向日市自治功労者、大橋 満 の平和ト-ク・・・世直しご一緒に!

世界の変化を見ながら世直し提言
朝鮮・韓国・中国・ロシアとの友好交流促進
日本語版新聞紹介

桜吹雪で滑らないように!

2007-03-31 | 市民のくらしのなかで

 
 いつまで雪用タイヤ付けてる 年

 

 昨年暮れから、雪がチラチラットしか降らなかったので、雪用のタイヤが普通の道ばかり走るのでブーブー怒っている。早く普通のに変えなければ、今年の暮れに役立たなくなったら大変だ。

 この間テレビで、自動車である場所を走っていたら曲が流れる道路が紹介されていて、洒落たことをすると感心した。

 その構造は、道路に幅1センチとか2センチとかの溝が幅いっぱいに3~400メートル掘ってあり、時速40キロくらいで走ると、タイヤと道路の摩擦音が曲になって聞こえるのだ。エンジン音の静かな車の方が、雑音がなく綺麗に聞こえると、町長の車で走っていた。
 
 時速制限の看板を付けておくより、オーバーして走ったら変な曲が流れ時速を守れば綺麗に聞こえる道路をあちこち造っておけばいいのにと思うのだが、どうだろう。

 また 全く違う発想でもっと面白いことができるかもしれない、今すぐ思いつかないが・・・・・

 ちいさいときから、あれも駄目、これも駄目と言っている社会のなかで、決まりのようなものを守る方が自然に心地よい結果となる。そう言うしゃれっ気が必要だと思う。

コメント

一般常識

2007-03-24 | 市民のくらしのなかで

                          2007年3月23日(金)「しんぶん赤旗」

   
    6人中5人 拙速戒め

        改憲手続き法案 中央公聴会

 衆院特委


 衆院憲法調査特別委員会は二十二日、九条改憲と地続きの改憲手続き法案について中央公聴会を開きました。公聴会では法案の問題点が指摘されたほか、法案を提出した政党が推薦した公述人を含め六人中五人が拙速審議をいましめました。

 東京慈恵会医科大学の小沢隆一教授(憲法学)は、手続き法は、国民主権など憲法の基本原理を踏まえ国民の自由で民主的な意思の表明を保障する制度でなければならないと指摘。その点で、現在提出されている法案には、最低投票率の定めがないことや、公務員・教育者への運動規制など重大な問題があり、「廃案にすることを含む抜本的かつ慎重な検討を求める」と述べました。

 国際経済研究所の高田健氏は、安倍晋三首相が任期中改憲のために手続き法案の成立を指示したと指摘。九条改悪のねらいは明確であることを示し、世論が求めていない手続き法を「今つくるべきではない」と述べました。

 日本共産党の笠井亮議員は、与党や民主党の「改憲とは別に公正中立なルールを定める」という言い分について質問。小沢氏は「改憲の中身と手続き法制定が関連していることは市民の常識だ」と述べました。

 「制定には大賛成」という政策研究大学院大学の本田雅俊助教授は、成立期限を指示した安倍首相発言について「三権分立の観点から問題がある」「与党だけで一瀉(いっしゃ)千里に走るのは思いとどまってほしい」と発言。民主党前衆院議員の山花郁夫氏も「審議を尽くすのが国会の権威を高める道だ」とのべ、江橋崇法政大教授は「拙速になってはいけない」とのべました。


コメント

2007年度(H19)一般会計反対討論

2007-03-22 | 市民のくらしのなかで


議案第2号  平成19年度向日市 一般会計予算 に対する 反対討論を行います。

 

                             向日市会議員  大橋   満 

市長の仕事は、市民の暮らしを守り高めることであります。
地方自治法第1条の2において「地方公共団体の役割と国による制度策定等の原則」が決められています。
  市民の立場からみて見ますと、市長は、① 国が新たな制度を作り、市民の暮らしを悪くするようなことをしてくれば 、それは困ると言って 改善を求めてがんばっていただくこと 、
 ②つめは、市長自身が、法律で決められている範囲で 市民の暮らしを良くする仕事をしなければならないと言うことです。
 
