向日市自治功労者、大橋 満 の平和ト-ク・・・世直しご一緒に!

世界の変化を見ながら世直し提言
朝鮮・韓国・中国・ロシアとの友好交流促進
日本語版新聞紹介

日本の態度変化なくして韓国だけが一方的に引き下がれという要求が続くなら、韓国国民は受け入れがたく、「同盟無視」という世論が高まるだろう。

2019-11-15 | 韓米協議

[特派員コラム]「同盟とは何か」問い直させる米国

登録:2019-11-14 20:15 修正:2019-11-15 08:08
 
 
トランプ米大統領が8日(現地時間)、選挙遊説のためジョージア州に向かう直前、ホワイトハウスのサウスローン(南の庭)で取材陣の質問に答えている=ワシントン/ロイター・聯合ニュース

 23日0時に迫った韓日軍事情報保護協定(GSOMIA)の終了と、来年度の在韓米軍防衛費分担金問題で、韓米がとても冷たい冬をむかえている。15日ソウルで開かれる韓米安保協議会議(SCM)は、いつにもまして雰囲気が重くなると見られる。米国は最近、マーク・エスパー国防長官、マーク・ミリー合同参謀議長、ロバート・エイブラムス韓米連合司令官、デービッド・スティルウェル国務省東アジア・太平洋担当次官補ら高位級の人々がいっせいに乗り出し、韓国のGSOMIA終了決定の撤回と防衛費分担金の大幅引き上げを圧迫してきた。来年の大統領選挙で業績として掲げたいドナルド・トランプ米大統領の強烈な欲求と催促がその背景だろう。

 だが、同盟国の主権的決定に持続的に撤回を圧迫すると同時に、すさまじい防衛費分担金の引き上げに熱を上げる米国の行動は、「同盟とは何か」という疑問を育てる。韓国政府のGSOMIA終了決定に「強い憂慮と失望」を表し、じゅうたん爆撃を加えてきた米国政府が、輸出規制措置という原因を提供しこの事態を呼び起こした日本に対しては、どんな解決努力をしているのか分からない。日本の態度変化なくして韓国だけが一方的に引き下がれという要求が続くなら、韓国国民は受け入れがたく、「同盟無視」という世論が高まるだろう。

 同盟をビジネスの相手としてのみ見るような在韓米軍防衛費分担金問題では、はさらに幅広い“公憤”が形成されている。米国の専門家たちも、今年の5倍を超える50億ドルまで達すると言われる米国の引き上げ要求に対して、進歩からも保守からも「トランプ政府はひどい」と言っている。韓国でも与野党の意見が一致する内容だ。ワシントンのシンクタンクの人々の中には、私席でトランプの来年再選展望は不確かだと言及し「韓国政府は、今回の交渉で一気に大幅に上げることを最大限に避けなければならない」と話す人もいる。米国に引きずられてはいけないということだ。

 防衛費分担金交渉が、在韓米軍の撤収や縮小問題につながることもありうる。大統領選挙の時から、韓国の防衛費分担に対して「どうして100%ではないのか」として、在韓米軍撤収の可能性を表わしたトランプ大統領なので、実際にそう持ち出す可能性も排除はできない。だが、在韓米軍をタブー視して、恐がる必要もない。この問題が公論化されれば、韓国だけが騒々しくなるわけではない。在韓米軍の配備が、トランプの言うように純粋に「我々(米国)が彼らを守ること」なのか、中国牽制を含む米国の世界戦略上の必要に従ったものなのかをめぐり、米国内の論争が複雑になるだろう。数万人の米軍を韓国に駐留させることと、米国本土や欧州などに配備する場合の費用を問い詰めてみるならば、トランプの“マネー”の論理が捩れもする。

 米議会の荒々しい反対も予告されている。13日に会ったアダム・スミス下院軍事委員長(民主党)は、在韓米軍の撤収・縮小の可能性に対する質問に「北朝鮮は依然として脅威」としながら、断固として「私は反対するし、私が知る限りでは皆が反対する」と話した。同党のエリオット・エンゲル下院外交委員長は前日「在韓米軍の撤収は愚かなこと」と話した。また一方では、在韓米軍が韓国にとって永遠の定数であるはずもないということも喚起する必要がある。現在約2万8500人の在韓米軍の規模は、朝鮮戦争以後の国際情勢の変化などにより減り続けてきた結果だ。

 率先して同盟を傷つけるトランプの時代には、それに相応しい冷徹な備えが必要だ。「強い憂慮と失望」は、米国だけが感じているわけではない。

ファン・ジュンボム・ワシントン特派員 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )
コメント

連載8 世直しご一緒に、 勤めておられた会社も倒産して、生活の見通しがたちません。

2019-11-15 | 市民のくらしのなかで

■□弁護費用、サラ金返済一〇〇万円で助けてあげてください!

