向日市自治功労者、大橋 満 の平和ト-ク・・・世直しご一緒に!

世界の変化を見ながら世直し提言
朝鮮・韓国・中国・ロシアとの友好交流促進
日本語版新聞紹介

日本もよく似た体質:・・・65カ省庁と機関に公文で保管されていた指針、上記の内容通りに削除・修正・施行するようにした。

2018-03-31 | 彼女:クリーンではない。

ベール脱いだ「セウォル号7時間」…チェ・スンシル、当日大統領府で対策会議

検察、朴槿恵大統領府「セウォル号報告の組織的操作」を確認

1.最初の書面報告20分繰り上げ 
これまで知られた午前10時ではなく10時19~20分  
船内の最後のカカオトーク時間意識して操作した模様 
 
2.リアルタイムの書面報告なかった 
最初の報告当時、官邸に滞在していたが、安保室長の電話に出ず 
状況報告11回ではなく午後と夕方の2回のみ 
 
3.惨事当日、チェ・スンシルとドアノブ3人衆が会議 
チェ氏、イ・ヨンソン元行政官の車で官邸訪問 
チョン・ホソン、イ・ジェマン、アン・ボングンなど5人が対策論議 

朴槿恵前大統領が、セウォル号惨事当日の2014年4月16日午後5時半、ソウル世宗路の政府ソウル庁舎中央災難安全対策本部を訪問し、全羅南道珍島沖で発生した旅客船沈没事故と関連した状況報告を聞いている=大統領府提供//ハンギョレ新聞社

 朴槿恵(パク・クネ)大統領府が2014年4月16日に起きたセウォル号事故の責任から逃れるために、朴前大統領が事故の報告を受けた時間を20分繰り上げた午前10時と発表したことが、28日に明らかになった。また、朴前大統領が事故当日の午後、官邸を訪問したチェ・スンシル氏とセウォル号事故について議論した事実も、新たに分かった。大統領府が国会だけでなく、弾劾審判など憲法裁にも操作された内容の証拠を提出したのだ。

 ソウル中央地検特殊1部(部長シン・ジヨン)は同日、朴前大統領のセウォル号の報告および指示時間を操作し、国会答弁書などの公文書を虚偽に提出した疑い(偽りの公文書の作成)で、金淇春(キム・ギチュン)元秘書室長とキム・ジャンス元国家安保室長を在宅起訴したと明らかにした。また、「国家危機管理基本指針」で「国家安保室ではなく、安全行政部が災害状況のコントロールタワー」という内容を無断で変更した疑い(共用書類の損傷など)で、キム・グァンジン元国家安保室長を在宅起訴し、海外に逃避したキム・ギュヒョン元国家安保室1次長をインターポールに手配した。現職軍人のシン・イノ元危機管理センター長は、軍検察に移送した。また、憲法裁判所でセウォル号事故当日、朴前大統領の行動を虚偽証言したユン・ジョンチュ元行政官も、偽証容疑で在宅起訴した。

                                                         
                                                                      朴槿恵大統領府側の主張と検察の捜査結果の比較//ハンギョレ新聞社

■朴前大統領、官邸で午前10時20分に最初の報告受けた

 同日、検察の捜査結果でこれまでベールに包まれてきた朴前大統領の7時間の行動がほとんど明らかになった。朴前大統領は、セウォル号惨事当日、官邸にとどまっており、初の書面報告を受けた時間は午前10時19~20分であることがわかった。これまで朴槿恵(パク・クネ)政権時代の大統領府は事故当日の午前10時に国家安保室から最初の書面報告を受けて事故内容を把握したと主張してきた。検察は、当時の大統領府がセウォル号船内の最後のカカオトークが10時17分だった点を根拠に、自主的にこれを「ゴールデンタイム」と見なし、非難を免れるために報告時間を繰り上げたと判断した。朴前統領に対する最初の報告が遅れた理由はキム・ジャンス当時安保室長が、2回も朴前大統領の携帯電話に電話をかけたが、(朴前大統領が)電話に出なかったためと把握された。結果的に朴前大統領はこのゴールデンタイムを超えた10時22分になってようやくキム・ジャンス元室長に電話をかけ、人命救助を指示する状況になったのだ。

 また、大統領秘書室が“リアルタイムで”11回の書面報告を受けたという主張とは異なり、朴前大統領はチョン・ホソン元秘書官から午後と夕方にそれぞれ1回ずつ状況報告書を受け取った事実も明らかになった。それ以降も、大統領府は責任逃れのため、大統領訓令改正の手続きを経ず、「国家安保室が災難状況のコントロールタワー」と規定された「国家危機管理基本指針」をボールペンの二重線で削除し、「安行部がコントロールタワー」だと修正した。その後、65カ省庁と機関に公文で保管されていた指針、上記の内容通りに削除・修正・施行するようにした。

■惨事当日午後、チェ・スンシル氏とセウォル号事故について協議

 朴前大統領のセウォル号惨事当日の動きにもチェ・スンシル氏は欠かさず登場する。チェ氏がセウォル号惨事当日の午後2時15分、イ・ヨンソン元行政官が運転する業務用乗用車に乗り、保安検査が必要ないいわゆる「A級セキュリティ客」として官邸を訪問した事実が新たに確認された。以後、朴前大統領はチェ氏とチョン・ホソン、(イ・ジェマン、アン・ボングン元秘書官など4人と共に、セウォル号事故に関する会議を行ったことが調査で明らかになった。検察は、調査過程で同会議を通じて、朴前大統領の中央災害対策本部の訪問が決定されたことも確認した。朴前大統領は憲法裁判所の弾劾審判及び国政壟断事件の捜査過程で「セウォル号事故当日、看護将校と美容担当者以外、部外者の官邸訪問はなかった」と主張してきた。検察関係者は「朴前大統領が中央対策本部で状況報告を受けた後、その時まで船から脱出できなかった学生や乗客らを救助するのに総力をつくすよう指示する発言をしており、中央対策本部の訪問を終え、午後6時に大統領府官邸に復帰した後も、引き続き官邸にとどまった」と明らかにした。当時、セウォル号には修学旅行中だった檀園高校の生徒325人を含め、計476人が乗ってあり、そのうち304人が死亡した。

ソ・ヨンジ記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr)
コメント

「朝鮮のことわざにあるように、共に心と志を同じく努力と力を合わせたからこそ、平昌をはじめ、民族史に残るそのような記録が実現したと思う」

2018-03-30 | 韓国・文在寅新大統領をおう!

[ニュース分析]文大統領と金委員長、非核化と平和定着の“妙案”見出せるか

登録:2018-03-30 04:55 修正:2018-03-30 07:12

-4・27南北首脳会談開催の合意- 
2回目の高官級会談急ピッチで進む 
チョ長官「『始まりが大事』以上の成果」 
リ委員長「民族史に残る記録」 
昼食取らず3項目の共同報道文に合意 
 
南北首脳会談に向けた準備に奔走 
来月4日、儀典・警護など実務会談 
「必要なら、高官級会談また開く可能性も」

 
チョ・ミョンギュン統一部長官とリ・ソングォン祖国平和統一委員会(祖平統)委員長が今月29日午前、板門店北側地域の統一閣で開かれた南北高官級会談のため、会談場に入場している=写真共同取材団//ハンギョレ新聞社

 79日ぶりに開かれた2回目の高官級会談で、南北は4月27日、板門店(パンムンジョム)で首脳会談を開くことで合意した。今年1月9日、最初の高官級会談が開かれる時は、想像もできなかったスピード感だ。南北の最高指導者が談判した後は、5月に史上初の朝米首脳会談が続く。わずか1年前まで「戦争危機説」が流れていた朝鮮半島が、平昌(ピョンチャン)冬季五輪を機に冷戦体制の解体に向けて大きく前進している。