 今年度予算は骨格予算ですので、この4年間の市長の仕事ぶりをみて この2つの仕事がきちっと出来ていたたのかどうかについて検討したところ、とうてい賛成することはできないのであります。その特徴的なものについて申し上げ反対討論といたします。

 その第1の問題は、「日本人としての心を持て!  と言うことです。」
私がビックリしてあいた口がふさがらなかったのは 、普段憲法を守るとか向日市世界平和都市宣言を守ると言いながら、国民保護条例の提案と国民保護計画の決定であります。これは国で法律が出来たから仕方がないということで、すますことの出来ない重大問題だと言うことです。
 市長は、計画に書かれていることに本当に責任が持てるのですか。
しっかりとした科学的な説明責任を全く果たされず、ただただ国が決めた事だと言う説明だけでした。
 それは、多くを指摘するまでもなく、核兵器などへの対応として決められたことが実行出来るのですか。あの方法で市民が守れると思っておられるのですか。直ちに撤回し市民を守れる内容を提案すべきであります。
 それを決められた協議委員も,お二人をのぞきなんという無責任な人たちなのかと怒りを覚えるのであります。
  具体的には、次のようになっている、
 核兵器の場合は、生物兵器と化学兵器とも共通するとして、・避難誘導の際には、風下方向を避けるとともに、 (風下かどうかなど混乱していてわからないでしょう)
皮膚の露出を極力抑えるため手袋、帽子、ゴーグル、雨合羽などを着用させること、(このようなもので、核兵器の放射線を防げると、本当に思っておられるのですか)
 マスクや折りたたんだハンカチなどを口及び鼻に当てさせる、(そんなことをして防げるとおもっておられるのですか)こんなことに留意すれば大丈夫なのですか、助かるのですか。市長は、私の以前の質問に助けられるとは言われませんでした。
・核爆発に伴う熱線、爆風などによる直接の被害を受ける地域については、爆心地周辺から直ちに離れ、   〔離れるまでに死んでしまうではありませんか〕
地下施設などに避難、    〔向日市では何処の地下施設に、避難・誘導するのですか)
 安定ヨウ素剤の服用、(誰が持ってきてくれるのですか、用意してくれる人が死ぬようなことはないのですか その他誘導する人は死なないのですか、)
一定時間経過後、放射線の影響を受けない安全な地域へ避難・(核兵器が落ちて放射線の影響を受けない安全な地域は何処にあるのですか)
放射性降下物による外部被爆を最小限に押さえるため、風下を避けて風向きとなるべく垂直方向に避難、・(あちこちにおられる市民のおおぜいのかたを正しく風上にどうして避難・誘導するのでか)
 ダーティイボムによる攻撃の場合は、武力攻撃が行われた場所から直ちに離れ(離れる余裕がありますか)できるだけ近傍の地下施設などに避難 (これらの避難を市長が責任を持ってできるのですか 。できるわけがない ではありませんか。)

 先日小山議員が言われました 、ぴかっと光ればドンときて   丸焦げだと ・・・

だから広島市では、 核兵器はこんなことではどうすることもできない、核兵器をあまりにも過小評価したものだと、核兵器に関する対応を削除されたとの報道を見ました。
 
 久嶋市長は、こんな方法で核兵器の攻撃から市民を守ることができると思って提案されたのだから 、余りにも勉強不足か 、余りにも国の言われるままの、全く無責任な態度だと言うことであります。
 被爆国日本人なら、誰でも こんな方法で核攻撃から命が守れない事は分かり切っています。  
  
 ところが、アメリカでは兵士に対しても、国民に対してもこの程度の内容で、助かるというマニアルになっているのです、偽りの説明がこの文章の通りなのです。
 アメリカでは核兵器を使って殺人をしようとしているわけですから 核兵器の本当の恐ろしさを国民に知らせず、あの程度のことで命が守れると言う宣伝がおこなわれているのです。  私は、アメリカの退役軍人の方から直接その話を聞きました。
 この国民保護計画の原爆のところの記述は、アメリカのマニュアル直訳だと言うことを申し上げておきたいと思うのであります。

