向日市自治功労者、大橋 満 の平和ト-ク・・・世直しご一緒に!

世界の変化を見ながら世直し提言
朝鮮・韓国・中国・ロシアとの友好交流促進
日本語版新聞紹介

国連こどもの権利委員会は7日、スイスのジュネーブで開かれた記者会見で、日本政府は朝鮮学校を「他の外国人学校と同等に扱うべきだ」

2019-02-10 | 京都の在日朝鮮人の方々

国連子どもの権利委員会

「日本政府は朝鮮学校を無償化対象に加えるべき」

登録:2019-02-09 06:37 修正:2019-02-09 09:01

 
        東京北区の東京朝鮮中高級学校=ハンギョレ資料写真//ハンギョレ新聞社

 国連子どもの権利委員会が、朝鮮学校を高校無償教育の対象から外したのは不当だとして、日本政府に是正を勧告した。

 国連こどもの権利委員会は7日、スイスのジュネーブで開かれた記者会見で、日本政府は朝鮮学校を「他の外国人学校と同等に扱うべきだ」と述べた。国連子どもの権利委員会の勧告は法的拘束力はないものの、日本政府は後続措置を同委員会に報告しなければならない。

 国連子どもの権利委員会は先月17日の審議で、朝鮮学校を無償教育から除外した措置を「不当な差別」と規定した。当時、日本政府関係者は「法令による審査基準に合わず除外したもので、生徒の国籍を理由にした差別ではない」と主張したが、受け入れられなかった。

 日本政府は2010年、生徒1人当たり年間12万~24万円の就学支援金を学校に支給する高校授業料無償化制度を導入した。正規高校だけでなく、法律上各種学校に分類される外国人学校にも適用された。しかし、在日朝鮮人総聯合会と密接な関係があり、就学支援金が授業料として使われない可能性があるという理由で、朝鮮学校は排除した。

 朝鮮学校の卒業生たちは差別的措置だとして、日本政府を相手に損害賠償訴訟を複数の裁判所に提起したが、1審または2審でいずれも敗訴した。

東京/チョ・ギウォン特派員(お問い合わせ japan@hani.co.kr)
コメント

朝鮮との連帯運動の歴史を刻み続けてきた京都の関係者をはじめとする参加者たちに朝鮮総聯中央常任委員会を代表して謝意を表した。

2017-11-13 | 京都の在日朝鮮人の方々

“対話こそが唯一の道”/

第35回朝鮮統一支持全国集会in京都

「朝鮮統一支持運動第35回全国集会in京都」(主催=京都実行委員会、朝鮮の自主的平和統一支持日本委員会)が11月3日から4日にかけ京都市内の施設で開催された。朝鮮の自主的統一支持日本委員会(以下、日本委員会)の日森文尋議長と委員、京都実行委員会メンバー、全国の日朝友好団体代表、在日同胞らの参加の下、記念パーティー(3日)、全国活動者会議と全体集会(4日)が開かれた。総聯中央からは南昇祐副議長が来賓として参加した。

全国集会のようす

朝・日間の交流と友好運動に豊かな実績を持つ京都での開催となった今年の全国集会。トランプのアジア歴訪の時期と重なったこともあり、情勢が緊迫している今だからこそ米国とその追随勢力によって作り上げられた「北朝鮮脅威論」を糾し、朝鮮半島の平和体制構築と朝鮮の自主的統一を支持する運動を日本の地でいっそう力強く推し進めるべきという主催者側の熱意に満ち溢れた集会となった。

朝鮮半島情勢を概観

4日、午前の全国活動者会議につづいて行われた全体集会では主催者側を代表して日森議長と京都実行委員会の豊福誠二共同代表が挨拶した。

日森議長は朝鮮半島が緊張状態にある今、連帯運動を繰り広げる我々にとって、朝鮮が核保有に至った背景、朝鮮半島を取り巻く現況を正確に理解することが重要であるとし、本集会を機に朝鮮人民との連帯運動をいっそう力強く推し進めていこうと呼びかけた。

弁護士の豊福共同代表は、朝鮮半島情勢と同時に在日朝鮮人の人権問題も重要であるとし、「人間の尊厳」を「社会から保護と関心の対象として共通に扱われる地位」と定義すると高校無償化制度からの朝鮮学校除外は「人間の尊厳」を傷つける断じて許せない差別であると日本政府を非難した。

