向日市自治功労者、大橋 満 の平和ト-ク・・・世直しご一緒に!

世界の変化を見ながら世直し提言
朝鮮・韓国・中国・ロシアとの友好交流促進
日本語版新聞紹介

今年最大のできごと!!

2005-12-31 | 世界の変化はすすむ
 2,005年12月31日(土)
今年一番心に残った出来事は、中国共産党の理論研究代表団が、
日本共産党中央委員会を訪問・会談したことである。 
といっても、前もって出されていた9つの質問に基づいて、
不破議長の講義を受けにきたという内容である。
 今、中国は世界の中で、最大の経済成長を遂げている。 
指導部は、社会主義建設をしていく途上の問題として、同じ地
球上で、資本主義の国々とあらゆる面で競争しても、文化的にも、
人間的にも、道義的にも必ず勝利するために、どうするのか。
今一度科学的社会主義の理論を発展させ、中国革命を正しい社会
主義社会へと成功裏に導くための、研究にこられたわけである。
筋を重んじる中国が、大義のために世界中の理論研究から学ぼう
という姿勢に拍手を送りたいし、新しい中国の心意気を感じるの
である。
今、中国の多くの国民は、中国の発展を資本主義的な手法を取
り入れたから発展したと思っている人が居るのではないだろうか、
広く考えれば、これも資本主義からの思想攻撃である。
 中国では、全ての国民によりわかりやすく「正しい革命路線」を
きちっと教育しなければならない時だからであると思う。
 アメリカなど世界の資本主義國の思想攻撃を、国民的に打ち
破らなければならないからである。
 日本共産党が世界の革命運動の中で大きな役割を果たしている
ことに確信を持たねばならない。
コメント

久嶋・木村・安田さん、寄付するのは違反です。

2005-12-30 | 市民のくらしのなかで
 毎年消防団の年末警戒の激励に行く。
消防は地方自治の原点である。市民の生命財産を守る仕事だから・・
 今年は昨日29日、第6分団向日区へ行った。偶然、久嶋市長や
木村府会議員、安田市会議員(自民党向日市支部長)もきていた。
一応の紹介挨拶のあと、久嶋・木村・安田氏から金一封寄付された
紹介があった。
 3名は、寄付行為の違反である。法を守らなければならない人々
が、平気で違反をしている。3人とも年が明ければ、来年H7選挙だ。
 早速選挙管理委員会と警察に申し入れなければならない。
その前にホームページで皆さんに明らかにしておきたい。
年末・年始の休みでもあるので…・・
 世間でいつも問題になる「寄付行為」!わかっているはずではないか
コメント

世直しに、休むときはない

2005-12-29 | 市民のくらしのなかで
新年早々より日程が詰っている。
知事選挙があるから、どの団体も勢いをつけて一気に投票日まで
突っ走ろうと勢い込んでいるのだ。

 1日(日)  〇時より 向日神社 挨拶
       14時より16時 党地区  宣伝カー挨拶
 4日(水)  8時半  市役所・府庁他 挨拶
 6日(金)  7時~8時 ターミナル宣伝
       18時半  「民主府政の会」レセプション
 9日(月) 10時   成人式
10日(火) 始業式 ・ 7時50分 向陽小、門前交通指導
       10時   議員団会議
11日~15日まで、日本共産党第24回党大会
13日(金) 18時半  乙訓建労旗開き
15日(日) 10時   消防出初式
15日~16日、後援会バスツアー
17日(火) 10時   議員団会議
20日(金) 18時半  地労協60周年記念
       18時半  平和友好団体新春のつどい
22日(日) 16時半  京建労本部旗開き
23日~24日、議員団で行政視察
27日(金) 日朝協会本部役員会・東京 
31日(火) 13時半  乙訓二市一町議員研修会
                      