 ある日のことです。東京の友人と言う人から電話がかかりました。

 「民商に入っている○○というものです。親戚ではないのですが、子供のときに一緒に暮らしていた者が、寺戸町というところに住んでいます。脳血栓で倒れまして、それがサラ金に借金をしていて、奥さんも気苦労で倒れました。おばあちゃんだけ元気なのです、小学校に通う子が重度障がい児で車いすに乗っています。自分もあまりお金を持っていませんが一〇〇万円だけ出しますので、それで何とか一家を助けてやってください」

 いくらかかるかわからないものを・・・出来るところまでしなければならない・・・ 

 まずサラ金問題の解決は、弁護士に頼む必要があります。ご本人と弁護士の了解の下にお金は弁護士の口座に振り込んでもらうことにし、ご主人のお見舞いをかねて現状把握に行きました。

 不幸は重なるものです。勤めておられた会社も倒産して、生活の見通しがたちません。生活保護の申請をして、とりあえず医療費を無料にし、サラ金は、どこの業者から何円借りて、何円返してという一覧表を作り弁護士に依頼しました。  子供さんの学校にも事情を話し対策をとりました。しばらくおつきあいしているうちに奥さんの病状が回復にむかい、子供さんが詩のコンクールで入賞するなど明るい出来事もあって、解決の道筋がつき、東京の依頼者にも報告できました。こんなときは二、 三ヵ月、四六時中相談者のことばかり考えていることになります。

 ■□「いますぐ死にたい!」「ちょっと待ち!」  

 「国道1号線○○陶器の清水団地の入り口、陸橋の上にいます。もう死にたい」という真夜中の電話でした。

 「ちょっと待ち。左の下に喫茶店が見えるやろ。そこに入って待ちなさい。三〇分で行くから」

 相手は若い娘さんです。何日か前に、向日民商から相談が持ち込まれた人で、一二時までなら電話に出る約束をしていたのです。

 真夜中に私が一人で娘さんに会うわけにはいかないので、寝かけていた妻を起こし、理由を言って二人で自動車を走らせました。指定したところで小さくなって座っている女性を見つけました。いろいろ話をしているうちに落ち着いてきてもう大丈夫だと判断して向日市のアパートに連れて帰りました。

 彼女とはその後五年間くらい、話し相手になっていろいろ相談を受けましたが、いまは結婚し、子供もできて、何とか独り立ちできるようになってがんばっておられます。

 ■□その土手は向日市ではない…

 「今、夜は小畑川の土手にある軽自動車の中で寝ています」80歳くらいのご老人です。      

 「そらあかんで! 冬になったら死んでしまうで、本籍はどこになってるのや」

 「向日市です」 「向日市に本籍があるのなら話は早い、市役所に行こう」

 一緒に市役所に行くと「どこに住んでおられるのですか」と聞かれ、「小畑川の軽自動車」と話しました。

 「困りましたね」 「何が困ったのや」  「その場所は長岡京市です」

 「本籍が向日市にあっても、車のおかれている現住所が長岡京市? 変なことをいうな!」「お役所仕事やな。」

 詰め寄っても受け付けないので、私は「わかった、長岡京市に行くから、この方の事情を担当者に伝えておいてほしい」と頼んで、長岡京市に行き、事情を話し、生活保護の手続きをしました。近くの役所も良くいきました。

 何日かしてアパートの敷金・礼金、生活保護費を受け取って住宅業者を訪れ、屋根の下で暮らすことができるようになったのです。長岡京市の職員からは、「本来なら私たちがしなければならない仕事をしていただいてどうもすみません」とあいさつがありました。全部役所に頼でば良いのですが、急を要する場合は、そんな悠長なことは言ってられません。

■□ホームレスと貧困ビジネス

 真夜中のことです。私の家の燃えないゴミを近くの南山児童公園前の集積所に持っていくと、缶を集めて生活している人が二、三人ウロウロしています。空き缶といえども市の管理しているものを無断で持っていくのだから、本来なら「窃盗罪」が適用されるのですが、私はその人々を訴える気はありません。暗い中で作業している人の中に、見覚えがある人がいました。

 「○○さんと違いますか?」  声をかけると、「そうです」と応えがありました。

 「何か事情がありそうですね? 夜はどこで寝たはりますか?」 「公園です」

 「そらあかんわ? 明日昼過ぎ市役所へおいで!」

 大阪で生活保護をもらって暮らしていた彼は、家を世話するという話にひっかかって、暴力団のような連中に手帳を取り上げられ、あばら家でにぎり飯程度のものを食べさせられて、生活保護費をピンはねされていました。         そこに警察の捜査が入り、手帳を取られていた者が参考人として一人ひとり呼び出されることになったそうです。ところが彼らは「叩けばほこりが出てくる」弱みをもっているし、警察が嫌いだから、呼び出される前に逃げてきたというわけです。 彼はその事件の新聞の切り抜きを持っていて私に見せました。

