書籍之海 漂流記

看板に掲げているのは「書籍」だけですが、実際は人間の精神の営みすべての海を航海しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ラヒムジャーノフ 『カシモフ・ハーン国(1445-1552)歴史概論』 ②

2010年10月31日 | 東洋史
 2010年10月29日「ラヒムジャーノフ 『カシモフ・ハーン国(1445-1552)歴史概論』①」より続き。 

 一五七五年、イヴァン四世はモスクワにシメオン・ベクブラトヴィッチなる人物を迎えてツァーリの位につけ、自分はこれに臣事して、翌年あらためて譲位を受けてツァーリとなった。このシメオン・ベクブラトヴィッチは、黄金のオルドのハーン位をクリム〔タタル〕に奪われ、カシモフに移り住んでモスクワ大公の保護を受けた「最後の大ハーン」アフメドの曾孫だった。/この手続きによって、モスクワ大公は黄金のオルド〔キプチャク・ハーン国〕の継承者の一人となり、ジョチの後裔たちを支配する権利を得た。イヴァン四世自身、父方ではドミートリー・ドンスコイの嫡孫であるが、母方ではその敵手ママイの血を引いていた。モスクワのツァーリは、ラテン語で「白い皇帝」と自称し、東方のモンゴル族から「白いハーン」(チャガン・ハーン)と呼ばれた。ロシア帝国も、その出発点は、モンゴル帝国の継承国家だったのである。 (宮脇淳子『モンゴルの歴史 遊牧民の誕生からモンゴル国まで』刀水書房、2002年9月、「第8章 ロシアと清朝の台頭」 同書165頁)

 つまり、シメオン・ベクブラトヴィッチ(サイン・ブラト)は、カシモフ・ハーン国のハーンの子孫あるいはハーンそのものなのである。
 イヴァン4世(雷帝)は、直接にはカシモフ・ハーン国のハーンの禅譲を受けることによって、その母体であるカザン・ハーン国、さらにその母体であるところの黄金のオルド(キプチャク・ハーン国)の正当な継承者であるという口実と正当性を得た。
 しかし、黄金のオルド=ジョチ・ウルスは、すなわちチンギス・ハーンの長男ジョチと彼の息子たちが築いたものであり、そのハーンには、基本的に、チンギス・ハーン(実質的にはジョチ)の男系子孫でなければなれなかった。
 イヴァン4世は上の宮脇氏の指摘にもあるとおり、血統的には黄金のオルドの実力者であったママイの血を引いていた。しかしそれは母方の血筋(グリンスキー家)を通じてであった。さらにいえばそのママイもチンギス・ハーンの男系子孫ではなかった。
 だから、のち「白いハーン」(チャガン・ハーン)と名乗っていたものの、ハーンとしてのロシア皇帝は、チンギス・ハーンの男系子孫が立派に続いていた東方では、諸ハーンからは格下として見られたように思える。例えば17世紀モンゴル(外モンゴル)ハルハ部のアルタン・ハーンがどうもそうであったし、そのモンゴルの大ハーンでもあった清朝皇帝(ボグド・ハーン)などは、明らかにロシア皇帝=チャガン・ハーンを見下していた。モスクワ大公国を継いだロシア・ツァーリ国、次いでロシア帝国との関係を管掌したのは、はじめ蒙古衙門、のち改編されて理藩院であるが、ここはその名の示す通り、清朝における藩(のちの藩部と属国=朝貢国の両方を指す)を統括する官庁である。清朝の公文書(『清実録』、そしてそれに基づく『清史稿』『清朝柔遠記』)では、ロシア皇帝は、1861年の総理衙門設置まで、「鄂羅斯(オロス)の察漢汗」などと呼ばれて、完全にモンゴル・トルコ族の一派・朝貢国扱いだった。
 もっとも実際の交渉においては、対等国としての扱いだったのであるが(少なくとも初期から中期にかけては)、国内的には(あるいは漢語世界においては)、終始一貫して藩部扱いされていた。

(Казань: Татарское книжное издательство, 2009)

「野沢那智さん死去 世界の名優吹き替えた」 から

2010年10月31日 | 抜き書き
▲「Nikkansports.com」2010年10月31日8時12分 紙面から。(部分)
 〈http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20101031-696430.html

 声優、俳優、DJ、演出家など多彩に活躍した野沢那智(のざわ・なち)さん(本名・野沢那智=やすとも)が30日午後3時36分、肺がんのため、都内の病院で死去した。72歳だった。アラン・ドロン、アル・パチーノ、ブルース・ウィリスなど世界の名優の吹き替えを担当。洋画、アニメなど計4000本以上の作品を声で際立たせた。TBSラジオの深夜番組「パック・イン・ミュージック」のDJとしても人気だった。葬儀・告別式は密葬で営まれ、後日、お別れ会が開かれる。喪主は長男で俳優の野沢聡(そう)さん(37)。