 第2は市民の暮らしの問題です
 2の1は 、「市民の立場に立てと言うことです。」
 わが党議員の一般質問の答弁で、市長は、増税 ・年金切り下げ ・医療費値上げ ・介護保険改悪・国民健康保険料値上げ ・障害者自立支援法と言うなの障害者切り捨て行政等の引き続く改悪等々で市民に対する負担増と、援助の切り下げが次々強行されたことや・生活保護行政のカットに対しても、苦しむ市民の立場に立って、国に対してもっと働きかけを強めてほしいてとお願いしても、国会で決められたことだからそちらを守るのが市長の勤めだと 市民の痛みを殆ど感じておられない態度だったのであります 。
 
 これだけの市民いじめの政治に、怒りを持って抗議するのが 市民の立場にたった市長だとおもうのですが 全くそのような立場ではありませんでした。これは市民にとっては非常にショックです。市民の苦しみを自らのものとして、国や京都府にストレートに申し入れていただくべきであります。そこから解決の糸口が見つかるものであります。

 第2の2は、「地方自治法の精神を貫けなかった。」事であります。
 財政健全化計画まで国の指導どうりではありませんか。、地方自治法を守ることは 地方分権を徹底的に守ることなのに 市として独自の工夫がないのではありませんか。
議員の視察で 向日市の類似団体に行きましたら 、5年間で41億円の財源不足が見込まれるので 「健全化計画」を立てたとの説明があり、議員同士顔を見合わせました。
 偶然の数字にしては ちょっとできすぎではありませんか 。
 しかもその内容が、向日市とおなじようで、公共料金の値上げ、無料のものの有料化  、民間委託、指定管理者制度 、補助金・負担金カット、人件費の削減、納税相談より権力的な差し押さえ・担保物件の提出等、市民を守る市役所が、苦しい市民生活に追い打ちをかける仕事に変ってきているのであります。
 向日市もこれでは市民の役にたつ所ではなく、国家の出先機関になっているのであります。

 第2の3は、「法律を遵守しゆがんだ同和行政をやめよ」ということであります。
 既に法的根拠がなくなった下で「地域改善対策の意見具申」を唯一の根拠にして、市長は直接「解同」にトンネルで275万円、関連を含め400万円の違法な支出をされた。このことは、京都府や京都市、近隣市長の解同擁護の態度が、京都市の同和関係事件を連続的に引き起こしている事への連帯責任だと言うことです。市長たちが、違法不法をかばい合っているからであります。市長は引き続き今まで通り公金を出し続けると言われましたが、全く法を遵守する気がなく、断じて認められないのであります。

第3は、「京都府の下請け機関ではない、実情に見合った行政を行え」ということです。
 向日市の実態に見合った水道料金問題解決についても、向日市議会の意志よりも京都府の言われるままではありませんか。水量については協議の対象にもしないとはおかしいじゃありませんか。なぜ、京都府の水道の条例を守らないのですか。毎年必要水量の契約をすれば良いではありませんか。市民の暮らしを第1に考えない典型的な下請け行政です。 

 第3の2は、「教育行政も京都府の下請け機関ではない、向日市の独自性を見つけることはできないのであります。」
 同時に「本当の人間の心を持って教育にあたってほしいと言うことです」それがないと言うことです。
 教育基本法の改訂に関してですが、改訂前は、教育への国家権力の介入は認められないこと 。愛国心の強制は 心の問題として内心への介入は認められないこと 。を国会答弁や憲法を根拠に説明されていました。ところが私の一般質問に、まだ憲法が変わってもいないのに、教育への国家の介入や、内心の自由を守ることについては、答弁しないという偏向教育であります。憲法を守らないのは違法教育といわねばなりません。

