ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

NYダウ、620ドル安、デイトレード加熱で乱高下、一方、変異ウイルスに対する恐怖高まり、コロナ騒動はついに世界的なワクチン争奪戦の様相(学校で教えてくれない経済学)

2021-01-30 12:37:54 | 経済学
デイトレーダーにより特定の株、中でもGameStop株価吊り上げでへッジファンドに損失が出たことから29日、NY市場でS&P500が大幅続落した。ワクチン確保に乗り出したことを受けて投資家がワクチン接種の先行きを懸念したことが株価値下がりを加速したと29日、NYタイムズ電子版トップで取り上げた。ダウは29,982ドル、620ドル、2.0%安、S&P500,3,714,1.9%安、ナスダック、13,070,2.0%安で取引を終えた。恐怖指数VIXは33.09,9.5%増、米10年債利回りは1.071%へ上昇した。NY外為市場で1ドル=104.72円、0.5%高、1ユーロ=127.06円、0.6%高、1英ポンド=0.4%高と対主要通貨で円が値下がりした。NY原油(WTI)はバレル52.13ドル、0.4%安、北海ブレント、同55.02ドル、0.2%安、NY金、オンス1,849.60ドル、0.5%高で取引された。

ロイタ―電子版で個別銘柄の動きとしてダウではアップル、131.96ドル、3.7%安、ダウを33ポイント押し下げ、マイクロソフト、231.56ドル、2.9%安、同2.9%安、ダウを45押し下げ、ホームデポ、270.82ドル、2.6%安、同47押し下げた。ナスダックではテスラ、793.53ドル、5.0%安、アマゾン、3,206.20ドル、1.0%安で取引された。

29日、ブルームバーグ電子版は①DTCC(米国証券保管機関)は、手数料無料アプリでデイトレーダ―を集めたロビンフットなどGameStopを支援した証券会社に巨額の追加保証金を用意するよう求めた。総額335億ドルにおよぶ、②SEC(米証券取引委員会)は株式市場での不正取引調査を開始したことが投資家に圧力を与えた、③EU,通商担当、ドム・ブロフスモス委員は「EU域内居住者保護と安全が最優先だ。ワクチンが予定どうり供給できていない」と語り、EU域内で生産されたワクチンの域外輸出に事前承認義務付け、29日から実施する」と発表した。」と伝えた。英フィナンシアルタイムズ電子版は「EUは28日、アストラゼネカワクチンを正式承認した。ドイツ、フランスは高齢者治験者不足を理由に疑義を持っているがEU域内でのワクチン不足に直面し安全よりリスクを選んだ」と伝えた。

30日朝放送のNHK/BS「ワールドニュース」で英BBCは「EUとアストラゼネカ間で対立、英国に後れを取ったとしてEUは29日からEUから域外輸出を事前承認制を開始すると発表した。英国は供給リスクを早期から実施しており、英国は影響を受けないと見られている。」と伝えた。ドイツZDFは「アストロゼネカはEU域内(ベルギー)で生産している。EUはEU域内から域外への輸出に事前承認制を設けることによりEU域内でのワクチン確保する。一方、ドイツ国内の新型コロナウイルス感染者は14,022人、3,840人減少した。人口2,000万人のポルトガルでコロナ感染者数が16,432人、1日当たり死者数は885人と急増、医療施設が制御不能の状況に陥った。英変異ウイルスによる感染で死者が増えた。」と伝え「厳しく受け止めていなかった」と急死した家族を前に話す様子を映像で写した。

新型コロナウイルス騒動がいよいよ醜い世界的なワクチン争奪戦の様相を呈してきた。(了)

リモート治療の準備でビデオを制作しました (^o^)

2021-01-29 11:46:04 | 診断即治療と虹彩学
この「診断即治療」は、 FC2ブログ にも転載しています。



途中で電話が鳴ったりしたのですが上手くいきました



昨日は、「六臓診」という診断法の撮影をしました。
「六臓診」とは、①肝、②脾、③心、④心包、⑤肺、⑥腎の、6つの臓器の診断という意味です。
伝統鍼灸には、「募穴」というツボがあり、そこを臓腑の診断点としています。

東洋医学では、体に出てくる色々な症状を、「臓腑」に集約して治療法を考えます。
肩が凝るでも、頭が痛いでも、腰が痛いでも、膝が痛いでも、お腹が痛いでも、
「どこの臓腑が原因になっているのか?」と考えていくわけです。

そして、その原因臓腑となる治療をすることで、症状を消していくのです。
ですから、一つのツボで症状を好転させることが出来たりするわけです。
それが「一穴鍼法」と言われるものです。

