ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

休みなく続く中国の原油輸入ー学校で教えてくれない経済学

2006-10-31 17:50:32 | 経済学
2006年9月度の中国海関統計によると、ディーゼル油の輸入が、季節要因として農漁業業者向けに4.7万トン、前年同月比99%増加した。軽油の輸入は、10月に始まる国慶節需要と中国富裕層の海外旅行が増加したことから前年同月比80%増の58万トンに達した。

北朝鮮経済制裁の動きが進む中で、中国の貿易統計は注目の度を高めている。北朝鮮空軍向け燃料用としてガソリン、ジェツト燃料が3倍以上になったとWSJ紙は紹介している。

9月の中国の燃料用油の輸入が約20%増加、日量換算57万バレルを記録したが、これは中国国内の品不足の中で輸入単価がトン760ドルへ値下がりしたことと原油の輸入関税が、10月から3~6%から0~3%へ引き下げられることから駆け込み輸入による増加であるとWSJ紙は説明している。

中国の9月の原油輸入は、前年同月比20%増加、1,300万トン、日量換算329万バレルに達した。これは中国屋内需要の増加と国家戦略備蓄を原油値下がりを好機と見て積極的に輸入を増やしたためとWSJ紙は解説している。

中国の2006年7~9月のGDP伸び率は2006年4~6月の11.3%増から10.4%へ小幅低下したが二桁増加が続いている。原油および同製品の中国の積極的な輸入状況から見れば、中国の経済活動は衰えを見せていないことを裏付けているようだ。

10月30日のNY原油先物相場は米国内の原油在庫が増加したことを材料に売られ4%以上値下がりした。石油専門家の間では、暖冬が続き、米国の原油在庫が増加すれば、原油先物相場はバレル55ドル近辺まで値下がりすると弱気を流している。

ただ、世界のお金は現在どちらかといえば商品から株・債券への流れが優勢になっているようだ。気まぐれなお金が世界の原油需給の実像にマスクをかけているかもしれない。

相場の世界では下げ相場に逆らうと命取りになるとよく言われる。原油の現在の状態はまさにその渦中にある。タナボタで手に入れた原油高騰であるが、ひとたび下げ足を早めると世界の原油供給の25%を占めるOPECの緊急減産をもってしても難産している。

余りに急激な値下がりは需要が続く限り反動高を招くことはよくある話である。中国の原油および石油製品に対する止まるところを知らない旺盛な需要を改めて見せつけられると、このまま原油相場がずるずる値下がりを続けると高をくくることは危険かもしれない。

たかが相場されど相場。原油相場の動きにも細心の注意を払うことが求められる。(了)

江嵜企画代表・Ken


はらのなかのはらっぱで

2006-10-31 10:20:47 | 情報や案内及び雑談
きゃはははは、 九州国立博物館 はイキですねー。
こんなのを作ったり



待合室に置いていたら、子どもも大人もニギニギして遊んでいます。(^-^) 


こんな本(新刊)を出したり、



きゅーはくの絵本④針聞書(はりききがき) ―はらのなかのはらっぱで―
フレーベル館・刊
文/アーサー・ビナード 監修/長野仁


子どものに食べさす物で悩む人にもいいと思う。

「ほーら!ちゃんとご飯をたべないと、こんな虫が出てくるぞー!ワッ!」

なんちゃって。


NY原油58ドルでNYダウもみ合いー学校で教えてくれない経済学

2006-10-31 08:06:01 | 経済学
週明けのNY原油先物市場では、暖冬による暖房用油在庫増とサウジアラビアの原油積出港爆破懸念の後退を材料に大きく売られバレル58.42ドルで取引された。ただ、NY株式市場は先週末発表された予想外に悪い米GDP統計が尾を引いて原油安にも関わらずもみ合い状態となり先週末比3ドル安の12,086ドルで取引を終了した。

お金がどこに流れるかで相場は上がりも下がりもする。NY株式市場に集まっていた水鳥が米GDPの7~9月のデータが1.6%増にとどまったが、それが米住宅需要の17%減という予想外の落ち込みが原因と改めて認識したのであろう。肝を冷やして逃げた結果である。

一方、NY金先物市場ではこの日オンス6ドル上げ607ドルで取引された。原油が下げても金が上がる現象は、クリスマスシーズンを控えて金需要が増えるとの思惑が背景にあると今朝のWSJ紙は説明している。銀、プラチナも金相場につれ高している。