 29日、板門店北側地域の統一閣で開かれた高官級会談で、南側首席代表のチョ・ミョンギュン統一部長官は「1月9日以来、これまで3カ月にも満たない期間」だとし、「この期間中に進められた様々な南北間の出来事を振り返ると、『始まりが半分』(始まりが大事)という言葉以上の良い成果が多かった」と述べた。北側代表団長のリ・ソングォン祖国平和統一委員会委員長も「約80日間でかつて北南関係では一度もなかった画期的なことがたくさん起きた」とし、「朝鮮のことわざにあるように、共に心と志を同じく努力と力を合わせたからこそ、平昌をはじめ、民族史に残るそのような記録が実現したと思う」と答えた。

 南北は同日、昼食も取らず、急ピッチで首脳会談の日程など3項目の共同報道文に合意した。首脳会談の議題と関連し、共同報道文に具体的には盛り込まれなかったが、会談がスムーズに行われたことから、大きな隔たりもなく意見が一致したものとみられる。チョ長官は会談後のブリーフィングで「首脳会談の議題について十分な意見交換が行われた」とし、「北側の考えも私たちとあまり変わらない」と述べた。

 これに先立ち、政府は首脳会談の議題として、朝鮮半島の非核化▽平和定着▽南北関係の発展など、3つを挙げた。この3つは歯車のようにかみ合っている。北朝鮮が非核化の道に入るためには、北朝鮮に対する軍事的脅威が解消され、体制安全が保障されなければならない。これが先行されてこそ南北関係を画期的に進展させることができる。国際社会の対北朝鮮制裁局面では、南北関係の発展にも明確な限界があるからだ。北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長も今月5日、チョン・ウィヨン大統領府国家安保室長率いる特使団と面会した際、「軍事的脅威が解消され、体制安全が保障されれば、核を保有する理由がない」と述べた。

 したがって4月末の首脳会談では、非核化や平和、南北関係を三軸として、南北の最高指導者が直接談判することになるものとみられる。南北関係の発展については意見の相違がないだけに、結局非核化と平和定着を交換できる“妙案”を見出せるかがが鍵となる見通しだ。5月に予定された朝米首脳会談の議題を南北が示すべきということだ。

 来月にも首脳会談の準備に向けた南北間接触が慌ただしく続く見込みだ。この日南北で合意した通り、来月4日には儀典や警護、報道に関する実務会談が予定されている。両首脳が会談に先立ち、電話会談を開くことにした「ホットライン」(直通電話)の設置に向けた通信実務会談も、日程を決めなければならない。首脳会談を控え、高官級会談も追加で開かれるものとみられる。チョ長官は「文在寅大統領と金正恩国務委員長が初めて顔を合わせる場であるだけに、互いに心を開いてあらゆる問題を十分に議論できるようにする方向で首脳会談を準備していこうと北側が話した」とし、「そのような観点から、必要ならば4月中に再び南北高官級会談を行い、そのような問題を整理していくことで共感した」と述べた。

共同取材団、チョン・イナン記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr)
コメント

「2018南北首脳会談に向けた南北高官級会談共同報道文」に合意した。

2018-03-29 | 韓国・文在寅新大統領をおう!

[速報]文在寅大統領と金正恩委員長、4月27日に首脳会談

登録:2018-03-29 15:19 修正:2018-03-29 16:25

南北「4月27日の首脳会談開催」に合意

チョ・ミョンギュン統一部長官とリ・ソングォン祖国平和統一委員会委員長が今月29日午前、板門店の北側地域にある統一閣で開かれた南北高官級会談に先立ち、握手を交わしている=写真共同取材団//ハンギョレ新聞社

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長が4月27日、板門店(パンムンジョム)の平和の家で首脳会談を開く。

 南北は29日午前、板門店統一閣で高官級会談を開き、このような内容の「2018南北首脳会談に向けた南北高官級会談共同報道文」に合意した。南北は共同報道文で「南と北は『2018南北首脳会談』を4月27日、板門店南側地域の平和の家で開催することにした」と明らかにした。また、「南と北は『2018年南北首脳会談』に向けて、まず儀典や警護、報道に関する実務会談を4月4日に板門店南側地域で進めることにしており、通信に関する実務会談の日時と場所は、今後確定することにした」と発表した。南北はこれと共に、「その他の実務的問題は、文書交換方式で引き続き協議することにした」と明らかにした。

共同取材団、キム・ジウン記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr )
コメント

「金委員長の今回の訪中は特別な時機にあたり重大な意義を持ち、金委員長と朝鮮労働党中央が中朝両党・両国関係を大変重視していることを十分に示すものであり、われわれはこれを高く評価する」と表明した。

2018-03-28 | 中国をしらなければ世界はわからない

習近平総書記が金正恩委員長と北京で会談

人民網日本語版 2018年03月28日08:18
 
習近平総書記が金正恩委員長と北京で会談
習近平総書記が金正恩委員長と北京で会談

習近平中共中央総書記(国家主席)の招待をうけ、金正恩朝鮮労働党委員長(国務委員会委員長)が3月25日から28日にかけて中国を非公式訪問した。新華社が伝えた。

訪問期間中、習近平総書記は人民大会堂で金正恩委員長と会談を行ったほか、習近平総書記と彭麗媛夫人は金正恩委員長と李雪主夫人のために歓迎レセプションを開き、芸術パフォーマンスを共に鑑賞した。

李克強国務院総理と王滬寧中央書記処書記、王岐山国家副主席もそれぞれ関連した活動に出席した。

習総書記は会談で中共中央を代表して金委員長の初訪中を熱烈に歓迎。「金委員長の今回の訪中は特別な時機にあたり重大な意義を持ち、金委員長と朝鮮労働党中央が中朝両党・両国関係を大変重視していることを十分に示すものであり、われわれはこれを高く評価する」と表明した。

金委員長は「最近中国は重大な出来事、喜ばしい出来事が相次いでいる。昨年中国共産党は第19回党大会を成功裏に開催し、先般全国両会の開催にも成功した。習総書記は全党・全国の人民から推戴され、指導の核心となり、国家主席、国家中央軍事委員会主席に再選された。朝中の友好の伝統に照らし、私が訪中して習総書記に直接祝意を表するのは当然だ。現在、朝鮮半島情勢は急速に前進し、重要な変化が少なからず生じている。情義上も、道義上も、私は習総書記に状況を直接伝えるべきだ」とした。

習総書記は「中朝の伝統的友情は両党・両国の上の世代の指導者が自ら定め、培ったものであり、双方共通の貴重な財産だ。私と金委員長は共に中朝関係発展の体験者であり証人だ。双方は、中朝の伝統的友情をたゆまず継承していき、よりよく発展させる必要性を繰り返し表明している。これは双方が歴史と現実に基づき、国際・地域構造と中朝関係の大局に立脚して行った戦略的選択であり、唯一の正しい選択でもあり、一時一事のために変えるべきではなく、変わることもない」と表明した。

