ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

「集団自決」検定、文科省が対応検討 沖縄県民大会受け

2007-10-02 06:17:03 | Webニュースより
「集団自決」検定、文科省が対応検討 沖縄県民大会受け(朝日新聞) - goo ニュース

2007年10月01日23時08分

 沖縄戦で日本軍が住民に「集団自決」を強制したとの記述が教科書検定で削除された問題で、文部科学省は、記述の修正が可能か、検討を始めた。検定意見の撤回を求めて9月29日に開かれた沖縄県民大会に11万人が参加したことから、町村官房長官が1日、渡海文科相に対応を指示。渡海氏も、検定制度の枠内で可能な対応を検討するよう省内に指示した。

 既に複数の教科書会社が訂正申請を出す検討を進めており、集団自決に日本軍が関与したことを明記する記述が復活する可能性が出てきた。

 町村氏は1日の記者会見で「沖縄の皆さんの気持ちを何らかの方法で受け止め、修正できるかどうか、関係者の工夫と努力と知恵がありうる」と述べた。渡海氏も記者団に「(検定に)政治的介入があってはいけない。しかし、沖縄県民の気持ちを考えると、両方ともものすごく重い。そのなかで何ができるか考えたい」と述べた。

 渡海氏は、県民大会を受けて検討を始めたことを認め、仲井真弘多知事が上京すれば直接会うとの考えも明らかにした。教科書会社から訂正申請があった場合、「真摯(しんし)に対応したい」と語った。

 文科省は「検定の撤回はできない」との立場だが、過去に事実上、方針を転換した例がある。記述を復活させるために、こうした方法を今回適用できないか検討する。

 方針転換の例としては、沖縄戦に関する81年度の検定がある。日本軍による住民殺害の記述が削除された後、沖縄県民は激しく反発。小川平二文部相(当時)が国会で「次の機会に県民の方々のお気持ちに十分配慮して検定を行う」と答弁、83年度の検定で事実上復活した。

 80年度には高校の現代社会の教科書に水俣病の関連で「チッソ」の企業名が記されたのに対し、文部省(当時)は「特定の営利企業の非難になるおそれがある」と意見を付け、削除された。しかし、批判が高まり、同省は事実上撤回。81年秋に6社が訂正申請し、承認された。

 このほか、過去に例はないが、文科省は教科書会社に訂正申請の勧告をすることもできる。

 沖縄県民大会で実行委員長を務めた仲里利信・県議会議長(自民党)は「11万人の気持ちをくんでいただいた大変な配慮だと思う。どういう形で結論が出されるのか、ぬか喜びすることなく、大きな期待を持って見守っていきたい」と話した。

 《教科書検定》 民間の教科書会社が申請した本を検定基準に基づいて文部科学省が合否判定する仕組み。文科省が検定意見を付した場合、教科書会社は意見に従って修正した本を再度提出して合否判定を受ける。

 検定は大学教授などで構成される「教科用図書検定調査審議会」の検討を経ている。このため、一度決まった検定意見を政治の意向で変えることについては「介入につながる」との理由で、政府は否定的な立場を貫いている。


****************************


過去は事実であり、歴史は事実の積み重ねである。
ただ、教科書の書き方では歪んだ歴史を学ぶことになる可能性がある。

これは教科書を作っている会社にとっては大変なことになると思いますが、沖縄県民の気持ちを考えて、町村官房長官や渡海文科相は適正な判断をして欲しいと思う。

コメント (4)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 「市町村窓口、信用ならない... | トップ | 米再利下げ期待から、NYダウ1... »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
歴史を気持ちで捏造するようでは、おしまいだ (白丁花)
2007-10-02 18:48:49
歴史教科書に記載されるべきは
事実、もしくはその時点で
事実と思われる事柄である。

いくら「沖縄県民の気持ちを考えて」も
事実も事実と思われる事柄も
変わらない。

これは、証拠(資料)によってのみ
変わりうるものである。

如何にその歴史が目を背けたいものであっても
素直に認めることが大事であり、
否定したいのであれば、
県民大会などでなく、資料の提示を
行うべきである。

認めたくない歴史は無かったことにする、では
韓国と同じですよ。
白丁花さんへ (hallick)
2007-10-02 19:05:54
おっしゃる通りだと思います。
資料に基づいた事実であれば変えるべきであり、「沖縄県民の気持ちを考えて・・・」というのは、町内会の話。

でも、役人というのは「恒例に従い」というのが好きというか、「自分が務めている間は波風を避けたい」というか、逃げ腰の場合が多いような気がしますね。
11万人の大嘘 (sawada)
2007-10-03 13:08:59
「朝日新聞に問いたい。『沖縄11万人抗議集会』の人数、誇大報道では?…まるで大本営発表垂れ流し」…産経新聞
▼貴紙は1面で「沖縄11万人抗議」と大見出しをとり、きのうも「県民大会に11万人が参加した」と書いておられます。でも、11万人は主催者発表の数字です。記者は何の疑問も持たなかったのでしょうか。
▼抄子は宜野湾市内にある会場を何度か訪ねていますが、会場の面積は約2万5000平方メートル、つまり160メートル四方に過ぎません。当日の航空写真を見ると空きスペースもあり、どう数えれば11万人にもなるのでしょう。
▼もったいぶってすみません。関係者によると、参加者は最大で4万3000人だそうです。沖縄の警察は、主催者の反発を恐れてか真実を発表できないのです。
http://sankei.jp.msn.com/life/education/071003/edc0710030254001-n1.htm
sawadaさんへ (hallick)
2007-10-03 14:18:29
なるほど!
我々読者は記事に書かれた文字を信じているわけですから、こういう事実までは検討しませんしねー。
報道に振り回されるのは嫌ですが、正直何が真実かわからない時は多いものです。

ただ、弊ブログで取り上げたのは、史実に基づいて教科書を作って欲しいと思ったからです。

Webニュースより」カテゴリの最新記事