ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

ギリシャ問題、デフォルトリスク回避の動きからNYダウ350ドル安、一方、ユーロ買戻しの動きから

2015-06-30 09:49:08 | 経済学
1ユーロ=137.77円(学校で教えてくれない経済学)


京都のさる団地の自治会での対立で、一部住民が共益費不払いを決め、送電停止寸前まで追い込まれているという京都新聞の抜粋記事を6月29日付ヤフーブログで見た。コミニュティ―作りに詳しい帝塚山大名誉教授の中川幾郎さんは「権利や義務の意識が強くなり、全国で自治会トラブルは頻発している」と指摘。「自治会は昔でいう里山と里川。みんなで一緒に維持していくという姿勢が必要だ」と話していた。そもそもの発端は会長職を誰もやる人がいない。だから10万円払ってお願いした。その結果自治会の共益費が当初の月500円が1000円になった。自治会長は「ここまで(送電停止)しないと、共益費問題についてみなさんに分かってもらえなかった。入居させたのは府なので、共益費の徴収も府が責任を持ってほしい」と訴えた」と書いていた。ギリシャ問題と同列に扱えないが身につまされる話である。

30日朝放送のNHK/BS「ワールドニュース」でドイツZDFはギリシャ問題を冒頭で取り上げ「ATMによる現金引き出しは一人1日60ユーロ(約8,200円)まで、ただし、観光客と年金支払いは別と発表した。同時にギリシャの銀行は週明けから7月6日まで休業を決めた。ユンケルEU委員長はギリシャ国民に国民投票でEU提案に賛成をと呼びかけた」と伝えた。チプロス首相は6月30日期限のIMFへの返済は出来ないとテレビ出演で話をした。IMFラガルド専務理事はギリシャからの返済がなければ直ちにギリシャへの融資を打ち切ると既に決めている。30日朝放送のドイツZDFの画面には6月29日、メルケルドイツ首相は自党CDCキリスト教民主同盟創立70周年記念大会に出席していたが膝元には書類を抱え、しきりに外部との連絡取る様子を写されていた。

フランスF2も30日朝放送で「ギリシャは緊急事態を迎えています。」と口火を切り「IMFからの資金供給が絶たれるとただちにデフォルトにはならないが、現状ただでさえ経済状況が悪化しているところに追い打ちをかけ、結果としてギリシャ経済が破綻、デフォルトに陥ることになる。ユンケルEU委員長はギリシャ国民に国民投票にノーをと呼びかけ、メルケルドイツ首相は「交渉再開に期待する」との談話を発表、フランスのオランド大統領はひたすら間にはいって仲介に努めている。」と解説していた。英BBCはチュニジアのホテルでイギリス人観光客で現時点で17人の犠牲者を出した。追悼式が同海岸で行われ、英国内相が参列した。生存者のひとりが「犯人は無差別に銃で撃ち殺していった。犯人が足元まで来たが死んだふりをしていた。弾が切れたすきに逃げた。」と語る様子を伝えていた。

29日、週明けのNY市場は、ギリシャデフォルトリスク回避の動きがアジア株安、欧州株安の流れを引きずりNYダウは350ドル安、17,596ドルで取引を終えた。債券が買われ米10年債利回りは2.329%へ低下した。NY外為市場ではユーロが乱高下したが、1ドル=122.52円、1ユーロ=137.77円と現時点ではパニック状態は見られない。NY原油(WTI)は小幅安バレル58.33ドル、NY金は小幅高のオンス1,179.65ドルで終えた。ユーロ圏というコミニュティーが一端破綻すると修復に時間がかかることを覚悟する必要がある。(了)

ムクゲも咲いたよ(スケッチ&コメント)

2015-06-29 23:01:13 | スケッチ


ムクゲも咲いたよ

江嵜企画代表・Ken


ムクゲが私のことをまさかお忘れではござんせんでしょうなと、云わんばかりにこ
こ数日で次々開花してきた。私ごとながら本日、6月29日は、77歳の誕生日である。
長いようでアッという間に過ぎてしまった。人生なんて短いなと最近特に思うように
なった。

