ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

ウイキリークスで世界メディア騒然も、日本は埒外?(学校で教えてくれない経済学)

2010-11-30 08:52:46 | 経済学
ウイキリークス(WikiLeaks)という内部告発サイトがある。29日付けのWSJ紙は、JeremyPage記者が北京発で、「今回のウイキリークスによる米外交文書リ―クが、米国と中国との緊張を高めるだろう。5月に開かれた米中戦略会議で、米国が中国に対してイランに核開発技術供与阻止を提案したが、中国は断ったとの生々しいやり取りも含まれている」と記事冒頭で紹介した。

ウイキリークスのリ―クにより、「中国が米国にサイバー攻撃を仕掛けていたことも明らかになった」と29日付けのWSJ紙日本版記事でJaySolomon,AdamEntous,JulianE.Barnes記者が書いていた。同記事には「クリントン米国務長官が、ドイツ、サウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE),フランス、アフガニスタン、中国、英国の各首脳に直接連絡をとって機密公電の公開について警告していた」。しかし、「米国務省の25万件を超える外交公電は,国際外交の舞台裏を露わにした。今後影響が出て来るだろう。」と書いていた。

先の北京発の記事では、中国の米国に対するサイバー攻撃について詳しく書いた。アメリカ人にとって見過ごし難い記述だから、NYタイムズはじめメディアも無視できなかった。今朝のNHK・BS「おはよう世界」でもこの問題を取り上げた。なかでもドイツZDFは時間を割いて紹介した。「メルケルは、創造性に欠け、中身がない」と書かれた。メルケル首相はコメントを避けた。「アメリカとドイツは長年の友好国である。今回のリークは問題にしていない。」とドイツ政府報道官が努めて冷静にコメントする映像を流していた。

冷静に受け止めようとすればするほど、今回の機密情報リークが、各国の外交関係者、首脳に深刻な問題を突き付けたことを示している。ドイツだけではない。イランもイスラエルもサウジアラビアもロシアも表向き「無視」する姿勢を「おはよう世界」が紹介していた。日本に関してどのように記述されているのか興味はある。しかし、仮に取り上げるに値しない内容であれば、メディアは報道しないであろう。それが現実なら情けない話だ。

一方、29日のNY株式市場はEU(欧州連合)が28日、アイルランド救済策発表後もポルトガル、スペインへ問題が波及する。欧州諸国の緊縮財政により2011年の経済成長にブレーキがかかるとしてNYダウは一時前日比162ドル下げた。あと買い戻され前日比39ドル安、11,052ドルで取引を終了した。米ブルームバーグは、ブラックホリデーの売り上げが前年比9%伸びたこと、金曜発表予定の11月米雇用統計に対する期待感を指摘していた。

29日のNY外国為替市場は、欧州財政懸念からユーロ売りが進み、一時1ユーロ=1.30ドル台までドル が対ユーロで値上がりした。ドルの対ユーロ上昇でドルは対円でも買われ、1ドル=84.27~30円までドルが値上がりした。一方、NY原油(WTI)期近物相場はバレル1.97ドル上げ、85.73ドルで取引された。ドルと原油が共に上げる展開は珍しい。(了)

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

『人体惑星試論奥義書』をHPにup

2010-11-30 00:23:13 | 診断即治療と虹彩学
拙著の ≪もくじ≫ をHPにupしました。

日曜日の実技講習会に参加され、拙著を購入された方々から、読書感想のメールが届きました。
はや!

執筆の苦労や本の内容を称えるメールでした。

機会があれば、ご本人の許可を得てから当ブログで紹介したいと思いますが、自惚れになってしまうかもしれないので、十分に検討してからになると思います。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ギャー、な、な、なんでー?????

2010-11-29 10:00:07 | 診断即治療と虹彩学



土曜日に拙著『人体惑星試論奥義書』100冊が届き、早速ページを開いてみた。
間違い探しである。

あいやー、やっぱり!

誤字脱字、リンク違い、・・・。(>△<∥)アッチャー!