水は高きからから低きに流れる。水の抵抗に逆らって駆け上ろうとすると失うエネルギーは莫大だ。風の抵抗に逆らう場合も同じである。特に下げ相場には自然の流れに身を任すとよく言われるが、水鳥の生態から見てこれほど理にかなった姿はないかもしれない。

水鳥は本来渡り鳥である。繁殖という子孫繁栄の神の摂理を忠実に守りながら季節の変わり目に北から南へ、そして大きな仕事を終えれば再び南から北へ、餌場を頼りに、何万キロを往来している。金(餌)の切れ目は縁(子孫)の切れ目とDNAは正直だ。

今朝のWSJ紙は原油相場のこのところの不安定な動きはマーケットに高所恐怖症が出て来ているからだと解説している。NYダウも12,000ドルの新高値を更新して、目先目標達成感が出てもおかしくない。水鳥も原油相場の底値探しの旅に出たと思うと分かり易い。

OPECは先日開いた緊急総会で、11月から日量120万バレルの減産を始めると発表した。相場の展開次第では、12月に再度臨時総会を開くことも決めている。相場の先行きに対するOPECの自信のなさを正直に現しているようで興味深い。

原油相場は2年近く前にはバレル40ドル台だった。それ以前の10数年は20ドル以下で低迷していた。それが地政学的リスクをテコに77ドルまで急騰したが、60ドル割れへの急落であわてた。虎の子の原油相場を60ドルで歯止めしたいが下げ相場の流れは止めにくい。

世界景気を決める米国経済は住宅需要に懸念材料を残している。しかし、米GDPの60%を占める個人消費は原油相場が握っているとの見方は専門家にも多い。米FRBも住宅需要の落ち込みは心配だが、原油相場の落ち着きは利下げのためにも歓迎に違いない。(了)

江嵜企画代表・Ken


役所仕事ースケッチ&コメント

2006-10-30 15:40:18 | スケッチ
原戸籍を手配する用事があり2箇所の役所を短時間に
ハシゴする羽目になった。

それでも多少急ぎの用だったのであらかじめ目見当をつけた
訪問先の役所に電話して場所、担当窓口を確認して出かけた。

所定の用紙に必要事項を書くに当ってこれこれの事情と
受付の係りの男性に聞いて書き込んだあと所定の窓口に
渡した。

番号カードをもらったあと呼び出しを待つ間いつものように
スケッチを始めた。ところが一向に声がかからない。

一度呼び出しがあってカウンターに出たがいま別の役所と
電話でやり取りしているのでもうしばらく待って欲しいといわれて
スケッチを描き進めた。

ほどなく呼び出しがあって、再びカウンターに出向いたら
ここの役所には戸籍がないという。お蔭でその間入れ替わり
立ち代り訪れる客を描き込むことが出来た。

新に紹介された役所には話を既にしているので同じ書類を
そのまま出してもらえれば分かるようになっていると説明があった。
11時過ぎに着いていたからかれこれ30分は居たことになる。

湊川駅から神戸地下鉄に乗りふたつ目の長田で降りたら
すぐにわかるからと客を待たせたことを気にかけてくれたのか
親切に地図まで書いて渡してくれた。

あいにく昼時間になった。ところが戸籍の窓口だけは
幸い開いており係りの女性が対応してくれたので助かった。
ただ70年も80年前の戸籍だから結構時間がかかった。

これが役所仕事というものであろうが、時間待ちのお蔭でもう一枚の
スケッチを仕上げることが出来た。

待ち時間も腹が立たない。これもスケッチの効用のひとつではないかと
文字通り自画自讃している次第である。(了)

江嵜企画代表・Ken



Kenさんのスケッチは、ブログ容量の関係で削除させて頂きましたが、11月1日に、「かんぽう」さんから『ユニークに乾杯』というタイトルで出版予定です。定価2.000円。
ISBN978-4-904021-03-3  C0071 1905E 
株式会社 かんぽうサービス ℡06-6443-2173
大阪市西区江戸堀1-2-14 肥後橋官報ビル6F(〒550-0002)

希望的観測には危険が一杯ー学校で教えてくれない経済学

2006-10-29 08:30:39 | 経済学
WSJ紙の週末の記事を読んでいて、米最大手小売のWal-Martが10月度、既存店売り上げの伸び率が予測の2~4%増が0.4%増に留まった話と最近米国で、初心者がインターネットで為替取引をする人間が増えているが、これほどリスクの大きい仕事はないと警告している記事が目を引いた。

