向日市自治功労者、大橋 満 の平和ト-ク・・・世直しご一緒に!

世界の変化を見ながら世直し提言
朝鮮・韓国・中国・ロシアとの友好交流促進
日本語版新聞紹介

同社の関係者は「手軽に料理できる食品を求める流れが続いていているとともに良質の食事を求める20~30代が増えたことで、水産物の需要も増加傾向にある」と語った。

2019-11-03 | 市民のくらしのなかで

イシモチ→スケソウダラ→サバ…熱い海が「国民魚」変える

登録:2019-11-01 03:39 修正:2019-11-01 17:50

朝鮮半島「食卓の魚」変遷史 
 
50年間で表層水温1.23度上昇 
全世界の水温変化の2.5倍超え 
 
1人当たり年間水産物消費量59キロ 
7年間で60%以上増加…世界1位 
 
温暖化・乱獲でスケソウダラの「国籍」変わる 
最近2~3年間の1位はサバ

 
             朝鮮半島周辺の魚種の分布の変化//ハンギョレ新聞社

 「飲み水とおかずが切れて兵士たちが動揺した。林慶業(イム・ギョンオプ)将軍がいばらの木を持ってきて水に刺しておくと、イシモチの群れがかかったのでおかずにして食べた」。

 西海地域では朝鮮の仁祖(インジョ)の時代の林慶業将軍をイシモチ漁の始祖とする伝説が伝えられている。西海を渡る途中、飢えた兵士たちのために釣りをしたところ、木の枝と枝の間に挟まるほどイシモチが豊富に採れたという話だ。茶山チョン・ヤギョンの兄、チョン・ヤクチョンが全羅南道新安郡黒山島(シナングン・フクサンド)に島流しになっていた時に書いた魚類学書『チャ山魚譜』(1814)を改題した詩人のソン・テクス氏の本『海を抱いた本 チャ山魚譜』(2006)にも「イシモチの鳴き声が漢陽(ハニャン、現在のソウル)まで聞こえた」とある。

 こうした話は文字通り「伝説」としてのみ残った。1970年代には年間3万~4万トンに達していたイシモチの漁獲量は、40年後には半分に落ちた。イシモチを塩漬けにして干して作る干物「クルビ」も、秋夕(中秋節)のギフトセットでしか見られない状況だ。流通業界では2~3年前からニベやイシモチより大きさが3倍ほどある中国産フウセイでクルビ不足を補っている。

 かつては「国民魚」として東海を泳ぎ回っていたスケソウダラは国籍を変えた。1970年代には年間漁獲量が最大5万トンに達していたが、2010年代に入ってからは1~9トン程度だ。最近は市場に出回るスケソウダラは90%以上がロシア産だ。学界と業界では定着性魚種ではスケソウダラの幼魚の乱獲が、回遊性魚種では水温の変化が影響しているとみている。5年間にわたりスケソウダラの幼魚の放流などの「スケソウダラ再生プロジェクト」を推進してきた海洋水産部は、今年からスケソウダラの漁獲を年間を通じて禁止した。

 
          主な魚種の朝鮮半島周辺海域での漁獲量の推移//ハンギョレ新聞社

スケソウダラ沈み、サバ浮上

 韓国は年間1人当たりの水産物消費量が2017年現在59.3キロで世界第1位だ。「水産大国」ノルウェー(53.3キロ)や日本(50.2キロ)も抜いた。スピードも速い。2000年には36.8キロに過ぎなかったが、60%以上も増えたことになる。その間に「国民魚」も替わった。1990年の国民1当たり1日平均消費量が最も多い水産物はスケソウダラだったが、スルメイカに交替した。最近2~3年のアンケート調査ではサバが名実共に「好きな魚」第1位だ。

 韓国人の食卓の魚が替わったのには、何よりも朝鮮半島周辺海域の水揚げ推移が変わった影響が大きい。スケソウダラやイシモチだけでなく、東海岸の「常連」だったサンマやハタハタも滅多に見なくなった。一方、カタクチイワシとサバは豊漁だ。1970年には5万トン程度だったカタクチイワシの漁獲量は2017年には21万トンに、サバは3万トンから21万トンに大幅に増えた。1970~80年代には年間3万~4万トンだったスルメイカも2010年代には15万トンにまで跳ね上がった。

 まず、地球温暖化などによる水温の変化が原因の一つに挙げられる。国立水産科学院の集計によると、朝鮮半島海域の表層水温は1968年~2018年の間に1.23度高くなった。同期間の全世界の水温変化(0.49度上昇)を上回る数値だ。同院のハン・インソン研究士は、「水温上昇時は栄養塩類の量が減り、水産生物の成長が制限され得る。繁殖と生息地の移動も影響を受ける。ただし生息地と魚種によって影響に違いが出る可能性はある」と指摘する。

 最近、朝鮮半島海域に暖流性魚種のサバやカタクチイワシが大量に入ってきた一方、寒流性魚種のスケソウダラやハタハタは北上した。イカは南海から東海や西海に生息地を広げており、南海岸では亜熱帯魚種が多く見られるよるになっている。クロマグロが2010年に初めて漁獲量統計の対象になったのに続き、去年の統計によれば済州沿岸に現れた魚類の42%がキンチャクダイ、タカノハダイなどの亜熱帯種であった。

 
            朝鮮半島周辺海域の平均水温の変化//ハンギョレ新聞社

「幼魚の乱獲を規制すべき」

 急激な魚種変化を異常気象だけで説明することは難しい。中国漁船中心の攻撃的な操業や無分別な乱獲などの方が影響が大きいという指摘もある。産卵もしていない幼魚を安値で売ったり生餌に使ったりして水産資源の枯渇を引き寄せているというのだ。スケソウダラ激減のきっかけも1970年の幼魚漁獲禁止令解除だという見方が支配的だ。1976年には、スケソウダラの漁獲量の実に94%が幼魚だった。イカの漁獲量が2016年の約12万トンから昨年の4万トンあまりに急減したことをめぐっても、同院のカン・スギョン研究士は「産卵場所の低水温現象で産卵資源が減少した上、多くの漁船による乱獲まで重なったため」と分析する。

