向日市自治功労者、大橋 満 の平和ト-ク・・・世直しご一緒に!

世界の変化を見ながら世直し提言
朝鮮・韓国・中国・ロシアとの友好交流促進
日本語版新聞紹介

小田川議長は「10日前に日本で開かれた『非核平和・原水爆反対世界大会』でキム委員長から招待を受けたが、15日という日の重い意味を理解しているので・・・、

2019-08-17 | 日本と韓国・朝鮮・中国との友好

日本第2の労総「全労連」議長が訪韓、

「安倍政権、貿易規制で労働者に直撃弾」

登録:2019-08-15 22:14 修正:2019-08-16 07:30

15日、日本全労連の小田川義和議長、光復74周年にあわせて訪韓 
「安倍、右派の関心引くために歴史悪用、政経分離にも反する 
改定ホワイト国リスト施行前に、日本首相官邸前で共同行動」

 
民主労総のキム・ミョンファン委員長(左)が15日午前、ソウルの民主労総で日本の全国労働組合総連合の小田川委員長と握手している//ハンギョレ新聞社

 日本の全国労働組合総連合(以下、全労連)の小田川義和議長が光復74周年の15日、韓国を訪れ、最近の安倍政権による貿易規制と歴史わい曲を批判し、韓日労働者の連帯を強調した。全労連は110万人の組合員を代表する日本の第2の労総だ。

 15日、小田川議長は午前10時にソウル市中区(チュング)の全国民主労働組合総連盟(民主労総)でキム・ミョンファン民主労総委員長と会い、「破局に突き進む韓日紛争、韓国と日本の労働者は何をすべきか」というテーマで懇談会を持った。小田川議長は「10日前に日本で開かれた『非核平和・原水爆反対世界大会』でキム委員長から招待を受けたが、15日という日の重い意味を理解しているので、喜んで招待に応じた」と明らかにした。

 小田川議長はこの席で、日本の貿易規制が韓国と日本の労働者に及ぼす影響について憂慮を示した。小田川議長は「まだホワイト国(グループA)リストから韓国を外す政令改定が施行される前なので、その部分に対しては現場からまだ労働者の声は上がっていない」としつつも、「韓国と日本の貿易関係を見れば、韓国は日本から輸入する上位圏の国家に該当し経済的に緊密なので、国家貿易摩擦が生じれば、生産に関する余波はもちろん観光客も減り、労働者の生活が直撃される問題が発生しかねない」と明らかにした。したがって「日本政府の政策の問題を経営合理化につなげる動きを防ぎ、日本政府の責任を追及する声を強く上げることが重要だ」と付け加えた。

 小田川議長はさらに「安倍政権が日本国内外の右派勢力の支持と関心を引き込むために徴用被害者問題を利用していることが責任の大きな部分を占めている」として「強制徴用被害など政治的に解決しなければならない問題を、ホワイト国リストからの排除などの貿易問題につなげて行くことは、政経分離原則にも反し、道理にも合わない」と批判した。また「安倍政権は“歴史修正主義”を前に出し侵略戦争と植民地主義に対しても責任を負わない姿勢を守っている」として「これは政権を維持するために歴史を利用する行為」と付け加えた。

 
日本の全国労働組合総連合会の小田川議長が15日午前、ソウルの民主労総で開かれた民主労総キム・ミョンファン委員長との懇談会で挨拶をしている//ハンギョレ新聞社

 そして、現在葛藤が激化している韓日問題を解決するためには、両国の労総の連帯が必要だと提言した。小田川議長は「韓日政府間と日本国内の状況が深刻だ。(このような時であるほど)両国の労働組合が互いに信頼を強め連帯力を育てていくことが重要と考える」として、民主労総に協力を依頼した。全労連も参加している日本の「総がかり行動実行委員会」は、ホワイト国リストの改定が施行される前日の27日、首相官邸前で安倍政権を糾弾する共同行動を実施する予定だ。小田川議長は「2~3千人が共同行動に参加すると予想する」として「安倍政権の貿易規制などと関連して開かれる初の集会だ」と説明した。

 この日の懇談会に参加したキム・ミョンファン民主労総委員長は「安倍政権の韓国に対する経済報復措置だけでなく、日本の平和憲法改定の動きに対応するには、韓日の労働者の連帯が必要だ」として「安倍政権の行動を阻むことが朝鮮半島に平和をもたらし戦争の名分を遮断することであり、正しい韓日関係を立てることにつながる」と明らかにした。続けて「日本の反安倍闘争の中心である全労連が今日を契機に日本国内でも良心の声、平和の声をさらに積極的に上げ、韓国と日本の労働者と市民社会間の連帯が拡張されると思う」と強調した。

クォン・ジダム記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )
コメント

日本全体が早くこのような日朝韓友好の世の中になればよい、それが歴史の流れだ!