まずWal-Martの関連記事では、一時的に、店舗を非コンビニタイプへモデルチエンジした影響が出た、婦人アパレルでの定番品の売り上げ減、ガソリン急騰で売り上げが前年比13.4%落ち込んだためと投資家説明会でCEOのLee Scott氏が説明している。

会社説明では、11月にはガソリンの値下がりで売り上げが回復すること、店舗のモデルチエンジが終わればホリデーシーズンに向けて売り上げは1%のような低い伸びになると全く予測していないと特にガソリンの値下がりを売り上げ回復の起爆剤に期待している。

小売コンサルタント会社、Retail Metrics LLCは、調査対象の56店まとめとして、10月度の売り上げは3.3%増とまたThomsonFinancial はWal-Martを除けば4.8%増と予測している。今後売り上げ増予測理由は、暖冬の影響とガソリン価格の値下がりを挙げていた。

一方、為替取引については、Interbank FX社が、顧客獲得のために、初心者対象に50セント単位から取引が出来るとの歌い文句でミニ・トレードの講習会を開いた。さらに夜間や時間外取引を拡大して売り上げを増やそうとしていると最近の動きを紹介している。

WSJ紙のKaren Richardson記者は、元手の400倍もの借金で商いを増やす人や、為替の知識ゼロで取引をはじめて、わずか一日で全財産を失うケースが増えていると警告している。

素人だけではない。最近の例では、ヘッジファンドのAmaranth Advisorsが、天然ガス取引で600億ドル以上の負債を出して倒産した。これも借金を雪だるま式に増やして招いた悲惨な例だと指摘している。

フロリダに住むある皮膚がんの専門医のTom Connelly 氏は、二年前から為替取引を始めたが、為替市場が予測と逆の方向に動いた結果15,000ドルの損を出したと素人が為替取引で失敗したケースの一例を紹介している。

Wal-Martの話は、ガソリン次第で米景気は良くも悪くもなる。ガソリン相場が米個人消費の鍵だと教えている。為替取引の話は、為替は流れが一夜にして逆方向に走る怖さを教えているのだろう。Wishiful  thinking(希望的観測)には危険がいつも潜んでいる。(了)

江嵜企画代表・Ken



米GDP1.6% 増嫌気、NYダウ73ドル安-学校で教えてくれない経済学

2006-10-28 07:56:25 | 経済学
米商務省が2006年7~9月期の米GDP速報値が年1.6%増とエコノミストの予測の2.2%増を下まわったと発表したあと、このところ企業業績の好調を手がかりに安心して株式市場でエサをついばんでいた水鳥をあわてさせたようだ。NYダウは前日比73ドル下げ12,090ドルで取引を終了した。Nasdaq指数、S&P500種平均株価ともに値下がりした。

かねてから今の株式相場ははしゃぎ過ぎだと指摘していたWSJ紙の株式担当記者のScott Patterson氏は“Is the party over?”(宴は終了か?)の書き出しでレポートしている。

米GDPを押し下げ要因は住宅需要の冷え込みである。米住宅投資は17.4%減少したことがGDPの伸び率を1.1%引き下げた。一方、個人消費の3.1%、設備投資の8.6%増加が住宅の落ち込みをカバーした。今朝の株式市場は住宅冷え込のマイナス材料に反応した。

ただ、個人消費堅調の指数として、ミシガン大学まとめの10月の消費者信頼感指数は9月の85.4から93.6へ改善した。消費者信頼感の回復は原油・ガソリンの値下がりで消費者の購買欲が回復しつつあることを裏付ける材料だと強気を続けるアナリストも多い。

債券相場はGDP統計に反応して値上がりし、10年物国債利回りは年4.695%台まで低下した。今回のGDPデータを見て、2007年上期に米FRBが利下げすると見るアナリストが70%台へ急増したとWSJ紙は紹介している。

NY為替市場はドル売りで反応した。対ユーロで、1ユーロ=1.2690ドルから1.2735ドルへ、1ドル=118.39円から1ドル=117.56円へドルは値下がりした。利回りからみてドル買いは目先不利との当然の答えを出した。

NY原油先物相場は、小幅上昇し60.76ドルで取引された。一部のエコノミストは米経済は2007年上半期にリセッションに確実に入る。最悪のケースは原油相場が再び70ドル台に上がることだと語ったと先のWSJ紙のScott Patterson記者はレポートを結んでいた。

