ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

習作:グロリオサ(スケッチ&コメント)

2021-04-04 22:59:55 | スケッチ



画・江嵜 健一郎



阪神御影駅前の田中花店にグロリオサが入ったら電話をお願いしていた。いいのが入りましたと先日、若奥さんから電話があり二つ返事で飛んでいき3本まとめて買った。

結構な値段になるが背に腹は代えられない。花屋さんがいいものが入りましたと言うだけ中身は確かに違う。花に負けないように気合いを入れてスケッチした。

神戸市高齢者美術作品展に10号の本画を描く予定である。ただ、日本画家の猪熊佳子先生からはこれで行きましょうとのお墨付きはまだいただけていない。猪熊先生からはせっかくスケッチを描いたのだから、よく見て頑張って本画にしましょうと激励されている。

花瓶に入れた花は時間が勝負になる。日ごと花の精気が劣えてくるのが怖いほど分かる。地植えした花に勝てない。グロリオサは5月過ぎから芽を出す。6月から7月にかけて本番を迎えるがそれまで待てない。やむなく花瓶に入れた花を描くことになる。

いまひとつ元気でないとスケッチ一枚描けない。特に寝が足りないと花に負けてしまう。そのため眠たくなると時間いとわ寝るようにしている。

今回のグロリオサは久しぶりの花の絵の本画となる。猪熊佳子先生のご指導よろしきを得てではあるが、なんとしても完成させたい。(了)

七星鍼法の魅力(Part4) 活性鍼の展開で夢中になりそうです

2021-04-04 11:03:21 | 診断即治療と虹彩学
この「診断即治療」は、 FC2ブログ にも転載しています。



右腕を挙げると肩関節の中の方が痛い



「パソコン業務が増えて、また前腕が痛み出してきた」

「そのせいか、右腕を挙げると肩関節の中の方が痛い」

という方が来られました。

この方は、前腕の皮神経に異常があり、何度か治療した後に、
「脳疲労が関係しているのではないか」と、特別な方法をしたら治まっていました。
しかし、疲労が出ると、痛みが出たりしていました。

ところが、コロナの関係でリモートワークが増え、元々の専門であるパソコン業務やメールが増えて、再度前のような痛みが出て来たらしいのです。
多分、脳に軽い炎症が起こってきたのだろうと考えたのですが、脊椎診をすると、上部胸椎で蛇行したような歪みがありました。

そこで活性鍼と脳の話をして、

「やってみましょうか?」と聞くと、

「やってください」と言うので、活性鍼をしました。

活性鍼の効果が出てくるまでには、ちょっとだけ時間がかかりますので、その間に前腕への巨鍼をしました。
(曲池から陽池までの巨鍼です)
すると、不思議なくらい巨鍼がスーッと入っていくのです。

「巨鍼がスーッと通りますね」と言うと、

「今までとは全然違いますね。鍼がかるーく通りましたね」と、本人も自覚していました。

それから足への「活性鍼」をしたのですが、起きて右腕を挙げてもらうと、
「軽い、軽いです。少し痛みは残っていますが、全然違います」と言っていました。
活性鍼は、思わぬ方向へ向かっている気がします。

現在は「しちせい特殊鍼法研究会」のメンバーと共有していますが、研究中のテクニックなので、まだまだ話してないこともありますが、おもしろい展開になるのではないかと考えています。