書籍之海 漂流記

看板に掲げているのは「書籍」だけですが、実際は人間の精神の営みすべての海を航海しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

半藤一利 『昭和史 戦後篇 1945-1989』

2006年06月19日 | 日本史
 『鳩山一郎回顧録』(文藝春秋新社、1957年)は、実は細川隆元が書いたものだそうだ。もと文藝春秋の編集者で、当時この本の出版担当だった著者の証言。

(平凡社 2006年4月)

▲サッカーワールドカップについて、青侍負けるな一茶ここにあり、ほどの興味。
『本(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 今週のコメントしない本 | トップ | スティーヴン・D・レヴィット... »

日本史」カテゴリの最新記事