2018-11-25 | 日本と韓国・朝鮮・中国との友好

 

民族教育に変わらぬ支援を/京都中高創立65年記念行事

 

京都中高創立65周年を記念し「POWER ALL、京都中高」(主催=京都中高、京都中高連合同窓会)が23日、京都中高で行われ、総聯中央教育局の宋根学教育局長、総聯京都府本部の金尚一委員長、総聯滋賀県本部の姜主淳委員長、京都中高管下初級学校の校長をはじめとする同胞、日本市民ら約2000人が参加した。

 

参加者らはこれからも民族教育を守っていく決意を新たにしていた

 

イベントは同校の65周年の歴史を振り返る第1部と、学校創立100周年を目指し、力を合わせていくことを呼びかける第2部に分けて行われた。

 

会場ではオモニ会、女性同盟、学生らが、売店で朝鮮料理などを販売し、同校が運営する保健室や生徒たちの学校生活や学習成果を紹介するブースや、子どもたちのためのあそび場、高齢者のための休憩所も設置された。

 

また、世界遺産である「銀閣寺」の近隣に位置する同校の地の利を生かし、より幅広い対象に学校を知ってもらおうという企画である「坂道プロジェクト」の一環として設立中である同校の歴史資料室「道」の一部が公開された。

 

あいさつした同校連合同窓会の許義弘会長(59、 21期卒業)は、参加した同胞、日本市民らに今後も民族教育に対する変わらぬ支持と協力を呼びかけた。

 

行事に参加した第1期卒業生の河相喆さん(81)は祖国に帰国した友人らのビデオメッセージに涙を流しながら「帰国した友人たち、日本に住む同胞ら、みんなの力を合わせ、祖国と民族のためにがんばっていかなければ」と話した。

 

(金孝俊)

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 11月23日(金祝)11時から15時まで、銀閣寺の横にある「京都朝鮮中高級学校創立65周年記念祝祭」が開かれた。

 明るい開かれたお祝いの式典だった。写真を載せるので見てほしい。

         

     会場全景


     南山ノリマダン

     ヒップホップも!

     在校生コーラス部の皆さん


     ご近所の日本の皆さんも参加! 宗平協の出口さんご近所にお住まい

     朝鮮舞踊とダンスも!


     金剛山歌劇団歌手:ぺクスニョンさんのお孫さん

     「和蓁人」笛は、山本忠やんの息子さん!




コメント

京都の神社・仏閣には朝鮮との深いつながりがあるところも多く、私も心配して若干の場所をまわりました。

2018-09-08 | 日本と韓国・朝鮮・中国との友好

台風21号被害の現場へ

京都寺社に倒木、屋根破損の被害

穀田・倉林氏ら調査

写真

(写真)仁和寺の被害状況を聞く(右から)穀田、倉林の両氏、かみね氏(左端)=7日、京都市

 台風21号の被害を受けた京都市で7日、日本共産党の穀田恵二国対委員長・衆院議員、倉林明子参院議員(参院京都選挙区予定候補)は、強風や倒木で損壊した寺社や建物などを、地元府議、市議らと調査、訪問しました。

 夏の涼を求め多くの観光客が訪れる左京区・貴船では、山からの倒木が旅館や住宅に押し寄せる被害がありました。巨木に住居を押しつぶされた男性(70)は「停電の様子を見に屋根に上っているところに、大木が上からものすごい音で落ちてきた。屋根といっしょに押し流された。下にいた妻は押しつぶされた住宅の隙間に挟まれ、奇跡的に助かった」と被災の恐怖を語りました。

 世界遺産・仁和寺(右京区)では、重要文化財・二王門の破損や、「御室桜」の倒木などを調査。執行長らは「『檜皮葺』(ひわだぶき=日本古来の屋根葺き手法)の屋根などを修理するには職人の技術継承がいる。そうした観点も必要」と語りました。

 その他、建仁寺(東山区)、聖護院(左京区)、天竜寺、妙心寺、梅宮大社(右京区)などの被害を調査しました。

 調査には、かみね史朗、みつなが敦彦、原田完の各府議、ひぐち英明市議が同行しました。

コメント

草の根的な日朝友好親善の運動をさらに前進させる機会となれば幸いだ!