習総書記は「中国の党と政府は中朝の友好協力関係を非常に重視している。中朝関係をしっかりと維持し、打ち固め、発展させることは中国共産党と中国政府にとって常に確固不動たる方針だ。われわれは朝鮮の同志と共に、初心を忘れず、手を携えて前進し、中朝関係の長期的で健全な安定した発展を推し進め、両国及び両国民に幸福をもたらし、地域の平和・安定・発展に新たな貢献をしたい。第1に、上層部交流の先導的役割を引き続き発揮する。上層部交流は中朝関係の発展においてかねてより最も重要な先導的役割、推進的役割を発揮している。新たな情勢の下、私は金委員長と相互訪問、特使の相互派遣、書簡のやりとりなど様々な形式で日常的な連絡を保ちたい。第2に、戦略面の意思疎通という伝統的方法を十分に活用する。常に重大な問題について意見交換することは、中朝両党の栄えある伝統だ。党間交流の重要な役割を十分に発揮し、両国の各分野の交流・協力を促進し、意思疎通と相互信頼を強化する必要がある。第3に、平和的発展を積極的に促進する。現在、中国の特色ある社会主義は新たな時代に入り、朝鮮の社会主義建設も新たな歴史的時期に入っている。われわれは朝鮮側と共に努力し、時代の潮流に沿い、平和・発展・協力・ウィンウィンの旗を高く掲げ、両国民の幸福を高め続け、地域の平和・安定・発展のために積極的な貢献をしたい。第4に、中朝友好の民意の基礎を固める。双方は様々な形を通じて、両国民の交流・往来を強化し、両国の友好関係の民意の基礎を固めるべきだ。特に青年の交流を強化し、中朝友好の良き伝統を継承し、発揚するべきだ」と強調した。

金委員長は「習総書記は朝中友情と朝中両党・両国関係発展について重要な意見を述べた。私はこれに大いに鼓舞され、啓発された。双方の上の世代の指導者が自ら定め培った朝中友情を揺るがせてはならない。新たな情勢の下、朝中友情を継承し、発展させることは朝鮮側にとって戦略的選択であり、いかなる状況においても変わることはない。私は今回の訪問で、中国の同志と顔を合わせ、戦略面の意思疎通を強化し、伝統的友情を深めたい。今後習総書記とよく会い、また特使の相互派遣、親書のやり取りなどを通じて緊密な意思疎通を保ち、両党・両国関係に対する上層部会談の先導を新たな水準へ発展させたい」と表明した。

双方は国際情勢、朝鮮半島情勢について踏み込んだ意見交換をした。

習総書記は「今年に入り、朝鮮半島情勢には前向きな変化が生じている。朝鮮側はこのために重要な努力をした。われわれはこれを称賛する。朝鮮半島問題において、われわれは朝鮮半島の非核化という目標の実現、朝鮮半島の平和・安定の維持、対話と協議を通じた問題解決を堅持している。われわれは各国に対して、朝鮮半島北南双方の関係改善を支持し、平和と対話の促進のために確かな努力をするよう呼びかける。中国側は朝鮮半島問題で引き続き建設的役割を発揮し、朝鮮側を含む各国と共に努力して、朝鮮半島情勢の緩和を後押ししたい」と表明した。

金委員長は「現在朝鮮半島情勢は好転に向けて発展し始めている。われわれは自ら緊張緩和措置を取り、平和対話を提案した。金日成主席と金正日総書記の遺訓に従い、朝鮮半島の非核化実現に尽力することは、われわれの終始変らぬ立場だ。われわれは北南関係を和解・協力の関係に変え、北南首脳会談を開催することを決意した。米側と対話し、朝米首脳会談を行いたい。もし南朝鮮と米国がわれわれの努力に好意的に応じ、平和で安定した雰囲気を築き、平和実現のために段階的、同時的措置を講じるのなら、朝鮮半島の非核化問題は解決できる。この過程において、われわれは中国側と戦略面の意思疎通を強化し、共に協議・対話の勢いと朝鮮半島の平和・安定を維持したい」と表明した。(編集NA、TG)

                             

 

                             

「人民網日本語版」2018年3月28日

コメント

江原道原州(ウォンジュ)市民が、「小さな巨人」と呼ばれるイ・クムジャさん(63)の善行を地域社会に拡散するため、社団法人の設立を推進する。

2018-03-27 | 韓国・文在寅新大統領をおう!

「捨てられた紙コップのようだった私」45トンの廃紙コップで寄付した“小さな巨人”

登録:2018-03-27 08:29 修正:2018-03-27 09:06

江原道原州市民らが、「小さな巨人」イ・クムジャさんの善行を地域社会に広めるため社団法人を推進することにした。小人症を患うイさんは身長102センチ、体重32キロだ=小さな英雄推進委員会提供//ハンギョレ新聞社

 「生活の苦しい隣人へ関心を向けてください。皆さんも小さな巨人になれます」

 江原道原州(ウォンジュ)市民が、「小さな巨人」と呼ばれるイ・クムジャさん(63)の善行を地域社会に拡散するため、社団法人の設立を推進する。

 イさんが「小さな巨人」と呼ばれるのは、小人症を患って身長102センチ、体重32キロだからだ。彼女は幼くして両親に死に別れ、親戚の家に居候するなど、不自由な体に生活苦まで負った。

 しかし、彼女は基礎生活保障受給者でありながら、2008年から廃紙コップや牛乳パックなどを集めて売った収益金を貧しい人の援助や低所得層の生徒の奨学金として寄付するなど、隣人愛を実践している。彼女が今まで地域のあちこちを通いながら集めた紙コップは、45トンにのぼる。

 彼女のこのような善行は、2016年に原州市民大賞を受賞して広く知られた。昨年4月20日の障害者の日、当時共に民主党の大統領選候補として原州を訪れた文在寅(ムン・ジェイン)大統領に会い、バラの花をプレゼントして抱擁したりもした。

 「小さな英雄推進委員会」(委員長チェ・ギチャン)は、尚志嶺西大学社会福祉学科のチェ・ギチャン教授など原州市民約200人が作った。同委員会は、イさんの善行を地域社会に拡散して障害者自立の新しいモデルを作るという趣旨で19日、発起人大会を開いた。

 推進委は、社団法人を設立して協同組合や社会的企業の形での障害者の雇用創出事業を展開しようとしている。回収した紙コップを活用して使い捨てティッシュを作るなどの事業も検討している。イさんの善行からアイデアを得て、地域の多くの障害者が参加する事業を繰り広げるという趣旨だ。足りない初期資本金は会員を募集して月1万ウォンずつ後援を受けて用意する計画だ。チェ・ギチャン委員長は「イさんの精神を持って様々な福祉事業をしようというのが基本的な考えだ。障害者自立モデルが原州で成功すれば、これを土台に他の地域にもつなぐことができるだろう」と話した。

 イ・クムジャさんも「捨てられた紙コップのようだった私が、誰かを思う心で紙コップを拾いはじめ、人間らしく生きるようになった。これからももっと一生懸命廃紙コップを集めて、私よりも大変な人を助けたい」と話した。

パク・スヒョク記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr )
コメント

憲法無視の安倍政治を京都に持ち込む現府政 福山さんで憲法を生かす府政へ。格差と貧困を拡大した現府政 福山さんで冷たい府政を変える

2018-03-26 | 安倍内閣の本当の姿は?