 「苦労してたんやな、嫁も子もいたのと違うの?」と聞くと、「はように逃げられた」と言うのです。

 「兄弟はどうしてるんや」 「いるけど勘当されてる。若いときに迷惑かけてるから、行ったら大喧嘩になる」

 「そうか。けどいつまでも公園で寝てるわけにもいかへん、君は以前生活保護を受けていたのだから、 その続きとして向日市で申請しなおせばよい。どうするか」と聞くと「たのみます」と頭を下げました。

 担当者を呼んで事情を話し、結局、向日市に近い場所にある、京都市内のアパートを借りて、京都市から生活費が届くようになりました。その後一度議員控え室に来たあとは連絡もありませんが、どうしているか心配しています。

コメント

北東アジアで安定的な役割を果たしているのかについて、十分に説明する義務がある

2019-11-15 | アメリカの常識は世界の非常識

米統合参謀本部議長

「米国民、裕福な韓日がなぜ自ら防御できないのかと疑問に思う」

登録:2019-11-13 06:40 修正:2019-11-13 07:54

 
        マーク・ミリー米統合参謀本部議長=ハンギョレ資料写真//ハンギョレ新聞社

 マーク・ミリー米統合参謀本部議長が「裕福な韓国と日本がどうして自ら防御できないのか、というのが米国人の質問」だと述べたと、米国防部が11日(現地時間)明らかにした。韓国と日本の訪問の道での発言であり、米国大衆の疑問を引用し、再び防衛費分担金の引き上げへの圧力をかけたものと見られる。

 米国防総省は同日、ホームページに「統合参謀本部議長が米国の戦略的思考を持ってインド太平洋を訪問する」というタイトルの文を掲載し、ミリー議長の韓日訪問計画を伝えた。ミリー議長は11日から二日間日本を訪問した後、13日に韓国を訪問し、15日に開かれる韓米安保協議会(SCM)にマーク・エスパー国防長官とともに出席する予定だ。

 
マーク・ミリー米統合参謀本部議長(左)が今月12日、東京で安倍晋三首相に会って握手を交わしている=東京/AFP・聯合ニュース

 ミリー議長は日本に向かう軍用機の中で、記者団に「普通の米国人は前進配置された在韓・在日米軍を見ながら、いくつか根本的な質問をする。彼らはなぜそこに必要なのか。費用はどのくらいかかるのか。韓国と日本は非常に豊かな国なのに、なぜ自ら防御できないのか。これは典型的な米国人の質問だ」と述べた。さらに、「我々には、米軍が武力衝突の発生を予防し抑止するうえで、北東アジアで安定的な役割を果たしているのかについて、十分に説明する義務がある」と述べた。

 ミリー議長は韓国政府の決定によって23日0時に期限を迎える韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)も維持されるべきだという意向を明らかにした。そして、「GSOMIAは地域の安全保障と安定にとって中核となる要素だ」としたうえで、「米国と韓国、日本は一緒にいるとき、肩を並べるときが強い」と述べた。ミリー議長は「韓国を日本と米国から切り離すのは中国にとって利益になるのは明らかで、北朝鮮にとっても同じだ。我々3カ国が緊密に歩調を合わせるのが、我々にとって有益だ」と述べた。

ワシントン/ファン・ジュンボム特派員(お問い合わせ japan@hani.co.kr)
コメント

連載7 サラ金地獄で困っておられる方を助けるのは並大抵ではありません。世間には暴力団が多いのに驚く

2019-11-15 | 「私がお話し」します。

 2  共産党議員の生活相談は、みんなで仲良く暮らすお手伝い

 ■□サラ金地獄からの救済は大変だが…

         相談者の気持ちによりそい共産党議員ならではの力を発揮                        

 共産党への生活相談は、 現代の駆け込み寺。他党議員や他の誰かに頼んでも解決できなかった難題が持ち込まれる場合が多いのです。こんなこともあるのかという相談もたくさんありました。まだ独身だった私が、最初に受けた相談が、なんと離婚相談だったことも、心に残っています。

 サラ金地獄で困っておられる方を助けるのは並大抵ではありません。初めに借りたお金は、一〇万~二〇万円でも、返済のために借金を重ねて、五〇〇万円にもふくらんでいたケースがあります。こうなったら利息だけでも返せません。多い方は八〇ヵ所ほどから借りておられました。なぜこんなことになったのかと問いかけ、自分で考えてもらわなければなりません。

 相談者から返済振込の領収書の山が持ち込まれると、一枚ずつ広げて、業者ごとに、日付順に仕分けして、コピー用箋に書き出していきます。パソコンがまだ普及していないころでしたから、何日も徹夜でした。「もう朝やで、いつまでやってるの」と妻もあきれていました。