新年早早より、南丹市・京都府知事選挙・井手町などなど
があります。

コメント

御用納め

2005-12-28 | 市民のくらしのなかで
 御用納め、役所にはまだそんな習慣が残っている。
新年の挨拶とあわせて、一年間お世話になった人々に労をねぎらう。
私は、市長・助役・収入役を始め部長にも、議長、議会事務局の皆さん
にも挨拶をしておいた。
 日本共産党向日市義団は、普通の集団なのだから!
29日夜は、消防団の激励、1月1日は、向日神社で、4日は市役所
府庁、等を廻る。 良き習慣である。…・・   と思っている
コメント

日朝友好のために

2005-12-25 | 市民のくらしのなかで
 今日は25日、今年も残すところあと6日、日朝府連は理事会
を開き、今年の運動の広がりを確信しました。
世界とアジアの平和に関わる事では、中国を始め東北アジア・
東南アジアの今年の前進は、目覚しいものでした。
 靖国史観に固執する勢力に全く未来はありません。
6者協議の前進のなかでこそ、未来を切り開くことが出来そうですね

草の根での活動を強めるためにいっそうの努力をしようと誓い合いま
した。
コメント

医療費無料拡充決議全会一致可決,共産党提出

2005-12-24 | 市民のくらしのなかで
 2,005年第4回定例会(12月議会)は、22日閉会しました。
市民に係わる主な市長提出議案では、健康増進センターと市民プール
の管理を、民間に委託する提案に対し 反対は、共産党・社会市民ク
ラブ。 賛成は、自民・公明・民主・KAZE・荻野氏でした。
 市民提出の、「介護職員などの大幅増員にかんする意見書を、国に
提出してください」という請願に対し、賛成は、共産党・社会市民ク
ラブ。 反対は、自民・公明・民主・KAZE・荻野氏でした。
「私立幼稚園保護者負担軽減並びに幼児教育振興助成にかんする請願」
「コミュニケーション保障に係わる手話通訳・要点筆記についての請願」
は全会一致可決されました。
 また、日本共産党議員団が提出した「乳幼児医療費助成制度の拡充
を求める決議」は全会一致可決されました。その他詳報は後日です。
コメント

22日最終本会議

2005-12-21 | 市民のくらしのなかで
明日22日は、午前10時より最終本会議、
12月は、年度決算もなく、主に市民からの請願や議員からの
意見書や決議に重点がおかれます。
市長提出議案は、補正予算、条例改正などです。全ての議案が
採決に付されますが、私は、一請願一意見書の討論を行います。
先だしの「手話通訳」の件、意見書は、地方分権に関すること
です。
コメント

市民団体としては必要なもの

2005-12-20 | 市民のくらしのなかで
先だし記事の別紙です。


向日市補助金等検討委員会 
 委員長  岸 道雄  様
                       2005年12月20日
                      日本共産党向日市議会議員団
                        団長 大橋  満

     向日市補助金等検討委員会中間報告に対する質問

1、 検討対象として 補助金・補助・交付金・助成金・補給金・掛金・奨齢
  金について見なおしされているが、「負担金」を見なおさなかったのは、
  なぜか? お聞きしたい。

   補助金・交付金等と共に、地方自治法における19節は、「負担金補
  助及び交付金」となっており、市が支出する予算の中で負担金には、法
  で定められているものや、申し合わせで支出しているもの、また、そう
  でないものもあり、事業内容をふくめて検討するのは、当然であると思
  われる。念のため申し上げておくが、今回補助金等の見直しは124件、
  4億5159万9000円であるが、平成17年度の負担金は、106項目あり17億
  1676万1000円である。
   明確なご説明を求めたい。

2、 団体補助などについては、年間計画を立て活動しているところが殆ど
 で あり、前もって十分な話し合いをする必要があると思うが、検討する
 ときに何か話し合いをされたのか、 また、実施に当たり市民への配慮で
 検討された事はあるか。どう考えているのかお聞きしたい。