 天気予報では本日は暑くなると聞いていた。朝一番とはいかなかったが、なんとか
6時台の電車に乗り、まるで天まで届けよと、せり出した枝を順番に上から下に向け
てスケッチした。つぼみが競争で突き出している姿が特に印象的だった。

 ムクゲは逞しい木である。秋にお礼肥やしをやる程度である。真夏でも水をやらな
い。その他これといった世話を焼いた記憶もない。咲き終われば下の幹を残してバッ
サリ切る。年が明け4月過ぎから芽を出し、6月も末になるとご覧のとおり一斉に開花
する。

ヤフーのブログでムクゲを検索した。アオイ科芙蓉属の落葉低木。庭木として広く
植栽される。夏の茶花として欠かせぬ花。和名は中国の木槿(もくきん)を音読みし木
槿(むくげ),木槿花(もくきんか)とよばれるようになった。

 中国原産。シリア、インドなど東南アジアまで自生している。日本には朝鮮半島経
由で渡来したといわれる。乾燥に強く、荒れた土地にも耐える。初夏から秋まで花期
は長い。花は1日でしぼむが次々咲き変わる。韓国の国花である。

 花は乾燥させても木槿花という生薬になる。消化器系に効くとされ胃腸炎の改善や
下痢止めなどに用いられる。

 ムクゲの花言葉は、「尊敬」、「柔和」、「信念」、「デリケートな美」とあっ
た。槿(ムクゲ)の名を頂いた韓国、朴槿恵大統領と日本政府が抜き差しならぬ関係
に陥ってしまった現実は誠に不幸である。(了)

福池ふれあいまちづくり協議会の定期研修会風景(スケッチ&コメント)

2015-06-29 06:07:20 | スケッチ


福池ふれあいまちづくり協議会の定期研修会風景

江嵜企画代表・Ken


福池ふれあいまちづくり協議会研修会が6月27日午前10時半から福池
地域福祉センターである。演題は「TPPの進捗状況」、講師は地元、
衆議員議員、盛山正仁氏で、時間があれば聞きに来ませんかと、小・中・高先輩のK
さんから案内があり楽しみにして出かけた。会場の様子をいつものようにスケッチし
た。ご婦人含め約20人が参加した。

 たまたま米上院本会議で米時間6月24日、オバマ米大統領に通商一括交渉権(TP
A)を与える法案を賛成多数で可決、TPP(環太平洋経済連携協定)交渉に弾みがつき
そうな雰囲気が出てきた。

 「このたびの研究会は、見事なタイミングである。協議会委員長Kさんの慧眼に敬
意を表する」と、講師が大いに持ち上げて講演ははじまった。Kさんはあらかじめ以
下3つのポイントを講師にぶつけていた。

 ①TPPは日本経済に本当にメリットがあるのか、②日本国民に具体的にどのよう
な影響があるのか、③日本の農業がTPP実施後蹂躙されないのか。

 講師は①日本は資源に乏しく将来共に基本的に貿易で飯をくっていかなければなら
ない。TPP加盟国12ケ国との間の貿易が自由かつ活発化するメリットは大きい、②
特に物が安く買える点で消費者にとってプラス、③最大の問題は農業、特に米農家へ
の影響が存在するが、日本の米に対する人気は高い。米、野菜、リンゴなどの果物で
の輸出拡大の可能性が出てきた。守るだけが農業政策ではないと評価した。日本は今
までTPPのデメリットを過大に評価してきたのではないかと指摘した。

 講師は、将来も、日本は軍事力で存在感を発揮することはできない。1970~80年の
日本バッシングを経て、その後日本パッシングの時代が続いた。これからは経済をう
まく使って日本が旗を振り、日本存在感を発揮することが国の安全保障につながると
指摘した。