何の為にそのようなことをするのかというと、根本的な治療を目指すからです。
たとえば症状によって、病院で検査をしても答えの出ないのが沢山あります。
しかし、東洋医学で診ると、その原因が見えてくるのです。

現代医学では「?????????」となっても、東洋医学では答えが出てくるので便利です。
だから、
「どこの病院でも治せなかったのが治った」などと言う方も多いのです。

そのようなことをするには、「診断」が必要におなってきます。
それが鍼灸でいう「脈診」であったり、筋骨系でいう「動診」であったり、難病の際に用いる「虹彩分析」であったり、するわけです。

この「六臓診」も、そのような診断法に分けられるのですが、この診断法はちょっと練習すれば素人でもできますので、非常に便利です。
特に、リモートで診察をする場合は、家族や友達に手伝ってもらったりすると、簡単にできてしまいます。

私は、それを用いて「遠隔治療」をしています。
遠隔治療と言うと、大げさに聞こえますが、昔なら電話での相談。
現在ならネットやスマホでのリモートというところでしょうか。
とにかく便利です。

そのようなことを広げようと先日、「指導者募集」の LP(ランニングページ) を立ち上げました。

NYダウ、前日の下げの半値戻し300ドル高、英ジョンソン首相「ワクチン接種は順調に進み誇りに思う」と語ったと英BBC、一方、EUは感染防止を国境規制強化協議もまとまらずとドイツDF

2021-01-29 11:14:16 | 経済学
(学校で教えてくれない経済学)


NYダウは28日、一時、前日の下げ幅600ドルを戻したがあと売られ、30,603ドル、300ドル、1.0%高で取引を終えた。オンライン通じたゲーム的取引規制の動きが出て、急騰した大手ゲームソフト、GameStop株は前日比44%安、193ドルで取引を終えたと28日、WSJ電子版が伝えた。S&P500、3,787,1.0%高、ナスダック、13,337,0.5%高で取引を終えた。恐怖指数VIX,30.21。18.8%低下、米10年債利回りは1.047%。0.8%減。NY外為市場では1ドル=104.32円、1ユーロ=126.43円、1英ポンド=143.17円で取引された。NY原油(WTI)はバレル52.22ドル、北海ブレント、同55.02ドル、NY金、1,845.50ドルとほぼ前日比変わらずで取引を終えた。

個別銘柄の動きとして、ダウではマイクロソフト、238.93ドル、2.6%高、ダウを39押し上げ、ウオルトディズニー、171.83ドル、5.4%高、ダウを58押し上げた。ナスダックではツイッター、51.57ドル、7.0%高、ネットフリックス、538.60ドル、2.9%高、一方、テスラ、835.43ドル、3.3%安と反落したとロイター電は伝えた。

29日朝放送のNHK/BS「ワールドニュース」で米ABCは「米サウスカロライナ州で南ア変異ウイルス感染者2名が確認された。海外渡航歴はないため市中感染したと見られ警戒を強めている。米国で28日、新型コロナ死者数は431,882人に達した。CDC(感染予防センター)は米13州はワクチン接種は2分の1以下で進んでいない」と伝えた。ロイター電、WSJも米国での南ア変異ウイルス感染を報道、神経をとがらせていることが伺われる。英BBCは「嬉しいニュースをお伝えします」と前置きして「英国で生産されているNOVAVAXワクチンの有効率が一般95.6%、英変異、南ア変異ウイルス共に85.6%と変異ウイルスに対しても有効性が高いことが15,000人のボランタリー治験者調査で確認された。英国の新型コロナ感染者数は28日、28,584人、入院患者数、37,000人、累計死亡者数、103,126人。7,447,199人がワクチン接種を受けた。」と伝えた。英BBCは「ジョンソン首相は英国のワクチン接種はほぼ完ぺきに進行していることに誇りに思う。28日から75歳以上を対象に接種を始める。」と話した。

ドイツZDFは「EU内相会議が開かれ国境規制問題をポルトガル代表の議長の元、協議した。意見は一致していない。コロナ感染対策にEUの理念である国境自由の原則が尊重されるべきだと主張した」と伝えた。スペインTVEは「スペインは隣国ポルトガルとの国境を不要不急のケースは閉鎖することを決めた。スペイン国民の70%は国境閉鎖を支持している。ポルトガルではここ2週間、新型コロナ感染者が倍増した。」と伝えた。上海東方衛視テレビは「バイデン新政権は4月に気候サミット開催を宣言した。中国に対して協力を求めた。中国は協力する用意はある。しかし、それは全ての問題との関連においてはじめて可能である。温室の中の花だけ取り上げることはできない」と外報部報道官は語った。」と伝えた。(了)