3、 検討の対象としてあげた項目の中で、事務局が提案したものと、事務
 局以外の委員が提案したものを、区分けしていただきたいがどうか、お聞
 きしたい。

4、  減額目標を持って検討されたのか、それとも漠然とされたのか、お聞
 きしたい。

5、 検討委員会の議事録を公開していただきたいがどうか、お聞きしたい。

最終報告を待つことなく速やかにご回答ください。         以上
コメント

補助金削減予算を組んではならない

2005-12-20 | 市民のくらしのなかで
向日市長  久嶋 務  様           2005年12月20日
                     日本共産党向日市議会議員団
                         団長 大橋  満

    向日市補助金等検討委員会中間報告に関する申し入れ 

 先日、議員に「中間報告」が配布されました。日本共産党議員団は、十分

な検討を行うため検討委員会委員長に、別紙「質問」を提出しました。
 
 本来補助金の削減は、補助を受けている市民や団体との、合意と納得の

もとに進めなければならないものです。補助を受けているさまざまな活動

は、市民の福祉と暮らしの充実に、必要なものばかりです。  

 また、年間予算を組み事業計画を作り、3月・4月の「総会」などで決定

し、それぞれの団体が活動しているわけですから、3月議会で減額を決定

すれば、多くの市民・団体が混乱します。

 よって、補助金の削減予算を提案しないよう、強く申し入れます。
 
コメント

プールを民間委託するな!

2005-12-19 | 市民のくらしのなかで
 せっかく楽しくプールに行っているのに、民間に委託するとはどういうことだと、お叱りの電話があった。
 22日の本会議で、最終決定される。勿論日本共産党は反対だ
KAZEが賛成なら民間委託が決定し
KAZE会派の3名の方が反対されれば、今までどうりで
民間委託出来ないのだが、20日現在は保留の態度だ。
KAZEが保留なら11対9否決か10:10で議長採決となるのではなかろうか、
民主党の態度もどうなのか? 市民の立場に立ってほしいものだ。
コメント

乳幼児医療費を無料に!

2005-12-17 | 市民のくらしのなかで
 日本共産党向日市議団は、12月22日最終本会議で下記の「決議」を行おうと各会派に申し入れを行っています。


     乳幼児医療費助成制度の拡充を求める決議(案) 

 全国特殊出生率が1.29となり、国を上げて「少子化対策」が、急がれている。
 本市においても今年3月、次世代育成支援施策の方向性や、目標を定めた「むこう・元気っ子支援プラン」を策定している。
 子育て支援施策の中で、多くの父母から「子どもの医療費の無料化は、命の問題であり、最優先に実施してほしい」との声が寄せられている。
 京都府内では、38自治対中31自治体が、府の制度に何歳かを上乗せして実施している。
 特に乙訓地域では、今年4月から大山崎町が、就学前までの実施に踏み切った。
 また宇治市では、来年1月から4歳未満まで拡充するなど、上乗せする自治体が増えている。
 向日市では、本年6月「子どもの医療費助成を、通院も就学前まで拡充してください」という請願が採択されている。また、11月22日付けで、議長あてに「市財政の厳しい折から1才でも年齢を引き上げてほしい」と要望書が提出されている。
 よって向日市議会としても、来年度より乳幼児医療費助成制度の、拡充予算が組まれるよう強く望むものである。
 以上決議する。
  

 平成17年12月22日             京都府向日市議会
コメント (1)

同和負担金こそ、まず削れ!!