 特に農業政策は安全保障にとっても重要である。今後のTPP交渉では、特に農業
や水産分野では特に得意分野を伸ばしていくことが重要だ。困った、困っただけで
は、日本全体のプラスにならないと講師は力説した。

 参加者からは農業への風当たりが今以上に強まるとの危惧が多く出された。今後の
TPP交渉の過程で様々な紆余曲折が予想される。TPP交渉の結果が日本の将来に
プラスになるよう取り組んでいきたいと話した。

 1時間程度の研究会でTPPについてなにもかも分かれというには無理がある。し
かし、今回のような庶民レベルでの会合で、都市に住む住民も農業問題含めて日本国
民一人一人にとってTPP交渉の行方が、他人事でない、身近な問題であることを改
めて知ることが出来た意味は大いにあると思いながら会場を後にした次第である。
(了)

IS過激派テロが3ケ所同時発生、ギリシャに債権団が支援プログラム延長を提案と伝えられNYダウ56ドル高

2015-06-27 09:51:17 | 経済学
(学校で教えてくれない経済学)


チュニジアの観光ホテル、フランスのガス工場、クエートのシーア派のモスクが、6月26日、ほとんど同時にテロ攻撃を受けた。英BBC,ドイツZDFフランスF2,カタールアルジャジーラがそれぞれ伝える衝撃的なニュースを27日朝放送のNHK/BS「ワールドニュース」が紹介した。フランスF2は「ブリュセルで開かれていたEU首脳会議からオランド大統領は急きょ帰国『フランスはテロに屈しない。フランスは団結してテロと戦う』と記者会見で語った」と伝えた。英BBCは同じくEU首脳会議出席中のカメロン首相は『ISイスラム過激派が犯行声明を出した。しかし、イスラム教徒と今回の事件を切り離して考えなければならない』と語ったと伝えた。ドイツZDFは「チュニジアで狙われた観光客にはイギリス人、ドイツ人、ベルギー人が含まれている。容疑者一人と併せて37人が死亡した」と伝えた。カタールアルジャジーラは「なぜラマダン時期が狙われたのか」についてチュニジアのある司祭は「ISにとって最も効果的だからだろう」と語ったと伝えた。

ブリッセルで開かれていたEU首脳会議はイスラム過激派によるテロ事件の最中も協議が続けられたが結論が出なかった。カメロン英首相は「EUの一つの国は自分たちを救わなければEU全体が危機に直面すると脅している」と語ったと英BBCは伝えた。27日朝放送のブルームバーグの番組出演のキャスターのJoeWeisenthal氏は「ギリシャは緊縮強化をあくまでも拒否している。ドイツ、ショイブレ財務省は「チプラス首相はギリシャ国民から選ばれてここにきている。私はドイツ国民から選ばれてここにきている。」と話したと紹介していた。ブルームバーグのキャスターは「最近の世論調査でギリシャの国民の69.7%がユーロ圏にとにかくとどまりたいと考えている」と紹介していた。EU財務相は土曜日の27日とさらに合意が得られなければ週明け再びブリュッセルに集まり協議する予定である。

一方、終末26日のNY市場では、ギリシャ問題解決に向けて債権団が支援プログラム延長を提案したと伝えられ、NYダウは終日堅調に推移、前日比56ドル高、17,946ドルで取引を終了した。米国債が売られ10年物米国債利回りは2.474%へ反発、日米金利差拡大を材料に、1ドル=123.81~86円、1ユーロ=138.31~34円で取引された。NY原油(WTI)は小幅安のバレル59.63ドル、NY金は小幅高のオンス1,172.90ドルで取引を終了した。NHK/BS「キャッチ!世界の視点」出演の三菱東京UFJ銀行、石丸伸二氏は「ギリシャと債権団との間で最終合意が得られるか。米雇用統計発表も控える来週はこれから先の世界の金融情勢を決めるターニングポイントになる可能性があり注目している」と総括していた。