NYダウ、633ドル安、ボーイング安と米FRBの追加緩和見送りが引き金とロイター電、一方、EUとアストラゼネカがワクチン供給齟齬で対立とドイツZDF(学校で教えてくれない経済学)

2021-01-28 09:24:56 | 経済学
ボーイングの10~12月決算発表の際、パンデミックの長期化懸念を受けて主力の777X機の冴えない先行き見通しを発表した。加えて米FRBが新たな金融緩和政策を明らかにしなかった。高値感が底流を流れていた。27日、NY株式市場はダウ、30,303ドル、633ドル、2.1%安と3ケ月来の安値に下落した。S&P500,3,750 ,2.6%安、ナスダック、13,270、2.6%安と揃って値下がりした。恐怖指数VIX、37.21と61.6%急上昇した。米10年債利回りは1.013%、2.6%下落した。NY外為市場では1ドル=104.09円、1ユーロ=126.01円、1英ポンド=142.42円で取引された。NY原油(WTI)はバレル52.52ドル、0.2%安、北海ブレント、同55.28ドル、0.1%安、NY金はオンス1,841.80ドルと小幅反落した。

27日、ロイター通信電子版による個別銘柄の動き。ダウではボーイング、194.03ドル、4.0%安、ダウを52押し下げ、ウオルトディズニー、163.03ドル、3.9%安、同42押し下げ、ビザカード、194.97ドル、3.5%安、同46押し下げ、ゴールドマンサックス、273.33ドル、55押し下げた。ナスダックではネットフリックス、523.28ドル、6.9%安、テスラ、864.11ドル、2.1%安、グーグル、1,830.79ドル、4.5%安、アマゾン、3,232.58ドル、2.8%安と主力株安が全般下げ相場をリードしたと伝えた。

28日朝放送のNHK/BS「ワールドニュース」でドイツZDFは「EUと英製薬メーカーアストラゼネカとの間で激しい対立が露わになった。EUはアストラゼネカは8,300万回分のワクチン供給給を約束に対して3,800万本にとどまっている。一方、アストラゼネカは具体的な供給量は確約していないと反論している。EUのワクチン接種は供給不足のためEU委員会は矢面に立たされている」と伝えた。シンガポールCNAは「ミヤンマーでの新型コロナ感染拡大でワクチン接種は切実だ。インドから30万回分のワクチンがミヤンマーに届いた。ミヤンマーではかねてから中国政府はワクチン外交を展開しており30万回分の供給を約束している。ミヤンマーはインドと中国の板挟みに直面している。」と伝えた。スペインTVEは「新型コロナ感染拡大はやや沈静化の傾向にあるが特にマジョロカ島などでの医療現場はICUの空きが10% を切った。ワクチン接種の遅れも目立つ。」と伝えた。

日本では「バイデン米大統領と菅首相との電話会談が行われ「日米関係の緊密な関係維持が確認された。東京五輪の話は出なかった。」と菅首相は語った」と伝えられた。何を公表し何を公表しないか。なにを公表できるか。何を公表できないか。微妙な報道パターンを国民の一人として注視したい。NY株式市場の急落は日本の株式市場にも少なからぬ影響を与える。日経ダウは460ドル以上下げて取引が始まった。(了)

NY株式市場、26日、利益確定売りで小幅反落、一方、サキ米大統領報道官は「中国には戦略的忍耐で望む」と話した、「ひたすら忍耐する」日本人との違いが見える(学校で教えてくれない経済学)

2021-01-27 11:23:27 | 経済学
米ABCは現地夕方6時半の放送で「バイデン米大統領は26日、今夏の終わりまでに新型コロナワクチンを3億人分用意する。ファイザー、1億、モデルナ、1億となる。」と語った。世界のコロナ感染者数が世界で1億人を超えた。米国の死者数は42万4,000人を超えた。ハリス米副大統領が二度目のワクチンを接種した。クオモNY州知事はワクチン供給量は16~17%増やしたと語った。ワクチン接種の順番待ちに早朝から長い列が出来ている。」と伝えた。シンガポールCNAはNHK/BSの27日朝の放送で「インドネシアで新型コロナウイルス感染者数が100万人を突破した。人口270人に一人の割合。ICUはコロナ患者で70%を占めた。累計死者数は2万8,460 人。実際の数字はこれよりはるかに多いと見られている。町の声として人々の新型コロナウイルスへの関心の薄さが指摘された」と伝えた。フィリピンABS-CBNは27日朝の放送で「26日、フイリピン議会で中国海警法が成立した。ナンシャ諸島海域には中国警備船がフイリピン漁民に警告、魚を安心して捕れない状態が昨年秋以降常態化している」と伝えた。