2005-12-16 | 市民のくらしのなかで
向日市補助金等検討委員会、中間報告なるものが出された。
私はよく読んだ。

 検討された対象は、補助金・補助・交付金・助成金・補給金・掛け金・奨励金についてで、124件 4億5159万9000円が検討の対象であり、多くの削減や見なおしが検討されているが、「負担金」は見なおされていない。
 地方自治体で仕事をしたことがある人なら、負担金、補助金、交付金は予算書でも同じ19節にかかれていることを知っている。検討するのなら一緒に見なおすべきものなのだ。
 しかし、今回の向日市の見直しには、負担金のほうが106項目17億1676万1000円と金額が随分多いのに意識的に「検討」する対象から「負担金」を除いている。
 負担金の見なおしを「検討」すれば、法律的に説明できない同和予算がある。もし検討してそのまま続けるという結果を出せば、「中間報告」全体が矛盾したものになってしまう。
 今の委員のメンバーでは、それを削除するという報告を出す勇気もないから、始めから負担金の検討をしないことにしたのではないか? 委員会のメンバーの手前勝手な「検討」にはあきれはてるだけだ。
 頑張って税金を出している人達への補助を削り、よそに住んでいて向日市に1円も税金を出していない人からの「同和関係の多額の負担金」は要求されるままに出し、検討もしない。 
 このようなことで、市民の立場に立った正しい「報告」が出せるはずがない。
このような委員の人達に、いまの市民の苦しい生活や気持ちがわかるのか、 疑問だ。
 それから、事務局から出された提案と、委員が修正若しくは,独自の考えを出したものがあるのかどうか、情報公開をしてもらわねばならない。また、議事録も公開してもらわなければならない。

 向日市民のみなさんは、どう思われますか?
コメント

22日・手話通訳は無料に!

2005-12-14 | 市民のくらしのなかで
 本日14日、向日市議会・厚生常任委員会で「コミュニケーション保障に係わる手話通訳・要約筆記についての請願」が審議され、採決の結果、公明党服部議員が退席、他の議員の全員賛成で「可決」しました。22日の本会議で採択される見込みです。
 日本共産党・大橋満議員が、紹介議員になっており22日には、次の賛成討論を行います。

 (コミュニケーション保障に係わる手話通訳・要約筆記についての請願に賛成討論)

 本請願の趣旨は、「障害者自立支援法」が出来たが、向日市で現在無料で行われている、手話通訳・要約筆記派遣事業の費用について 今後、無料か有料かは「市が判断する」ということになりそうだから、今までどうり無料で行ってほしいというものです。
 
 私は、委員会を傍聴いたしました。
 請願代表の方が訴えておられましたが、手話通訳や要点筆記が必要な方にとっては、日常の会話の手段であります。会話をする度に料金が必要だ、ということになれば、余りにもひどすぎます。

 この制度は、障害のある方が話をしたり、聞く為に必要であります。
また、同時に皆さん方が障害のあるかたの意見を聞いていただいたり、普通の会話をするために必要なものです。

 また代表の方は、自分がお医者さんに行ったり、子供を連れていっても症状が聞けない。筆談で風邪と言われても、どの程度の風邪で、帰ってからどうしてよいのかわからない。など実際に経験された話もありました。
  
 議員の方からも、救急車を呼んだ場合、一般の方は無料で手話通訳が必要な方が一緒に乗れば、その分が有料になるのもおかしい との意見もありました.
 なるほど、今までどうり市の仕事として無料でやるべきだと思いました。

難聴の方の要約筆記も、そして聾唖者の方の手話通訳も、健常者にとっても必要な制度なのだということがよくわかりました。

 以上の理由により本請願に賛成致します。
コメント

自民・憲法を弱肉強食の自己責任国家の指針に!

2005-12-13 | 市民のくらしのなかで
 自民党の憲法改悪案は、前文・9条二項・76条三項以外に
ついても大改悪であります。(これらは新聞にもよく出ていま
すのでここでは省略して、他の条文を見てみましょう。)

 その内容は、憲法を弱肉強食の自己責任国家の指針にしよ
うとしている、 といえると思います。 

 少し具体的に見ると

12条、この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の
 不断の努力によって、これを保持しなければならない」を
  「国民は、…・自由及び権利には責任及び義務が伴う事を自覚
   しつつ、常に公益及び公の秩序に反しないように自由を享受
   し、権利を行使する責務を負う」として 
    市民生活における市民相互の関係と、憲法において国家と
   国民が向き合う関係を混同させ、結果として「自己責任」を
   押し付けようとしています。