な、な、なんでー?と思うほどの間違いが見つかった。

ま、四大新聞でも誤字脱字はあるので、勘弁してもらうより仕方がないな。

「本をかくことは恥をかくこと」と言われ、出版のたびに恥をかいているのだが、今回は中吉先生まで恥をかかせてしまった。
申し訳ない気持ちで、凹んでしまった。

実は、あとがきで【中吉先生に校正をお願いし、事細かな校正をしてくれた。】と書いてしまったからだ。
だから、校正ミスがあったら中吉先生のミスと思われてしまう。
しかし、中吉先生から返ってきた校正原稿を、再び私が文章の入れ替え差し替えをし、おまけに編集の途中で上下の画像を入れ替えたりしたものだから、それでミスが出たのだ。

昨日の講習会でも拙著を販売させてもらったのだが、「誤字脱字」が多いのです。と言うと、「初版はそれが楽しみですよ!殆どの本がそうですから、そこにプレミアが着く場合もありますよ」と積極的な意見で励ましてくれる先生もいた。

これからボチボチと「正誤表」を作る予定ですが、テンションが下がっているので、今日中にできるかどうか。

「正誤表」ができましたら、昨日ご購入して頂いた方々に郵送させて頂きますので、少々お待ちくださるようお願い申し上げます。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

炉ばたの元祖:大関店内風(スケッチ&コメント)

2010-11-29 09:29:50 | スケッチ



炉ばたの元祖:大関店内風

江嵜企画代表・Ken



友達のTさんが炉ばたの元祖ふれこみの「酒肆 大関」(050-5816-9794)という店に案内してくれた。神戸に生まれ育った人間だが、神戸にこう言う店があること自体知らなかった。

店に入りまず目に付いた光景が珍しかった。畳十畳じきほどの大きなテーブルに生魚、干物、魚介類、ナスビ、キュウリ、トマトなどの野菜などお皿に入れてずらりと並べてある。それだけで絵になるなと思った。

お店は午後4時オープン、JR三宮駅西改札で待ち合わせ、徒歩6~7分で店に着いた。平日だったので入った時は客足はまばらだったが仕事帰りの仲間や馴染客であろう、一人コーナーに陣取っておいしそうに炉ばた焼きを楽しんでいた。

いつもの調子で店内の様子をスケッチした。正面に座布団に座ったお姉さんがいる。客は食べたい物を注文する。やおら熊手のような棒の先にヘラのついたものが飛び出してくる。お皿の下にヘラを刺し込み巧みに取り上げ、お姉さんが皿から注文の品を取る。焼き網に乗せる。焼きあがると、お皿をヘラに乗せて、器用に差し出してくれる。

熊手の往復が店の売りだということがだんだん分かって来る。店がオープンしてかれこれ50年以上たっていると言うから知る人ぞ知る店なのだろう。

背中の壁の上段に丸ぼし、干カレイ、生カレイ、もろきゅう、トマト、シイタケ、冷ややっこ、げそ、アジ、カマス、サツマイモ、紅サケ、イカ、エビ、アナゴ、スダコ、貝柱などなど野菜、魚介類順不同で並んでいる。好学のために数えてみたら札が60あった。

値段の方は単品で260~500円である。気軽に次々注文すれば皿数が増える。高いと言えば高いと言えるだろう。しかし、元々はお酒の当てである。小腹がすけば代1000円で寿司を注文することも出来る。長居するつもりでなければ、3000円も出せばワイワイ言いながら結構楽しめるなと思った次第である。

いつの間にか8時前になっていた。振り返ったら背中の後ろにも大勢の客が入っていた。入りの悪さをぼやく経営者は結構多い。その前にいままで来ていた客がなぜ来なくなったのか反省するのが先だろう。

日本は平和である。昨日、元「教室」仲間の個展を訪れた。京都河原町界隈もひとひとひとでごったがえしていた。神戸もJR三宮駅ガ―ド下には居酒屋、一杯飲み屋が軒を並べている。若者で一杯だった。

ぶつぶつ不平不満をぶつけるだけでは、日本の景気は永遠に良くなるまい。(了)


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ブラックフライデー好調も、欧州不安、朝鮮半島情勢でNYダウ95ドル安(学校で教えてくれない経済学)

2010-11-28 08:50:56 | 経済学
11月第4木曜日の感謝祭翌日のブラックフライデーからクリスマスセールがはじまる。なぜブラックフライデーと言うのか?小売店が黒字(ブラック)になるからそう呼ぶのだと、フリー百貨事典ウイキぺディアが説明していた。