27日朝放送の米ABCは米最高裁が同性婚を認める判決を出した。画期的出来事だと解説していた。ロシアテレビは「プリマコフ元ロシア首相(85)が病気の為死去した。プーチン大統領は「柔軟な人でしたが決して自らの主義を曲げなかった。紛れもなく一生を国のために奉げた。」と哀悼の言葉を送った」と伝えた。ラマダンをねらった3件のテロ事件、ギリシャ問題で大詰めの協議と世界の動きから目を離すことが出来ない日々が続いている。(了)

輸送機器メーカーS社の株主総会風景(スケッチ&コメント)

2015-06-27 08:22:51 | スケッチ


輸送機器メーカーS社の株主総会風景

江嵜企画代表・Ken


阪神競馬場に隣接した宝塚市新明和町にある輸送機器メーカーS社の株主総会が6月
25日午前10時から本社会議室で開かれ、何か耳よりな話が社長さんから聞かせてもら
えるかも知れないと出かけた。ところが営業報告書を読み上げるだけ、株主との質疑
応答も一人だけで正直失望した。

 当社の甲南工場が母校本庄小学校真南に今もある。母校が、70年前の第二次世界大
戦当時紫電改というゼロ戦の製造工場だったため米軍の空爆の巻き添えをくらい、窓
がなくよしず張りの教室で小学校3年まで過ごした苦い思い出がある。

 しがない1000株の株主として十数年当社の浮き沈みを見てきた。昨年は飛行艇がイ
ンドへ輸出されると騒がれたが、大山鳴動したまま不発弾に終わった。今年の株主総
会ではインドの「イ」の字も出なかった。マスコミは騒ぐだけ騒いであとパッパであ
る。

 ただ足元の業績は着実に改善している。今期2016年3月見通しも売り上げ2,030億円
(前期比5%増)、営業利益1400億円(同2.7%増)、純利益95億円(同3.7%増)、2015年
からの新たな3ケ年計画では売上2,000億以上、営業利益100億円以上を目指している
ことがわかった。

  S社といえば、不発に終わったが昨年インドが触手を動かした救難飛行艇の製
造・修理が本業だが、前期の当部門の売り上げは411億円、営業利益52億円と全体に
占める割合は比較的少ない。最近では俗にいうダンプ、特装車など建設関連車両が売
り上げ、営業利益増加に寄与している。パーキングや航空旅客機搭乗設備も売り上げ
増加に貢献している。

 一言でいえば地味な会社である。株主総会も本社の会議室で毎年開かれる。本社に
沿うて仁川が東西に流れている。隣接の競馬場はかって仁川競馬場の名で親しまれて
いた。本社そのものものどかな雰囲気に囲まれているが、総会の様子もローカルその
ものでほっとする。最近頭打ちだが、株価が数十年振りで1000円を回復したせいもあ
るだろう。

 しかし、当社に対するボーイング社の品質・納期・コストなどで功績のあったサプ
ライヤーを表彰する「サプライヤー・オブ・ザ・イヤー」を2年連続で受賞した。特
に技術水準の高さについては知る人ぞ知る優れものの企業であることに変わりない。

 日本古来から受け継いだ伝統と匠の精神と腕を武器に、今後も地道ながらも確実に
発展を続けてほしいと思いながら帰路に就いた。(了)

ギリシャ問題協議物別れ、土曜日、27日再協議,NYダウ、利上げ懸念重しで75ドル安

2015-06-26 09:30:20 | 経済学
(学校で教えてくれない経済学)


「掃除機の中に引きだした預金を隠しています。ここなら誰もわからないでしょ?」と自慢げにあるギリシャ人主婦が話す様子をギリシャ破たん狂騒劇の一端として26日朝放送のフランスF2が紹介していた。ブリュッセルで25日開かれた欧州財務相とギリシャとの協議が物別れに終わった。来週月、火がギリシャデフォルテのデッドラインである。27日EU首脳はギリシャとの協議を再開することを決めただけで散会したと伝えた。一方フランスF2はUBERタクシーに火をつけるなどタクシー組合ドライバーとの争いがエスカーレ―としていると伝えた。UBERタクシーはフエイスブックで客がアクセスすると契約がまとまり協定料金の半額近くで車に乗れる。UBERタクシーの運転手はフランス全土でいまのところ1200人程度、一方、既存のタクシードライバーは45万いる。フランス政府が手を付けないことに業を煮やしてタクシー組合は来週高速道路閉鎖を計画していると伝えた。
フランスF2はサウジアラビアと戦闘機、ヘリコプター含め数百億ユーロの巨額の成約に成功した。フランスにとってサウジは戦略的パートナーとして欠かせないと解説していた。