2018-05-23 | 日本と韓国・朝鮮・中国との友好

急変する朝鮮半島情勢を学習/日朝友好時局講演会

日朝友好連帯群馬県民会議(以下、県民会議)が主催する「日朝友好時局講演会」が5月13日、群馬県前橋市内で開かれ、約70人が参加した。

参加者らは朝鮮半島情勢に対する認識を深めた

講演会は、急速に変化する情勢の中、現在の朝鮮半島情勢をより正確に把握し、認識を深めるために行われた。

県民会議の宮川邦雄事務局長の司会で行われた講演会では、角田義一氏(県民会議共同代表、弁護士、元参院副議長)があいさつをした。角田氏は「南北の融和と平和、初の米朝首脳会談が目前に控えている今日、激動する朝鮮半島情勢を学ぶ機会を設けることができたことは大変に有意義なこと。微力ではあるが、永らく日朝友好の運動を推し進めてきた者として、涙が出るほどうれしい」としながら、今日の講演会が草の根的な日朝友好親善の運動をさらに前進させる機会となれば幸いだと述べた。

続いて、朝鮮大学校文学歴史学部の李炳輝准教授が講演した。

李准教授は「カイロ宣言」から南北連席会議、二つの国家樹立、朝鮮戦争と停戦までを振り返り、なぜ朝鮮が分断されたのかを歴史的にひも解いた後、北南首脳会談と板門店宣言の意味、朝米首脳会談など今後の展望について話した。

その後、質疑応答があり、「話を聞いてはじめて朝鮮分断を歴史的に感じることができた」、「訪朝時に訪れた板門店で、北南のトップが手をつなぎ境界線を行き来した光景を見たとき、涙が出た。講演を通じ板門店宣言の意義を感じることができた」、「日本だけが立ち遅れている現状は、現政権の無能外交の産物。日朝友好の運動をさらに推し進めよう」などの感想や質問などが交わされた。

県民会議ではさらなる運動展開に尽力して行く予定だ。

【群馬支局】

 
 
 
コメント

また、野遊会など数カ月前から予定されていた同胞行事も、首脳会談と板門店宣言を支持歓迎する集いとなり、統一メドレーの中、踊りの輪が広がった

2018-05-12 | 日本と韓国・朝鮮・中国との友好

首脳会談に各地で歓喜

興奮を抑えきれず身を乗り出してテレビの画面に近づく、愛知「いこいのマダン」のハルモニの姿が印象的だった。4月27日の北南首脳会談の生中継で両首脳が握手した瞬間、ハルモニたちは涙を流しながら「夢のようだ」「今日まで生きてて本当に良かった」春夏秋冬

▼北南首脳会談後、日本各地で様々な形式の祝賀会が開かれた。当初は予定になかった単位でも開かれた。各支部や分会では、より多くの同胞たちと共に喜びを分かち合いたいという要望に応え、急きょ集いの場を設けたということが容易に想像つく。また、野遊会など数カ月前から予定されていた同胞行事も、首脳会談と板門店宣言を支持歓迎する集いとなり、統一メドレーの中、踊りの輪が広がった

▼本紙編集局にはこのような各地の祝賀会の便りのほかにも、南朝鮮から「問い合わせ」の電話が寄せられている。その内容は、07年頃まで交流を深めていた北の団体と連絡が取りたい、北のある人物の取材をするにはどうすれば良いのか、などだ。ここ10年間、この類の電話がほとんどなかったので北南交流が活発だった頃を思い出すと同時に、新時代の到来を実感する

▼情勢はものすごいスピードで動いている。しかしながら、制裁と圧迫を続けなければならないと躍起になっている日本は、「朝鮮半島と地域の運命を論議する場に影も入れない」(労働新聞6日付)立場に立たされている。それは自らが招いた結果だ。(進)

コメント

今年1~2月の訪日韓国人客は前年同期比23.4%増の151万2100人で、訪日中国人客(134万8700人)を上回り・・・

2018-04-02 | 日本と韓国・朝鮮・中国との友好

1~2月の訪日外国人客 韓国人が中国人を上回り最多に

2018/04/01 09:00

【ソウル聯合ニュース】日本政府観光局(JNTO)によると、今年1~2月の訪日韓国人客は前年同期比23.4%増の151万2100人で、訪日中国人客(134万8700人)を上回り国・地域別の訪日客で最も多かった。

旅行客で混み合う仁川空港=(聯合ニュース)
旅行客で混み合う仁川空港=(聯合ニュース)