 整理した資料を持って法律事務所に何度足を運んだことかわかりません。弁護士に解決を依頼するときは、本来なら振込用紙の整理は事務員がやってくれますが、私は自分でしないと相談者の気持ちがつかめないと思いガンコに取り組んでいました。

■□映画のままだった暴力団事務所 

 サラ金業者は、暴力団とかかわりが深いところが多いのです。

 「すみませんが返しに行って、借用書をもらってきていただけませんか?」という相談もありました。金額が多いので直接持っていかなければならないが、 怖くて行けないというのです。自分で行けばよいのにと思いながら、追い詰められた様子を目の前にして、住所・業者名・電話番号を聞いて引き受けました。

 伏見区にあった金融業者の事務所は一方通行の、とてもわかりにくい所でした。何度も公衆電話から連絡してやっとたどり着きました。若い衆が近くまで迎えに来てくれました。二階へ上がってくれと言われて部屋に入ってびっくり、映画に出てくる暴力団親分の部屋と同じつくりです。神棚があって、提灯飾りがあって…。応接椅子に座ってまず名刺を出し用件を告げると、「ご苦労さん。本人が来ればええのに…また入用があったら連絡してください」といたってていねいでした。借用書と領収書をもらって帰ってきましたが、常に子分が一歩下がって控えている密室で、監視カメラもあって、居心地のいいところではありません。

 暴力団は、なくさなければなりません。日本の歴史では、権力者が十手持ちと暴力団を操って、民を苦しめてきたのです。この人たちも元をただせばいつも命令でこき使われて、利用されている人たちですが、理屈・理論でなく義理人情でつながっていますから、初対面で理屈は通りません。私としては、普段、誰とでも接する態度と同じように、普通に対応することにしています。 

  ■□音信不通の息子の「事故」で脅迫が

 「お前とこの息子が衝突事故で俺の外車にキズをつけた弁償しろ」と、やくざ風の男二人が押しかけてきたというのです。

 相談を持ち込まれた方は、長男とは何年も音信不通でした。

 「息子はどこで何をしているのかわからない。本当に事故を起こしたのか、どんな約束をしたのかもわかりません。傷ついた車は五条署の駐車場にレッカー車で引き上げられたので、それも引き出してこいと言い、 『月夜の晩ばかりではないぞ』と脅されました。今晩またくると言っているのですが…」との相談です。さて!どうしたもんか?

 私は、「会うしか仕方ないでしょう」と待っていたら、二人が決めてあった時間通りにやってきました。話を聞いた後、私は「この話を家族に言ってくるのは筋違いだ。あなた方も大人でしょう、男同士の約束はそちらで解決すべきだ。煮ようが焼こうが好きにすればよい。車を出したいのなら、五条署の前で待ち合わせをしよう」と日時を約束して別れました。

 初めからそのような答えを用意していたのではなく、どう拒否しようかと考えていただけでした。約束より一時間ほど前に五条警察署に行くと、事故車は確かにそこにありました。係の警察官に事情を説明して約束の時間まで待っていましたが相手は来ませんでした。それ以来、親への嫌がらせはなくなりました。

  住民票を見たら知らぬ間に自分の家に同居人がいる! さあ!どうする?

 おばあさんから、「女の名前で何度か商品案内のカタログが送られてくるのが不思議なので調べてほしい」と相談がありました。女は亡くなった息子の元妻で、ずっと以前に離婚し、子供はおばあさんが育てていました。前夫に財産があったから、勝手に子供とおばあさんがいる家に住所を移して、同居の形を取っていたのです。

 おばあさんと一緒に、区役所へ行って住民票を取りました。案の定、同居の形をとっているではありませんか。おばあさんは、頭に来て興奮しています。しかし、どうしてよいかわかりません。さあ!どうする?

 そこで私は住民課長に名刺を渡し、率直に事情を説明して、どうすれば良いか聞きました。

 すると「変な奴が後ろについてるかも知れないので警察の『民暴課』へ行って相談しなさい」と言います。転入前の住所で電話を調べればよいと言い、その上親切なことに、知人であるという警察の「民暴」の係員に連絡までしてくれました。こういうときは警察が頼りです。近くの伏見警察署に行きました。担当の警官がその場で電話をすると相手の女が出てきました。

 「ねえさん、おかしなことしたら、おばあさんが困ってるやないか、元の住所に戻しとかんと、また電話せんならん。わかってるやろ! 早うしとかんとあかんで!」 

 これで一件落着。そして警察官は、「二~三日してもう一回区役所へ行って確かめとき」と、おばあさんに言いました。なるほど、こんな手があるんや、勉強になりました。

コメント