続いて総聯中央の南昇祐副議長が来賓として挨拶した。

南副議長は朝鮮半島、朝・日関係が厳しい状況の中でも、朝鮮との連帯運動の歴史を刻み続けてきた京都の関係者をはじめとする参加者たちに朝鮮総聯中央常任委員会を代表して謝意を表した。南副議長は、米国の朝鮮に対する侵略と核戦争挑発策動、不当な孤立圧殺政策と制裁措置の不当性について言及し、「朝鮮の戦略的地位が高まり、米国が一方的に朝鮮を威嚇する時代は過ぎ去ったこんにち、米国は朝鮮の自主権と尊厳を尊重し、時代錯誤的な核戦争策動を中止すべきだ」と述べた。また、「朝鮮は、国の自主権と発展権、生存権を脅かし人民生活を圧迫する悪辣な経済制裁の中でも、金正恩委員長の指導の下、経済建設、人民の生活向上に邁進しており、これからも国の発展と朝鮮半島の統一を実現する闘いを力強く展開していくであろう」と強調した。

朝鮮対外文化連絡協会から送られてきた祝電が紹介された後、日本委員会の水谷研次事務局長が基調報告を行った。

つづいて、「緊迫の朝鮮半島情勢と向き合い、平和統一の未来へ」と題し、外務省で地域政策課長などを歴任した大阪経済法科大学の浅井基文客員教授と平統協の李東埼副会長による記念講演が行われた。埼玉大学の鎌倉孝夫名誉教授(日本委員会代表委員)が司会を務めた。

浅井客員教授は朝鮮の核・ミサイルは最悪の事態になるリスクを受け止める意思と能力を意味するデタランス(抑止)ではあるが、脅威ではありえないとし、「北朝鮮脅威論」は米日合作のフィクションに過ぎないと述べた。また、朝鮮の立場を理解するだけでなく、「他者感覚」を働かせ、朝鮮人の感覚を捉えて朝鮮半島を取り巻く情勢を見る必要性などについて話した。

李副会長は「米国は朝鮮と平和的に共存するのか自滅の道を歩むのか二者択一を迫られている」とした上で、今後、朝米間の力の均衡が達成された時、情勢は朝米平和協定の締結や南朝鮮の米軍撤収、朝鮮半島の統一実現へと向かい、また、それによって東北アジアに地殻変動が起こり「国際秩序の再編成への出発点が示されるであろう」と述べた。

最後に集会アピールが採択された。アピールは朝鮮半島情勢激化の原因は「安倍政権やトランプ政権による朝鮮敵視政策にある」と指摘し、「軍事演習や制裁措置で平和を築くことはできない。対話こそが平和につながる唯一の道」であるとした。

集会に先立って3日に行われた祝賀宴では、日森議長の挨拶に続き、京都仏教会理事長であり臨済宗相国寺派の有馬頼底管長の祝電が紹介され、来賓として総聯京都府本部の金尚一委員長と心の広場の崔俊代表が挨拶した。

祝賀宴では朝青京都府本部と留学同京都府本部のメンバーが、祖国統一運動の歴史を紹介した映像をバックに、民族打楽器の演奏を披露。また、京都朝鮮歌舞団と和太鼓・横笛・津軽三味線を演奏する山本朗生さんらによる、カヤグムと三味線、朝鮮太鼓と和太鼓のコラボが会場の雰囲気を大いに盛り上げた。

(金孝俊)

コメント

大阪判決報道の影響からか、街頭宣伝の最中、応援の言葉やカンパが多数寄せられた。

2017-08-08 | 京都の在日朝鮮人の方々

高校無償化、京都で街頭宣伝/

「朝鮮学校と民族教育の発展をめざす会・京滋」が主催

高校無償化裁判の広島判決(7月19日、広島地裁)と大阪判決(7月28日、大阪地裁)を受け、「朝鮮学校と民族教育の発展をめざす会・京滋(こっぽんおり)」の主催で、7月31日(京都タワー前)と8月5日(三条京阪駅前)の二度にわたり、街頭宣伝を行った。

京都から世界へアピールする貴重な経験を得た

 