13条、個人の尊重などにも、現在の「公共の福祉に反しな
 い限り」を
  「…公益及び公の秩序に反しない限り…」とかえ、社会
 の秩序を乱すものは,容赦なく処罰を、そうした国家の方
 針に反する者は、必要とあらば監視を,という治安・監視
 国家を作り出す上で都合のよい規定です。

信教の自由と政教分離を定めた
20条の3項に「国または、地方公共団体は、社会的儀礼又
 は習俗的行為の範囲を超える宗教教育その他の宗教的活動
 であって、宗教的意義を有し、特定の宗教に対する援助、
 助長若しくは促進又は圧迫若しくは干渉となるようなもの
 は行ってはならない」。という規定を置いています。
  これは首相などの靖国神社への参拝を憲法違反に問われ
 ないようにすることが狙われています.また,公明党への
 配慮がうかがえます。

 自民党案の新しい権利の条項は、どうなのか、
 またプライバシー権・知る権利・環境権は?
19条の一は、思想及び良心お自由はこれを犯してはならない。 
 でありますが、それに、二を加え
 「何人も、自己に関する情報を不当に取得され、保有され、
 又は利用されない。となっていますが、これらは従来から
 「国民の権利」でしたが,「権利」と言う表現がわざとはず
 されているのです。

21条の表現の自由に、二を付け加え
 「国は、国政上の行為につき国民に説明する義務を負う。
 など国の「責務」や「努め」と言う表現が使われていて,
 保障のし方や程度に広い裁量が認められるようになっています。

生存権を決めた
25条に、二、を加え「
 国は、国民が良好な環境の恵沢を享受することが出来る
 ように その保全に努めなければならない」と「生存権
 を」努力義務にしています。

25条の三に
 犯罪被害者の権利を強調し,「被疑者・被告人」の権利が
 後退させられるとすれば大変です。

29条、の、財産権の保障規定では、
 現在ある「公共の福祉」を削って 財産権の内容は、
 「公益及び公の秩序に適合」するように、法律で定める、
 としていることも重大です。
   

 さらに、議会制民主主義の形骸化が狙われています。
54条で 衆議院の解散を総理大臣が単独で決定できる.とし

56条の 一と二をさしかえるような形をとって 3分の一の
 出席がなくても議事が進められるようにしています。

63条の二で、 大臣の議会出席義務が「職務上やむをえない
 事情があるとき」免除される。

64条の二は、 政党助成金の永久化が狙われています。

72条で 内閣総理大臣の「指揮監督権」にくわえ 
 「総合調整権」までもたせ 権力の集中がはかられています。

86条の二、予算が会計年度開始前に成立しなくても内閣は
 必要な支出をすることが出来る.として
 議会の空洞化が図られようとしている。

91条の二 1項で地方自治の本旨を「地方自治は,
 住民の参画を基本とし、住民に身近な行政を自主的、
 自立的かつ総合的に実施する事を旨として行う」

 2項 「住民は、その属する地方自治体の役務の提供を
  ひとしく受ける権利を有し、その負担を公正に分任
  する義務を負う」と言う規定を盛り込んでいる
   など現在の地方自治の本旨を否定し、新しい地方
  自治の本旨を作り国に従属させようとしていることは
  我々地方政治に責任を持つものにとっては
  絶対認められません。

95条で決められていた
 「地方の特別法制定」に当たり その住民の投票において 
 過半数以上の賛成がなければ、国会は法律を作れない
 という条文は削除しています。

96条,憲法改正発議の3分の二を削除し、
 議員の発議として人数や数字は何も入っていません。

 これらの改訂は,憲法9条二項の改悪により、戦争憲法に
変えるだけでなく 憲法の全ての条項を見なおし、戦争体制
に必要な体制をしくために、作り変えようとするものであり、
「現憲法を守る」と表明している人であれば断じて認められ
 ないものであります。