 昨年発行された海洋水産開発院の報告書『幼魚乱獲の実態および保護政策の研究』によると、2016年の漁獲量のうち、幼魚の割合はタチウオが69~74%、イシモチが55%、サバが41%に達した。産地価格が1万ウォン(1キロ当たり)以上にもなるほど収益性の良いイシモチなどが未成魚(幼魚)のうちに捕獲され、飼料に使われていると報告書は指摘する。さらに「ノルウェーは1971年に30センチ未満のサバの捕獲を禁止した結果、2014年には北東大西洋のサバのうち成魚の割合は89%となった。タチウオ、イシモチなどの幼魚は販売場所や違法漁獲物の取引を規制すべき」と指摘する。

 
              主な水産物の輸入の推移//ハンギョレ新聞社

おまえ、どこの海から来たの

 所得水準が上がり西欧の水産物に対する需要が拡大することにより、輸入品目が多様になった効果もある。サケ、タラバガニ、ロブスターなど、かつては高級飲食店でしか扱われなかった輸入水産物は、いまや大手スーパーやコンビニでも簡単に買えるようになった。韓国農水産食品流通公社の統計によると、タラバガニの輸入額は昨年1億2675万ドルで2年前と比べ3倍ほど増加した。サケの輸入の20%を占めるトンウォン産業の関係者は「2000年代に『ウェルビーイング』の流れに乗って大衆的需要が形成された。原価負担が分散し、価格も下がった」と語る。イーマートの関係者は「エビの産地を2015年の3カ所から昨年は10カ国に増やすなど、価格の合理化を図っている」という。

 水産物の消費の仕方や購買経路が多様化していることも関心が集まる部分だ。大型スーパーなどからからコンビニエンスストアやオンラインに目を向ける消費者が増えている。コンビニ「GS25」の資料によれば、去年1~9月の水産物の売上げは前年同期比で26.1%増え、ロブスターやサバなどの魚介類の売上比率も2017年の8.0%から今年上半期には10.2%に増加した。同社の関係者は「手軽に料理できる食品を求める流れが続いていているとともに良質の食事を求める20~30代が増えたことで、水産物の需要も増加傾向にある」と語った。

ヒョン・ソウン記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )
コメント

中国各地から来たスピードキューバー117人が参戦した。参加者のうち、最年長は34歳、最年少は6歳だった。

2019-11-03 | 中国をしらなければ世界はわからない

驚異の0.683秒!

ルービックキューブ中国記録を7歳男児が更新 

湖南省

人民網日本語版 2019年11月01日16:06
 

湖南省長沙市の長沙理工大学科技報告ホールで開催された永駿杯2019WCA長沙秋季ルービックキューブ大会の2×2×2部門で、7歳の男の子が中国記録を更新した。更新したのは張淇■君(■はこざとへんに奥)で、タイムは驚異の0.683秒。その瞬間大会会場には、新記録を更新した最年少スピードキューバーである張君をたたえる大きな拍手が巻き起こった。これまでの中国記録は0.86秒だった。三湘都市報が報じた。

同大会は10月26日と27日、長沙理工大学科技報告ホールで開催され、中国各地から来たスピードキューバー117人が参戦した。参加者のうち、最年長は34歳、最年少は6歳だった。(編集KN)

「人民網日本語版」2019年11月1日 

コメント

複数の院士、専門家・学者が「宇宙の新時代を迎え、宇宙の新経済を発展させる」というテーマをめぐり、地球・月空間、スマート宇宙飛行、商業宇宙飛行などについて議論した。

2019-11-03 | 中国をしらなければ世界はわからない

中国、地球・月空間経済エリアを

今世紀中頃までに建設へ

人民網日本語版 2019年11月01日13:29
 

中国航天科技集団が31日に明らかにしたところによると、同社科学技術委員会委員長の包為民氏はこのほど北京市で、中国が今世紀中頃までに地球・月空間経済エリアの建設を目指すと明らかにした。解放日報が伝えた。

同社第一研究院科学技術委員会設立40周年に際し、同委員会第1回科学技術年次総会並びに2019年CALTフォーラムが30日、北京市で開催された。複数の院士、専門家・学者が「宇宙の新時代を迎え、宇宙の新経済を発展させる」というテーマをめぐり、地球・月空間、スマート宇宙飛行、商業宇宙飛行などについて議論した。

包氏は「地球・月空間開発に関するいくつかの思考」報告の中で、「中国の地球・月空間経済は将来高い潜在力を秘めている。大きな経済効果を前にし、中国は高信頼性・低コスト・定期飛行化の宇宙輸送システムの研究を展開しなければならない。2030年までに基礎問題の研究を完了し、カギとなる技術を確立する。2040年に高信頼性・低コスト・定期飛行化の宇宙輸送システムを完成する。今世紀中頃までに地球・月空間経済エリアを完成する」とした。

地球・月空間経済エリアの範囲には主に近地球空間、月引力空間、地球・月移転空間が含まれる。その業態には基礎産業、応用産業、開発・利用産業、拡張産業が含まれる。定期飛行化地球・月空間輸送体系、宇宙資源探査・開発体系、宇宙インフラ体系の3大体系で構成される。専門家によると、2050年前後になると、中国の地球・月空間経済エリアの生産高は毎年10兆ドル以上の規模にのぼる見通しだ。(編集YF)

「人民網日本語版」2019年11月1日

コメント