今朝のWSJ紙はヘッジファンドこの道40年、今年65歳になるMichael Steinhard氏との一問一答を紹介していた。同氏は現在ユダヤ人社会の中でさまざまな慈善活動を続けるかたわらヘッジファンドの本業も平行して続けている。

多くのヘッジファンドビズネスは、巨額の投資をしながら、見返りがほとんどない。経験の乏しい連中がこの世界に多い。私の経験では環境に恵まれてはじめて20%の利益が出る。よくて10%台の低いところだ。私は決してホームランをねらわないと話していた。勉強もしない。経験もない。楽してお金儲けなど出来るはずがないと言っているのだろう。(了)

江嵜企画代表・Ken



虹彩の研究(子宮筋腫の治療)・・・(8)

2006-10-27 08:52:20 | 診断即治療と虹彩学
虹彩分析研究の連載 (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13)



東洋虹彩分析協会のマップでは、子宮の位置を下角内側に設定してあります。
その位置は、腎臓・副腎の角度と隣接させてあるのは、腎臓と子宮の密接な関係がありますし、時折子宮区には何の異常も出ずに、腎臓区にマイナスサインがでる時があるからです。


 著作権所有 (無断使用禁止)


例えば、この方は2年ほど前に、子宮筋腫が3~4個あり、鍼灸治療をしていました。
しかし、半年ほど前には、触診で筋腫を感じなくなったので、子宮の治療ではなく、主に肝経と腎経と心経の治療をするようにしました。




虹彩写真を見ても分かりますように、この方は主に左の腎臓区に大きなマイナスサインが出ていますので、腎臓を整えることで、子宮も整うことがわかるからです。

そして、先日来られた時には、病院の検査で「小さい筋腫が1個だけになっているので、1年ごとの定期健診だけでいいです」と言われたそうです。

子宮筋腫の治し方は、 臨床実践塾 で教えていますので、ここには書きませんが、虹彩分析をして治療に当ることは、的を絞って治療をすることができるようになります。


また、たまたまですが、この方の虹彩にジェンセンマップを載せますと、マイナスサインが腎臓区に現れていることがわかります。




当然ですが、東洋虹彩分析協会のマップには、きっちり腎臓区に入っています。



米住宅冷え込み無視、NYダウ28ドル高ー学校で教えてくれない経済学

2006-10-27 07:55:26 | 経済学
米エコノミストが住宅市場の冷え込みを懸念するその一方で、米アナリストが原油相場の値下がりを評価して、結果としてNYダウは新高値を更新するパターンでゲームが展開している。

相場の世界も所詮、人の子のゲームである。どうしても球場全体のムードに乗せられて動く傾向が強い。その裏には当然のことながらファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)がしっかりしており、先に向けて展望が開けていることが大前提であるが、観客に乗せられて、昨日、プロ野球日本シリーズで日本ハムが見事優勝を勝ち取った姿と重ね合わせて見ていると興味深い。

10月26日、米商務省は、今年9月の新規住宅販売価格が一年前と比べて1970年12月以来最大幅の9.7%値下がりしたが、NY株式市場は無視、NYダウは前日比28ドル高12,163ドルと史上高値を更新した。この日は小型株指数ラッセル2000は8ポイント、ハイテク株指数ナスダック22ポイント、S&P500種平均株価指数も6ポイントいずれも上昇した。

NY原油先物相場が前日、原油在庫減少を材料にバレル2ドル上げて61ドル台に乗せたが、一日あけると早くも1ドル下げて60.36ドルで取引されたことも住宅需要の冷え込みのニュースをかき消す働きをしたようだ。

9月の米耐久財受注高が前月比7.8%増との発表も、それが自動車、コンピューター中心に2000年6月来のスピードで伸びたことが、米国経済が順調にゲームを進めている。うまくいけばソフトランディング出来ると観衆の気持ちを強気にさせているのかもしれない。

昨日、米FOMCは住宅需要の冷え込みを指摘しながらその一方では、インフレ懸念は依然消えていないと釘を刺した。しかし、マーケットは、むしろ先読みして、利上げ見送りから利下げを始めるタイミングがむしろ早まる指標と読んだようだ。