 この人については、吹き替えといえばアラン・ドロンよりもアル・パチーノのほうが印象深い、というか好きだ。その次はジェームズ・ディーン。その次はデビッド・マッカラムで、その次は『悟空の大冒険』の三蔵法師。ブルース・ウィリスはあまり合っているとは思えなかった。『スペース・コブラ』のコブラも同じく。
 ご冥福をお祈りします。

「日本前首相安倍晋三訪台 馬英九設宴款待」 から

2010年10月31日 | 音楽
▲「環球網」2010-10-31 14:12、新华网「日本前首相安倍晋三访台 马英九将设宴款待」。(部分)
 〈http://taiwan.huanqiu.com/news/2010-10/1215375.html

  日本前首相安倍晋三今天将率团搭乘松山―羽田直航班机抵台,马英九将亲自设宴款待,〔後略〕。

 正直なところ、尖閣諸島を巡って「一戦も辞さず」と言った人物が、いったいどの面下げてと。

ラヒムジャーノフ 『カシモフ・ハーン国(1445-1552)歴史概論』 ①

2010年10月29日 | 東洋史
 原書名:Рахимзянов Б. - Касимовское ханство. (1445-1552 гг.) Очерки истории.

 ロシアや西欧の政治ウォッチャーにはメドヴェージェフ露大統領をシメオン・ベクブラトヴィチ(サイン・ブラト)に譬える向きがあるらしい。そうするとプーチン首相はイヴァン4世(雷帝)ということになる。
 この譬えが通るのなら、カシモフ・ハーン国の実質的な高祖であるウルグ・ムハンマド(黄金のオルダ・ハーン、のちカザン・ハーン国初代ハーン)は中国南匈奴の於夫羅(おふら)単于、そしてウルグ・ムハンマドの息子にして名実ともにカシモフ・ハーン国の初代ハーンとなるカースィムは、於夫羅の息子劉豹と中国内地に匈奴の国前趙を建てる孫の劉淵を合わせたような役処ということになろうか。

(Казань: Татарское книжное издательство, 2009)

「韓国、来年は世界13位の経済大国に...日本は『ビッグ2』から外れ」 から

2010年10月29日 | 抜き書き
▲「中央日報 Joins.com」2010.10.28 10:24:18。(部分)
 〈http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=134360&servcode=300§code=300

 韓国が来年、世界13位の経済大国になる見込みだ。米国と中国のグローバル経済「ビッグ2」構図は今年から定着し、韓国と日本の経済力格差は5年後に4.7倍に縮まると予想された。〔略〕今年は米国の経済力が韓国の14.8倍、中国が5.8倍、日本が5.4倍だが、来年は米国が韓国の14.3倍、中国が6倍、日本が5.4倍になると推測された。2015年には米国が13.1倍、中国が7.2倍、日本が4.7倍になると予想されている。

 必要もないところで人や国に順番を付けるな。これでも見て槇原さんの爪の垢を煎じて飲め。といってもあと30年くらいわからんだろうけど。中国もたぶんそうで。

YouTube 「明日がくるなら 桜井和寿×JUJU with Bank Band LIVE 」

2010年10月28日 | 音楽
 〈http://www.youtube.com/watch?v=sQqMvqhRyJo&feature=related

 しなやかな天才、桜井和寿さん。誰かと共演したときにかえって、この人のもう一つの天賦の才能、あるいは本当の凄さが、陰画のようにうきあがってくる。桑田さんとの「奇跡の地球(ほし)」しかり、自分の個性のままで他人の個性に合わせられるという稀有の稟質。
 このクリップで合っていないのは、画面と音声だけ!

「琥珀に閉じ込められていた昆虫、インド大陸の孤立期間に疑問 米研究」 から

2010年10月28日 | 抜き書き
▲「AFPBB News」2010年10月27日 13:37 発信地:ワシントンD.C./米国。(全)
 〈http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2769967/6369836

 【10月27日 AFP】インド西部カンベイ(Cambay)で見つかった琥珀(こはく)の中に閉じ込められていた昆虫が、インド大陸がユーラシア大陸と離れていた期間に疑問を投げかけているとした論文が、25日の米科学アカデミー紀要(Proceedings of the National Academy of Sciences、PNAS)に発表された。
 約5000万年前の琥珀の中に閉じ込められていた昆虫は、ハナバチ、シロアリ、クモ、ハエなど。科学者らは、インドはかなり長い間孤立した陸島であり、そのため琥珀の中の昆虫たちもアジアのほかの地域のものとは大幅に異なるはず、と考えていた。
 ところが、米自然史博物館(American Museum of Natural History)などの研究チームは、昆虫たちの固有性が、インドの想定される孤立期間にそぐわないほど低いことを発見した。さらに、昆虫の近縁種が北欧、アジア、オーストラリア、アメリカ大陸に生息していることを確認した。
 インド大陸は現在のアフリカ大陸から分離し、約5000万年後にユーラシア大陸と衝突してヒマラヤ山脈を形成したとされる。
 米カンザス大(University of Kansas)のマイケル・エンゲル(Michael Engel)教授は、「カンベイ地層がインド大陸の衝突の年代より古いとしても、今回の結果は、インド大陸が(約5000万年前には)完全に孤立していたのではなく、ユーラシア大陸とある程度つながっていた可能性を示唆している」と話している。