  「全国一斉学力テスト」についても、議会で行われたあの答弁の認識であるのなら、世間の事情を全くご存じないと言わなければなりません。しかし、議員にはあの程度の説明で切り抜けられると思っておられたのだとすれば、向日市民に失礼極まりないと思うのです。
 憲法改悪をにらみながら、教育基本法を先に変えてしまった。そのこととあわせて学力テストが行われる。何を目的に行われるのか、本来なら国会答弁などを引用しながら説明すべきであるのに、向日市は、詳しくはなにもせず、今後も毎回参加すると答弁があった。   しかし、学校長の中には、自分の学校のランクが  下の方だったら大変なことになるので色々試験対策を立ててえいる。その中で一番本質に迫るのが、当日は良くできない子を休ませようとか、休んで良かったとか  いうことになっている。これはどういう事か。
  民間会社に結果の集約をさせたら、どういう資料がつくられるのか、文科省がそれを根拠にどういう教育方針を出してくるのか 。世間ではどんなことに話題が発展して行くのか
 60%の子供が  塾に行っているなかで 、どういう資料が出回るのか、何も考えない市教委は、全く世間知らずとしか言いようがありません。
 既に、高校入学試験の結果が、本人の希望があれば公開されることになったが、本人の希望と言うより、塾の希望で本人を通して資料をつくり宣伝に使われている。ただそれだけではなく、そのことが子供にどういう影響を与えているか、考えられたことがあるのでしょうか。
 全国一斉学力テストは全国の資料が民間会社のコンピューターに保存されるのです。
しかも、試験に関係のない家庭の事情までもがです。
 
 教育基本法の改悪  。憲法改悪  。戦争できる国にしていく  と言う政治の流れを
 子供の教育に責任を持つ人間であるなら、一つ一つの行政がどのように関わっているのか分かるはずだし  人間の良心を持って仕事をしていただく必要があるのに、その指導ができていないと言うことを指摘しなければなりません。

  3の3は、キリンビール工場跡の開発も国の法律がありますが、具体的には京都府指導の言いなりであります。府道久世北茶屋線工事の教訓から向日市の立場で京都府にはっきり主張すべきであります。松山議員が質問で取り上げた、阪急工事の側道も、用途指定変更時期や区画整理・都市計画法等最初から洗い直して、もっともっと工夫して府や阪急に申し入れ 変更を迫るべきだし、市長の権限をふるに活用すべきであります。

  主なものだけ申し上げましたが  、市長の第一の仕事  法を守り市民の立場で国や府に改善を求めていただくと言う政治姿勢・市長の政治責任が果たされておらず認められないのであります。

 2つめの市として「市民に対する仕事」はどうだったのか でありますが  もう本議会が終われば市長選挙でありますから、そのことにも関連して申し上げたいと思うのです。

 府営水道問題では、市民の運動があれほど大きな問題になりNHKまで、テレビに大きく取り上げられたにもかかわらず根本的な解決のために、あまり努力をしてこなかったのであります。ご自分も自覚しておられますから
 3月8日づけの市長出馬挨拶のビラにも水道問題は、なにもふれることができなかったのでしょう。  知事に呼ばれてつくった協議会も目先の話だけに終わろうとしていますが、市長の態度は向日市議会の意志にも反しているのであります。市長の権限でできることなのにその権限を市民のために使っていないのです。

 8日付のビラは 市長がやらないとか やれないと拒否していたが 市民の運動でやらざるをえなくなったものはもう少し遠慮して書いておくべきではありませんか、予算の提出権は市長ですが、

    石田川2号幹線は、岡崎市長からの継続でしょう

 久嶋市長として、新しくされたのは、批判の多かったタウンミーティングくらいだけですね。殆どが文科省のそれとよく似ていましたが、市民が修正されました。

 今後5年間、の計画では、国の悪政の下で、増税・年金切り下げ・介護料と一部負担金の値上げ、医療費値上げ…などに この財政健全化計画を進めたら、公共料金の値上げと、使用料の値上げ等々で、市民一人一人の暮らしの財政が破綻のようになってしまうではありませんか。