26日のNY市場では利益確定売りが出てダウ、30,937ドル、22ドル、0.1%安、S&P500,3.849,0.2%安、ナスダック、13,626、0.1%安と揃って小幅に反落した。恐怖指数VIX、23.02、0.7%低下、米10年物債利回りは1.041%へ0.1%上昇した。NY外為市場では1ドル=103.61円、1ユーロ=126.07円、1英ポンド=142.46円で取引された。NY原油(WTI)はバレル52.80ドル、0.4%高、北海ブレント、同55.81ドル、0.1%高と小幅に上げた。NY金はオンス1,848.40ドルと0.1%安と子は下げた。個別銘柄ではダウではジョンソン&ジョンソンが170.48ドル、2.7%高、ダウを29押し上げ、IBMが122.49ドル、3.3%高、ダウを25押し上げた。ナスダックではズームビデオが374.39ドル、4.5%安、一方、グーグル、1,917.24ドル、0.9%高、アマゾン、3,326.13ドル、1.0%高、テスラ、883.09ドル、0.3%高と小幅に上げたとロイター電は伝えた。

27日朝放送のNHK/BS「キャッチ!世界のトップニュース」で米中関係を特集、中国アジア担当の加藤青延解説員が解説した。「バイデン米新政権で米中関係はどうなるか。米国のスタンスは①関税上乗せ、②フアーウエイはじめ対中国企業制裁、③南シナ海警戒、台湾への接近は前政権の政策を変えないとサキホワイトハウス報道官が確認している。一方、バイデン米大統領は①パリ協定復帰、②WHO脱退を撤回した。中国との接点となる可能性がある。中国はどうか。1月25日の世界フオーラム会合で習主席の演説で「一帯一路」という言葉を一言も発しなかった。昨年来、習主席は発言のたびに「一帯一路」を繰り返していた。バイデン政権を意識した動きかもしれない。」とまとめていた。

サキ・ホワイトハウス報道官は24日の記者会見で「Strategic patience with China」という言葉を使っていた。中国には戦略的忍耐で臨むとでも訳すのであろうか。英語のStrategyの言葉にはじっくり時間をかけて戦略を練って当たるという意味が込められている。日本人ならひたすら忍耐すると言いかねない。敢えて言えば日本人には戦略(Strategy)はおろか戦術(Tactics)もなくひたする忍耐(Patience)することを良しとするところがある。「戦略的忍耐」というサキ報道官の言葉が特に印象に残った。(了)

即効的な治療を目指す人のためのセミナー (LP:ランニングページ)

2021-01-27 10:38:56 | 診断即治療と虹彩学
この「診断即治療」は、 FC2ブログ にも転載しています。



LPのトップ



​私が鍼灸を学ぶきっかけになったのに、マジシャンの「Mr.マリックさん」がいました。

​「Mr.マリックさんのように、マジックのような治療ができれば、病に苦しむ多くの人が助かる」と考えたわけです。

そして鍼灸学校で勉強するようになってから、「Mr.マリックさんのような治療ができるはずだ!」と強く思うようになり、最初に「骨格矯正鍼」という治療法を考え出し、鍼灸学校の1年生なのに「校内学術発表会」で論文発表しました。
その時は賞をもらいましたが、上級生は気に入らなかったようです。(^_^;)

それは、「即効的な鍼!」、なんて言うと「眉唾モノ」という扱いを受けた時代だったからだと思います。
しかし、近年の筋骨系の治療では、即効性のない治療法は見捨てられます。

この「LP」では、『人体惑星試論』(通称・七星論)の理論・実技を中心に展開されています。
「人体惑星試論は日本発の東洋医学」とも云われたもので、その理論で組み立てた「七星鍼法」は、実験に裏付けされた実技であり、非常に「簡便で即効性のある実用的な理論と実技」です。

それを裏付けするのが、「難しい」と言われる脈診でも、一週間で教えることができることです。
実際に、鍼灸学校で教えた脈診の方法も、その理論と実技で教えて、翌週には脈診のできる鍼灸学生になっていました。

