小太郎のまんぷく日記

今日も元気だ!ごはんがうまいっ。

お気に入りの重箱とおせち

2007年12月29日 | ・その他
小太郎が大切にしている重箱2つ。
   ※詳細はこちら → 『茄子と焼しゃぶの野菜あん』記事の下方

大森漆器工房(福島県会津若松市旭町)の会津塗。
親子三代続く伝統工芸士の工房だそうです。
こちらの重箱は『大森茂』作の溜塗り三段重(約21cm)。
          

深い深い赤に優しいフォルム。
手肌に吸い付くようななじみやすさがあります。
      

内側の朱色もグッと渋め。
詰めたお節料理も映えます♪
今年はこの重箱のうち、二段を使うことに決定。
      

こちらの小さなお重箱(約15cm)は今治大丸で購入したもの。
あまりの可愛さに目が釘付け♪
合成漆器なので気張らず気楽に使えるのが嬉しい。
           

にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 酒ブログへ

今夜は妹夫婦&両親との忘年会、
そして明日はオット実家での会食があるのでおせちも若干早めに♪
 ※わが家のおせち・作り方はこちら → ≪おせち特集≫
   
左上は今年初めて作った『竜眼巻き』。
スジを取ったささみをラップにはさんでたたき、薄くのばします。
そこに焼海苔→ウズラ卵をのせて巻き、小麦粉をまぶして油で揚げます。
アツアツのうちに醤油をまぶしたら出来上がり。
(以前、有元葉子さんが紹介していたレシピの記憶をたどって作りました)

右上は毎度おなじみの『如意巻』。
粗熱を取ってすでに1本1本をラップに包んだ状態です。
これはオット実家と小太郎実家におすそ分け。

『数の子』は今年ケチってしまったせいか、若干残念な結果に~。
食感は良かったのでよしとしよう!!

『八幡巻』もおなじみの一品。
こちらも双方の実家におすそ分けしました。

         
手際よく数の子の薄皮を取るオット。
この辛気くさい作業を快く引き受けてくれるおかげで、
小太郎のおせち作りもはかどります。
コメント   この記事についてブログを書く
« つくごんの練り物でおでん♪ | トップ | 恒例、日光寿司で忘年会♪ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

・その他」カテゴリの最新記事