♪ラジオ放送・文字版「世の光」

   1952年以来、キリスト教会が協力して全国民放ラジオで放送して70年、
PBA『世の光』を文字で 

■旅人よ、天の故郷を目指せ! / 原田憲夫

2021年11月20日 | Weblog

2021.6.5放送

 世の光の時間です。いかがお過ごしですか? 原田憲夫です。

 私はこの一週間、旅人に焦点を合わせたお話をさせていただきました。それで今日は、その締めくくりともいうべき、私たちが目指す旅の終着地、天の故郷についてお話しします。ヘブル人への手紙11章16節をお読みします。

 「しかし実際には、彼らが憧れていたのは、もっと良い故郷、すなわち天の故郷でした。ですから神は、彼らの神と呼ばれることを恥となさいませんでした。神が彼らのために都を用意されたのです。」

 私が牧師として御用をさせていただいている教会に、奥様の深刻な病気、入院、手術を機に毎週欠かさず日曜日の礼拝時間に来られるようになった方がいます。ゆたかさんと言います。長年、大手の新聞記者、論説委員として、その後は、大学の教授として歩まれてこられた方です。ゆたかさんは自分の礼拝出席こそが、クリスチャンである奥様への最高のプレゼントだと確信されたのでした。ところがその後、ゆたかさん自身、末期癌と診断され、その時の心境をこう記されます。

 「病気知らずで来た私には鉄槌で頭を打ち砕かれたような衝撃だった。しかし、これらのことを通して私は、神の御前に一人の罪人であることに気づき始めたのである。私は生まれて初めて、自らの死と正面から向き合った。何事にも自力を信じてきた私の胸中に、何かにすがりたい、助けを求めたいという気持ちが急速に芽生えていった。日曜ごとに教会に足を運び聖書に馴染むにつれて私の心を強くとらえたのは、永遠のいのちを持つというくだりである。キリスト教にはほとんど無関心であり批判的でさえあったこの私に永遠のいのちを与えてくださるために、キリストは、私の身代わりとなって十字架に死なれたのだ。」

 ゆたかさんはイエス・キリストを救い主と信じ、2004年クリスマスに洗礼を受けました。ゆたかさんを見送って安心された奥様は2013年に天の故郷へ旅立ちました。救い主イエス・キリストを信じる人すべてに与えられる永遠のいのち、この永遠のいのちこそ、私たちの旅の目指す終着の地、神のおられる天の都への入国保証なのです。

 さあ旅人よ! 天の故郷を目指そうではありませんか。

   (PBA制作「世の光」2021.6.5放送でのお話より)
 


********

この番組を制作しているPBAの「世の光」の係りでは分りやすい聖書通信講座を用意していて、初めての方には無料の入門コースがお勧めとの事。詳しくはPBAに案内書を申し込みましょう。日曜日に教会を覗いてみるというのもいいんじゃないかなあ。日曜日は大抵、朝10時か、10時半頃からお昼頃まで集まっていて誰が行ってもオーケー。でも、新型コロナ禍で集まるのを制限したりオンラインの集まりに切り替えたりしているかもしれません。PBAに聞くと近くの教会を紹介してくれるので、気軽に問い合わせるといいでしょう。問い合わせ先は、mail@pba-net.comです。

 

この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ■旅人の同伴者 / 原田憲夫 | トップ | ■人生を変える出会い / 黒... »