 だから引き続き久嶋路線で今後の向日市を進めてもらうわけにはいかないのであります。
4つの委員会でわが党議員が、意見や要望を申し上げましたので  内容は繰り返しませんが、何れも市民の暮らしを高め、市民のための市政に変えていただきたいと思う気持ちで申し上げましたので 今後の行政に十分生かしていただきたいと思います。
  
 、当然のこととして人件費を始め通常の市役所の運営に必要な費用、扶助費  その他委員会で部分的に賛成だと申し上げたものはよいのですが  一括して賛否を取られますので  「反対」といたします 。

  最後に 私たちはまず市長を変わっていただいて  、市民のみんなが明るく、楽しく元気のでるような市政にカエル必要があると考えておりますので、皆さんのご協力をよろしくお願いいたします。

        以上で予算の反対討論を終わります。


 

コメント

みんなで変えよう、決意みなぎるつどいでした。

2007-03-19 | 市民のくらしのなかで

 
  3月16日 市民会館ホールで 、杉本 たけし さんを励ます「3 ・16やさしさいっぱい市民のつどい」が開かれ、支持者ら380人がつめかけました。
                       (入り口で配布資料がなくなった枚数です。)
 
 柴田君と多田さんの司会ではじまりました。
 
 第1部 弟国ランブラーズの演奏と、杉本たけしと大地讃頌を歌う合唱団の歌 、
乙建労・民医労・第5校区連絡会・新婦人・地下水を考える会から 市民の願いと杉本さんの人柄を寸劇や パホーマンス でアピールがありました。
 
 第2部は、ガラリと雰囲気 が変り、「民主市政の会」代表委員・顧問の紹介のあと、望田幸男代表から開会の挨拶がありました。山田千枝子府議予定候補のあいさつ 、大橋満代表の市政の現状と改革への展望、吉田知代さん 、西の岡中学校卒業生の推薦の言葉 、藤本雅英、京都教職員組合委員長の挨拶と続きました。

 そのあと杉本さんが登壇され多くの団体から激励の寄せ書きや、花束が送られました。退職教職員の会から「公用車」と看板のついた自転車が送られました。
「会」代表や応援弁士にたっていただいた方々とがっちり手を組み、がんばる決意で写真取りが行われました。
 市長 予定候補の杉本たけしさんが 、立候補を決意した気持ちと、市民の皆さんへの「お約束 」を力強く訴えました 。
 
 その中で
①、使ってもいない府営水の料金は年2億円、府との協定を見直し、高すぎる水道
  料金を値下げします。
② 、子供の医療費は、小学校入学前まで無料に。保育行政を、さらに充実し、私立
  幼稚園・児への教育助成を拡充します。 
③ 、子供たちの命を守り、登下校の安全確保。学童保育の充実 。学校教育予算を
  増額し 1クラス30人以下学級を実現します。④ 、国保料、介護保険料・利用料
  の負担軽減 車いす・介護ベッドの取り上げをやめさせ、安心できる介護。障害者
  への支援を強めます
⑤、キリンビールの「大型開発」優先ではなく地元商工業・農業の振興をはかり、暮
  らしの道路 を整備し、住みよい町をつくります 。
⑥市内巡回バスを運行します。住宅改修制度をつくります。公民館・コミセン の使用
  や家庭ゴミ収集は有料化しません。
⑦憲法をまもり、平和行政を進めます。と約束されました。

  力強い決意・市民アンケートに答えた公約に 会場からともにがんばる拍手が長く続きました 。

  参加した 60歳代の男性は、全体として大変元気の出る内容でした 。
50代の女性は、やさしさと 力ら強さを持った 良い候補者ですね 。がんばらねば・・
40代の男性・黒塗りの公用車ではなく、贈られた自転車公用車で市役所に行く市長を早くみたい 。
  若い方の参加も ありよかった。など  会場出口には笑顔で杉本さんと握手する列が続きました。

 

コメント (1)