 2017年通年の訪日客数は中国人(735万5800人)が最多で、韓国人は714万200人で2番目の多さだった。ただ、前年比40.3%増と、増加率は最も大きかった。

 米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍配備に反発した中国が韓国に対し経済や文化面で報復措置を取り、中国人の間で反韓感情が広がったことから、韓国人が中国の代わりに日本へ足を向けていると分析される。また、日本政府が外国人観光客に対する査証(ビザ)発給要件を緩和し、消費税免税制度を拡充したことも訪日韓国人客増加の要因に挙げられる。

 観光業界の関係者は「中国政府が報復をやめなければ、韓国人の日本旅行ブームは加速するかもしれない」と話している。

tnak51@yna.co.kr

コメント

講 演 「3.1独立運動からロウソク革命へ」  講師 康 宗憲 (カンジョンホン)さん

2018-02-21 | 日本と韓国・朝鮮・中国との友好

日朝協会京都府連合会は、2月24日(土)午後2時から、

京都教育文化センター302号室において

「3.1独立運動99周年記念 学習・講演会」を開催します。

        昨年、朴槿恵(パククネ)韓国前大統領の弾劾を求めて市民が行動した「ロウソク革命」は、文在寅(ムンジェイン)政権を誕生させました。
    韓国民衆の、政権交代を実現させた「ロウソク革命」をテーマに、下記の内容で実施します。

 

講 演 「3.1独立運動からロウソク革命へ」 
講師 康 宗憲 (カンジョンホン)さん 韓国問題研究所代表 

同志社大学政策学部嘱託講師



⊂日  時⊃  2月24日(土)午後2時~4時半(1時半開場)
⊂場  所⊃  京都教育文化センター302号室
      (京都市左京区聖護院川原町4-13  TEL 075-771-4221)

⊂参加費⊃  500円 


                主催:日朝協会京都府連合会 

〒616-8082京都市右京区太秦安井奥畑町2-7福谷忠行気付 

電話・FAX 075-841-4316

           

 

コメント

劉雲山大会秘書長が第19期中央委員会委員と候補委員、中央紀律検査委員会の委員候補予定者の推薦名簿について説明を行った。

2017-10-24 | 日本と韓国・朝鮮・中国との友好

習近平総書記が議長を務める党大会主席団の第2回会議開催

人民網日本語版 2017年10月21日10:57
 
習近平総書記が議長を務める党大会主席団の第2回会議開催
 

中国共産党第19回全国代表大会(第19回党大会)主席団は20日午後、北京市の人民大会堂で、習近平総書記が議長を務め、第2回会議を開いた。新華社が伝えた。

会議では、劉雲山大会秘書長が第19期中央委員会委員と候補委員、中央紀律検査委員会の委員候補予定者の推薦名簿について説明を行った。

また同会議で、第18期中央委員会報告に関する決議(草案)、第18期中央紀律検査委員会活動報告に関する決議(草案)、「中国共産党規約(改正案)」に関する決議(草案)を各代表団での審議に提出することを採択した。

さらに、第19期中央委員会委員と候補委員、中央紀律検査委員会の委員候補予定者の推薦名簿を採択し、各代表団に提出してその検討を進めていく。

同会議では各代表団が予備検討を行った大会の選挙方法を採択したほか、投開票立会人、総投開票立会人の名簿を採択し、正式選挙の際、大会に上程することを決定した。(編集TG)

習近平総書記が議長を務める党大会主席団の第2回会議開催 (2)

人民網日本語版 2017年10月21日10:57
 
習近平総書記が議長を務める党大会主席団の第2回会議開催
 

「人民網日本語版」2017年10月21日

コメント

2016年230万人を記録した日本人観光客をことしは300万人誘致するという韓国政府の目標は達成が難しくなった。

2017-05-25 | 日本と韓国・朝鮮・中国との友好

訪韓する日本人観光客は減ったが…訪日韓国人は57%急増

2017年05月25日14時05分
[ⓒ 中央日報日本語版]

 

  韓国政府が掲げる日本人観光客300万人誘致目標の達成に非常灯が灯った。

  25日、韓国観光公社などによると、4月に韓国を訪れた日本人観光客は昨年同期比5.4%減となる約16万5700人にとどまった。韓国観光公社は北朝鮮の挑発に関連して、韓半島(朝鮮半島)情勢に対する否定的なマスコミ報道が影響を及ぼしたとみられると説明した。

  日本人観光客数は2016年2月に約3年6カ月ぶりに増加に転じた後、5月を除いてことし3月まで増加していたが、4月に入って再び減少した。ことし1月から4月まで訪韓した日本人観光客数は約78万人だ。これにより、2016年230万人を記録した日本人観光客をことしは300万人誘致するという韓国政府の目標は達成が難しくなった。