何故そのようなことができたかというと、鍼灸古典に書かれた疑問を解き明かすために、実験を繰り返しながら検証を繰り返したからだと思います。
だから、「検証のできない理論や技術は消えていく」と考えるようになったのです。

この理論と実技を使って臨床をすれば、治療技術上達の「近道」になると考え、3年前から「伝承のためのDVD制作」にかかりました。
そのDVD制作のときにセミナーを受けた方々が、短期間に技術を習得し、売上を伸ばしているのを見ればわかります。
それが、「七星鍼法」と呼ばれるテクニックです。

「七星鍼法」とは、人体惑星試論を基本にした「治療法」です。
「七星鍼法」は、鍼灸学校の教員養成学科で教えたり、医学部や内外で講演したり、当院のセミナーで教えてきたりしたものですが、ほんとに短期間に技術が上達してきます。

そのような活動の甲斐あって、七星論も少しずつ認められてきましたが、もっと多くの鍼灸師に、もっと多くの患者さんに知ってもらうことで、もっと明るい社会にすることができるのではないかと考えています。

特に、今回のような新型コロナウイルスの「疫病」などの際には、
① 感染しない体
② 感染しても重症化しない体
③ 他の病気も短期間で回復させる

ということが大切ではないかと考えています。

そして、
・ 病気を早く治して本来の自分に戻りたいのは誰しも一緒です
・ 来院した患者さんを早く治してあげたいと思うのは誰しも一緒です
・ 臨床現場に立つ人なら即戦力になりたいと考えるのは誰しも一緒です

このLPに書いたセミナーは、そんな想いを持った方々のために企画したものです。

この「LP」、そして「しちせい特殊鍼法研究会」が、その道標になれば幸いと考えております。

LP(ランニングページ)の仕上げ

2021-01-26 17:58:19 | 診断即治療と虹彩学
この「診断即治療」は、 FC2ブログ にも転載しています。




耳鳴りの治療風景(記事とは関係ありません)




LPを仕上げる為にだいぶ時間を潰しましたが、だいたいできました。
内容はLPをアップしてから見たらいいと思いますが、以下のような感想文も入れました。

========================================
参加して得られたこと

◆目からウロコのセミナーでした。東洋医学がこんなに学びやすいなんて夢
 を見ているようです。特に「骨格矯正鍼」や「せんかん鍼」の効果はすご
 いもので、ほとんどの患者さんがビックリします

◆脈診がこんなに簡単にできるなんて考えてもみませんでした

​◆診断と治療が一致しているので、臨床現場で悩む必要がなくなりました

◆このセミナーを受けてから、家族で相談して食事を変えることにしました。
 すると気のせいか、特に娘が元気になってきたような気がします

​◆鍼が痛くないので驚きました。鍼は痛いものだとばかり思っていましたが、
 この刺し方なら何本刺されても大丈夫です

​◆今までもいくつものセミナーを受講してきましたが、こんなに丁寧に書か
 れたテキストをいただくのは初めてです。ほんとに手応えのあるセミナー
 でした

​◆学校の図書室に『人体惑星試論奥義書』の本があったので、読んでみたの
 ですが、「易」の辺りが難しそうで、そこを飛ばして読んでいました。
 しかし、受講してわかったことは、易は生活と密着したものだということ
 で、それを診断と治療に取り入れているので、分かりやすかったです

​◆新城治療院のDVDを購入して、七星論を学んでいましたので、リアル講習
 はわかりやすく、翌日から臨床に使うことができました

​◆鍼灸治療は対症療法になっている場合も多いと考えていましたが、七星論
 だと根本療法ができることを確信しました

​◆実際に患者さんの体がどのようになってその症状が出ているのかも、六臓
 診で確認することができるので、どの順序で治療をすすめていけばいいの
 かがわかり、自信を持って治療に当たることができると思います

​◆患者さんが訴える痛みの場所に鍼をするのではなく、患部に遠い箇所から
 攻めていくという方法は、経絡の流れやツボの効果を証明しているようで、
 明日からの臨床が楽しみです

​◆今まで学んだ経穴(ツボ)は、効果がある時とない時があり、その理由が
 わかったのは、大きな収穫でした

​◆最近では、一穴鍼法で症状を治めてから本治法をするようになり、患者さ
 んからの信頼度が高くなったようで、患者さんまで紹介して頂けるように
 なりました。ありがとうございます

​◆鍼灸を勉強するためにいろんな本を読んできましたが、どれも腑に落ちず
 悩んでいましたが、やっと納得する理論に出会えた気がします

​◆臓腑全体の関係を考えながら治療を進めることが、いかに大事かがわかり
 ました。(今までは全体を考えてなかったので、難かしかったのだと思い
 ました)新しい世界に一歩踏み入れたような気がします