3月16日大橋「会」代表挨拶

2007-03-18 | 市民のくらしのなかで

今度の市長選挙は どんな政治状況の下で行われるのでしょうか
・ 小泉にだまされた‥痛みの押し付けばかりだった。 みなさんどうですか
  
  阿部内閣は  改憲内閣・9条改悪に直結・危機とゆきずまりを反動的に打開しよ
  うとしている  。
      今度阿倍にだまされたら子や孫の命が取られる。我々の命が取られる。
     格差・貧困解消対策なし・大企業が儲かれば国民の生活がよくなるか
     戦争観・歴史を歪曲  従軍慰安婦問題   南京虐殺問題・・・世界か ら孤立し
  ている。

  今度の市長選挙の重要な意味は、このような3つの異常な国の政治の下で 国民が何とか政治を変えたい と強く思っておられる中で行われます。
①憲法と地方自治法を守り、筋を通して、 どうして市民の暮らしを守るのか
②今の市政を変えることが出来るのか どうかが問われているのです。

  市長には、2つの仕事があります。
①  国・府 からの悪政をストップし、市民を守る という仕事です。
②  市民の声に耳を傾け、自ら予算を組み、市民の暮らしを向上させる仕事です。
 
 今の市長は、その仕事が出来ていたでしょうか
① 国・府 からの悪政をストップし市民を守ると言う仕事は全く出来ていなかった。
    国民保護条例 をだした。 戦争になったらどうするのか、 ドン龍を核シェルター 
  に・・・と 自民党の小山議員は真剣に質問した。
    まちづくり問題では 北部開発 優先    大企業優遇、計画通り認める
  お年寄りいじめ車いす・介護ベット取りあげ、医療費値上げに反対せず

    水道料金下げられない・京都府に水量契約見直せないと繰り返している
       府が呼びつけ・水量の協議ではなく 、単価の協議をすると答弁

  3月議会部落解放同盟山城地方連絡協議会に直接 274万2190円・関連含
  めると400万   市長は3月7日 これからも必要と答弁 (別紙のとうり)
   これをやめれば、学校給食地場食材5万円カット何年もする必要ない。相談
  員の19万8000円も減らさなくて良い。医療機関に対する固定資産税の減免
  もつづけられる。
     
②市民の声に耳を傾け 自ら 予算を組み、市民の暮らしを守る仕事は、どうだっ
 たか?
    民間委託の推進   学校給食調理・プール管理・水道施設管理
  通学区の弾力化 と学力テストはセット ・ 差別増 、やる気が起こらない  
  手法は、タウンミーティング 国と同じ内容・最初は市民団体と、しなかった。

③これから5年間にやろうとすることは 国のマニュアルどうり市民不在だ。
 今後5年間41億円の財源不足のためと言って      
 歳入計画  納税相談より差し押さえ   保育料値上げ22100万      
 学童1200万 市民会館2400万円下水料1億8800万       
 扶助費2億3500万減     補助金1億5200万減        
 人件費削減を中心にした歳出計画を実行する
   この点も自主的な市民の暮らしを守る施策が出来ていなかった。

④負担してもらわなければ夕張市のようになると脅かしている
 しかし「夕張市破綻」の原因は
 ①国がエネルギー政策転換炭坑閉鎖、北炭の住宅や病院を押しつけた 
 ②リゾート開発をあおり立てた国と金融機関  の責任
   ・2/16  菅総務相が予算委員会で答弁 
 ③地方交付税の削減200億規模予算20億も
 ④人口減少   
 ⑤  国・道・金融の言いなりになった    市の責任もないことはない 
   この誤りを繰りかえさなければ、夕張にはならない
           
以上見てきたように  現市長には、市民立場で政治が出来ていない。
だから前回支持していた人が離れている 。 公明主導になっている。
あきらかに体制は弱まっている。
 
杉本さんは①  国・府 からの悪政をストップし、市民を守る という仕事。
    悪い政治を拒否する判断力と決断力がある杉本さんなら立派に出来ると
    おもうのです。皆さんどう思われますか
        