  半面、日本政府観光局(JNTO)によると、ことし4月に日本を訪問した韓国人観光客は55万4600人で前年比56.8%も増加して4月としては過去最高を記録した。2016年の訪日韓国人観光客は前年比27.2%増となる約509万人で過去最高を記録し、増加の勢いが衰える兆しがみられない。
コメント

百済の25代王で、高句麗侵攻により滅亡の危機に処した国を再興した聖君、武寧王の王と王妃の棺が初めて完全な姿で展示された。

2017-04-28 | 日本と韓国・朝鮮・中国との友好

百済中興の祖、武寧王・王妃の木棺を復元公開

登録 : 2017.04.24 21:46 修正 : 2017.04.25 07:36

国立公州博物館、展示室改編に合わせて公開 
復元本体に残存板材など元の位置に戻す 
木棺の実体と全貌が一層実感できる

新たに復元され展示されている武寧王と王妃の木棺を国立公州博物館が24日、展示室の改編に合せて公開した=国立公州博物館提供//ハンギョレ新聞社

 1971年に盗掘されない状態で発掘された唯一の朝鮮半島の古代王陵がある。4~5世紀に錦江平野で花開いた百済文化の華麗な実体を、その多彩な副葬品で見せた忠清南道公州(コンジュ)松山里(ソンサンニ)の武寧(ムリョン)王(在位501~523)のレンガ造りの墓だ。百済の25代王で、高句麗侵攻により滅亡の危機に処した国を再興した聖君、百済中興の祖と評価される武寧王の王と王妃の棺が初めて完全な姿で展示された。国立公州博物館は最近、内部の熊津(ウンジン)百済室を改編し、新たに復元された武寧王と王妃の木棺を24日メディアに公開した。

 

新たに保存復元処理をして展示される王妃の枕。彩色顔料の安定化処理、各種模様の区画線となっている金箔の位置復元により一層生き生きしたイメージを鑑賞できることになった=国立公州博物館提供//ハンギョレ新聞社

 この木棺は全体の大きさと形を発掘結果に基づいて考証し復元された。墓の発掘当時に出てきた前縁、装飾版、側板破片などの残存板材、付属具などの遺物をグレーの木枠を中心に復元された本体の元の位置に戻した。したがって、武寧王の棺と装飾の実体と全貌をはるかに実感できるように見ることができる。木棺については、棺の覆い部分(蓋板)が武寧王のものは5枚の板材で作られていたが、王妃のものは3枚の板材で作られており、その格式に差異が見られる。棺を固定した前縁については、武寧王のものは金で覆われた金装だが、王妃のものは銀で覆われた銀装であり、測板の木口部分の両端装飾についても、王のものは銀になっているが、王妃のものにはそのような装飾がなく、差を付けてあることがわかる。発掘した墓の内部の配置状態どおり、王と王妃の木棺を一カ所に並べて展示し、木棺を組む接手の方式、順序、構造を映像にまとめ理解度を高めていることも特徴に挙げられる。

 

 博物館側は名品国宝である王妃の枕と足支えも新たに保存復元処理をして展示した。彩色顔料の安定化処理、各種模様の区画線になっている金箔の位置復元により一層生き生きしたイメージを鑑賞できることになった。枕と足支えに描かれた各種の文様、絵柄はデジタル拡大鏡で拡大し細かく観察できるようになっている。王妃の金銅靴は原型から3分の1程度が破損した状態だったが、武寧王陵の墓室内の残存物から破片を新たに捜し出し、相当部分を復元できたという。

 

ノ・ヒョンソク記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )

コメント

中国人を大勢集める大邱医療観光事業まで遮断された。

2017-03-18 | 日本と韓国・朝鮮・中国との友好

「THAAD余波」中国語「ハオ!」の消えた慶北…

安東・河回村さえ中国人「ぱったり」

2017年03月17日11時16分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]