英BBCはEU財務相会議でギリシャ問題解決が不調に終わったと伝えたあとで、難民問題と英国にとって最大の関心事である英国のEU離脱か否かを決める国民投票実施で英国を除くEUメンバーにカメロン首相の欧州行脚が最終局面を迎えたと伝えた。エリザベス女王ドイツ訪問もその一環であるとして、フランクフルトを初めて訪問した女王陛下が市民から大歓迎を受けた。女王ドイツ訪問はドイツでのイギリスに対する心象を良くするための政治的狙いは明らか。EU首脳会議ではいまのところ英国がEUから離脱を歓迎していない。ドイツZDFはギリシャ問題でEU首脳、IMF、ECBとの協議が物別れに終わったと伝え、ギリシャの命綱はECBによるギリシャの銀行への資金供給である。EU首脳会議で仮に合意が得られてもたとえばドイツ、さらに当事者のギリシャ議会の承認が必要だから先行き予断を許さぬ状況が続くとブリュセルからLenfert記者がレポートしていた。

一方香港ATVは韓国でMERSコロナウイルス感染者が1人増え180人新たに死者が2人増え29人に達したと伝えた。豪ABCはミヤンマーでアウンサン・スーチーさんを次期大統領への期待が高まっている。最大の障害は息子が外国人であること。軍人が議会の過半数を占めていることだ。実現には障害があまりにも大きいと解説していた。豪ABCは米中戦略経済対話がワシントンで開かれ南シナ海海洋問題は未解決のまま終わったと伝えた。

25日、NY市場は、ギリシャ問題が重しとなり、NYダウは前日比75ドル安、17,890ドルで取引を終えた。米個人支出が前月比0.5%増と2007年来の高い伸びを示した。利上げ期待から米国債が売られ、10年物米債利回りは2.408%へ上昇、NY外為市場では1ドル=123.61円、1ユーロ=138.53円へドル高が進んだ。NY原油(WTI)はバレル59.70ドルへ反落、NY金もオンス1,171.80ドルへ下げた。26日朝、モーニングサテライト出演の藤戸則弘氏は「市場ではギリシャ問題はバーチャル、利上げが最大の重し」と総括していた。(了)

老舗合繊メーカーT社株主総会風景(スケッチ&コメント)

2015-06-25 09:57:40 | スケッチ


老舗合繊メーカーT社株主総会風景

江嵜企画代表・Ken


老舗合繊メーカーT社の株主総会が大阪キタにあるウエスティンホテル
で24日午前10時から開かれ社長さんが株主にどんな対応をされるかそれ
一本に絞って楽しみに参加した。会場の様子を恒例によりスケッチした。

 企業の現状についてはあらかじめ会場に用意されたプロジェクターで
紹介された。来季の見通しとして売上8,250億円はさておき、純利益
250億円、ROE8%を目標とすると社長さんが明言されたことは注目に値する。

 10時半過ぎから始まった株主との質疑応答では7~8人の株主から
質問があった。11時15分過ぎに提案事項全てが異議なく承認された。
閉会まぎはまで質問が続いたが、多くは所管の役員さんが説明したが
「これは私自身がお答えします」と断って社長さん自らが丁寧に説明
された姿が印象的だった。

 配当が少なすぎる。恥ずかしくないのかという株主として率直な
質問があったが、バランスをとりながら利益配分をしている。ご理解願い
たいとかわした。ようやく赤字体質から脱却した段階だ。今年度特別損失を
計上して株主様にご迷惑をおかけした。来季にはほぼ清算を終える
見通しだと話した。