 ②  市民の声に耳を傾け、自ら予算を組み、市民の暮らしを向上させる
   仕事市民の声をよく聞き誠実に実行する杉本さんなら必ず出来る
           皆さんどう思われますか

 大山崎町の自民党などの姿は、住民の暮らしを良くするものを否決する
住民を忘れた反町民勢力だという本質をむき出しにしたものです。
 与党の少数議会でも基準を  「住民の暮らし」 におけば前進していくことは
明らかです。
 向日市では、良いことなら賛成という立場を取られる会派の方々がおられます。
「水の決議」も15対8で可決しています。
                
 杉本さんは、700通を超える市民アンケートに基づき”お約束”を つくり、
その実現のために奮闘されています。
 
 また、府や国の悪政に、住民運動の先頭に立ち、真っ正面から戦ってきた実績があります。
  
 民主市政の会を中心にして、教え子の方々や元PTAの方々の輪が広がってきています 人物・政策 ・体制 ・有権者の支持 どの点から見ても  勝利の条件があります。 

 宣伝カー  の  スポットが  今までと違いすぎるとご注意が来ていますが、それくらい工夫しているのです。
アナウンサーも  もっと政策をしっかり言ってほしいという声がありますが、若者用に考えたものなのです。
  民主市政の会は、新しいアイデアと  宣伝の仕方を若い方がたにもお願いしベテランの方も  今までの経験をもっと発展させて勝利のために競い合いたいとおもうのです。
 ベテランの方が若い方々を励ましていただき若い方々が投票所に入っていただかなければ勝利できないのです。
 
 どうか最後まで若い方々は、身体とメール等を十分活用し、中年の方は 手と足で稼ぎ 、ご年配の方は 元気な口を使って   みんなで まずちえをだしちからを出して 必ず たけしさん・杉本たけし 市長を実現させようではありませんか 
 よろしくお願いいたします。

コメント

みんな心配・CO2

2007-03-15 | ドイツの友人からのメール

  Lieber Mansan,

  Der Fruehling ist gekommen.

 今日は好天気,気温も17度ぐらいまで上がるのではないでしょうか?

そうなれば,もう完全な異常気象です.

御無沙汰してしまいすみません.お元気でお過ごしでしょうか?

送信するつもりでポストを見ましたら,丁度満さんからメールいただいていました.

 同じことを同じ時に考えていたみたいですよ!

Sさん,お元気の御様子ありがたいことです.

いろいろと自分だったら,と考えてしまいます.そしたら,やはり願う事は最後まで

じぶんらしく生きられる可能性を与えて欲しい,でした.

 60も70もまだまだ若い,と言われる時代ですから,皆様がんばっていただきたい

所ですが,          これから選挙で大変なのですね.

 満さん御自身の選挙はいつなのですか?       投票率は日本はいかがですか?

ドイツは下降の一方です.60%前後でしょう.

 又 大きなツルバラが欲しくなり,カタログ注文しておいたら苗が送られてきて,

何本か植えました.

外で太陽に当たっていますと,本当もう春が来たような陽気です.

ちょっと日焼けが冬の間に取れましたが,これから又そのシーズンです.

毎年,日焼けの方が取れる度合いより大きいですから,色は黒くなる一方でもともと

白い方ではありませんから,ますます日本人離れしていきます.

 今年はここ数年していた2~3月にヴァカンスに行く必要がないようです.そのつもり

もしていませんでしたが.

大変良い陽気で,このまま春に直進(おそらく甘い考えでしょうが)してくれれば,日本

より暖かいかもしれません.

 永い永い冬の生活をしていますと,11月か2月ごろに一度南の方へ行って太陽を

浴びると,随分と贅沢な事では有りますが,気持ちが楽になります.

 去年は3月と12月にカナリア諸島へいけました.全く夢のような贅沢さでした.

10年ほど前に偶然南フランスに行ったのがきっかけで病み付きになってしまいました.

