぐ死にたい!」「ちょっと待ち!」 ……………………………………    

■□その土手は向日市ではない… ……………………………………………………

■□ホームレスと貧困ビジネス ………………………………………………………  

■□家族関係のごたごたも持ち込まれる ……………………………………………

■□D‌V‌被害から逃げてきたが… …………………………………………………     

■□会社から、早くやめろと嫌がらせ ………………………………………………

■□大企業が配置転換で退職を迫る …………………………………………………   

■□そのほかあれこれ …………………………………………………………………    

■□気をつけよう、議員をねらう落とし穴 …………………………………………   

■□社会に目を向けてもらい自立を援助する ……………………………………… 

 

3 向日市・世直しウォッチング 

住民運動と手を携えた要求実現の数々

■□向日神社と崖工事現場  調査、研究し行政責任を明確に ……………

■□向陽小学校プールは競輪補助金で市民プールとして建設 …………………  

■□お母さんたちが切り開いた「子育てするなら向日市へ」 ………………  

■□復活させたい商店街  大型店の出店でシャッター通りに ……………………

■□市民の生命・財産を守る拠点  消防署からどこの家も五分以内に………

■□40年前に車椅子が通るバリアフリーのスロープ    市民会館 …………………

■□図書館・資料館建設用地費問題  市有財産の処分は条例に従って決めよ…

■□特養ホーム・向陽苑建設用地  裏でうごめいた黒いつながり  ………………

■□阪急西向日駅の改善  ここにも住民運動の歴史あり  ……………………… 

■□老人センター桜の径の建設  雑談がヒントに …………………………………   

■□南山児童公園とゴミ集積場所 ……………………………………………………      

■□通学路の安全を確保する  「見まもり隊」のルーツ  ………………………… 

■□府道久世北茶屋線の拡幅  大幅な市民負担の押し付けは許せない ……… 

■□緊急対策の備え  京都市の水道とつながっている …………………………… 

 

選挙勝利へ   私の十訓 ………………… 

発言原稿を早く正確に 私の方法 …… 

 

4 市民の願いを受けて市政を動かす 

議会論戦ダイジェスト

■□生活保護行政の改善へ …………………………………………………………… 

■□天文館は、向日市の誇り ………………………………………………………… 

■□京都市の高速道路とつなぐ第三京阪連絡道路計画は中止せよ  ………… 

■□水をめぐる攻防  地下水と府営水をめぐって  ……………………………

■□公共下水道の追加二億円工事の責任を追及 …………………………………

■□教訓無視して事故再発、さらに三五〇〇万円の追加! …………………… 

■□談合を徹底追及  古くから業者主導体質があった…………………………

■□学校給食調理業務民間委託反対  議会初の公聴会開催へ ……………

■□消防署の合併は、時期尚早  初動体制に不備?  ……………………… 

■□憲法を守り、平和な社会の建設に貢献するために  …………………………

■□予算、決算の討論は市政評価と政策提案  …………………………………  …

■□「夕張市の財政破綻」を利用したデマ宣伝をやめよ! ……………………

■□共産党の考えをわかりやすく説明する …………………………………………  

■□議員の活動を制限する攻撃には直ちに反撃する ………………………………

 

送る言葉 望田幸男 村山晃 桜田忠衛 …… 34

 

5 もうひとつのライフワーク 

 日本と韓国・朝鮮との友好 世界と向日市をつなぐ   

■□平和を求めて提出した意見書・決議 ……………………………………………

■□国際情勢を地方議会に ……………………………………………………………  

■□中国杭州市との友好盟約をどのように発展させるのか …………………

■□拉致問題の真相究明 ……………………………………………………………… 

■□在日外国人の地方参政権に賛成する ……………………………………………

■□日朝協会代表理事として  …………………………………………………………

 

6 議会壇上から日本共産党を語る

 議員最後の議事録から

最後の一般質問 日本共産党を語る ……………………………………………………

「原子力発電所の安全対策の強化等を求める意見書」に対する「賛成討論」. 

 

あとがきにかえて …… 

 

コメント