中国政府がTHAAD体系配備と関連し、韓国にいわゆる「観光報復」を始めた中、16日の大邱国際空港国際線入国場周辺は閑散としている。同日午前、中国・上海浦東を出発して大邱に到着した韓国人乗客は「機内に中国人はあまりいなかった」と話した。
  「ハオ!ハオ!」慶尚北道安東市(キョンサンブクド・アンドンシ)の河回村(ハフェマウル)を訪れるとよく耳にした中国語だ。「良い」という意味だ。韓国独特の姿が生きている河回村は韓国を訪れた中国人観光客には必須のコースだった。ユネスコ世界文化遺産に指定された慶州(キョンジュ)歴史地区や良洞村(ヤンドンマウル)、仏国寺(プルグクサ)も人気の高い観光名所だ。過去1年間に慶尚北道を訪問した中国人は17万5000人余り。だが、今年これらの名所には中国人の訪問が突然途絶えた。中国政府が高高度ミサイル防御(THAAD)体系を配備した韓国に「観光報復」を加えたからだ。最近慶尚北道は中国安徽省に設置しようとしていた慶北広報事務所の設立計画を暫定中断した。来月、中国の山西省西安市で500人余りを集めて開く予定だった修学旅行広報説明会も中断した。中国側が説明会開催自体を拒否したためだ。

  このように自治団体の観光客誘致活動の中断、団体観光客はもちろん個人観光客までTHAADにより情勢を気にしているため大邱(テグ)慶尚旅行道で中国人をなかなか見難い。THAADが配備される慶尚北道星州郡(ソンジュグン)が同じ生活圏に含まれている点も中国人の足が遠のくのに一役買っている。星州郡は慶尚北道高霊郡(コリョングン)と隣接している。大邱・達西区城西(タルソグ・ソンソ)地域には車で30分余りで到着する。

  中国人を大勢集める大邱医療観光事業まで遮断された。大邱医療観光振興院のキム・デゴン医療観光マーケティングチーム長は「来月から120余人ずつ、1年間で8000人余りの中国人医療観光客を誘致することで中国業者と話し合いを終えた状態だったが、最近無期限延期になった」ともどかしさを伝えた。THAADの報復が続く場合、大邱医療観光で最も高い比重を占める中国人観光客をほとんど逃す可能性があると懸念される。2015年基準で大邱を訪れた外国人患者数は1万2988人。中国人が3864人(29.8%)で米国(4362人・35.7%)の次に多い。

  デパート、食堂、化粧品専門店など中国人観光客の消費が集中していた所も泣いている。大邱のある韓牛専門店で中国語通訳を担当するキム・クァンピルさん(29)は「すでに食堂に中国人の足が途切れたようだ」とし、「知人たちによれば大邱キム・グァンソク道、大邱の明洞(ミョンドン)である東城路(トンソンノ)にも中国人があまり見られないそうだ」と伝えた。

  代表的な韓流フード「チメク(チキン+メクチュ:ビール)」にもTHAADの火の粉が降りかかった。チメクを楽しむ中国人参加者なしで今年の大邱「チメク祭り」を開催しなければならなくなる。チメク祭りを支援する大邱市関係者は「7月19日からチメク祭りを開催する予定なのにTHAAD配備の余波で今のところ祭りに参加するという中国人参加者も、参加者を募集するという旅行会社もないと見て良い」と雰囲気を伝えた。毎年夏、大邱で開かれるチメク祭りは昨年リッパート駐韓米国大使(当時)をはじめとして7万人余りの外国人が訪れた。そのうち40%の2万8000人余りが中国人だった。中国人参加者のためのチメク列車(ソウル~大邱)を計画し、中国の10社余りの旅行会社関係者を招請して祭りを紹介するなど毎年祭りの前に中国に向けて精魂込めてきた。

  大邱市と慶尚北道は中国以外の国家に対する観光マーケティングを拡大し、中国人観光客減少に対応するという戦略だ。大邱市は法務部に東南アジアのノービザ入国許容を建議し、慶尚北道は日本・香港などの現地旅行会社と業務協約を締結してアグレッシブなマーケティングに出る方針だ。
コメント

さそいあってご参加ください。

2017-02-06 | 日本と韓国・朝鮮・中国との友好

コメント

様々な時代を生きた朝鮮留学生たちの民族解放闘争の歴史が各演目によって披露された。

2016-03-26 | 日本と韓国・朝鮮・中国との友好

民族解放闘争の歴史を披露/留学同京都総合文化公演

留学同京都総合文化公演2016「チョハヌル(저하늘)~つむぐ思いは青く広く~」が2月20日、京都市国際交流会館イベントホールで行われた。総聯京都府本部の金尚一委員長をはじめとする活動家、同胞、日本市民ら約200人が観覧した。