特にコートダジュールの太陽はまさに“太陽が一杯”のサンサンとしたまぶしさで,

冬に自然と恋しさが募ってきてしまいます.

南スペインなどですともう飛行機を使って方が便利ですが、今年はこの異常気警報が

鳴り国民になるべく飛行機を使わないように,ヴァカンスは国内でしましょう!

とのキャンペーンが声高になって来ています.     何を今頃,と思いますが.

 EU全体で20% CO2 排出量を抑える.使用エネルギーの20%は再生可能な

エネルギー供給源を使って生産する.となったらしいです.

フランスがそこに“核エネルギーを付け加えよ”とごり押ししているそうですが.

 飛行機で使用する一人当たりのCO2産出量は優に一年間一人当たり使用して環境

が破壊されない許容量のCO2をたった一回の飛行で産出してしまうらしいですね.

ドイツ人は皆従順ですから,結構環境に悪いと言われると飛行機に乗るのを控えてしま

うのではないか,と思います.

 以前も“環境保護に協力を!”のキャンペーンで飛行機に乗って,南の島へ飛ぶ時に

“空き缶用ゴミ袋”を手渡されました.島には空き缶のごみの山を作らせない,とせっせと

自分たちのごみを集め持ち帰ったのはドイツ人だけらしいです.

 その当時は,そういうところでは結構な一流レストランでも缶ビールがそのままテーブル

に出たりしていました.

環境を壊しているのは私たち一人一人の人間ですから,一人一人が注意すれば,と思い

ます.

 家の中から電源をすべて断ち切ったら,すなわち“スタンバイ”をなくしたら,それだけで

発電所1ヶ所ぐらいの節約になるそうです.すなわち皆がそうした場合,ドイツの一年の全

家庭消費エネルギー量がそれぐらい減るということらしいです.

 省エネランプを強制的に使わす国も出てきたようですが,そういった身近で便利な所を見

直したら,随分とエネルギーは節約できると思います.

それを横着に,便利だから,と考え見なかった私たちにまもなく大きな付けが回ってくると

言う事でしょう.

 私は水道の蛇口一つ気に入らなかったのですが,変えようとはしませんでした.

あれね.どれもこれも栓をひねらないでしょう?ここのは.長い棒のようなのを上へ傾けたら

ジャーツと水が出るのです.ちょろちょろと出そうとするとそのあんばいが大変難しいのです.

 左右に振る事で熱さの調節もできるのですが,ずぼらなうちの子供はたった一度口を濯ぐ

為でもジャーツと大量に水を流し使いします.

右の水道栓をひねったらつめたい水が出てきて,左をひねったらお湯がでるそれが欲しい,

と思っても左官屋さんを頼んで工事をしてもらわないといけません.

ですから勢い今までどおりで済ます.

 しかしうちの彼は“新しいものを作る時に使うエネルギーが問題だから,古くて環境に悪い

車でも新車に買い換える事を思えば乗りつぶした方が良いのだ.”とぶちます.

 そんなでうちは古い物で一杯.

彼のTシャツなど,子供が生まれた時に買った物,と思いますからかなりの年代です.

ジーンズも穴が開いたので捨てようとすると,今丁度僕の体にぴったりと合うようになったもの

を何で捨てる,と怒り出します.

そんなわけで,動かないふるーいふるーいパソコンが五台もうちには鎮座しています.

満さん,お元気で!



コメント

西湖

2007-03-07 | 日本と韓国・朝鮮・中国との友好
コメント

府議選・市長選での勝利のために

2007-03-07 | 市民のくらしのなかで

 
 なん日ぶりかと思うほど、投稿できていなかった。

選挙・議会・会議・宣伝・大した仕事が出来ていないのに時間がない。一日24時間だ

から何とかなると思っていたが、ブログにしわ寄せが来てしまった。

議会の日程もすすみ、市長に対する一般質問が終わった。

あとは委員会と最後の本会議。準備が大変だけれど。

 選挙は、すべりだすまでがたいへんなのだ。

2つの選挙で必ず勝利を!

コメント