 労働組合とうまくいっているのかとの質問が出た。担当役員から
労働組合との連携はうまくいっている。共通の目標のもと今後とも
進めていきたいと答えた。

 新しく紹介する素材や製品はないのかとの質問には炭素繊維を
取り上げ、米GM社との共同開発している新製品は各方面から注目
されていると胸をはった。新薬の開発ふくめヘルスケア事業には
こんごも力を入れていきたいと社長さんは力説した。

 株主総会出席者に当社が新たに開発した傘地素材『ウオーターバリア』
出来た傘が用意された。謳い文句には雨天時に使用した後、ひと振りで
水滴が切れる。常にからりとした状態に保つことが出来ると書いていた。
家内にお土産としてわたした。奥様方に喜ばれる予感がする。

 会場でも元役員さんの懐かしい面々にお会いできた。収穫の多い株主
総会だった。厳しい経営環境が続くがT社の成長を期待しながら
会場を後にした。

 あわただしく帰宅した。気になっていた、女子ワールドカップ
対オランダ戦勝利の一瞬を、帰宅後ぎりぎりのタイミングで確認
出来幸いだった。(了)

ギリシャ問題でヨーロッパ会議再び暗礁に乗り上げ、欧州株安、つれてNYダウも178ドル安

2015-06-25 08:37:30 | 経済学
(学校で教えてくれない経済学)


「中米戦略経済対話」が24日ワシントンで開催、アメリカはケリー国務長官、バイデン副大統領、ルー財務長官が出席した。中国側は習近平国家主席からの中米は人的交流を活発化し協力強化することが世界の平和と福祉に貢献するとのメッセージを米側に手渡したと25日朝放送の中国CCTVは報じた。上海、「東方衛視」は「中米戦略経済対話」開催を伝え「アメリカ側は中国からのサイバー攻撃問題と南シナ海での航行の安全確保の重要性を指摘した」と伝えた。「東方衛視」は2014年、中国で薬物乱用者の数が295万人でこのうち35歳以下が大半だった。かっては薬物乱用者は農民が多くを占めていたたが最近では一般公務員など自由職業人へ変化している。薬物の90%はパキスタン、インドなど中国との国境から密輸される。国境警備の強化をはかると指摘した薬物報告書を初めてまとめたと伝えた。

「東方衛視」は、25日朝の放送で、昨年、中国で冷凍食品10万トンが使用されていた。中には1970年代、1980年代製ラベルの製品が含まれていたと報じた。25日朝放送のシンガポールCNAも中国で昨今食の安全意識が高まっている。昨年10月から冷凍食品の取り締まり強化がはじまったと伝えた。香港ATVは25日朝の放送で、中国から香港に1970年代に作られていた冷凍肉が含まれていたことが800トンの抜き取り検査で分かった。これを受けて、香港政府は厳しく取り締まっており全く問題ないと語ったと伝えた。いずれにしろ、冷凍食品に死角あり。今朝のワールドニュースでの一連の報道は強く印象に残った。

ドイツZDFは25日朝の放送でドイツ訪問中のエリザベス女王がドイツ人に温く迎えられた。エリザベス女王の後ろに同行したカメロン首相が控えていた。イギリスとドイツが親密な関係にあり運命共同体であることを政治的に演出する意図は明らかだったと総括していた。一方、フランスF2はウイキリークスが2008~12年の間、アメリカの情報局NSAがシラク、サルコジ、オランド3人の大統領の私的会話含めて盗聴していたと暴露した。バルスフランス首相はフランス議会で許されない暴挙だと非難した。野党党首も賛同した。オバマ米大横領は過去の話である。2014年以降一切やっていないとの談話を発表したと伝えた。