皆さんも、現憲法と自民党新憲法案を比べてみてください!
コメント

うるさく! おおきく!! 警鐘を

2005-12-11 | ドイツの友人からのメール
 ドイツの友人に、「いま、子供が大変!!」とメールしたら、
日本にも近い将来・いやもうおこっているかもしれない事件が、…・  
 ドイツでは…・・
 こんなメールが来ました.  
ご本人の了解を得て皆さんにも見ていただきましょう。

Guten Tag, mansan!  (今日は,満さん)
Es gibt weiter schreckliche Nachrichten. 
エス ギブト ヴァイター シュレックリッヘ ナッハリヒテン
(続いて惨事が起こっています。)

 本来は愛し合う日、戦争さえ一時ストップしようという日を前に、
なんともいやな事件が発生していますね。
 インターネットで、上手に疑問に答えてくれるサイトへ行ければ
いいのですが,素人でなかなか思い通りに行きません。

 ドイツ連邦統計局に2003年の犯罪の統計が出ていました。
裁判で判決を受けた分で、発生した分では無いのですが,
合計件数,736,297件
殺害、死亡に至った暴力行為、計,641件
児童に対する性的虐待、 計,2401件

先週からこちらの新聞を賑わしている事件は:
老人への虐待

一件は、訪問介護をしている介護士が痴呆症で寝たきりの人を虐待させ、
殺しかねない所だった,というものです。
あざ、などが出来、不審に思った在宅介護施設が秘密のヴィデオを
設置したところ、そこで目にしたものは、あまりにもひどい残虐行為だった。
 曰く、来たらすぐにプラスチックの袋を頭にかぶせ、
窒息の寸前まで殴ったりの暴力を振った。
患者の胸にどう跨りになり、首を締め付けたりの暴力を振るった。
と言った内容で、即、警察へ連絡し、逮捕されたそうです。
1週間前の話です。

1昨日は、娘夫婦が86才の母親に暴力を振るった上、監禁する目的で、
彼女の住居から、彼女の手足を縛って車のトランクへ突っ込み連れ出した
そうです。その車が彼女の車だった為、そしてしっかりした人だった様で、
トランクの中で何とか手足を自由にし、暴れて車が止まらざるを得ない用
にして、トランクを開けさせ、そこから逃げ得た、と言う記事です。
 寒い上に、ストレスが重なっており、その人を発見した通行人はすぐに
救急車を呼んで病院へ入院させたそうです。
今年に入って何人かな?

 センセーショナルな事件ではありますが、今年の事だったか去年のこと
だったか・・・とにかく3人ほどの看護,介護士が患者を殺害したかどで、
それも何れも複数の大勢の患者、(10人近い患者を、)訴えられています。

 児童が殺害された悲惨な件では、大人のおもちゃにされて、
それも複数の大人がとっかえひっかえて、子供をなぶり者にした挙句、
死亡させてしまい、その死体を皆で遺棄したが、後日、どこだったか正確な
ところを誰も思い出せなかった,というひどいものです。
 それは、簡単なスナックのような食堂を営んでいる店で行われていました。

何れの件でも、周りの人が“全く知らなかった“事は絶対無いはず, と思っ
てしまいます。 各々が,”邪魔くさい、面倒だ!”と思わず、
一言、又は一目多くしていたら・・・と。
 でも実際は難しいのでしょうかね。

誰に言ってもダメなら自分でし始めないと。 ということでしょうね。
そのことを もう ずっと長くされている満さん。
お願いです。 どんどん警鐘を鳴らしてください。 
 うるさく! おおきく!!


 若干、私に対する励ましでもありますが、
歴史の年代の流れは同じでも、世相・事件・ニュースは、欧・米が
ちょっと早いように思えてなりません。
 悪いことは、真似したり、起こさないようにして、
欧米のよいところだけを、沢山! とり入れましょう!
コメント