エコノミストは住宅の値段が下がれば資産価値が下がる。資産価値が下がると借り換え借り換えで得た含みを消費に回していた活力が衰え、それが個人消費の勢いを止めて景気を一気に冷やすとの考えを変えていない。ただ、9月の米住宅販売高は5.3%増加して年107.5万件を記録した。さらに9月末の新築住宅在庫が8月末と比べて1.9%減少したと米商務省は発表した。硬軟あわせ持つデータをエコノミストはどう評価するのだろうか。

ゲームの流れに逆らうと打つ手打つ手が裏目に出ることがよくある。日本シリーズでの落合采配にそれがよく出ていた。普段どおりにやればいいという言葉と裏腹に普段どおりの野球が出来ずに中日は52年ぶりの日本一を逃がした。教えられることが多い。(了)

江嵜企画代表・Ken


相楽園:神戸市老人美術作品展閉幕

2006-10-26 16:05:11 | スケッチ
「相楽園」(078-351-5155) で神戸市老人美術作品展が10月25日終わり
本日は出展品搬出日のためでかけた。

昨年はラッキーにも努力賞をいただいたが今年は外れた。
また新しい目標が出来たので一年先を目指して精進したい。

わざわざ作品展を見に来てくれた知人が「老人展」の名前だけは
なんとかならぬかといい、例えば「マイスター展」とでも変えないと
もったいないというのである。

日本画が60点、洋画80点、あと書、彫刻などいれると200点近くが
相楽園会館会場狭しと廊下まではみ出して展示されていた。

それにこういう催しが開かれていること自体よく知られていない。
「相楽園」は名前は聞いていたがこんなにすばらしい庭園である
ことも初めて知ったというひとも多いようだ。

相楽園は見事な日本式庭園である。東京駒込にある六義園と
甲乙つけがたい風情がある。

庭園北の一角から池全体を眺めながらスケッチした。
池の左正面には茶室があり、右には船屋形がまるで池に
浮べたように見える。

江戸時代、西国諸大名は参勤交代のために競って御座船を造った
そうだが、この船屋形は川御座船としては日本でただひとつという。
国指定の重要文化財であると説明にあった。

御座船の木部は全て漆塗で近くで見ると木肌の見える
春慶塗と重厚な黒漆塗とに見事に塗り分けられている。

池には鯉が悠々と泳いでいた。なんと鷺が闖入してきて鯉をつついた。
哀れ鯉は急所を一撃されたのか程なく沈んでしまった。

相楽園の出口で係りの人に先の顛末を報告した。
実は毎日鷺が飛んできて魚をとるがやむなく放置しているとの
話だった。

鷺の話は横においても、相楽園はおすすめのスイートスポットで
あることには異論はないだろう。

神戸市もこういうところにこそ市民の税金を使って
大いにPRして欲しい。「相楽園」は神戸市民の宝物の
ひとつであろう。(了)



Kenさんのスケッチは、ブログ容量の関係で削除させて頂きましたが、11月1日に、「かんぽう」さんから『ユニークに乾杯』というタイトルで出版予定です。定価2.000円。
ISBN978-4-904021-03-3  C0071 1905E 
株式会社 かんぽうサービス ℡06-6443-2173
大阪市西区江戸堀1-2-14 肥後橋官報ビル6F(〒550-0002)


虹彩の研究(虹彩写真での実験)・・・(7)

2006-10-26 09:46:07 | 診断即治療と虹彩学
虹彩分析研究の連載 (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13)



私たちが虹彩の説明をする時の虹彩写真は、全て両目の虹彩で説明するのですが、外国の虹彩学の本に載った写真は、片目ずつの写真が殆どです。


ここで面白い実験をしてみます。

この写真は、腎臓に問題のある方の虹彩写真です。




この原図から、右眼の虹彩だけを取り出して、ジェンセンマップを載せてみます




ジェンセンマップでの右虹彩に、副腎は青色で、腎臓は緑色に塗ってみます。
となりますと、この方は、副腎や腎臓には、「何の問題もない」と分析されます。




しかし、先ほど取り出した右眼の虹彩を、パソコンで反転させてから、ジェンセンマップを載せてみますと、こうなります。



これだと、「明らかに副腎や腎臓に問題がある」と分析することができます。

ジェンセンマップを用いた臨床経験からしますと、きっちり腎臓区にマイナスサインが現れているのは本当に稀なのです。

では、何故ジェンセン博士はこのようにマップを作ったかが問題になるのですが、ジェンセン博士が書いた他の本を2~3冊読んでからは、大体の想像はつくようになりました。
しかし多分、本人以外は誰もこの疑問を正確に解き明かすことはできないと考えています。