ギリシャ問題解決に向けたヨーロッパ会議が再び暗礁に乗り上げたとドイツZDF,フランスF2が伝えた。25日付のブルームバーグ電子版でDavidGoodman記者は「ドイツ財務省の発言後、ギリシャ債務協議はまだ先がない長いと受け止められ、ドイツ国債が上昇、利回りが低下した。欧州株は軒並み売られた。ユーロ財務相会議、デイセルブルム議長は『まだ大量の作業があり、決着に至っていない』と語った」と書いた。

24日のNY市場はギリシャ情勢に対する楽観論が後退、下げた欧州株の流れを受けて、NYダウは前日比178ドル安、17,966ドルで取引を終えた。米債券が買われ、10年物米債利回りが2.370%へ低下、NY外為市場では1ドル=123.88円、1ユーロ=138.85円で取引された。NY原油(WTI)はバレル60.27ドル、NY,金はオンス1,172.90ドルへ下落した。(了)

ギリシャ懸念後退も年内2度利上げ懸念台頭、NYダウ失速して24ドル高、米10年債利回り2.414%へ上昇

2015-06-24 07:57:57 | 経済学
(学校で教えてくれない経済学)


「ギリシャ「茶番劇」はもうたくさんだ」の見出しで6月30日付ニューズウイーク日本版で「ギリシャ危機の核心は構造的な問題だ。機能不全の行政、寡占状態の製品市場、弊害だらけの各種規制、官僚主義、非効率な司法制度、これらを変えていく明確な戦略がない限り、どんな合意も空手形に終わる。「支援延長」と「改革の演技」の戦略は、「悲惨な応酬」であり、すでに破たんしている」と書いた。一方、6月23日付WSJ紙電子版で、ChaelesForelle記者は「妥協は裏切り―ギリシャ与党内でチプラス首相が抱える爆弾」と題して「デフォルト(債務不履行)とユーロ圏からの離脱を回避するためにチプラス首相はまず、財政再建計画をドイツのメルケル首相に売り込まなければならない。次に、自らの急進左派連合(SYRIZA)のバシリス・チャツィㇻムブロウ国会議員を説得する必要がある」と書いた。
同日付WSJ紙電子版でMarcusWalker記者は「ギリシャ債権団は、24日のユーロ圏財務相会合を控えてギリシャが提出した改革案の分析を進めている。しかし、債権団、特にIMFやドイツとはなお隔たりが大きく今後数日に依然厳しい交渉が待ち受けている」と書いた。

24日朝放送の英BBC,ドイツZDF,フランスF2は共にギリシャの財政再建案について紹介した。フランスF2の解説員は「チプラス首相が用意した改革案は車でいえば、せいぜいワイパーを取り換えた程度のものだ。ここ15年で、ユーロ全体は18%成長した。その間、ギリシャ経済は15年前のユーロ導入時の水準に戻った。ギリシャにとってユーロは荷が重すぎたのだ。」と解説していた。英BBCは「ギリシャ財政再建案提出を歓迎して株式市場は上げた。しかし、議会前では数日前から抗議デモが続いている。EUで合意された後ギリシャ議会承認が待っている。」と伝えた。ドイツZDFは「メルケル首相はある程度は進展したと話した。しかし、チプラス首相は逃げ道を必死に探している。彼の頭には議会解散もあるようだ。」と解説していた。

23日、NY株式市場は、ギリシャ問題が解決に向けて前進すると見て大きく値を上げてはじまったがこの日発表された好調な米国経済データに加えてFRB理事が年内2度の利上げを示唆したと伝えられ利上げ懸念から失速、NYダウは前日比24ドル高、18,1444ドルで取引を終えた。米国債が売られ、10年物米国債利回りは2.414%へ上昇した。対ユーロで1ユーロ=1.1167ドル、1ドル=123.89~91円、1ユーロ=138.34~40円で取引された。NY原油(WTI)はバレル61.01ドルへ上げ、NY金はオンス1,176.60ドルへ値下がりした。