NHK・BS「おはよう世界」は、米CNNが伝える前日から開店待ちに長い列を作っている様子を紹介していた。26日付けのWSJ紙も「値引きなどがブラックフライデーの集客に奏功」のタイトルで「今年の年末商戦が過去2年と比べて堅調と期待が高まっている。この日だけでホリデーシーズン全売り上げの6%強を占める」とWSJ紙が解説していた。

ところが、26日のNY株式市場は、ブラックフライデーの好調な滑り出しにも関わらず、欧州危機や朝鮮半島での緊張の高まりに押しつぶされ、前日比95ドル安、11,092ドルで取引を終了したと上記WSJ紙が書いていた。

26日のNY外国為替市場では、欧州の金融不安からユーロ売り、ドル買いが進み、一時、1ユーロ=1.31ドル台までユーロが値下がりした。ドルは対円でも買われ、1ドル=84.07円までドルが値上がりした。円をあれこれいじくらずともドルが上がれば円は値下がりする。こだわるようで恐縮だが、あれだけ円高を非難していた向きは矛先をどこに向けるのか。

NHK・BS[おはよう世界](経済情報)に出演した三菱東京UFJの勝藤史郎氏は「NYダウが、来週、11,000ドルを割る可能性が出てきた。一方、ドル円相場は、現在の地合いが続きこの先もドルは対円でじりじりと値を上げていくだろう」と明快に予測していた。

欧州の金融危機については、27日付けのWSJ紙は多くのページを割いて、アイルランドへの救済策の実施は、ポルトガル、スペインさらにはイタリア、フランスに続く、アイルランドと比べてはるかに経済規模の大きい国々の財政赤字救済の先駆けに過ぎないと厳しく分析、ユーロは再び1ユーロ=1.20ドル台まで値下がりすると予測していた。

一方、欧州金融危機はギリシャ救済劇から始まった。5月5日の政府の緊縮政策に反対、デモ隊が銀行に放火した。3名が犠牲となった。あの事件の後から、放漫な財政政策を放置すれば自分自身が生き残れないと多くの市民が思い始めた。政府は26日新たな緊縮財政策を議会に提出した。しかし市民は冷静に受け止めたと「3人の死、ギリシア危機のコ―スを変える」の見出しでMarcusWalker記者のレポートを26日付けのWSJ紙が紹介していた。

27日放映の朝日ニュ-スターの番組で北朝鮮問題を長時間取り上げた。その中で「日本人は平和ボケしている。戦争の怖さを肌で感じていない。平気で北朝鮮を孤立化させろという暴言を吐く」という発言が印象に残った。日本は韓国の苦しみをシエア出来ていない。(了)

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

森田りえ子さん:天満屋展初日会場にて

2010-11-27 12:19:59 | スケッチ
 
写真クリックで拡大

森田りえ子さん:天満屋展初日会場にて

江嵜企画代表・Ken



日本画家、森田りえ子さんの「花・華・はな」個展が、岡山市内の天満屋5回画廊(086-231-7523直通電話)で11月30日まで開かれている。初日の24日会場へ駆けつけた。

今回は「画廊 たず」(森井毅社長)がお世話しておられる。森井さんに森田りえ子さんの晴れ姿を撮っていただいた。「画廊 たず」は天満屋さんとは10年以上のご縁があると聞いた。

2ケ月前の京都高島屋個展の時もそうだった。今回も開催3日前まで展示絵を描いておられたそうだ。人気画家の嬉しい悲鳴だと言うが、健康にだけは留意してほしいと「教室」で教えを受けた生徒共通の気持であろう。

今回、「森田りえ子画文集  女が女に惚れる女性 オンナマエ 英文タイトル、Paintings of 'Handsome Women(Onnamae)(求龍堂発行)が、出版日前倒しで発売されており大勢の来訪者が買い求めていた。

彼女独特のおしゃれな文章の解説の要所々々には英文の翻訳がついている。平易な英語であるが作者の言わんとするところが見事に伝えられている。そこにも彼女自身が日本にのみ埋没しないぞという強い意思が感じられる。

「オンナマエ」と言う言葉、はやるとおもうよ、と、会場で、森田りえ子さんは話しておられた。今回の会場には花の絵に加えて人物画も展示されている。画集「オンナマエ」に「女性を描くときに注意を払うのは、眼差しと指先の表情です」と書いておられた。