​◆いろいろな手技療法も勉強してきましたが、このセミナーはそれが集約さ
 れた感じで、非常に学びやすかったです

​◆歯痛は歯医者さんがやるものだとばかり思ってましたが、そんな簡単なこ
 とで歯痛が治まるのなら、どんどん歯痛の治療も受け付けようと思います。

​◆売上が上がりました。(嫁さんが一番喜んでいます・笑)

◆「これが日本発祥の東洋医学か」と思わずにはいられなかった

◆多くの仲間と出会えた治療技術が進歩した新城先生の飽くなき探求心に触
 発された

◆鍼灸治療や診断法に対して、既成概念に捉われてしまっていたが、今は自
 分の 考えで打ち破っていいのだという冒険心が出てきた

◆体の歪みの捉え方と治療ポイントがわかりやすかったです

◆食物、鍼灸、整体、虹彩、骨格といろいろな角度から体を診ることが出来
 るようになった

◆とにかく治療テクニックがすごい

◆心構えや、生き方が変わった

◆原理原則がわかるようになり、症状からの診断ができるようになった

◆理論と臨床がつながり、非常に実践的で臨床力が着いた気がする

◆参加者のモチベーションが非常い高く、やる気が出た

◆この講習に参加することで、治療方針はもちろん、自分の成長にも役立っ

◆診断や治療の技術に自信のない人は、この講習に参加したほうがいいと思
 った。それは、即効的治療が学べて、臨床を重ねていくうちに、経験が積
 み上げられるからです

◆納得できる臨床理論には満足したし、尊敬できる先生方や先輩と出会えた

◆治療方針の決め方が学べて、明日からの臨床が楽しみになった

◆診断や治療のバリエーションが広がった

◆自信を持って治療に取り組めるようになった

◆論理的な治療理論と再現性のある治療法は素晴らしいの一言です

◆自分が今までやってきて効果のあったこと、効果が出せなかったことが
 整理できたので、「こうすれば効果が出せるのでは?」と予想できるよう
 になった

◆モチベーションが上がり、いろんなことにも自信が持てるようになった

◆パフォーマンス的な治療ができるようになったので嬉しい

◆今まで知らなかった「画期的治療」が学べた

◆鍼灸だけに縛られない治療法なので楽しかったし、人間学や経営学まで含
 めた講義なので、広義に亘り勉強になった

◆参加しないと聞くことのできない話や、体感できないことが多い感じがし
 たし、鍼灸に興味が持てるようになった

◆近隣の治療院との違いを明確に示せる武器が手に入った

◆身体異常に対して臓腑や食事も考えられるようになり、東洋医学に対する
 見方が広がった

◆治療方針が定まるようになり、すぐに臨床に役立つ技術なので助かりました

◆患者さんの症状を、患者さんに分かり易く説明できるようになった

◆文献に捉われ過ぎずに治療ができるようになったし、いつも新しい事が勉強
 できてすごく楽しいです

◆初めての人は僕だけでしたが、初めて学ぶことばかりで、とても楽しくセミ
 ナーを受けることができました!

◆先生の書籍とDVDを参考にしながら、治療を行っており、なかなか成果が上
 がらなかった症状も、治療効果を実感できるようになりました

NYダウ、小幅安、S&P500, ナスダック、過去最高値更新、一方ワクチン接種遅れが欧米では政治の争点も日本では音無し(学校で教えてくれない経済学)

2021-01-26 11:08:16 | 経済学
ワクチン接種遅れ、まちまちの米経済指数などを受けて週明け25日、NYダウは一時400ドル以上下げたがハイテク企業決算を控えて引けにかけて買い戻されほぼ横ばい,37ドル安、30,959ドルで取引を終えた。S&P500, 3,855,0.4%高、ナスダック、13,635,0.7%高といずれも過去最高値を更新した。恐怖指数VIX、23.49、7.2%増、米10年債利回り、1.033,5.3%下落した。NY外為市場では1ドル=103.77円、1ユーロ=125.98円、1英ポンド=141.86円で取引された。NY原油(WTI)はバレル52.80ドル、北海ブレント、同55.70ドル小幅高、NY金はオンス1,854.40ドルと小幅に下げた。個別銘柄ではアップル、142.92ドル、2.8%高、ダウを25ポイント押し上げ、マイクロソフト、229.53ドル、1.6%高、同23押し上げた。一方、ゴールドマンサックス、283.04ドル、2.2%安、ダウを41押し下げた。ナスダックではテスラ、880.80ドル、2.8%高と決算発表を控えて期待感から買われたとロイター電子版は伝えた。