街頭宣伝には、「こっぽんおり」のメンバーのほか、朝青京都、留学同京都、京都朝高生、朝大生、朝鮮学校教員、学父母など約100人が参加した。

参加者たちは、リレートークやビラの配布、シュプレヒコールなどをあげながら、高校無償化制度からの朝鮮学校除外は違法であるとした大阪判決を広く周知し、朝鮮高級学校への高校無償化適用を求めて、アピール活動を行った。

大阪判決報道の影響からか、街頭宣伝の最中、応援の言葉やカンパが多数寄せられた。

また、8月5日の街頭宣伝では、外国人観光客が多い京都という地域の特色に合わせ、4カ国語(日本語・朝鮮語・英語・中国語)でビラを作成し配布したところ、複数の外国人が関心を示し説明を求めてくるなど多くの反響があり、京都から世界へアピールする貴重な経験を得ることができた。

参加者らは、各地で行われている高校無償化裁判ですべて勝利し、高校無償化制度が朝鮮学校に適用される日まで、世論喚起のための活動を続けていく決意を新たにした。

【朝青京都】

コメント

立命館大学入学後、アルバイト先で出会った留学同OBに、自分も朝鮮人だということを告げた.

2017-05-26 | 京都の在日朝鮮人の方々

人生の転機

大学まで日本の学校を通い、国籍は日本。そんな同胞青年の人生の転機は、立命館大学入学後、アルバイト先で出会った留学同OBに、自分も朝鮮人だということを告げたことから始まった

春夏秋冬

▼05年のある日、先輩に連れられて参加した留学同の集まり。参加者たちに、生まれて初めて朝鮮の名前で呼ばれた。そのときの照れくささと喜びは10年以上が経った今でも忘れられないという。それ以来、少しずつ留学同の活動に携わるようになった

▼同時に「朝鮮語も話せないうえ日本国籍まで取得した自分は朝鮮人と言えるのか」という悩みで頭がいっぱいだったという。一方、裕福な家庭ではなく学費の工面は簡単ではなかった。そんな状況の中、総聯のはからいで祖国からの教育援助費と奨学金の恩恵を受けることになった。「そのおかげで留学同活動にいっそう積極的に取り組むことができ、『悩み』も解消されていった」。現在彼は留学同中央の専従活動家として、過去の自分のように日本社会に埋もれて暮らす同胞学生を探し、朝鮮人として堂々と生きていけるよう導いている

▼教育援助費と奨学金送付60周年に際して4〜5月、本紙朝鮮語版に、初めて送付されてきた当時の高揚した雰囲気を知る90歳から上記の留学同活動家など30歳までの幅広い年齢層が随筆を書いてくれた。共通しているのは実利面もさることながら大きな心の支えになったということだ。今も活動の原動力となっている。(進)

コメント

同胞生活シンポジウムのようなイベントの開催も企画する!

2017-05-22 | 京都の在日朝鮮人の方々

同胞のために:総聯京都府本部「同胞生活相談総合センター

「京都同胞生活ニュース」が大きな話題となっている。総聯京都府本部「同胞生活相談総合センター」運営委員会が定期的(現在は月1回)に発行する情報紙だ。総聯による同胞の権利擁護と生活向上のための多彩な活動が紹介されている

春夏秋冬▼編集に携わっているのは総聯本部と支部、商工会、朝青、女性同盟、留学同、金剛保険の活動家9人。記事を集計してレイアウトもこなす担当者は「総聯の活動をたくさんの同胞に知らせたかった」と、情報紙へのホットな思いを披歴した。以前にも同じような内容の情報紙の編集に携わったことのある同担当者は「鳴り物入りでデビューして頓挫したら申し訳ない。定期的、継続的に発行することを肝に銘じている」そうだ

▼気になっていたのは情報紙に掲載する記事をどのようにして作っているかだった。この点について聞くと活動家たちが得意分野別に分担してオリジナルの記事を作っているほか、総聯で発行する各種情報誌の内容を転載したものもある。同じ内容の記事を反復して読むことでいっそう理解を深められるからという転載の理由に筆者も思わず同感した

▼昨年11月の発行以来、記事の内容についての問い合わせが増えていて相談件数も伸びている。センター運営委では「無料相談の日」も開催し、同胞生活シンポジウムのようなイベントの開催も企画する

▼「同胞のために」。編集に携わる9人の熱い志に新聞製作に携わる身として学ぶ点が多い。(東)

コメント