福山さんの勝利で京都から日本の政治を変えよう

京都知事選 小池書記局長の訴え(要旨)

 日本共産党の小池晃書記局長が24日、京都市の京都駅前で、府知事選(4月8日投票)勝利へ向け奮闘する「つなぐ京都」の弁護士、福山和人候補を応援した演説の要旨を紹介します。


写真

(写真)訴える小池晃書記局長=24日、京都駅前

 小池氏は、今回の知事選は「府政を転換し、安倍政治と対決して憲法を守る知事か、それとも、安倍政治に擦り寄る知事、格差と貧困を広げる知事か」の選択だと指摘。「福山和人さんの勝利で、京都の政治を変え、京都から日本の政治を変えよう」と訴えました。相手陣営は「中央との太いパイプが必要」と言うが、「東京から太いパイプで、安倍政治の濁流が流れ込んできたら、京都の暮らしも未来も真っ暗ではないか」と述べ、「森友」公文書改ざん、教育への不当な介入、憲法違反の法律の相次ぐ強行、憲法9条改憲への策動などを批判。「森友問題の真相解明を」「国政の私物化は許さない」「憲法を守れ」の願いを、党派を超え福山和人さんへと呼びかけました。

 小池氏は、これまでの自民党主導の府政の評価に話を移し次のように語りました。

 京都の府政には大きな問題があります。四つ指摘をしたい。

憲法無視の安倍政治を京都に持ち込む現府政

福山さんで憲法を生かす府政へ

 一つは、憲法無視の安倍政治を、府知事が先頭に立って京都に持ち込んできていることです。

 憲法を変えたくて仕方がない安倍首相に対して現知事は、「地方自治の位置付け」を検討項目にしてはどうかと提案した。安倍首相はこれを大歓迎。安倍改憲を後押しする役割を果たしています。

 現知事は、近畿で初めての米軍基地設置も認め、協力してきた。京丹後市の米軍レーダー基地が稼働して4年。「基地は拡張しない」との防衛局の約束は反故(ほご)にされ拡張を強行され、米軍関係者による交通事故が相次いでいます。

 原発の再稼働にもノーと言えない。滋賀県知事の「再稼働は容認できない」という態度と大違いです。

 府民のいのちと暮らし、未来を破壊しようとする安倍政権の暴走政治を京都に持ち込ませない知事が必要です。安倍政治と対決し、憲法を守り、京都府政に生かす福山和人さんを知事に押し上げようではありませんか。(拍手)

格差と貧困を拡大した現府政

福山さんで冷たい府政を変える

 二つ目に、格差と貧困を広げ、中小企業をいじめ、京都を暮らしにくい、働きにくいまちにしてきたのが、いまの府政です。

 京都経済の99%は中小企業です。京都経済の中心はものづくりです。しかし、その特色を無視した中央直結の政治で、低賃金・長時間労働、身分保障の不安定などが最も広がったのが京都です。全国43道府県に広がる「中小企業地域振興基本条例」を京都府はいまだに拒否しています。

 社会保障分野でも、安倍政権と一体になって「痛みと負担」を押し付けています。最大7億円あった市町村国保への助成を廃止したために、国保料は2005年からの10年間で1人1万円も高くなりました。全国ではじめて国保料も含めた徴税機関を設置し、国保料の差し押さえは2007年からの5年間で4倍になりました。一方で、京都府独自の老人医療助成制度(マル老)を大改悪しています。

 子どもにも、高齢者にも、働く人にも、中小企業にも冷たい府政を、福山和人さんの勝利で変えようではありませんか。(拍手)

大型開発で京都壊しの現府政

福山さんでもうけ優先改める

 三つ目に、大型開発による深刻なまち壊しです。災害対策も大きく後退しました。

 安倍政権は「観光立国」と言い、これに応えて京都府は「観光誘客」と言い、府は京都市と一体で「京都壊し」を進めています。世界遺産の下鴨神社・糺の森(ただすのもり)に億ションを建設、世界遺産・二条城の駐車場建設のために敷地内の樹木を伐採する。「地域」も「景観」も「路地」も壊す「民泊」の乱立。このままでは、世界遺産も京都のまちもめちゃくちゃになってしまうのではないでしょうか。(「そうだ」の声)

 亀岡市では、水害の起こりやすい地域にスタジアムの建設を強行しようとしている。治水対策にも逆行し、天然記念物のアユモドキ保全にも懸念が広がって、中止を求める請願が12月府議会には267件も提出されたのに、不採択にされて、工事請負契約が可決されてしまいました。

 城陽市でも大型開発の財源を確保するために、文化パルク城陽をリース会社に売却してしまう。

 北陸新幹線延伸、リニア中央新幹線しかりです。

 京都を大手ゼネンコンや大企業のもうけの場として差し出すような府政をこれ以上続けさせるわけにはいかない。福山和人さんに変えてもらおうではありませんか。(拍手)

府民の願いに冷たい現府政

福山さんであったかい中学校給食

 四つ目に、大企業・大手ゼネコンには擦り寄る一方、府民の願いには本当に冷たい府政です。

 保育所や障害者施設、高齢者施設などに対する補助金を、当事者の声も聞かずに2018年度予算で、昨年度6億円をいきなり2億円ほどに大幅カット。関係者は新聞記事で初めて知ったと怒りの声を上げています。

 中学校の完全給食実施率も京都は全国ワースト2位です。大阪府と違って京都府は、市町村への援助を拒否しています。あの維新の大阪府政よりも冷たいなんて、あんまりではないでしょうか。(「そうだ」の声)

 住民運動が市町村を動かし、京都府内の22の市町村で実現に踏み出しました。あったかい中学校給食が、知事が変われば、すべての自治体で実現できるんじゃないでしょうか。その仕事を福山和人さんにやってもらおうじゃありませんか。(拍手)

人物も政策も好対照の相手候補

人の痛みに寄りそう行動派弁護士を

 相手候補は、安倍首相から直接、推薦状を受け取った人です。国土交通省の局長の時には、規制緩和で都市計画に大企業参入をどんどん拡大する都市再生特別措置法「改正」の旗振りをした人。復興庁の事務次官だった時には、東京電力の除染費用を免罪する福島復興再生特別法「改正」の旗振り役です。福島の補償の切り捨てを進めてきた人です。

 福山和人さんとは、人物も政策も、あまりに好対照です。

 福山和人さんは、人の痛みに寄りそう行動派の弁護士です。「光の当たらないところに光を当てる。これが政治の役割だとすれば、私には在野法曹の立場で十数年、その仕事をしてきた知識と経験、自負があります」と語ります。働く人たちの権利を守り、中小企業や消費者被害を救済する先頭に立ってこられました。さらに、京都弁護士会副会長として、立憲主義を守る市民の共同の先頭に立ってきた人です。

 学生時代は、立命館大学の法学部自治会委員長。私も同じ歳で同じころ、学生時代を過ごしました。大学の学費値上げ反対の大きな運動が巻き起こった時です。それが、福山和人さんの原点だと聞きました。

知事が変われば京都が変わる

日本の夜明けは京都から

 みなさん、知事が変われば京都は変わるんです。蜷川府政の時、証明されたことではありませんか。「15の春は泣かせない」と公立高校の全入をめざした。無担保無保証の融資制度で京都の中小企業が元気になった。全国に先駆けて老人医療費無料化を実現し、それが日本中に広がっていった。それが、京都です。知事が変われば、もっともっとわくわくするようなことをやってもらえるのではないでしょうか。(拍手)

 市民と野党の共闘で府政を変えた歴史を持っているのが、京都のみなさんです。いま全国に広がっている共闘の原点は、ここ京都にあります。こんどの選挙で、その原点を示す結果を、ごいっしょに出そうではありませんか。(拍手)

 党派を超え、憲法を生かす福山知事の実現で、府民のいのちと暮らしを守る京都府政を実現しようではありませんか。(拍手)

 戦争への足音が耳元で聞こえるような状況です。私たちの子どもたち、孫たちの世代に、あの時の京都の選挙の結果で“日本の政治の流れが変わった”“戦争への道を止めた、安倍政権を倒した”と胸が張れるような結果を出そうではありませんか(拍手)。「日本の夜明けは京都から」。福山和人さんを、どうか府知事へと押し上げてください。(長く続く大きな拍手、指笛)

コメント

「福山和人さんの勝利で京都の政治を変え、京都から日本の政治を変えよう」と訴えました。

2018-03-25 | 核兵器禁止条約に署名を!