ロイター電によればワクチン接種遅れに関連して①ワクチン注射(シリンジ)メーカー,べクトンデッキントンは「ワクチン1瓶で5回接種を6回に増やせば供給不足を20%緩和できる。しかし、即対応はむつかしい」と発表した、②ILO(世界労働機関)は2020年、パンデミックで世界の労働時間が前年比8.8%減少した。労働所得は同8.3%減少した。労働減少は21年、22年と継続する。特に女性、若年層が影響を受けた。業種では食品サービス、小売り、製造業が打撃を受けた。」と伝えた。25日、NYタイムズ電子版はモデルナは英変異ウイルスには有効である。しかし、南アフリカ変異ウイルスには効果が少ないことを認めたと伝えた。WSJは米司法省は2020年米大統領選挙でバイデン候補勝利転覆に関わった関係者の調査を開始したと伝えた。
ゼネカ
26日朝放送のNHK/BSワールドニュースで米ABCは「米国は今、新型コロナ感染者は毎秒1一人、死亡者は30秒に1人の割合で増える深刻な状況が続いている。米22州で感染化率が高い英型変異ウイルスが確認された。そこへワクチン不足が出て来ている。ジョンソン&ジョンソンがFDA(米国食品医薬局)への申請が許可されれば米国で第三番目のワクチン供給メーカーに期待できる。ワクチンス不足にはマスク、手洗い、うがい励行を呼びかける以外ない。」と伝えた。ドイツZDFは「EUはワクチン接種が当初予定より大幅遅れが出ている。アストラゼネカが当初の約束8,000万本が3,500万と60%少ない。EUは特別予算を付けて対応した。ワクチン接種場所も不足している。米国ではウオルマートとアマゾンが接種場所提供を申し出た。ウオルマートの敷地が提供されれば冷凍設備もありワクチン接種の遅れを緩和できる」と伝えた。英BBCは「ジョンソン英首相は「新型コロナ感染者数は減少して来ているがイースターを控えている。学校再開は当面見送る」と語った。800万人の児童生徒が自宅でのオンライン授業の長期化により様々な影響が懸念される。英国の25日の新規感染者数は22,195人と減少している。ジョンソン首相は規制を緩和すれば再び感染者、死亡者が増加に転ずるとの見方を変えていない。」と伝えた。

シンガポールCNAは「国連NCTADが2020年世界投資額で中国向けが1.630億ドル、前年比4%増、米国向けが1,340億ドル(同42%減)と中国が米国を抜いた。中国投資ではアディダスやテスラの投資が目立つ。」と伝えた。韓国KBSは「文大統領は7,600万回分のワクチンを確保すると語った。モデルナに加えてアストラゼネカに手配済実」と語った。一方、メルクはコロナワクチン開発から撤退すると発表したと欧米メディアが伝えた。既にワクチンを接種した人は人口100人当たりはイスラエル44.2、UAE26が突出しているが米国は6.6人と低い。日本は25日の国会で2月末には接種開始と菅首相は答弁していた。日本ではワクチンが政治の争点にならないのか国会での質疑応答でも緊迫感が全く感じられない。(了)

コボちゃん(植田まさし)、コロナ変異種(スケッチ&コメント)

2021-01-25 17:34:52 | スケッチ


コボちゃん



週明け25日はNY市場は日曜でお休み。日経電子版に加藤官房長官は25日の記者会見で「新型コロナウイルスワクチンを2021年前半までに全国民に供給できる数量確保を目指す」と説明した」と伝えた。世界の新型コロナ感染者数が9,880万人、死者数が210万人を突破と伝えられ日本でもワクチン接種に対する関心がようやく高まってきている。一方、英保健相は「変異ウイルスにはワクチン効果は低い」と23日語ったと24日、ブルームバーグは伝えた。

読売新聞連載「コボちゃん」、植田まさし、1月22日の4コマ漫画でコロナ変異種を取り上げた。コボちゃんの漫画にもあるが「毎日コロナのニュースばかりで気がめいる」とおじいさんに語らせている場面がある。NHK/BSニュースでもNYタイムズはじめ世界の主要メディアでもコロナのニュースが紙面を埋め尽くしている。コボちゃんは「おじいちゃんもうしばらくのしんぼうだよ。がんば!!」と声をかけるほのぼのとした場面がある。ドイツZDFは「メルケル独首相は「2月14日までロックダウンを延長する。今は、我慢を!!」と呼びかけたと伝えていた。