新神戸駅から「ひかり」に乗れば時間帯にもよるがノンストップで35分で岡山に着くことを体験した。お時間の許す方はひとっ走り天満屋画廊を尋ねていただければ有難い。(了)

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

『人体惑星試論奥義書』の入荷について

2010-11-27 09:04:39 | 診断即治療と虹彩学
きょうの午前中に拙著『人体惑星試論奥義書』が100冊入荷する予定です。
100冊ですので、明後日の講習会で、(一人で何冊かご注文を頂いている方が何人かおられますので)予約をしている方々への配布だけになりますが、12月8日までには、何百冊か入荷する予定です。
入荷しましたら、ご予約を頂いている方々へお送りさせて頂きますので、もう少々お待ちください。

従来の鍼灸理論とは違う理論ですし、オリジナルな診断と治療で埋め尽くした本であり、しかもアクが強すぎるので、心の中で、半分は「売れないでいい」と思い、半分は「ちょっとは売れてほしい」と複雑な気持ちです。
「売れないでいい」と言いながら本を書いたのは、後世に残したい理論と実技がたくさんあったし、後にも先にも私しか書けない内容だからです。

本の内容は、少しずつ紹介していくつもりですが、マニアックな本だけに疑問も反論も多いと思います。
が、しかし、この本に書かれた実験方法などを知ると、疑問が消え、反論の前に実験をしたくなると思うし、この本に書かれた治療法を学ぶと、パフォーマンス的に、即効的な治療ができるので、毎日の治療が楽しくなること間違いなしだと考えています。

ということで、本日は ヾ(^∇^)♪ です。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

名前だけ一人前の情報に高い顧問料を日本は払っている、一冊450円のNW日本版最新号は安い?

2010-11-26 10:05:37 | 経済学
(学校で教えてくれない経済学)



「アジアが戦場になる日」という表紙のニューズウイーク日本版最新号は読みごたえがあった。一冊450円である。煙草を吸う方でもひと箱節約して読んで欲しい。ただ、日本の話題がひとつもなかった。話題を提供すること全てよいことではない。しかし、日本関連の記事ゼロの日本版というのも日本の今の姿をある種、象徴してはいないか。

「アジアに広がる軍拡中毒」のタイトルで「中国や北朝鮮で軍の強大化が進み、周辺の民主主義国でも軍拡に拍車がかかっている」とジョシュア・カ―ランジック(米外交評議会研究員)が書いていた。こう言う記事は日本以外の国では当り前なのだろうが、日本で住んでいると知らないことが多すぎて目から鱗だった。

「父親に比べて権力基盤の弱い金正恩(キムジョンウン)は、党幹部や軍指導部に益々頼らざるを得なくなる」と、北朝鮮情勢に詳しいヘリテ―ジ財団(ワシントン)のブルース・クリングナ―上級研究員は予測すると紹介していた。今回の砲撃は一つの証拠だろう。

「スゴ腕長官の米軍改造計画」のタイトルで「ゲ―ツ国防長官には退任前に重大な任務が残っている。その戦場はアフガニスタンでもイラクでもなく国防省だ」とジョン・バリー(軍事問題担当)とエバン・トーマス連名の記事が出ていた。そのなかで「まともに結果を出していない人間を、ゲ―ツは淡々と更迭する」というくだりが特に印象的だった。

経済関係では、「世界経済が陥る負のスパイラル」のタイトルで「G20の罵り合いから脱却するため各国は「大人になる」べきだ」とラ―ナ―・フォル-ハ-(ビスネス担当)記者が1ページ割いた記事の中で、「共同声明の不明瞭な表現が交渉の混乱を物語っていた。」と書いた。そこまではいい。「不明瞭だからこそ、20の国と地域が揃って承認できたのだ」の一行が光っていた。どの国も自分の国を守ることに精一杯であることを教えてくれる。

経済であとひとつ「財政危機でもやせ我慢するアイルランド」のタイトルで、ウイリアム・アンダーヒル(ロンドン支局長)が、「(アイルランドは)融資の条件として、EU諸国が現行12.5%の法人税率の引き上げを求めて来ることを懸念している。そこに魅力を感じたファイザーやグーグル、インテルなど巨大な多国籍企業が次々進出し「ケルトの虎」と呼ばれるまでに成長した」と書いていた。