福山氏勝利で京都から日本の政治を変えよう

知事選 小池書記局長が応援

写真

(写真)福山和人知事候補(左から2人目)の必勝を訴える小池書記局長=24日、京都駅前

 日本共産党の小池晃書記局長は24日、京都府知事選(4月8日投票)で奮闘する弁護士の福山和人候補の応援のため京都市入りし、京都駅前で「福山和人さんの勝利で京都の政治を変え、京都から日本の政治を変えよう」と訴えました。

 同知事選は、日本共産党も加わる「民主府政の会」や幅広い個人、団体で構成する「つなぐ京都」の福山候補と自民党などが推す前復興庁事務次官の西脇隆俊候補の一騎打ちです。

 通行人の足が止まり、聴衆が膨れ上がるなか、小池氏は「府政を転換し、安倍政治と対決して憲法を守る知事か、安倍政治にすりより、格差と貧困を広げる知事か」の選択だと指摘。「中央との太いパイプで安倍政治の濁流が流れこんできたら、京都の暮らしも未来も真っ暗だ」とのべ、「森友」公文書改ざん、教育への不当な介入、憲法違反の法律の相次ぐ強行、9条改憲などを批判。「国政の私物化は許さない」「憲法守れ」の願いを福山さんへと呼びかけました。

 小池氏は、「京都府政には四つの大問題がある」として(1)憲法無視の安倍政治を京都に持ち込んできた(2)格差と貧困を広げ、中小企業をいじめ、京都を働きにくいまちにしてきた(3)大型開発による深刻なまちこわし、災害対策も後退させた(4)大企業・大手ゼネコンにすり寄る一方、府民の願いには冷たい―ことを告発。人の痛みに寄りそう行動派の弁護士、立憲主義を守る市民の共同の先頭に立ってきた福山さんと、国土交通省の局長時代に規制緩和で都市計画に大企業参入を拡大、復興庁事務次官時代には福島の補償切り捨てをすすめてきた相手候補を対比。「憲法をくらしに生かす福山知事の実現で、京都府民のいのちとくらしを守る政治を実現しよう」と訴え。そして「あの選挙で戦争を止めた、安倍政権を倒したと言える選挙にしましょう」と呼びかけると、駅前を埋めた聴衆から大きな拍手が起きました。

福山候補が訴え

 「福ちゃん」コールのなか福山候補は「知事が変われば府政が変わる。(蜷川民主府政時代のように)温かみのある府政に」「京都からウソのない政治をつくっていきたい」と力強く訴えました。

 元日本学術会議会長の広渡清吾氏、「つなぐ京都」呼びかけ人の石田紀郎氏(「市民環境研究所」代表理事)、弁護士の大脇美保氏が支持をよびかけました。

 小池氏は、街頭演説の後、京都市内で開かれた日本共産党京都府委員会の決起集会に出席し、激励しました。

コメント

向日市姉妹都市:杭州の西湖。昔行ったことがあります。

2018-03-24 | 中国をしらなければ世界はわからない

春爛漫!カラフルな花が咲き誇る西湖の湖畔 浙江省

人民網日本語版 2018年03月20日14:53
 
春爛漫!カラフルな花が咲き誇る西湖の湖畔 浙江省
太子湾公園を散策する市民や観光客たち(3月19日、撮影・黄宗治)。

浙江省杭州市西湖の畔にある太子湾公園ではこむこうしこ数日園内のチューリップや桜の花がまるで先を争うように咲き誇り、多くの観光客や市民がその色鮮やかな景色を鑑賞に訪れた。新華網が伝えた。(編集YK)

「人民網日本語版」2018年3月20日

コメント

議員らは籠池被告の証言が事実なら、昭恵氏らの国会招致が必要だと強調しました。

2018-03-24 | 彼女:クリーンではない。

森友疑惑

「昭恵氏らに進捗報告」

籠池被告 接見した野党議員に

写真

(写真)籠池被告との接見の報告をする日本共産党の宮本岳志衆院議員(左から2人目)と希望の党の今井雅人衆院議員(左端)=23日、大阪拘置所

 日本共産党、立憲民主党、希望の党の野党3議員は23日、学校法人「森友学園」(大阪市)の理事長だった籠池泰典被告=詐欺罪で起訴=と大阪拘置所(大阪市)で接見しました。接見した議員らによると、籠池被告は、安倍晋三首相の妻、昭恵氏と同氏付政府職員の谷査恵子氏に、国有地の取引の進捗(しんちょく)状況について電話で何回か報告したと証言しました。

 籠池被告が国有地の取引状況について繰り返し昭恵氏と谷氏に報告したと説明したのは初めて。学園が国有地を8億円値引きして購入できたなど特別待遇を受けたことについては、財務省理財局と近畿財務局が籠池被告と昭恵氏の強い関係を承知の上でいろいろやってくれたのではないかと述べたといいます。

 また財務省が改ざんした決裁書の原本に、昭恵氏から「いい土地ですから、前に進めてください」と言われたと記されていたことについて、籠池被告は「間違いなく言われた」と強調したとしています。

 接見したのは日本共産党の宮本岳志衆院議員、立憲民主党の川内博史衆院議員、希望の党の今井雅人衆院議員の3氏。議員らは籠池被告の証言が事実なら、昭恵氏らの国会招致が必要だと強調しました。

コメント

福山候補は「政治で一番大事なのはウソをつかないこと。そのことに国も地方も関係ない。京都から多くのみなさんと正直な政治をつくっていきたい」と力を込めました。

2018-03-23 | 世直し文化野党共闘

暮らしを丸ごと応援

京都府知事選告示 福山候補が第一声

写真

(写真)訴える福山候補と支援者ら=22日、京都市

 京都府知事選が22日告示(4月8日投票)され、幅広い市民、団体でつくる「つなぐ京都」から弁護士の福山和人候補(57)=日本共産党推薦、新社会党府本部支持=が立候補し、第一声を上げました。自民党主導で擁立され、公明、民進、希望、立憲民主が推薦する前復興庁事務次官の西脇隆俊氏(62)との一騎打ちです。

 福山氏は第一声で、格差と貧困の拡大や、京都のワーキングプア率、非正規雇用率がいずれも全国ワースト3位であることを告発し「この状況でやるべきことは府民の暮らしを全力で丸ごと応援することだ」と強調。「ストップ貧困京都宣言」を知事のメッセージとして発信し、中学卒業までの医療費無料化、全員制の中学校給食の実現と計画的な無償化をすすめることを掲げました。

 原発について「府民の命に責任を持つ知事の立場として、原発の再稼働にきっぱり反対して、廃炉の方向に切り替えるよう求めていく」と強調。国有地取引をめぐる「森友」公文書改ざんが国政を揺るがす中、福山候補は「政治で一番大事なのはウソをつかないこと。そのことに国も地方も関係ない。京都から多くのみなさんと正直な政治をつくっていきたい」と力を込めました。

 福山候補の出発式では、日本共産党の志位和夫委員長のメッセージが紹介されました。

 公文書改ざん問題で安倍内閣の支持率が急落する中、西脇候補の出発式では、自民党の二之湯智参院議員が「中央政界のごたごたを見ておりますと、決して油断ならないたたかい」と、知事選への影響を懸念し、引き締めに躍起になりました。

コメント

財務省が改ざんする前の決裁文書にも、この貸し付け処理が「特例的な内容となる」と書かれています。

2018-03-22 | 安倍内閣の本当の姿は?

近畿財務局内で「安倍事案」

関係者証言 「森友」疑惑発覚 昨年2月以降

首相夫妻関与「常識」

 学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地格安売却疑惑が発覚した昨年2月以降、財務省近畿財務局内で、この取引が、「安倍事案」と呼ばれていたことが21日、財務局関係者の話で分かりました。関係者は「当初から安倍晋三首相夫妻が関わっていた案件というのは『常識』で、特別な扱いがされた」と証言しています。(三浦誠)


写真

(写真)籠池被告夫妻と懇談し記念写真をとった安倍昭恵氏=2014年3月15日(昭恵氏のフェイスブックから)

 国有地は売却が原則です。小学校や公園など公共的用途で貸す場合にも、貸付期間は基本的に3年間。地方公共団体などは、通常その期間に必要な予算措置をして購入します。

 学園は当初の貸付契約(2015年5月)で、10年間定期借地し、その間に分割払いで購入できるという特別扱いをうけました。財務省が改ざんする前の決裁文書にも、この貸し付け処理が「特例的な内容となる」と書かれています。

 財務局で国有地取引を担当したことがある関係者によると、疑惑が発覚した昨年2月以降、局内で「『安倍事案』で自分たちだけでは判断できない」「官邸筋や本省から理不尽なことをやらされている」と語られていました。

 貸し付け契約にあたり学園は建設資金が不足しており、財務局に再々、貸付料の値引きを要求。財務省の決裁文書によると、財務局が15年1月9日に貸付料の概算額を伝えたにもかかわらず、学園はその金額を下回る見積書を3回繰り返し不調になりました。「普通なら取引をやめて、入札で売却する。それなのに財務局は減額するなど無理をして貸した」とこの関係者は指摘します。

 財務省が改ざんする前の決裁書には、安倍首相の妻、昭恵氏が5回も登場。学園理事長だった籠池泰典被告=詐欺罪で起訴=に、「いい土地だから、前に進めてください」と述べたなどと書いています。籠池被告と昭恵氏が国有地前で一緒に撮った写真も示されたとも記しています。

 また籠池被告が改憲右翼団体「日本会議」に関係していたことと、安倍首相が「日本会議国会議員懇談会」副会長であることをあわせて記述。財務省は安倍夫妻が出る箇所をすべて消していました。

 安倍首相は、決裁書について「私も妻も国有地の売買に全くかかわっていない。(改ざん前の)元の文書を見ても関与の事実はない」(19日、参院予算委員会)と答弁しています。

 財務局関係者は「元の文書には昭恵氏が『前に進めて』といったとか、日本会議などと書いてある。常識的に言って本省に貸し付けの承認を求める公文書で書く内容ではない。その部分を財務省が削除していたということは、まさに『安倍事案』だということだ」と指摘します。

コメント

「私たちは今回と去年の選手権大会で二度、南に行ったけど、南の選手たちは平壌に来たことがないので、みんなしきりに平壌に行きたいと話していた」

2018-03-22 | ピョンチャン

選手たちが交わした約束/

平昌五輪女子アイスホッケー単一チーム

「平壌冷麺100杯」「次の五輪も一緒に」

【平壌発=文・金淑美、写真・盧琴順】夢のような五輪初の単一チーム・コリア。選手たちは江陵での熱戦を終え、「ワンコリア」の固い絆を胸にそれぞれの居場所に戻った。初めて出会った南の選手たちと心を通わせ共に闘った日々に、北の選手たちは何を感じ、今何を思うのか。彼女たちのメッセージを届ける。

大城山体育団のリョ・ソンフィ、キム・ヒャンミ、ファン・チュングム選手(左から)

姉妹のように

3月14日、平壌氷上館。ストックを片手にリンクから降りてきたファン・チュングム、リョ・ソンフィ、キム・ヒャンミ(全員、大城山体育団所属)の3選手は汗でびっしょりだった。聞けば、2018 IIHF 女子アイスホッケー世界選手権ディビジョン2Aグループ(3月31日〜4月6日、スロベニア)への出場を目前に控えてトレーニングの真っ最中だという。この日の平壌は最高気温18度。春のような陽気のなか、休憩がてら氷上館前の広場に腰を下ろしてもらい、膝を交えた。

「五輪に出場した12人の選手を含むチームで出場する。五輪直後とあってチームのモチベーションは高い。優勝を目指している」と話すのは、ファン選手。平昌から戻った後、1日だけ休み、すぐに練習を再開したそうだ。

五輪から1カ月が経とうとしているが、南の選手たちとの思い出は出会いから別れまで鮮明に残っているようだ。

リョ・ソンフィ選手

リョ選手は、南の選手と交わした会話で、「私たちは今回と去年の選手権大会で二度、南に行ったけど、南の選手たちは平壌に来たことがないので、みんなしきりに平壌に行きたいと話していた」ことが最も思い出されると言いながら、楽しいエピソードを紹介してくれた。

「(南の)妹たちが『平壌に行ったら絶対に平壌冷麺を食べたい!』って言うから、玉流館と清流館でごちそうすると約束したんです。そしたら『何杯おごってくれるんだ』って(笑)。だから『100杯ごちそうする!』って言ってあげたんです」

キム選手も、凱旋青年公園や綾羅人民遊園地、紋繍プールなど平壌のおすすめスポットを紹介しながら「必ず平壌で会おう。来たら遊園地で一緒に遊ぼう」と約束したという。

会話から、選手たちが気の置けない仲であることが手に取るように伝わった。単一チームで過ごした時間はわずか1カ月余り。両者はどのようにして互いの距離を縮めたのか。その出会いは?

「鎮川の選手村に着いた時、南の選手たちが花束を抱えて全員で出迎えてくれた。北も南もない、みんな一緒になって記念写真を撮って。五輪に出場すると聞いた時は単に選手としてうれしく思ったけど、南の選手たちと関係を築く過程で、私たちが単一チームで、『一つ』として出場するんだという自覚がいっそう強くなった」(リョ選手)

ファン・チュングム選手

「最初はお互いをよく知らないから気まずさもあった。初めて会う南の選手と心を一つにして試合を進められるか、不安がなくもなかった」(ファン選手)

だがそんな不安は「ほんの数日で解消した」(キム選手)。10〜20代の選手たちは違いを悠々と飛び越え急速に打ち解けていった。朝鮮固有の言葉を重んじる北に対し、南の選手たちが話す言葉は外来語が多く、ときに理解に苦しんだ。練習の過程で意思疎通ができずミスが出れば「次はこうしよう」と、そのつど約束事を決めて疎通を図った。「互いに理解し、助け合いながら」(リョ選手)。

南の選手のほとんどが北の選手よりも年下だったため、「オンニ」(お姉さん)、「トンセン」(妹)と呼び合った。

大会期間中の2月10日に誕生日を迎えたキム選手は、「私の妹、チェ・チヨンが歌を贈ってくれた」という。ファン選手によれば、北南それぞれバースデーソングがあり、北のバースデーソングを南の選手たちがとても気に入ったのだという。

「축하합니다, 생일을 짝짝짝」(おめでとう、誕生日 チャチャチャ)

北で広く親しまれるこの歌を、チェ選手は誕生日の数日前からファン選手などを訪ねてきては一生懸命覚えたという。キム選手はその時の感激を忘れられない。「チヨンが実の妹のように思えた。その真心に、これ以上離ればなれにならず、北南が一つになってまたこの歌をチヨンと一緒に歌いたいと思った」。

 祖国統一への道で

キム・ヒャンミ選手

産声をあげたばかりのチーム・コリアは、実力国であるスイス、スウェーデン、日本と対戦し、5戦5敗の全敗。5試合中4試合でベンチ入りしたファン選手は、「勝敗よりも北南が一つになった姿をみせようという共通の決意で臨んだ。それでも最下位は免れたい、何としても一勝を、という思いで挑んだけど成し遂げられなかった」と肩を落とした。だが、日本戦で決めた悲願の初ゴールはチームにとって「まるで全勝したような喜びだった」(キム選手)。

スタンディングオベーションで歓喜した観客席には、数百の統一旗がはためいた。キム選手は、その瞬間に観客席から伝わった熱気は最終戦が終わるまで冷めなかったという。リョ選手は、「北南が一体となった応援に触れ、その期待に違わぬよう堂々と戦わなければ、といっそう気を引き締めた。とくに『ウリヌンハナダ!』(われらは一つ)の声援を聞くたびに、力をふり絞り、必ず勝たなければと強く思った」と話す。

「ウリヌンハナダ」--。揺るぎない真理を共に感じたからこそ、別れはいっそう耐え難かった。ファン選手はいう。「5日、3日…と別れの日が近づくにつれ、それまでは顔合わせれば笑い合い、ふざけ合っていたのが、南の選手たちを見るとわれ知らず淋しさが押し寄せてきた。別れの瞬間は鮮明に覚えている」。

別れの日、選手たちは互いにつないだ手を離せず、北の選手たちを乗せたバスはしばらくその場を離れられなかった。「出発の時間がほんの少しだけでも遅れたらいいと祈る思いだった。もう二度と会えないかもしれない悲しさで涙があふれて止まらなかった。でも『次の五輪もまた単一チームで出場しよう、それまでお互いがんばろう』と約束した」(リョ選手)。

最後に、南の「妹たち」にメッセージをリクエストした。

「監督も選手たちもみんな、心から会いたい。統一してこそ、私たちが再会する機会も訪れると思っている。だから、会いたいと思う気持ちがあるなら、お互い祖国の統一のために全力を尽くそう。その日が1日も早く来るよう祈りながら、幸せな再会をできたらうれしい」(ファン選手)

「祖国統一のために、私たちがまた会えたらいいと伝えたい」(キム選手)

「私たちが一緒に過ごした時間は決して長くなかったけど、あのとき結んだ絆を忘れず、祖国統一のために力の限り努力すれば、再会の日はきっとやってくる」(リョ選手)

統一へ向かう道の途中で、私たちは必ずまた会える--。そう信じてやまない選手たちの表情は一様に明るかった。

(朝鮮新報)

コメント

自民党:赤池・池田氏、林文相も憲法違反していることがわからないらしい!安倍チルドレンは根本が腐っている!

2018-03-21 | 自民党の常識は、国民の非常識

自民議員圧力 文科相認める

前川氏授業 市教委への質問 事前に修正

 文部科学省による前川喜平前事務次官が名古屋市立中学校で行った授業に対する介入問題で、林芳正文科相は20日、自民党文科部会長の赤池誠章参院議員(比例代表)と部会長代理の池田佳隆衆院議員(比例東海ブロック)が複数回調査を求めていたことを認めました。同省による市教委への質問が事前に池田氏による内容確認の上で修正されていたことも判明。自民党国会議員による文科省に対する圧力が明らかになりました。

 同日の参院予算委で林文科相は、同省の質問メールの表現について「全体的に圧力を与えかねない」と認めざるをえませんでした。

 前川氏の授業は2月16日に実施。翌日、地元紙が授業について報道しました。文科省はこれまで「外部からの照会」をきっかけに前川氏の授業について知ったと説明する一方、「外部」が政治家かどうかについて回答を避けていました。

 林氏によると、同17日、赤池氏が前川氏の授業について内容確認を行うよう官房長に要請。同19日に同省は池田氏から授業についての記事の提供を受け、名古屋市教委から確認した内容を20日に赤池氏、22日に池田氏に報告していました。

 また、同省は今月1日に市教委に質問メールを送る直前、質問内容を池田氏に提供。林文科相は「池田議員から2点コメントがあり、そのコメントも参考にして質問内容を一部修正した」と述べました。

コメント

四川省楽山市にある10キロにわたる環状遊歩道では18日、道路両側の桃やハナズオウ、ハナカイドウなどの木が開花時期を迎えた。

2018-03-20 | 中国をしらなければ世界はわからない

四川省楽山市に春到来 花見や行楽に訪れた多くの人々でにぎわう遊歩道

人民網日本語版 2018年03月19日15:28
 
四川省楽山市に春到来 花見や行楽に訪れた多くの人々でにぎわう遊歩道
花見や行楽に訪れた多くの人々でにぎわう遊歩道(3月18日、撮影・劉忠俊)。

四川省楽山市にある10キロにわたる環状遊歩道では18日、道路両側の桃やハナズオウ、ハナカイドウなどの木が開花時期を迎えた。この遊歩道では花見や行楽に訪れた多くの人々でにぎわっていた。中国新聞網が伝えた。(編集TK)

「人民網日本語版」2018年3月19日

コメント

森友疑惑の徹底追及、安倍内閣の総辞職を求めて、東京・新宿駅西口で大街頭宣伝

2018-03-19 | 安倍内閣の本当の姿は?

4000人「安倍内閣退陣せよ」

「森友」に怒り 市民と4野党 大宣伝

志位委員長がスピーチ 新宿駅前

写真

(写真)弁士の訴えを聞く人たち=18日、東京・新宿駅西口

 安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合(市民連合)と、総がかり行動実行委員会は18日、森友疑惑の徹底追及、安倍内閣の総辞職を求めて、東京・新宿駅西口で大街頭宣伝を実施しました。歩道や駅ビルをつなぐ陸橋まで4000人を超える聴衆であふれ、「安倍内閣は退陣を!」と書かれたプラカードを掲げてアピール。野党4党の代表、市民の訴えに「野党はがんばれ」「徹底究明を」との声援が飛び交いました。


 主催者あいさつした安全保障関連法に反対する学者の会の広渡清吾東大名誉教授は、「安倍政権は、政権にとどまることはひと時も許されない」と強調し、真相究明、安倍内閣の総辞職を迫るたたかいを呼びかけました。

 日本共産党の志位和夫委員長、立憲民主党の長妻昭政調会長、社民党の福島瑞穂副党首、自由党の野沢哲夫東京都第1区総支部長がスピーチしました。

 志位氏は、「森友公文書改ざんは、憲法に明記された国民主権と議会制民主主義を破壊する歴史的犯罪行為です。徹底した真相解明と責任追及を通じて内閣総辞職に追い込もう」と訴えました。

 南スーダンPKO日報隠ぺいの防衛省、裁量労働制データねつ造の厚労省、森友公文書改ざんの財務省、中学校の授業介入の文科省と相次ぐ事件にふれ、「安倍強権政治の『毒』が政府全体に回っている。市民と野党の共闘の力で安倍政権を倒し、日本の政治に民主主義を取り戻そう」と呼びかけました。

 市民が次つぎスピーチ。大学院生の奥田愛基さんは、「安倍政権は腐っている。賛成とか反対とか、右とか左とかの話じゃない。安保法制のとき10万人が国会前に集まりました。今こそ集まろう」と訴え。

 「未来のための公共」メンバーの大学生は、「安倍さんが辞めないなら、私たちで終わらせよう」として、「国会前、官邸前、街宣に行きこんなに怒っている人がいるんだとみせつけよう」とよびかけました。

 立憲デモクラシーの会の中野晃一上智大学教授は、「国会での虚偽答弁、公文書の改ざん、その隠ぺいでスリーアウトです。なぜバッターボックスに立とうとするのか。もうチェンジだ」と指摘しました。