25日の日経電子版によると「①トウモロコシ国際相場が一時1年半ぶりの高値を付けた。中国の輸入急増と米バイデン新政権によるバイオ燃料政策も背景、②鋼材市況が上昇した。自動車、家電に使う薄鋼板は1年3ケ月振りの高値、中国経済回復へ、③パンデミックの影響と中国輸出の急増が重なり世界的なコンテナ不足が深刻化している。コロナ感染拡大でコロナローテーション率の低下が響く。世界のコンテナ生産は中国が90%を占める」と伝えた。新型コロナ発症元もそうだがいずれも中国がからんでいるところがミソである。

余談ながら、24日、TBSテレビをそれとなく見ていたら「昨年末、小池知事が新型コロナ感染防止対策に5つの「小」として「小まめに」「小人数」「小一時間」「小声」「小皿」に心がけようと呼びかけた。東京都に現在外国人54万人が生活している。インタビューを受けたある外国人は「もっと分かり易い日本語で話してほしい」と真剣に訴える場面を写していた。自らの名前の「小」池さんにあやかってのことであろうが、5つの「子」を使った。2024年から1万円札の新しい顔になる渋沢栄一が100年前に既に同じ話をしていた。渋沢栄一記念館に記録が残っていると先週の「池上彰のニュースそうだったのか」で紹介していた。新1,000円札の顔になるのはペスト菌の発見や細菌症で多くの業績を残した北里柴三郎である。コロナ感染拡大を予見していたかのようで怖いくらいだ。

100年前、スペイン風邪が大流行した。「正しく怖れよ」という言葉を残したのは寺田虎彦である。氏は「災害は忘れたころにやってくる」という言葉も残した。風邪は万病の元。これはご先祖さんが代々申し伝えて来た言葉である。コボちゃんの言うように「もうしばらくのしんぼうだよ。がんば!!」の言葉を信じて、ここはコロナ騒動をなんとかしのぎたい。(了)

きのうの臨床実践塾(臨床研究会)

2021-01-25 11:14:33 | 診断即治療と虹彩学
この「診断即治療」は、 FC2ブログ にも転載しています。




前後の安定を調べているところです



昨日の研究会(臨床実践塾)は、「しちせい特殊鍼法研究会」が作成している「LP(ランニングページ」の進捗状況解説から始め、症例解説をして、それから三焦経の話に進めていきました。

臨床実技では、「潜伏したふらつき」について解説したのですが、ノートパソコンで撮影したもので、
バーンと大きな顔が出て来たりしました。(^_^;)
ですから、カメラを引いて撮影したのですが、音声がちょっと小さかったです。

前後左右の潜伏したふらつきを調べたら、私のほうがふらついていました。(^o^)
それから、ふらつきを止める手技をしたのですが、これは重心が安定した状態になったので、結果としてはOKです。

その時に使ったツボというより「刺激部位」は、手の甲、足の甲にある関節部位です。
おもしろかったのは、モデルになる人を仰臥にして、片足ずつ持ち上げたのですが、ビフォー・アフターで、明らかに変化があるのを確認することが出来ました。

これは、手足にある「月」と名付けた部位です。
多分、おそらくですが、ここまで読んで、
「どこのツボなんだ、言えよ、ケチ!」と、つぶやいた人も多いかと思います。(^_^;)

しかし、まだ研究途中ですので、詳しく話すことはできませんので、ご了承ください。
ただ、七星鍼法では、常に「理論」→「診断」→「施術」→「検証」の段階を踏みながらテクニックを組み立てているということを理解していただければいいかと思います。

「ふらつきの原因」→「潜伏したふらつきを調べる」→「刺激を与える」→「好転の確認」となるわけです。
七星鍼法、特に「しちせい特殊鍼法」では、そのようにして組み立てています。
つまり、理論があり、仮説があり、実験があり、検証で確認するということです。
そして、テクニックとして組み立てて、私たちで実験を繰り返して完成させていくのです。

「理論は臨床より生まれる」と言われますが、七星鍼法では「理論を組み立てて臨床」に結びつけているのです。
今回の研究会では、まだ未完成のテクニックでしたので、それを完成させるための研究会でもあったわけです。
ほんとは、ここが面白いのですが、この頃は「その行程はないほうがいい」と考えている人が多いように思われます。
しかし、その行程を省かれたのだけを受け取るのは、自分の上達を妨げる結果になりかねません。