悩み、葛藤描く

約200人が観覧した公演

約200人が観覧した公演

総合文化公演は「民族解放闘争と朝鮮留学生」をコンセプトに構成され、様々な時代を生きた朝鮮留学生たちの民族解放闘争の歴史が各演目によって披露された。

冒頭のサムルノリ演奏と創作舞踊は、専門家による指導のもと、留学同京都の学生たちが一から創り上げ、日帝による植民地支配に果敢に立ち向かう朝鮮留学生の姿が描かれた。

続く演劇は、1960年代と現代の二部で構成された。前半の演劇では韓日会談が進められている情勢の中、祖国を思いながら活動する先代の朝鮮人学生たちを描いた。また、現代の演劇では、祖国の分断状態が深刻化するなか、今を生きる朝鮮人学生たちの悩みや葛藤の姿を描いた。

演劇はまた、留学同の「機関誌」を中心にストーリーが展開された。タイトルのチョハヌルとは留学同京都で26年間続く機関誌の名称であると同時に、 時代が移り、活動のスタイルが変わっても、朝鮮人学生たちがつづる思いは、空(하늘)の色が変わらないように、いつの時代も同じであるという思いが込めら れている。

演劇の間には、1960年代から2000年代までの南の民衆による民主化闘争や統一運動の映像をバックに、吹奏楽による「私たちの願い(우리의 소원)」が奏でられた。

公演の最後は、日本各地の留学同の学生たちが祖国統一への思いをフレーズに込め、それらをつなぎ合わせて作詞して完成させたオリジナル曲「統一を夢見て(통일을 그리며)」を出演者全員で大合唱した。

「学んだこと忘れない」

公演を観覧したある同胞は、「演劇の内容が今の情勢をしっかりと捉えていて、同胞学生の葛藤が上手に描かれていた。在日朝鮮人として生きていくうえで夢や理想を抱いて運動していくことが大事だと、演劇を通して思った」と感想を述べた。

「現代の演劇」で主役をつとめた成直美さん(京都建築大学校1年)は、「この公演を通して、留学同が私にとって自分らしくいられる場所になった。こ の1カ月、辛いときも楽しいときも共にしてきた仲間たちとの日々が本当に大切な思い出になったし、いい経験になった。これからもこの公演を通して思ったこ と、考えたことを忘れずに留学同の活動を頑張っていきたい」と語った。

また、4月から日本の企業に就職を控えている金英伸さん(立命館大学4年生)は、「公演準備過程で留学同の卒業生の言葉を聞く機会があった。今年で 結成71年になる留学同が、どのように今日まで続いて来たのかを先輩たちの話や文章から知り、その思いを自分たちが実現させていかないといけないと感じ た。今後も留学同で学んだことを忘れず活動を頑張っていきたい」と話した。

一方、会場にはこれまでの留学同京都の歴史を写真や機関誌、パネルなどによって展示する企画「留学同京都の歩み 1945~2015」が行われた。またこの日、留学同京都主催による新成人祝賀会が、80人の同胞学生たちの参加のもと盛大に行われた。 朝鮮新報より

【留学同京都】

 

コメント

「戦争法案」を進めるものであり、日本国民としては到底認めることはできないものです。

2015-08-21 | 日本と韓国・朝鮮・中国との友好

         安倍首相による「戦後70年談話」に抗議する
                2015年8月15日 日朝協会 会長 石橋 正夫
 

 日朝協会は、「戦後70年談話」が、1995年の「村山談話」を継承し、憲法第9条を生かした平和外交で、北東アジアと世界の平和の構築・北東アジア平 和協力構想に役立つこと、そして朝鮮民主主義人民共和国との国交正常化を含む関係諸国との懸案事項を解決する道筋を示されることが、世界の諸国から期待さ れていると考えていました。

 ところが安倍首相が発表した「戦後70年談話」には、「侵略」、「植民地支配」、「痛切な反省」、「心からのお詫び」の文言を組み入れてはいるものの、 村山談話で示された、日本が「植民地支配と侵略」を行ったとする「歴史認識」を認めていません。具体的にどのような行為が侵略にあたるか否かについて、安 倍首相は記者会見で、歴史家の議論にゆだねるべきだという持論を述べました。

 「談話」では、1904年~1905年の日露戦争が「植民地支配の下にあった、多くのアジアやアフリカの人々を勇気づけ」たとしていますが、これは歴史 の事実の歪曲以外の何ものでもありません。日本は1875年雲揚号(江華島)事件以降、武力で朝鮮を侵略し、日露戦争の終結をまたいで1905年第二次日 韓協定・日韓保護条約〔乙巳ウルサ條約〕を強要し、当時の大韓帝国からその外交権を奪いました。そしてその5年後に、違法な「韓国併合」を行いました。こ の歴史を美化することは絶対に求められないものです。