 総がかり行動実行委の高田健共同代表が行動提起し、安倍内閣の総辞職に向けて、「国会の中で野党は結束して追及する。私たちは国会の外で、野党のたたかいに呼応して全国各地で退陣のたたかいを全力でやりぬこう」と訴えました。

 

市民と野党の共闘で安倍政権を倒し、民主主義を取り戻そう

志位委員長の訴え

 市民連合と総がかり行動実行委員会の主催でJR新宿駅西口でおこなわれた大街頭演説(18日)での志位和夫委員長の訴え(大要)を紹介します。


写真

(写真)訴える志位和夫委員長

 みなさん、こんにちは。日本共産党の志位和夫です。

 森友公文書改ざん事件に対する国民の怒りが沸騰しています。国民の怒りの声と野党6党の結束の力で、一歩一歩、政府を追い詰めてきています(拍手)。佐川前理財局長の証人喚問まであと一歩です。19日の参院予算委員会で議決して、すみやかに実施しようではありませんか。(「そうだ」の声、大きな拍手)

国民主権、議会制民主主義を破壊する歴史的犯罪行為

 みなさん。公文書の改ざんとは、どういう性格の問題でしょうか。公文書は主権者である国民のみなさんの知的共有財産です。公文書管理法の第1条にはっきり書いてあります。それを改ざんすることは、まず何よりも、主権者である国民を欺く行為と言わなければなりません(「そうだ」の声、拍手)。こんなことがまかり通れば、国民が政府の行為を検証し、監視することが、およそ不可能になってしまいます。これは、憲法の一番大事な原理である国民主権を破壊する行為ではないでしょうか。(「そうだ」の声、拍手)

 さらに、政府は、改ざんされた文書の線で、国会答弁を繰り返し、改ざんされた文書を国会に資料として提出していました。行政府が立法府を1年にわたり欺き続けてきた。こんなことがまかり通ったら、まともな国会審議は成り立ちません。政府が出す資料について、「この資料は改ざんされたものですか、まともな資料ですか」――いちいちこんなことをただしていたら審議になりません。(改ざんは)議会制民主主義を破壊する行為ではないでしょうか。(「そうだ」の声、拍手)

 森友公文書改ざんは、憲法に明記された国民主権と議会制民主主義を壊す歴史的犯罪行為です。絶対にあいまいにするわけにはいかない(拍手)。徹底した真相究明と責任追及によって、日本の政治に民主主義を取り戻そうではありませんか。(「そうだ」の声、大きな拍手)

「いいからやれ」と誰かが言ったのか、どんな政治的圧力が働いたか

 誰が、誰の指示で、何のために改ざんを行ったか、このことを徹底的に究明する必要があります。

 政府は、佐川氏一人にすべての責任をかぶせて逃げ切る魂胆です。そうはいきませんよ(「そうだ」の声、拍手)。役人が、犯罪行為になり得るような公文書改ざんを「自発的」な意思で行うことがあり得ますか。あり得ないではありませんか。

 前川前文科省事務次官がTBSの番組で、「公文書の改ざんなどということは、『いいからやれ』と誰かが言わないと、通常の国家公務員の神経じゃできないことだ」と言われている。誰が考えてもそう思います。「いいからやれ」と誰かが言ったのか。どんな政治的圧力が働いたのか。これこそ究明しなければならないことではないでしょうか。(「そうだ」の声、大きな拍手)

改ざん前の文書――森友が「首相案件」であることを語っている

 改ざん前の文書は何を示しているでしょうか。安倍首相は、「書き換え前の文書を見ても、私や妻が関わっていないことは明らかだ」と弁明しています。これはまったく成り立たない(拍手)。改ざん前の文書は、この森友案件が、「首相案件」「安倍案件」であるということをはっきり語っているではありませんか。(拍手)

 改ざん前の文書には、首相夫人の安倍昭恵さんが現地を視察し、「いい土地ですから、前に進めてください」と語ったと、森友側が近畿財務局に伝えたことが明記されています。それを契機に、特例的な貸し付けに向けて事態が動いたことがはっきり書いてあります。安倍首相は、「妻に聞いたら、『そんなこと言ってない』とのことだった」と答弁しました。しかし、そんな間接話法を、誰が信じますか(拍手)。昭恵さんは、やましいところがないなら、国会に出てきて直接話法で話すべきではないですか。(「そうだ」の声、大きな拍手)

 さらに、改ざん前の文書には、森友学園の籠池理事長が日本会議の関係者であり、安倍首相が日本会議国会議員懇談会の副会長であることまで、わざわざ書いてある。

 首相は、「私や妻が関わってない」というけど、改ざん前の文書は、この案件が、文字通り安倍首相夫妻が関わった特別の案件――「首相案件」「安倍案件」であることを詳細に語っているではありませんか。(大きな拍手)

改ざんの目的――「首相案件」であることを隠蔽することではないか

 それでは、改ざんの目的は何だったか。政府は、改ざんの責任を佐川氏一人に押し付けるために、「佐川答弁に合わせて書き換えが行われた」と言っています。しかしこれは、事実に反する悪質なミスリードです。

 昨年2月17日の安倍首相の答弁――「私や妻が関係していたなら首相も議員もやめる」。あの答弁こそ改ざんの出発点ではないですか(「そうだ」の声、拍手)。あの答弁に合わせて改ざんを行ったというのがことの真相ではありませんか。(「そうだ」の声、拍手)

 2日前(16日)の参院予算委員会で、このことを野党議員、わが党の辰巳議員が問いただすと、理財局長は否定できなくなりました。「安倍案件」「首相案件」であることを隠蔽(いんぺい)するための改ざんだったというのが、ことの真相ではないでしょうか。(「そうだ」の声、大きな拍手)

真相の徹底究明を通じて、安倍内閣を総辞職に追い込もう

 疑惑の本丸は首相夫妻の関与です。

 佐川さんはもちろん、昭恵さんにも出てきてもらおうじゃありませんか(拍手)。当時の理財局長の迫田さん、首相夫人付の職員、関係する方にすべて国会に出てきていただいて、真相究明を徹底的にやろうじゃありませんか。(「そうだ」の声、大きな拍手)

 私たちは、真相の徹底究明を通じて、安倍内閣を総辞職に追い込む、この決意でがんばりぬく決意であります。(「がんばれ」の声、大きな拍手)

安倍強権政治の「毒」が政府全体に回っている

 最後にみなさん。前川前文科事務次官を講師に招いた中学校の授業に、文科省が異常な圧力をかけていたことが明らかになりました。教育基本法には「教育は不当な支配に服することなく」と書いてある。これは戦前の軍国主義教育が、多くの子どもたちを戦場に駆り立て、命を奪った、その痛苦の反省のうえに書かれた一文です。文科省がやったことは、まさに「不当な支配」以外の何ものでもないではありませんか。(「そうだ」の声、大きな拍手)

 みなさん。安倍政権の下で、政府は危機的な状態です。南スーダンPKOの日報を隠蔽した防衛省、裁量労働制に関わるデータをねつ造した厚労省、森友公文書を改ざんした財務省、前川氏の授業に無法な圧力をくわえた文科省――役所がみんな危機的です。安倍政権の強権政治の「毒」が、政府全体に回っている。日本の民主主義が危機に陥っています。

 もはや一刻の猶予もなりません。市民と野党の共闘の力で、安倍政権を倒し、日本の政治に民主主義を取り戻すために、全力を尽くして頑張りぬくことを申し上げて、私の訴えとします。ありがとうございました。がんばりましょう。(歓声、大きな拍手)

コメント