23日、沖縄戦70年記念式典が行はれた。近着の30日付ニューズウイーク日本版で「怒れる沖縄」のイメージに隠された反基地運動の中で「オール沖縄」に潜む不都合な真実」と題して、深田政彦記者は「今、沖縄では世代という溝がウチナーチュー自体分断している。「オール沖縄」というスローガンとは裏腹に、沖縄では若い世代になるほど、基地容認の意見が増えている」と書いていた。加えて同記事は「放射能の恐怖」から沖縄に移住してきた「原発難民」の疎外感にも触れていた。一般紙では目にしない記事が強く印象に残った。(了)

ギリシャ問題で24日再度EU首脳会議開催、NY市場、ギリシャ問題解決楽観論拡大でNYダウ103ドル高、

2015-06-23 10:27:01 | 経済学
ドル買われ1ドル=123.35円(学校で教えてくれない経済学)


韓国KBSは6月23日朝の放送で、日韓で同時開催された日韓国交回復50周年記念行事で、東京で開かれた韓国政府主催の式典に安倍首相が出席、ソウルで開かれた日本政府主催の式典に朴大統領が出席、それぞれ挨拶したと伝え、韓日関係は一歩前進だ。8月発表される安倍談話を注目していると総括した。ただ、従軍慰安婦問題では日本の謝罪がまずあって両国首脳会談が実現すると、韓国外相は、23日夜放送のNHK記者とのインタビューで答えていた。一方、23日朝放送のドイツZDFは22日、ギリシャチプラス首相から新提案が出されたが、ドイツショイブレ財務相は全く内容を満たしていないと切り捨てたと伝えた。22日開かれた緊急EU首脳会談は週末再度集まることを決めただけで散会したと伝えた。

23日朝放送のスペインTVEはギリシャ議会前でチプラス首相支持派の200人と反対派グループの間で小競り合いがあり、多数のけが人が出たと冒頭伝え、ギリシャ提案に対してEUで合意が得られなければギリシャはデフォルトに陥る。ギリシャの命綱であるECBは数週間前までは週単位でギリシャ国債を買い取り資金供給していたが、ここ数日はデイリーで資金供給する切迫した状況に追い込まれていると伝えた。フランスF2はEU首脳会議に到着したにこやかな表情のチプラス首相、一方、厳しい表情のメルケル、ドイツ首相、険しい表情で会場に入ったフランス、オランド首相、双方の表情がきわだって対照的だったと伝え、24日に再度集まることを決めることだけで22日のEU首脳会議は終わった。先行きは楽観できないと解説していた。

シンガポールCNAは23日朝の放送で韓国MERSコロナウイルスで新たに2名死亡、死者は27人、感染者は3人増え170人に達したと伝えた。韓国KBSもMERSウイルス感染防止のため海外旅行を控えるよう要請したと伝えた。週末新たな感染者がなくなったとの当局の発表後の感染者発生で韓国政府も対応に苦慮していることが伝わる。日本では日本人のMERS感染者の退院が発表されたが、22日放送のNHK/BS地方局放送の紹介で小松空港経由の旅行客が激減した。北陸新幹線が開通し新たなルートとして期待されていただけに今回の韓国でのMERS感染は他人事ではないと語る関係者の姿を映していた。

一方、週明け22日のNY市場では、米企業買収のニュース、好調な住宅データの発表、ギリシャ問題解決で進展が期待できるとの観測が広がり、NYダウは先週末比103ドル高、18,119ドルで取引を終えた。NY外為市場では、ギリシャが新提案を出したことで欧州の当局者は合意に達するとの楽観論が生まれ、ユーロが対ドル、対円共に買われた。10年物米国債が売られ利回りは2.374%へ上げた。円は対ドル、対ユーロ共に下げ、1ドル=123.35~38円、1ユーロ=139.87~96円で取引された。NY原油(WTI)は小幅高のオンス59.18ドル、一方、NY金はドル安期待が外れ、オンス1,183.70ドルへ急反落した。

めまぐるしく動く世界情勢、若者にとっては世界を学ぶ絶好のチャンスかもしれない。(了)