 本当は自然史(博物学)でもこのように現実の観察し、分類し、その上に立って仮説を立て(ダーウィンは自然観察から進化論を編み出した)、そしてそれを検証するための実験というステップは踏める(メンデルの法則の発見)。ところが日本はもとより中国の伝統的な博物学たる本草学は、見たものをただずらずらと羅列するだけである。本草書の挿絵の杜撰さを見るとまともに観察したのかとさえ言いたくなる。
 こんな理屈をこねるためではなかった。付けられた写真があまりに綺麗で、見とれたのだ。

「緑茶に乳がん予防効果ありませんでした」 から

2010年10月28日 | 抜き書き
▲「YOMIURI ONLINE(読売新聞)」2010年10月28日11時53分。(部分)
 〈http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20101028-OYT1T00481.htm?from=main2

 がん予防効果の研究報告もある緑茶を飲んだ人と飲まない人で、乳がんについては発生率に差はないことが、国立がん研究センターによる5万人規模の追跡調査でわかり、28日発表した。〔略〕同センターは、緑茶を飲む頻度を「週1杯未満」から「1日5杯以上」の6段階に分けて発症との関連を調べたが、量による差は出なかった。/5年後に再び調査に応じた約4万4000人について、飲む頻度の分類を「1日10杯以上」にまで広げたり、煎茶(せんちゃ)や玄米茶など緑茶の種類も分けたりして詳しく調べたが、飲んだ量と発生率に関連はなかった。

 まだ胃がんについては効果がある(とされている)んだからいいじゃないか。
 そのうえ、肌を白くするし、肌に潤いを与えるし、老化の防止に役立つし、ダイエットにも良い(とされている)んだから、一つぐらい減ってもたいして問題ないのでは。

「中国による朝鮮戦争参戦は侵略への対抗 習副主席、参戦60周年座談会で老兵を激励」 から

2010年10月28日 | 抜き書き
▲「Chosun Online 朝鮮日報日本語版」2010/10/26 09:03:34、北京=崔有植(チェ・ユシク)特派員。(全)
 〈http://www.chosunonline.com/news/20101026000015
 
 中国の次期最高指導者となることが有力となった習近平国家副主席は25日、中国が6・25戦争(朝鮮戦争)に参戦したことについて、「平和を守るための偉大な戦争であり、侵略に立ち向かうための正義にのっとった戦争」と述べた。習副主席は同日午前、北京市内の人民大会堂で行われた中国人民志願軍抗美(抗米)援朝戦争60周年座談会に出席し、参戦した老兵らを激励するとともに、このように話した。
 習副主席は、「60年前に発生したこの戦争は、帝国主義の侵略者たちが中国の人民に強要したものであり、新中国の安全が脅かされる状況の中、北朝鮮の要請を受けて党中央と毛沢東同志が出兵を決定した。武器や装備が非常に不足している状況で、中朝両国の人民と軍隊が団結することにより、この戦争で偉大な勝利を収めることができた」と主張した。習副主席はまた、「中国の人民は、中朝両国の人民と軍隊が鮮血で結んだ偉大な友情を忘れてはいない。また、朝鮮(北朝鮮)政府と人民らの(中国)人民志願軍に対する関心や愛情も忘れないだろう」と述べた。

 反攻は“広義の”侵略なのであろう。

アサンカーノフ 『キルギスタン史 古代から現代まで』

2010年10月28日 | 東洋史
 原書名: Асанканов А.А. История Кыргызстана (с древнейших времен до наших дней)

 キルギスタンの大学課程で使われる教科書(第三版)。
 「キルギス」という民族名は紀元前3世紀から存在する、現存するテュルク系民族名称のなかで最古のものだとは言うが(「キルギス」という民族名称の最初の使用例」、本書65頁)、民族実体としてその当時から今まで連綿と存在したとは言わない。「キルギス」とは元来は、アジア地域に居住した遊牧民を汎く指して呼ぶ名称だったとする(同、68頁)。これはえらい。別の所で、キルギスタンは約80の民族が平等に暮らす多民族国家であるという認識が表明されている(「キルギスタンは私たち共同の家」、482頁)。現実的な要請がしからしめるのかもしれないが(たぶんそうだろう)、しかしそうであったとしても、わが民は二千年、三千年、場合によっては四千年の歴史を持つと平気で言うウズベク人の国家主義者ウイグル人の民族主義者とは月とスッポンほどの上品下品(じょうぼんげぼん)の差があるといえる。立派である。

(Бишкек, 2009)