ヨーロッパの法人税率はドイツ30%、イギリス28%など高い。アイルランドが現行税率を保てないのは明らかだろうが、「ヨーロッパが強いアイルランド経済とユーロの安定を実現したいなら、低い税率には目をつむった方が良さそうだ」と明快に結論を出していた。

日本は名前だけ一人前の情報に高い顧問料を払っている。一冊450円は安い買い物だ。(了)

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

エステ鍼灸経営セミナー

2010-11-26 08:35:58 | 診断即治療と虹彩学
期日:新年2月27日
場所:新大阪クライトンホテル
内容:経営能力の判定・経営ノウハウ・治療テクニックを3人でお話します。

独立か就職かは自分の生まれた星で決めたほうが賢明で、仮に開業したとして、開業後にスタッフを採用するときも、お互いが成長するような組み合わせで人選する必要があります。

開業一年で 炭酸エステ鍼灸院 を盛況にした方がいますので、その方の経営ノウハウを学ぶことで、開業準備や現在の治療院の経営に役立てることができると思います。

エステ鍼灸で使える手技での治療法や、即効的な治療法でお客さんに喜んでもらえる方法を公開致します。
パフォーマンス的な治療ですが、的確な診断と的確な治療法で、根本からの治療がそれを可能にします。

詳細は近日中に ホームページ に掲載します。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

北朝鮮、アイルランド問題無視、NYダウ150ドル高(学校で教えてくれない経済学)

2010-11-25 10:03:25 | 経済学
10月の米個人消費支出が0.4%増加、個人所得も回復した。週間米失業保険申請件数が予想下回る40万7千件に低下した。一方、米耐久財受注が大幅減、米製造業の伸び鈍化が予測される。24日のNY株式市場は、グッドニュースにのみ反応し、アイルランド問題、北朝鮮危機などバッドニュースは無視、前日比150ドル高、11,187ドルで取引を終了した。つれてシカゴ日経も前日比230円値上がりした。

一方、24日付けのWSJ紙日本版は、「韓国の限界を探るための攻撃」と題してソウル発でEvanRamstad記者が「1953年の休戦以来、北朝鮮は少なくとも30回韓国を挑発してきた。韓国が直面するリスクはソウルが南北国境から48キロしか離れていないことだ。韓国の大統領は今回の事件以後、公の場に姿を見せていない。彼にとって新たな試練だ。」とリスク・アナリストのアンドルー・ギルホルム氏の見解を紹介していた。

韓国KBSが、「新たに民間人2名の死亡が確認され、北朝鮮の国旗に火を付けて抗議した。韓国世論は硬化している」と伝え、イ・ヨンバク大統領は、日米首脳と電話会談した。北の砲撃に「激怒した」オバマ大統領は航空母艦ジョージワシントンとイージス艦を日本から派遣した。菅総理は「(北の砲撃は)明白な挑発だ」と語ったと伝えていた。

中国中央テレビは「理性的に行動すること。南北対話を進めることを北朝鮮に促した」と中国政府高官の発言を紹介していた。ただ、ドイツZDF,英BBC,フランスF2,ロシアRTRは朝6時台の「おはよう世界」を見る限りでは、北朝鮮砲撃問題を今朝は取り上げていなかった。

ドイツZDFは、アイルランドが、向う4年間で150億ユーロの支援を要求する条件として、賦課加価値税の増税、公務員給与カットなど具体的財政再建計画を発表した。財政難から公務員給与の大幅カットを決めたポルトガルでは、バス、列車、国内航空便がいずれも一斉にストライキに入り、交通はマヒ状態に陥ったと伝えていた。

英BBCは、大学補助金を大幅にカットされる大学生や大学生予備軍がデモに繰り出している様子を紹介していた。アイルランドの財政改善計画の発表後も、NY外国為替市場では、ユーロが対ドル、対円で売られ、1ユーロ=1.33ドル台、1ユーロ=111円台で取引された。ユーロが売られ易い地合いが続きそうだ。

11月26日で、ドバイショックの日から1年を迎える。米国経済が個人消費回復気配から底打ち気配を材料にNYダウは反発した。ただ、財政赤字不安が消えないヨーロッパや北朝鮮問題は火種として残っている。あなた任せ、人任せの日本のリーダーの資質が益々問われることになりそうだ。(了)

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする