柳蔭書翰

徒然なるままに、音楽関連の話題に拘らず、常ならんこの世の事々書き散らし諸兄のお耳汚しに供したく思います。

逃亡

2019-05-25 08:17:06 | Weblog
..gratitude to have opportunity to serve the country I love. メイ首相の辞任会見の最後の部分です、やっと聞き取れたのがこれだけという話なのですが、最後の涙ぐまれてた場面です。その後くるっと背を向けて開いたドアに消えていく、イギリス独特の演出ですね。字幕に日本語訳文が出るから聞き取れるんですけれど、國に仕えるserve という表現するんですね彼の国でもと、こっちに感心しました。で、彼女は感極まった。こっちももらい泣きする気分になる。無念、でしょうねぇ。国民投票に従ってBrexitに向かっていたのに・・。
 北方四島での戦争舌禍で吊し上げられてる丸山議員、議運に呼ばれて意見陳述(言い訳)するかと思いきや、するりと逃げました。何ちゅう奴っちゃ。口ほどにもない奴とはこのことです。当初のあの勢いはどうした?言論の自由はいいのか?適応障害で2週間との診断書だそうです。おいおい。聞いたことあるなぁ。政治家の常套です、都合が悪いと病院に逃げる。国民を超える議員は出ないのです。もう一人差別発言で潰されそうなのが同じ維新の党にいますが、大阪の方々、どうかよろしく御自覚なさいませ。
コメント