 日本軍「慰安婦」問題について、「戦場の陰には、深く名誉と尊厳を傷つけられた女性たちがいたことも、忘れてはなりません。」と一般化し、犠牲者ハルモニたちが求める、日本軍「慰安婦」問題の解決への意思がまったくみられません。また、韓国での元徴用工らへの損害賠償には一顧だにしていまさせんでした。

 その上、「あの戦争には何ら関わりのない、私たちの子や孫、そしてその先の世代の子どもたちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません」と無責任な ことを言いました。安倍政権が過去の日本の侵略を認め、謝罪し、憲法第9条を生かした平和外交を行うことを「談話」ではっきり表明すれば、謝罪を続ける宿命は解消されたはずでした。

 「談話」の最後で述べられた『積極的平和主義』については、記者会見で「戦争法案」について「戦争を未然に防ぐためのものだ」などと主張し、「日米同盟が完全に機能する、そのことを世界に発信することによって紛争を未然に防ぐ力はさらに強くなっていく」と述べ、「戦争法案」を強行する姿勢を示しました。

 このことは、「談話」が平和の構築を目指すものではなく、「戦争法案」を進めるものであり、日本国民としては到底認めることはできないものです。

 日朝協会は、日本の敗戦70年に当たり、正しい「歴史認識」にたつこと、そして未解決の戦後補償問題に日本政府が真摯な態度で対応することを強く求めます。

 その上で、「戦争する国づくり」宣言ともいうべき「談話」に断固抗議するものです。

コメント

韓国政府:期待に及ばないため、夜遅くまで対策会議を行っただけで、公式論評は出さなかった。

2015-08-15 | 日本と韓国・朝鮮・中国との友好

<戦後70年談話>安倍首相の「不思議な謝罪」

2015年08月15日/中央日報日本語版

  安倍晋三首相の直接的な謝罪や反省はなかった。植民地支配と侵略の主体として日本を明示することもなかった。

  安倍首相は14日に発表した戦後70年談話で、「わが国は、先の大戦(第2次世界大戦)における行いについて、繰り返し、痛切な反省 と心からのおわびの気持ちを表明してきた」とし「こうした歴代内閣の立場は、今後も揺るぎない」と“過去形・3人称謝罪”をした。1995年の村山富市首 相の戦後50年談話と2005年の小泉純一郎首相の戦後60年談話を継承するという立場を明らかにしたが、自身の考えは表さなかった。村山・小泉談話は 「植民地支配と侵略によって、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えた」とし「痛切な反省の意を表し、心からのお詫びの気 持ちを表明する」と明記した。

  安倍首相は「日本では、戦後生まれの世代が、今や、人口の8割を超えた。あの戦争には何ら関わりのない、私たちの子や孫、そしてその 先の世代の子どもたちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはならない」と述べた。植民地支配と侵略については「事変、侵略、戦争、いかなる武力の威嚇や行使 も国際紛争を解決する手段としてはもう二度と用いてはならない」とし「植民地支配から永遠に決別し、すべての民族の自決の権利が尊重される世界にしなけれ ばならない」と述べるにとどめた。

  また談話は、朝鮮合併につながった日露戦争を美化した。安倍首相は「(日本は)アジアで最初に立憲政治を打ち立て、独立を守り抜いた」とし「日露戦争は、植民地支配のもとにあった、多くのアジアやアフリカの人々を勇気づけた」と延べた。

  談話は軍慰安婦問題に直接触れなかったが、戦時の女性被害に言及した。談話は「戦場の陰には、深く名誉と尊厳を傷つけられた女性たち がいたことも、忘れてはならない」と明らかにした。また「私たちは、20世紀において、戦時下、多くの女性たちの尊厳や名誉が深く傷つけられた過去を、こ の胸に刻み続ける」とし「21世紀でこそ、女性の人権が傷つけられることのない世紀とするため、世界をリードする」と強調した。在韓日本大使館の関係者は 「慰安婦を取り上げなかったが(この部分は)河野談話を継承するということを明確にした」と説明した。

  韓国政府は安倍談話に対して公式的な立場を表さなかった。外交部の当局者は「安倍首相が発表した談話の内容を綿密に検討中」とし 「我々の立場や評価は近いうちに明らかにする」と述べた。当初、政府は安倍談話に村山談話など歴代内閣の歴史認識を継承するという内容が明確に入る場合、 誠意を見せたと評価する計画だった。しかし期待に及ばないため、夜遅くまで対策会議を行っただけで、公式論評は出さなかった。
コメント